« September 2006 | Main | December 2006 »

October 20, 2006

言霊なのか

核武装を検討するという中川・麻生発言が騒動になっている。正直、なぜなんだと思う。

「非核三原則があるからそんなことを考えてもいけない」と騒動にしたいと思っている側はいうんだけど、そうだろうか? 悪いが、私は、国を運営する政府たるもの、最悪の場合も考えた検討をしてもらっていないと困ると思うぞ。

もちろん核兵器なんて持つべきじゃないと思う。広島、長崎の資料館どちらも2,3度行っているが、こんな爆弾はひどすぎる。でも、現実の国際社会では核兵器を持っているほうが圧倒的に有利だというのも事実。だから北朝鮮は作ろうとしているわけだし。

それに日本が核武装したところで、地球を破滅させるだけの核兵器を依然持っている米露があれば、あまり意味がない。持ったところで、実際に使えるわけじゃないし、使ったら反対にその国は滅びるだろう。その上、日本が持ったら、それをテロから守らなければならない。だからまったく国際政治的にもコスト的にも見合わないのではないかと思う。

被爆国としての役割も含め、そんなこんなを考えると、核兵器を持つ意味は全くないと思うが、検討くらいしてもいいんじゃないの? 持つべきではないという人は、そこまでの議論をすればいい。「そんなこんなで、まったく意味がないから、議論にならないのでは?」という指摘ならわかるが、検討すらしてはいけない、言ってもいけないというのはどういうことだろうか。国際的には持つんじゃないかと疑われているが、ちゃんと検討した結果、持ちませんというほうが説得力あると思うが。

ふと思うのは、日本は言霊の国だからだろうかということだ。言ってしまうと現実になってしまうと考えるのだろうか。気持ちはわからなくはないし、日本的に考えれば、検討しだしたら、可能性のほうに向かってしまうという傾向もあるだろう。が、もう、そういっていられる時代ではないと思う。残念なことだが。

それにだ。コンディは日本に核爆弾が落ちたら米国が相手国に報復すると言っているわけだが、それは、半分、核武装しているってことじゃないですかね? 

それより共謀罪のほうが問題じゃないかと。 
【転載歓迎】重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!?(海渡弁護士)
北にかこつけて、動き急? 民主党さん、こっちをせめてよ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | December 2006 »