« 衆院選後の雑感 | Main | アナリストって一体。 »

September 28, 2005

テレビに辟易

毎日繰り返される自民党の新人議員の紹介に辟易としていたのだが、今度は杉村太蔵代議士の所信表明演説なんだそうだ。

ワイドショーで延々と取り上げられるのもイヤなのだが、テレビのニュース番組でもトップに持ってくるところもあってトホホな気分にさせられる。発砲事件もあったというのに、平和なもんである、日本は。

新聞は2次元の面積だから読みたくなければ飛ばせばいい。だけどテレビは「時間」を超えられないから、飛ばすわけにもいかない。

テレビ局は政府からの免許が必要で、電波が限られているから独占的で、時間を超えられないという制約がある上に、視聴者にとって情報収集が楽だから、広告料金が莫大に集まり、広告料収入のために視聴率を稼ぐ必要があり、そのためには面白おかしい番組が重要だ--というのはわかるけどね。

文句を言うなら、やっぱりニュースもハードディスクに入れて見るべきなんだろうな。ドラマなんかは見逃さないために今そうしているし。  え?みんなもうやってるって?

HDDでみるようになるとCMはスキップするから、テレビにもたらされる莫大な広告料金は危機に陥ると思うけどね。だからテレビはもっとまじめに番組を作る必要があると思うけど、最近のマスコミ批判というか、個人情報保護を盾にした政府からの報道の自由への攻撃をみると、免許が…って最初に戻ってしまうんだろうなあと。

いっそのこと、インターネット放送にしたほうが、言論の自由は保たれるかもしれない。言論の自由を守るために、24時間ネットニュース局(文字も含む)でも作ったらと思うが、そうするとどこで稼ぐかというビジネスモデルが問題か。

PS.29日午前0時半に書き直しました。

|

« 衆院選後の雑感 | Main | アナリストって一体。 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/6153716

Listed below are links to weblogs that reference テレビに辟易:

« 衆院選後の雑感 | Main | アナリストって一体。 »