« 京都議定書 | Main | ファイロファックスと夢手帳 »

February 25, 2005

株初心者が見たライブドアVSフジテレビ

意味ワカンネと思っている間に、ずいぶん混沌としてきた。

この騒動と私の株の勉強の度合いが同じくらいの歩み。やっと理解すると、次のテキストに移る感じだ。

お勉強その1 立会い外分売
ライブドアがニッポン放送株を買ったのは、市場が閉まってからということで、いろいろな手があるもんだと思っていたのだが、どうも、これは立会外分売というモノらしい。
某証券に口座を作ったら、立会外分売のお知らせがよく来るようになって、コリャナンダ?と思っていたところだった。その意味は「大株主の所有株などまとまった売注文を多くの投資家に分売することで、多くは個人株主数を増やしたり、流動性を高めるために行われている」(オリックス証券より)そうだ。普通は大株主が証券会社に頼んでまとめて売るものを、リーマン(証券会社)が集めてライブドアだけに売ったということだろう。

お勉強その2 転換社債と空売り
次はリーマンと契約したというMSCB(転換価額修正条項付転換社債)と貸し株、そして空売りである。
リーマンがライブドアから株を借り、高い時に売って安くなったら買ってライブドアに戻す「空売り」をすると、リーマンの懐にその差額が入るってわけだ。個人がやる場合は信用取引(売り)でしょ? MSCBはリーマンにとっては株価が下がったほうが、たくさんのライブドア株に転換できることになるらしい。ライブドアがニッポン放送の50%以上の株主となり、さらにはフジサンケイグループを「支配」できれば、ライブドア株が金の卵になるってわけだ。ということでリーマン空売り、見事に決まってましたね(笑)

お勉強その3 新株予約権
そしてニッポン放送による莫大な新株予約権をフジテレビに割り当て発行するとの発表。フジが負担してニッポン放送が増資して、ライブドアの持ち株比率を下げようという戦略だ。海外ではポイズンピルっていうそうだ。ホリエモンは差止へ仮処分を申請したから、どうなるかわからないが、フジも本当に困っているんだなあと。

以上。まだ進行形だが。

しかしこんなことばっかり話題になっていて、ホリエモンのいう「提携」を行うことで、どんな素晴らしい世界が待っているのかはあやふやだ。ホリエモンが「ネットが新聞やメディアを殺していく」というのは理解できるんだが、具体的にどうしたいかをもっと言わないとみんなが不安になるだけだ。テレビがほしいのか、ラジオがほしいのか、はたまた新聞か、それともコンテンツだけ?  

株の買い方の是非はよくわからないし、あまり興味はないが、ホリエモンが「人気のあるニュースを流せばいい」的発言をするのは、報道も含めたメディアを持とうという経営者としてはダメダメだと思う。

<注>読みにくいので25日に書き直しました。

|

« 京都議定書 | Main | ファイロファックスと夢手帳 »

投資」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/3067555

Listed below are links to weblogs that reference 株初心者が見たライブドアVSフジテレビ:

« 京都議定書 | Main | ファイロファックスと夢手帳 »