« January 2005 | Main | March 2005 »

February 27, 2005

ファイロファックスと夢手帳

P1200029ファイロファックス+夢手帳(GMOの熊谷社長のレフィル)を使って2ヵ月。

夢手帳のレフィルの人生計画部分はまだ書いてないのだが(笑)、毎日の予定表部分は結構使いやすい。1日単位なので真っ白い日もあるわけだが(仕事上、終日社内にいるもので)、なにかあると書く癖ができてきた。人生計画部分を早く書き込みたいと思うけど、結構時間かかりそうなんだよねえ・・・。

手帳は、これまでスモールサイズのバインダーを使っていたのだが、いまいち使いにくかった。小さくて書きにくいし、バインダーの輪の直径も小さいから、入るレフィルの枚数が少ないというのも問題だった。

レフィルとして買った夢手帳がバイブルサイズで、1日単位の形式なのでものすごく分厚いため(3ヶ月分だけ小分けして入れてるけど)、バイブルサイズのバインダーを探した。安いのから高いのまで、いろいろあったけど、革が厚いが比較的やわらかくて使い勝手がよさそうな、ファイロファックスにした。

よく吟味してから買いたかったので、伊東屋で正規価格で買った。ネットにはもっと安く売っているところもあるが、毎日手に触れるものは、やはり実店舗で買ったほうが気合も入るというものだ。と、文房具屋の子供としては言っておこう(笑) 手に取ると、革の質感とかが違う。ネットで買ったら、もっと安いほかのにしていたと思う。

写真のとおり、黒革のにしたのだが、なかなか満足度は高い。以前も書いたが、黒革が美しく、男性が持っても、女性が持っても、素敵な感じ。ティファニーの銀色のペンを挿していると大変美しいなあと思う。ペンホルダーがど真ん中にあって、挿しにくいのが痛いが。

あとは夢手帳すね。熊谷さんにしかられそう。ハイ、がんばって書きます。

ファイロフォックスで検索されることが多い。私もファイロフォックスって読むと思ってて、そう書いているからなんだろうけど。Filofaxだと、聞こえ方はファイロフォックスだと思うのだが、そこは日本。ファイロファックスらしい。ネットで購入される方、ファイロファックスで検索してみてください。たくさん出てきます。

ところで、手帳カテゴリもつくってみました。いつまで続くことやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

株初心者が見たライブドアVSフジテレビ

意味ワカンネと思っている間に、ずいぶん混沌としてきた。

この騒動と私の株の勉強の度合いが同じくらいの歩み。やっと理解すると、次のテキストに移る感じだ。

お勉強その1 立会い外分売
ライブドアがニッポン放送株を買ったのは、市場が閉まってからということで、いろいろな手があるもんだと思っていたのだが、どうも、これは立会外分売というモノらしい。
某証券に口座を作ったら、立会外分売のお知らせがよく来るようになって、コリャナンダ?と思っていたところだった。その意味は「大株主の所有株などまとまった売注文を多くの投資家に分売することで、多くは個人株主数を増やしたり、流動性を高めるために行われている」(オリックス証券より)そうだ。普通は大株主が証券会社に頼んでまとめて売るものを、リーマン(証券会社)が集めてライブドアだけに売ったということだろう。

お勉強その2 転換社債と空売り
次はリーマンと契約したというMSCB(転換価額修正条項付転換社債)と貸し株、そして空売りである。
リーマンがライブドアから株を借り、高い時に売って安くなったら買ってライブドアに戻す「空売り」をすると、リーマンの懐にその差額が入るってわけだ。個人がやる場合は信用取引(売り)でしょ? MSCBはリーマンにとっては株価が下がったほうが、たくさんのライブドア株に転換できることになるらしい。ライブドアがニッポン放送の50%以上の株主となり、さらにはフジサンケイグループを「支配」できれば、ライブドア株が金の卵になるってわけだ。ということでリーマン空売り、見事に決まってましたね(笑)

お勉強その3 新株予約権
そしてニッポン放送による莫大な新株予約権をフジテレビに割り当て発行するとの発表。フジが負担してニッポン放送が増資して、ライブドアの持ち株比率を下げようという戦略だ。海外ではポイズンピルっていうそうだ。ホリエモンは差止へ仮処分を申請したから、どうなるかわからないが、フジも本当に困っているんだなあと。

以上。まだ進行形だが。

しかしこんなことばっかり話題になっていて、ホリエモンのいう「提携」を行うことで、どんな素晴らしい世界が待っているのかはあやふやだ。ホリエモンが「ネットが新聞やメディアを殺していく」というのは理解できるんだが、具体的にどうしたいかをもっと言わないとみんなが不安になるだけだ。テレビがほしいのか、ラジオがほしいのか、はたまた新聞か、それともコンテンツだけ?  

