« 田中健! | Main | テレビに辟易 »

September 13, 2005

衆院選後の雑感

ここまで自民党圧勝とは。世論調査で予測された結果ではあるが、あまりにゲンナリして、昨日一度エントリをアップしたものの、削除してしまった。仕切りなおして、私の中で、総括してみたい。

小泉首相というブランド力を利用して、郵政民営化と法案をごっちゃにして勧善懲悪化するという戦略があたったわけだ。これによって自民党の法案反対派のみならず、郵政の労組を抱える民主党にも改革反対派というレッテルを貼ることに成功した。

本当は年金問題とか、景気対策が一番の焦点だと思うのに、郵政民営化(小泉法案)が争点だと勝手に決め付けられ、党首討論でもそれしか小泉首相が言わないからには、国民として法案を理解してから判断しようと、能動的に情報収集してみた。はっきりいってわかりにくくて、困難な作業だったし、最後まで明確にはわからなかった。どれほどわかりにくかったかは、以前のエントリの悩みぶりを呼んでいただくとして。

しかし、いまさらながらあえていうけど、法案の是非の判断なんて、本来、立法府である国会と国会議員がすべき仕事だ。郵政民営化は、前回の選挙で一応信任されているわけだから、法案は国会議員が最後まで責任もって議論すべき話。衆議院では可決され、良識の府である参議院で否決されたのだから、衆議院でもう一度3分の2を取れるように、法案を改正するのがルールだ。議会制民主主義だからさ。

そうはいっても「郵政民営化は改革の本丸。改革を止めるな」っていう単純な呪文を唱え続けたおかげで、郵政民営化小泉法案反対派は守旧派というレッテルを貼られ、とてもカッコ悪い感じになって、負けてしまった。小泉首相のケンカの強さは天晴れであるが、民主党弱すぎ。得票率は1.3倍しか違わないのに、結果はトリプルスコアまで引き離されるなんて、戦術がダメダメだった証拠である。

与党が3分の2もいるのだから、当然、あの郵政民営化法案も通るだろうし、自民単独でも過半数なんだから、なんでもできる体制になったわけだ。この結果を見て、ちょっとキナくさくなってきたな、と思う人は、投票行動どおり、全国の3分の1くらいなんだろうか。

そう思って、11日夜は幻滅していたのだが、今日発表された経済界のコメントでは、あたりさわりなく「構造改革に期待」ってだけじゃなくて、「白紙委任ではない」というクギを刺すものも多かったので少し安心した。中国問題や構造改革の動きは業績に直結するからだろう。日本でしっかりしているのは経済界だけなのか?

さすがのマスコミ(特にテレビ)も危機感を覚えたようだ。今頃になって、テレビではこんな結果はまずいみたいな雰囲気。だけど、造反、刺客とかって単純化した勧善懲悪ドラマを繰り返し繰り返し伝えたのは、ドコのドイツだ。

そういうわけで、私は、今回の選挙の一番の敗者はマスコミなんじゃないのかと思っている。小泉戦略に乗せられ、毎日、どちらに傾いても自民党だろうっていう刺客選挙区を取り上げることで、郵政民営化(法案)だけに焦点を当ててしまったのだから。本来、選挙は、景気対策や社会保障政策や外交問題など国家の重要な方針を決める機会。だけどマスコミが刺客にウツツを抜かした結果、マスコミから得られる情報は少なく薄くなり、その結果、私を含めて情報が足りないと考える人は、ネットを浮遊することになった。ネット上も真偽がはっきりしない情報は多いが、いろいろ見ていけば真偽も想像がつき、自分の考えも方向が出てくるというものだ。

選挙報道におけるマスコミの限界に直面する今、弱小マスコミの片隅で仕事をする自分も、謙虚にこの現実を受け止める必要があると思っている。

なんだかまとまらないが、とりあえず総括。

|

« 田中健! | Main | テレビに辟易 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/5918861

Listed below are links to weblogs that reference 衆院選後の雑感:

« 田中健! | Main | テレビに辟易 »