« ブッシュ、教育にスペルをノミネート? | Main | デイ・アフター・トゥモロー »

November 18, 2004

米国の若者はがんばった

今回の米大統領選でも、米国の若者の投票率は相変わらずだったと聞いていたのだが、そんなことはなかったらしい。マイケル・ムーアがこんなことを書いている。

以下、マイケル・ムーア日本語サイトの和訳を引用。


 今回の大統領選ですばらしい結果を出したのは若いアメリカ国民だ。彼らの投票者数は歴史に残る記録的なものだった。でも、この事実を報道しようとするメディアはごく少ない。

 2000年の選挙では、若年層の票はゴア支持とブッシュ支持でほぼ五分五分だったが(ゴア48%、ブッシュ46%)、今年のケリーは若者たちの票では大勝利をおさめて、ブッシュに10%の差をつけちまった(ケリー54%、ブッシュ44%)。

 ケリーを圧倒的に支持したのは若者たちだけだった。ほかの年齢層(30代、40代、50代、などなど)では過半数がブッシュに票を入れた。

 ぼくの故郷ミシガン州をケリーが制した一因は若年層の投票率の高さにあるとの指摘もある(『若年有権者がミシガンでのケリー勝利に大きく貢献』――〈AP通信〉)

 あらゆる予想と前例に反して、今回の大統領選ではヤングアダルト層(18歳から29歳)の投票者数が、1972年に投票年齢が18歳になって以来最高の記録をマークした。

 ヤングアダルト層の過半数(51.6%)が投票したのは史上初のできごとだ。

(中略)

 投票日の2日後に、コロラド州ボールダーにあるボールダー高校の生徒たちが何をしたか紹介しよう。この子たちはまだ選挙権がないんだが、それでも大人たちがしたことへの怒りをちゃんと表明したのだ。生徒たちは坐り込みで学校を占拠して動かなかった。木曜日は一晩中校内にいた。彼らはメディアに、これは選挙結果への抗議であり、徴兵制復活は絶対に許さないとブッシュに通告するための行動だと告げた。これは先週いちばん元気を与えてくれた出来事だった。

 投票日の翌日、コメンテーターどもは、今年の選挙では若年層の票が重みを持たなかったとタワゴトを吐き散らしていた。連中はぼくと同じ情報を目にしていても――上に挙げたいくつかの情報だ――やっぱり若い人たちの行動の意義を無視するというわけだろうか? それが彼らの使い古されてくたびれた「常識的な知恵」とやらに合わないというだけで? まっ、真実はどうなんだと考えるより、古臭い決まり文句を繰り返しているほうが楽なんだろうね。

引用終わり。


米国の若者のみんな、「徴兵でも何でもされてなさい」なんて書いてごめんよ。徴兵なんて行かないでくれ。

米国分裂なんていわれているけど、選挙なんだから分裂するのは当たり前。それより、次は電子投票でも証拠が残る選挙制度にしたら、みんなすっきりするんじゃないかと思う。実際、そういう機械を製造しているメーカーもあるんだし。

|

« ブッシュ、教育にスペルをノミネート? | Main | デイ・アフター・トゥモロー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Great concepts on this website. It's rare these days to find websites with data you are seeking. I am happy I chanced on this webpage. I will certainly bookmark it or even register for your rss feeds simply to be updated on your new posts. Keep up the nice job and I'm sure some other folks researching valued information will actually stop by and benefit from your website for resources.

Posted by: payday loans canada | September 22, 2010 at 09:08 AM

Thanks for sharing your thoughts. Take care.

Posted by: payday loans online | September 21, 2010 at 09:22 PM

vqqncibatgtqvhmkvpjamqmnrzdlndmajsq

Posted by: loans bc | September 02, 2010 at 08:25 AM

Your website is excellent. Thank you very much for presenting a great deal of essential resources. Most definitely i'll bookmark your website and will be absolutely coming back. All over again, I value all your work moreover sharing plenty of good related information to the followers.

Posted by: loans | August 25, 2010 at 08:46 AM

jinandtonic.air-nifty.com is great! Payday Loans Borrowers Have Rights Ray Fisman in The Dismal Science asks the question Do people take out payday loans because theyre desperate or because they dont understand the terms

Posted by: toronto payday loans | July 12, 2010 at 03:58 AM

Your website is very great. I enjoyed your website a lot. Thank you.

Posted by: online payday loans | July 02, 2010 at 07:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/1994392

Listed below are links to weblogs that reference 米国の若者はがんばった:

« ブッシュ、教育にスペルをノミネート? | Main | デイ・アフター・トゥモロー »