株の買い方の是非はよくわからないし、あまり興味はないが、ホリエモンが「人気のあるニュースを流せばいい」的発言をするのは、報道も含めたメディアを持とうという経営者としてはダメダメだと思う。

<注>読みにくいので25日に書き直しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

京都議定書

16日午後2時に発効するらしい。日付が変わったら発効するのかと思っていたのだが、国連のある米国東部時間にあわせてあるので午後2時なんだそうだ。え、東京とNYって14時間も違ったっけ?と思って確認したら、やはりそのとおりでした。なんで京都議定書参加を見送っている国の時間なんだか。微妙にトホホ感があるところが、日本が苦心して作った国際条約っていう位置づけをあらわしているような…。

しかしこれから90年レベルの排出量から6%削減って、どうやったらできるんですかね? 唯一実現ツールになりそうなCO2排出権取引のCDMも、見えないだけに、そんなもの成立するんかいなという疑問が消えないのだが。みんな正直に申告すれば成り立つかもしれないけどさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

億万長者プロジェクト開始

 年初に、今年やるべきことの一つとして誓ったのが「利殖」(笑)。なにせ「人生はリハーサルではない」(by ドノヴァン)ので、人生好きにやるには資金が必要なのだと思ったのだ。好きにやる人生って何よ?と突っ込まれても困るのだが。とりあえず億万長者になる!と夢日記にも書いてみたし。アメリカはオーナーシップ社会だしね。

 といっても今までの経験は、積み立てとMMFと、ものすごい小額の為替のみ。MMFは某社がエンロンを組み込んでいたために、マイナス運用になって、解約したし。(しかしエンロンなんて破綻する1年くらい前から変だったじゃんよ? そういうのって運用者はわからないのだろうか) 為替は小学生の小遣い銭程度の儲け。つまりまったくの初心者である。

 利殖を考えたのは初めてではないので、一応、今、これはやらないと決めているのが①外貨預金(為替レートが選べないなら、普通に為替をしたほうがマシじゃん?)②投資信託(MMFで失敗しているので、他人に運用を任せるのはチョット)。ま、投資信託は将来的には考えようかなと思うが、相当研究しないと。

 そんなわけで株かねえ…と思いつつネットをただよっていたら見つけたのが「打倒!金持ち父さん」のサイト。とても勉強になる。

 その中の読書のすすめコーナーで推薦されていた、『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』(ロバート・キヨサキ著)、『億万長者をめざす バフェットの銘柄選択術』(メアリー・バフェット著)、『ホントは教えたくない、資産運用のカラクリ』(安間伸著)を読む。バフェット氏ってすごい投資家らしい。

 各本ともとても参考になった。以下はJin的感想&教訓
 『金持ち父さん』→不動産って資本がいるから、今の私には無理。あと、東京で今やるのは、2005年問題もあるし、相当物件を選ぶ必要がありそう。とはいえお金に働いてもらうっていう考え方はナイス。
 『バフェット』→デイトレをやる時間は今のところないので、保有株の価値を上げることを狙っているわけだが、バフェットの考え方はこういうタイプにはあいそう。身の回りをよくみて、ROEを重視し、割安時に買おう!
 『資産運用のカラクリ』→日本の税制が複雑すぎるということがよくわかる。まだまだ初心者のため、私募の外国籍投信の買い方がいまいちわからないのだが、今後の勉強かなと。

 とりあえず100万円から始めて、1000万円にして、そこから億万長者へ! と不敵につぶやきつつ、勉強しつつ株投資をすることにしたのであった。デイトレしないのに、そんなことできるのだろうかという疑問はあるのだが…。

続きはまた後ほど…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 05, 2005

ロボモップがすごいことに…

うーむ。
一応、これココログのプラスにしているんで、検索件数とか検索フレーズとかわかるんだけど、ここのところロボモップがダントツに検索されている。人気なんだねえ。

というわけで、あまりの人気ぶりに、使っての感想を付け足しておくと、かわいいっす。役立つとかっていうよりはカワイイ。名前付けそうなくらいだ。

人がいるところだと動きまくって結構ジャマなので、外出するときに「放す」のだが(好きに動いていいよって感じ)、あちこちうれしそうに動き回るのが、オリから出された動物のよう。しかも、タンスの下のカドで捕まって、タイマーが切れたりしているので、帰ってきたときに、どこにいるのか探すのが大変というのもペット(猫?)なみ。ロボモップというよりモップペットという感じだ。

googleのアドセンスを入れてみたら、どのページを開いてもロボモップ関連ばかりになるというのも、人気ぶりがうかがえる。

ところで検索ワードとでいうと、ファイロファックスも多いのだが、ほとんど役に立たない話しか載ってない(汗)。黒革で十字に縫い目が入っているのを使っています。高級感があって、手帳を持っている喜びを感じます。大事に使って、大物になりたいと思います。こんなところで少しは役に立ったかな?

追記:ファイロフォックスだと思っていたらファイロファックスでございました。訂正します。英語はfilofaxです。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »