« IQ低いんですが、何か? | Main | 医療費負担は重い »

September 06, 2005

郵政民営化・小泉法案への銀行マンの意見

最近交わした某銀行マンとの私的会話
(注)超アバウトな理解かもしれないので、意味半分に読んでください

Jin 「郵政民営化法案って銀行にとってはどうです?」
銀行マン「330兆円もの巨大銀行を作られちゃ困りますよ」
Jin 「そーですよね(笑)。郵便局って資金運用できるのかな」
銀行マン 「急にできるわけないですよ。いままで国債で運用していたんだから」
Jin 「よく外資に持っていかれるっていうじゃないですか。あれは?」
銀行マン 「自分で運用できないなら、どこかに運用してもらわなくちゃいけないでしょ。ゴールドマンサックスとかで」
Jin 「ゴールドマンといえども損することありますよね」
銀行マン 「もちろん」
Jin 「米国債で運用するってのは?」
銀行マン 「国債は国の事業に使っているわけだけど、米国債は米国の事業に使うわけだから、日本にはお金は落ちないで、米国に落ちることになりますねえ」

国費を突っ込んだためか、郵政民営化(法案)→巨大銀行発足について、銀行業界からの意見が聞こえてこないのだが、一銀行マンの声を聞いてみるとやっぱり、(今回の法案には)反対らしい。

いずれにせよ、民間にお金が回るってこともなさそうだ。しかも国にも回らず、米国へお金貸してあげることになるらしい。でもそれは止めるよとはいえない金貸し。だって某・元首相は米国債を売る誘惑に駆られたこともあるといっただけでササレたという話だしね。

|

« IQ低いんですが、何か? | Main | 医療費負担は重い »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/5816724

Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化・小泉法案への銀行マンの意見:

» 郵貯に外資が入ってくることは問題か [阿川大樹的小宇宙]
「過疎地の郵便局がなくなる」 「郵貯がハゲタカファンドに奪われる」 というふたつ [Read More]

Tracked on September 09, 2005 at 05:45 AM

» 郵貯に外資が入ってくることは問題か [阿川大樹的小宇宙]
「過疎地の郵便局がなくなる」 「郵貯がハゲタカファンドに奪われる」 というふたつ [Read More]

Tracked on September 14, 2005 at 09:14 AM

« IQ低いんですが、何か? | Main | 医療費負担は重い »