« September 2005 | Main | November 2005 »

October 24, 2005

TBS、フジテレビにみる通信と放送の融合

もう4年以上前なのだが、NHKに勤める人にどうしてインターネットでニュース配信をしないのかと聞いたことがある。BBCだってABCだってCNNだってやってるんだから、やったらいいのにと。

当時はまだ、こんなにブロードバンドが普及していなかったが、欧米の放送事業者は文字ベースや短いニュースクリップなどでニュース配信を始めていたし、それはかなりの充実度だった。日本から見ようとすると、回線の問題でほとんど見られないことが多かったけど。

NHKの人によれば、インターネットを積極的に活用したいが、民放がNHKが肥大化するといって反対するらしかった。当時、総務省でもこんな議論が行われていた。しかし、インターネットで世の中が大きく変わっている時に、なぜそれに対応しようとしないのか。視聴者が求めているものをなぜ提供しないのか。民放はなぜ反対するのか。私には全く理解できなかった。

その後、NHKも細々とニュース配信を始めたが、今もBBCなどに比べたらかなり貧弱なものにとどまっている。

一方、民放のHPも、番組紹介とその要約にとどまっている。結局、NHKにダメだといった手前、自分たちでもできなかったということだろうか。それとも時代感覚がなかったのか。

だから私には、TBSやフジテレビに仕掛けられたネット業界からの買収の動きは、この放送業界の体質が招いているように思えるのだ。

読売の報道を読んだ限りでは、楽天が思いもよらないような素晴らしい提案をしているとは思えないが、たとえ素晴らしい提案だったとしても、TBSはそこに乗ることはできないんじゃないかと思う。インターネットは情報の無料化や広告の低価格化を招き、放送局の屋台骨を解体するかもしれないからだ。コンテンツがあるといっても著作権問題は複雑だ。

しかし、もし、4,5年前からインターネットを積極的に活用するつもりで、まずNHKに走らせておけば、著作権問題もある程度解決しただろうし、少しのタイムラグで広告戦略も描くことができ、今頃は買収される側ではなくて、する側になっていたんじゃないだろうか。

公共電波を割り当てられているテレビ局が、楽天という一ネット商店街に買収されるというのはどうかと思うし、大体、テレビ局が上場する必要があるのかどうかもわからないのだが(地上デジタルで資金が必要だったのか?)、フジテレビやTBSに突きつけられたネットとの融合は、「今まで何やってたのか」っていう社会の要求だと思う。

インターネットに限らず、視聴者を無視しているなあと思うのは、デジタル放送の双方向性がダイヤルアップだったり、CNNみたいなニュース専門チャンネルが(朝日ニュースターとか、NNNノンストップニュースとかはあるが)今だないことなどもあげられる。これを機に、これらもぜひ改善してもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 17, 2005

インファナル・アフェア3部作

公式ホームページ
http://www.infernal.jp/index_top.shtml

香港の警察とマフィアの戦いを描くインファナル・アフェア3部作。

トニー・レオン演じるヤンはマフィアに、アンディ・ラウ演じるラウは警察にそれぞれ潜入する。警察はマフィア撲滅を目指し、マフィアは目障りな警察の組織犯罪課を無力化するために。

2人を中心とする抗争は、Ⅰでほぼ終結する。しかしそこには多くの疑問が残される。なぜ、ヤンは潜入しているのか。ヤンと精神科医のリー(ケリー・チャン)との関係は? 本当にこのまま終わるのか?

Ⅱの無間序曲では、Ⅰに到るストーリーが描かれる。ウォン警部(アンソニー・ウォン)とマフィアのドンとなるサム(エリック・ツァン)の出会い。ヤンの潜入の理由。ラウの秘密…。

そしてⅢの終極無間で、ようやく物語は完結する。うまく逃れたとみられたラウも、次第に追い詰められていく。一方で、ヤンにも、幸せだった日々があったことがわかって、少し救われたりする。

次から次へと驚かされる仕掛けがあり、とても映画的だ。日本映画でこれができないのが悔しい感じ。

登場人物はすべてなかなかの役者ぞろい。とはいえ、なんといってもトニー・レオンのやるせない笑顔が一番だろう。Ⅱに登場する久米宏似のフランシス・ンのインテリヤクザぶりも、押したい。

香港映画を普段見ない方に、お勧めしたい3部作である。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 13, 2005

アナリストって一体。

以前、ここでアップル株を酔った勢いで買ってしまったということを書いた。その直後に株価は急降下し、一時は10ドル以上も価値が下がってしまった。分割直後に買うなんて素人だなあとしみじみ反省したのだが、その後、iPODの好調な売れ行きにジリジリと株価はあがり、4-6月の決算が予想より良かったことからドンとあがって、買値を超え、55ドルまであがった。ジョブスの感動的なスピーチもあって、「さすがアップル」などと思っていたのだが…。

ここ数日、株価は劇的に下がった。まず、iPODナノに不具合があって、回収することになったことで、ガクッと下がり、さらに昨日発表された7-9月の決算が、アナリストの予想を下回ったということでさらに下がった。過去最高益をあげているにもかかわらずだ。

思い返せば、一時、30ドル台に急落したときも、「アナリストの予想を下回った」というのが理由だった。でも、今回、数を把握しているはずのアップル予想は上回っているんだよね。アップル自体は固めに見積もっているにしろ、アナリストのイケイケどんどんな数え方のほうがおかしいんじゃないかと私は思う。素人考えだけど。アナリスト予想を上回るためにアップルが仕事をしているわけではない。といって、アナリストが予想をはずした責任を株主に対して取るわけでもない。だいたい、競合他社もあるんだから、アップルがその影響を受けないわけがないって思わないか? 

今後のことを考えれば、iPODナノは魅力的な商品で、私自身、ほしいと思っているところなのに売り切れだし、深夜にビデオiPODや、カメラつきiMacも発表されたというのに、なんだかなあ…。深夜の発表は「想定の範囲内」なんだろうか。ま、いずれにせよ、今後株価は上がると思うし、今のところ売る気もないからいいけどさ。

アップルを含め、恐る恐る株をかじってみて思ったのは、株主たるもの、株価がちょっとくらい下がっても、ま、いいやと思っていなきゃいけないってことだ。そしてそのためには、その会社が提供する製品、サービスが好きなことが重要だと思う。お勧めされて、ちょっとあがっているからって買ってみた株は、売るタイミングを間違えたりして、塩漬けになることが多い。(ちゃんとデイトレしてればいいんだろうけど、私には向いてないし、時間もない)

そして、今、とても残念なのは、この基準からいくと、ソニー株が買えないことである。早く立ち直って、魅力的なサービスや製品を提供してほしい。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »