« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

学級会みたいな国会やね

野党が柳沢失言問題で辞任要求、補正予算の審議拒否するって???

・・・・・・・・・・。あの~そんな大問題? まあ、失言だと思うけどさあ、そんな表現ないよなと思って、当方、女なんで確かに一瞬切れてエントリ書きましたけど、補正予算のほうが大事だろ~。少子化問題語るときって、機械まではいわなくても、それに近いことは数字的にはいうわけだし。なんか、あんまりキイキイと抗議するのも、正論だけで攻めるネゴのできない学級委員長みたいな感じで苦笑してしまう。

私がうなずいたのは、「とくダネ!」で室井佑月が言っていた「(柳沢大臣は)私たちがどうしても孕みたいと思う男じゃない」という意見だね。そうそう。これがもしキムタクの発言だったら、「私も機械になる、ガンバリマス」って人がいるのではないかと。私はダニエルの方がいいけどね。

少子化って結局、プライベートなエロい話になってしまうので、男性の政治家が言うと、女性は「あなたの子供はいらない」という生理的反応を示すことになっちゃうんだよねえ。女性の政治家も、普段はそれを我慢しながら少子化対策を検討しているんだけれど、あの発言で、ダムが決壊するみたいに、それまでの我慢が流れてきてしまう。そんな感じだろう。

でもさ、こんなのもっとユーモアとかジョークとか皮肉とかで返したほうがいいんじゃないかしらん。大人なんだし。

少子化対策としては、この間も書いたけど①子供の費用は国が負担②女性をもっと自由に(家や仕事上のシバリをはずす)③いい男・いい女教育(エロ化計画)④結婚、非婚関係ない親の子供への義務の明確化--なんてことをしながら子供を増やす一方で、年金とか社会保険とかの制度を少しずつ変えていくしかないんじゃないの?と思いますが。

だから、「いい男供給計画を作りましょう」とか「柳沢大臣は原料としてはどうでしょう?」とか「ダニエルを供給してくれるようにイギリス政府に頼みましょう」とか、まあもうちょっと気の利いた発言のほうがいいですが(汗)、ちょっとおばちゃんパワーでエロく返せばいいのになあ。マジメな女子高生みたいだよ、返し方が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2007

少子化を男が語るリスク

どうしようかなと思っていたが、なんだかトホホな気分なので、感情的に書いてみる。

少子化対策へ戦略会議新設 首相、家族再生に重点(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0128/005.html

「女性は子ども産む機械」柳沢厚労相(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20070128/mng_____sya_____016.shtml

「女性は子どもを産む機械」発言が波紋 野党が辞任要求(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0128/009.html

柳沢大臣は辞任しなくてもいいと思う。それだけの考えの人だってだけ。よくいますよ、この手の男性。だいたい少子化担当大臣も夫婦別姓には反対のくせに、自分は旧姓で仕事をしている女性だし、そんなに大臣に期待していないって。野党も、いちいち発言とらえてギャアギャアいうより、政策で対抗してほしい。ネチネチとね。

しかし、少子化を男性が語るのは危険極まりない感じがする。少子化の議論って、端的にいうと女性に対して、エッチしろ、子供を産め、そうでないとお前の老後が大変だぞ、っていうことだ。現状では女性は、子供を産んだら仕事ができないし、子供ができて結婚しなきゃいろいろ言われるし、結婚したら男性の親の面倒は女に押し付けるみたいだし、子連れで離婚したらしたで仕事ができなかった時間分、女性が金銭的にも時間的にも不利になるわけだし。そういう面倒くさくて大変なことは全部女だけど、年金問題とか考えると男たちが困るからさ、みたいな。女性が不利なのは当然なのに、それを最近の女性は受け入れないんで、しょうがないから対策するかという感じがプンプンする。そういうことに女性は敏感なので、この問題って男性にとって地雷原だと思うんだけど、わりに年齢の高い男性がいいたがるよね。

少子化対策というより、豊かな社会のために、子育て支援はしたほうがいいと思う。若者は都会を目指してくる人が多いし、都会に出てきた人には支援者がいないんだから。それをやらなきゃ、減るに決まっているよ。自己防衛として。しかも女性は働きたいし、働いたら子供は結構リスクになってしまう。子供がリスクでなくチャンスになる社会が、豊かで幸せな社会だと思うけどね。野党は辞任を要求するんじゃなくて、そういう政策を出してほしい。国民が幸せな社会こそ目指すべき社会であり、もはやダメダメな年金なんかの社会制度の維持のためにプライベートな問題をからめないでほしい。

じゃあ、どうすればいいのか?簡単でいいのだ。女性の要求を全部聞けばいい。子供に関する女性の時間と金銭を自由にすることだ。

加えて、もっと素晴らしい原料を供給しよう。機械だけじゃ製品はできないぞ。とりあえず、柳沢大臣の場合は原料として失格ってことで。ダニエル・ボンドみたいな感じのセクシーガイをたくさん供給すれば、子だくさんになるんじゃないかと、ひとしきり・・・。いい男になるための授業とか、義務教育に入れてみたらどうすかね?(笑)

追記:少し書き換えました。超党派の女性議員が抗議しているみたいですね。ついでにいい男・いい女政策を提案してきてくれないですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロジャー・ムーアの007って…

「007 カジノ・ロワイヤル」がマイブームなので、テレビで放映されたかつての「007」も見てみた。

よ~く考えてみると、これまで見た007って、ショーン・コネリーかピアース・ブロスナン。ほかの人が出ている007はあまり見たことなかったなと思いつつ、ロジャー・ムーアの「私を愛したスパイ」「ムーンレイカー」を見たのだが…。

なんですか?これは???

「私を愛したスパイ」は、私ができるような情報分析をのんびり、多岐川裕美似のソ連諜報員としているし、ロジャーが多岐川裕美に意地悪しているうちにジョーズに証拠を奪われるし、多岐川裕美もロジャーに拾わせりゃいいものを、自分で拾うからあっというまにジョーズに蹴られているし。すごく牧歌的かつ間抜け。本当に諜報員かよ、お前ら。

「ムーンレイカー」は、もう少し、スピーディーだったが、あの女性の制服はなんなんだ。CIAがらみの教授以外、女性全員がすぐ脱がせやすい服(笑)。勘弁しろよ。アクションものんびりしているしなあ。

最もよくわからないのが、ボンドガールだからだけど、出てくる女性がすぐロジャーになびくんですよ。ロジャーもすぐ口説くし。いつ仕事してるんだよ。しかもロジャーってそんな、かっこいい??

昔から、ロジャーの007って苦手で見ていなかったのだが、改めてみるとその理由がわかる。時代を反映していたとしたら、冷戦時代ってのんびりしてたんだね(違うだろ)。あと、女性はすぐなびいたと(それも違うだろ!)。ムーンレイカーは「未知との遭遇」の後のようなんだけど、スペースシャトルの時代だというのに、現実感のなさが凄い。凄すぎる。もう、凄すぎて、勝手にやってろって感じ。

その次の人、ティモシー・ダルトンも見てないんでわからないのだが、多分、ピアース・ブロスナンになったあたりから、今風のアクションに変えてきて、さらにダニエル・クレイグでリアルにチェンジしたんだろうな。ほんもののMI6諜報員が、カジノ・ロワイヤルの封切直前にラジオで語ったところでは、実際はスパイに殺人は許可されてないし、魅力的なことなんて全然ないし、危険ばっかりと言っていたらしいが、まあ、ダニエルも危険だらけだったしね。そういう意味ではジャック@24も充分危険だらけ・・・いやアイツは危険を呼ぶ男か。

Casino_1_1b_1
ショーン・コネリーのは何度も見ていたくらいだからそれなりに面白かったとは思うけど、スピード感はロジャーとどっこいどっこいだったように思うな。今の見解では、カジノ・ロワイヤルが007シリーズ最高傑作でいいような気がしてきた。ロジャー好きなオールド007ファンには悪いけど、それでいいです。ええ、私はね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 27, 2007

いまどきの子供がうらやましい件について

007cr11
どうしても「007 カジノ・ロワイヤル」がもう一度見たくなって、同僚を誘って見に行ってしまった。

2度見ても、ダニエル・クレイグの悪がき007(修行中)がとても素晴らしい。修行中ってこともあって、感情が表れやすいし、荒唐無稽なメカとかでてこないので、「24」なんかに慣れた観客には受け入れやすい、のかもしれない。ピアース・ブロスナンのときも、トゥモロー・ネバー・ダイみたいな必死なバージョンのほうが面白かったし。あれはミッシェル・ヨーがかっこよかったんだけど。

ダニエルはピアースほどハンサムじゃないし、体も素晴らしい筋肉美だが大きくはない。でもそれがかえってリアルスパイに見える。すごくハンサムで背が高いと目立っちゃってしょうがないんじゃないだろうか。スパイとしては。ダニエルはなにしろ本物のKGB職員だったプーチンに似ているし、この間殺されたリトビネンコとかにもちょっと似ている。それじゃかわいそうなんで付け加えると、もちろんスティーブ・マックイーンにも、かすかに微妙にショーン・コネリーにも、ほんのちょっとだけジェームス・ディーンにも、あと、ケビン・スペイシーにもかなり(笑)似ているわけですが。

この魅力はなんだろうと思うのだが、ダニエルはどうも、イギリスでは当初「なぜこの名優がジェームズ・ボンド役を受けたのか?」という疑問が呈されるほどの役者らしい。ムービーウォーカーの特集によれば「ボンドにしておくには惜しいほどいい俳優」なんだそうで、確かに、Mにしかられたあとの悲しそうな目とか、ヴェスパーに気があるんだけどぶっきらぼうに対応する様とか、ボンドの人間らしい内省的な一面が、抑制されながらも見えてくる。その加減が秀逸なのかもしれない。これはダニエルだからいいのか、演出がいいのかわからないが。

ただし、これは、becommingなんだからかもしれない。007として完成されてしまったら、またあの余裕しゃくしゃくのボンドになってしまうんだろうか。どこかの記事にあったように、ダニエルの新シリーズが、007「2.0」であるならば、従来を踏襲する必要はないと思う。エンドロールでジェームズ・ボンドは戻ってくるよと書いてあったので、かなり楽しみにしている。

で、表題の件なのだが。

そんなわけでにわかMr.Craigファンとしては、日本に来たときのインタビューを探してみたんだけど、一瞬、フジテレビの「とくダネ!」に出たときのものがyoutubeで見つかっただけ。それもすぐ削除されてしまったし、日本語で見ることができない。しかたないので、youtubeで英語で探してみると出てくる出てくる。たくさんあるんだよね。

映画では相当低かったボンドの声だが、ダニエルは普通に話すともう少し高めで早口。ただ、全部英語だから半分も言ってる意味がわからない。しかしながらタダで、自分の好きな俳優の生英語が聞けるわけだ。私が高校生だったら、英語の勉強と称して、ずっと探して聞いているであろうと思う。書き取りまでやれば、相当な英語力がつきそうだ。探していると、クリントンやヒラリーやスティーブ・ジョブズのインタビューがあったりして、全部聞いたらすごく勉強になりそう。

iPodでも、ポッドキャストを利用してタダでBBCやCNN、NHKの英語ニュースが聞ける時代。私たちの時代はカセットを買うか、ラジオやテレビの時間にあわせて視聴するしかなかった。テレビでも大して英語の放送なんてなくて、とはいえFENはなにいっているかわかんないし、唯一、ネイティブ英語に触れるシーンは、京都の修学旅行だという(笑)世界だっただけに、なんだか今の子がうらやましい限りである。英語ニュースも1ヶ月まとめて発行しているだけの雑誌もあったよね。いまはグーグルニュースで全世界のニュースが読めるし、アラートしておけば、気になる英語記事が手に入る。英語の授業がつまらないのは、「今」感がないからだったし。

というわけで、今の子供たちに、インターネットの恩恵を全面的に利用して、限りなく楽しく英語の勉強をしてほしいなと思うわけである。英語なんて、そんな難しくないぜっていうふうになってほしいなと思いつつ、youtubeにあったジミー大西の英語に笑っていたのであった。

追記:カジノ・ロワイヤルの初見感想はこちらのエントリに書いております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

謹賀新年

2007年を迎えて、とはいえ書くこともないので最近読んだ本と見た映画で面白かったものについて書いてみるテスト。

434498011501_ss500_sclzzzzzzz_v33717594_
本:『インテリジェンス 武器なき戦争手嶋龍一、佐藤優著

手嶋龍一、佐藤優の対談を書籍にしたもの。さまざまなブログでもすでに話題になっており、いまさら書くのもなんだが、とても面白い。

インテリジェンスというのは、外交や諜報活動などを通して得る国際的な情報の収集・分析のことを指すらしい。

手嶋龍一は元NHKワシントン支局長。9.11のときは、揺れながら、言葉を噛みながら、連日、寝る間も惜しんで報道していた姿を記憶している人は多いだろう。まあ、放送している内容は、なんだか大本営発表風であったし、この人独特の文学的美辞麗句が並ぶ報道であったのだが、実はインテリジェンス界(報道部門)ではすごい人らしい。最近では、北朝鮮の偽札問題をテーマとする『ウルトラダラー』がベストセラーとなっている。

佐藤優は鈴木宗男と組んだことで外務省から(?)パージされた外務事務官である。『国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて』をはじめ、外交に関する著書は面白い。

そんな二人がお互いのインテリジェンス能力をほめあいながら進む対談は、少々こそばゆい部分もあるのだが、インテリジェンスとは何かを具体的な事件などからひもといていくので、とてもわかりやすく、面白い。世界の力関係が激変している今、日本にどんな道があるんだろうか、と不安に思っている方々にお勧めの一冊。新書だけにコストパフォーマンスはとても高い。


Bond_wp_6_800x600
映画:『007 カジノロワイヤル』

いうまでもないが、007シリーズ最新作である。

ジェームズ・ボンド役としては個人的には初代ショーン・コネリーと5代目のピアース・ブロスナンが好きだったわけだが、今回、ダニエル・クレイグに変わった。ブロスナンがよかっただけに賛否両論あったらしいが、今回はジェームズ・ボンドが007になるという、もっとも若いころの話。というわけで、交代になった模様だ。

一見するとゴッツイ感じのクレイグ。「ミュンヘン」に出ていたというので予告編を見て思い出してみたが、確か冷たい感じの男で、エレガントで甘いボンドとはかけはなれたイメージだった。ま、みんなそう思っていたんだろうけど。

でもちらちらと見る予告編が意外に色っぽい。映画が封切られると、シリーズ最高傑作の呼び声高し。これは見ざるをえないじゃないですか。

というわけでレイトショーで鑑賞。

荒い。ヘタ。映画じゃなくてボンドが。

007修行中のボンドは、殺し方もエレガントじゃないし、いろいろ失敗するし、Mも困ってしまうのだ。優秀なんだけど、荒いボンド。しかも肉体派。007を本気でやめようとするし(退職願がメールっておいおい)。でも、その未完成ぶりがとても魅力的なのである。

Cr_keyart
クレイグのボンドは、007としてはお決まりのタキシードに包まれたあたりから妙に色っぽく、かっこよくなる(特にタイをはずしたところが)。とはいえ涼しい顔で問題を解決していく完成された007とは異なり、一件一件必死なのだ。その必死さがこの映画の魅力であり、見てしまえば間違いなく魅了されてしまう。

007シリーズ全作を見たわけではないので、最高傑作かどうかはわからないが、大傑作であることに間違いない。金髪碧眼の、ちょっとだけ人間くさい、新しい007の誕生である。007シリーズをこれからも見るだろうという人は、映画館に急げ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »