« 米国のイラン攻撃?メモ | Main | イラン、ロケット発射情報 »

February 25, 2007

共和党候補は英雄対決?

2008年の米大統領選、民主党は初もの対決になりそうだが、共和党は英雄対決になりそうな気配である。

候補者は私が認識しているところでは
ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長(62)
ジョン・マケイン上院議員(70)
ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事(59)

ジュリアーニ氏は911でニューヨーク市長として強力なリーダーシップで現場を仕切り、世界の市長との勇名をはせた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8B
マケイン氏はベトナム戦争の英雄で2000年の大統領選でブッシュと争い、2004年の大統領選では従軍仲間の民主党候補ケリーを応援していた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3
ロムニー氏はマサチューセッツ州知事としては優秀だった模様。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%BC

まあ、でも人気は英雄二人で分け合っているようで。

産経新聞

ニューズウィーク紙が先月末に公表した世論調査によると、共和党員の支持率でジュリアーニ氏がマケイン上院議員を48%対44%と上回った。

http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070206/usa070206006.htm

マケイン氏はちょっと年齢が問題になりそう。そんなわけでジュリアーニ有利なんだが、なんとブッシュ弟、ジェフ・ブッシュが大統領選出馬を期待されているらしい。こんな世の中にしたブッシュ一族なのに、なんでだ・・・。
http://www.news24.jp/76266.html

ヒラリー対ジュリアーニでは、先のニューズウィーク紙の調査によるとヒラリー氏49%、ジュリアーニ氏46%と大接戦。でもこれがオバマになるとどうなのか。オバマのブームが共和党支持者にも広がれば勝てるかもしれないが、そう甘いものでもないだろうし、オバマが未知数だけに、ジュリアーニ有利になるだろうと勝手にみている。

日本にとっては共和党のほうが優しいとは思う。民主党は親中国だし、自動車交渉などクリントン時代の冷淡ぶりを思い出すと、心情的な話はともかく、やむなく共和党かなとも思う。しかし誰になったところで、混迷を極める世界情勢の解決策を探らねばならず、それはどんな解決策になったとしても、日本に変化を求めることになるのは間違いない。しかし、日本がどうこうというより、この難局を解決できる大統領の才覚があるのは、いったい誰なんだろうか。それをぜひ、米国民には議論して見極めてもらいたいと思う。

|

« 米国のイラン攻撃?メモ | Main | イラン、ロケット発射情報 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

マケイン、とうとう出馬を表明しましたね。正式表明は4月のようですが。宗教右派に配慮した発言もしたようで、CNNによると

先日には妊娠中絶を合法と認めた裁判所の判決を覆すべきだとコメントし、大統領に就任した場合は「米国憲法を厳しく解釈し、裁判官席で立法措置を取らない」判事を指名する考えを明らかにした。

そうです。共和党候補者も大変ですねえ…。

Posted by: jin | March 02, 2007 08:34 AM

追加で
共和党にとってありうる最悪な展開といえば

藪王朝の、中東をはじめする対外政策に批判的な「宗教」右派の反乱による独自候補擁立で前NY市長が予備選敗退、でしょうか。あとはありがちですが予期せぬ災害や事件・事故(テロ含む) でしょうかね。

次点をいえば

予備選での宗教右派とのしこりの残ったままでイラクの逆風を真正面から受け、本選で反ブッシュ感情のうねりで民主党候補に完敗ことですかね。

Posted by: bystander | February 28, 2007 02:52 PM

BYSTANDERさん、はじめまして。

確かに、ヒラリーは実はそんなに人気がなさそうだし、オバマは内政はよさそうだけれど外交は未知数で、そこを突きあって、泥仕合になるかもしれませんね。

オバマの場合、いくら内政に振れる時期だといっても、かつてのモンロー主義に戻るわけにはいかないので、この難局を解決するにはまだ経験不足にも思えてしまいます。老練ならばいいわけではないのですが。

ヒラリーも民主党候補になれたとして、女性の共和党支持者まで支持が広がれば勝てるかもしれませんが、どうでしょうね。Youtubeの演説映像のコメント欄を見ているとブーイングが多く、オバマとの人気の差を感じるのですが。

共和党のほうですが、宗教右派はどうなんでしょう。ジュリアーニもロムニーも宗教的ではなく、マケインはどうかわかりませんがリベラルであることは間違いなさそうだし、宗教右派はブッシュの時ほど力は出せないのではないでしょうか。自分たちが押したブッシュが現状を引き起こしたわけですから。今はリベラル共和党が一番最強かなと思います。

しかし、宗教右派がなぜそんなに中絶問題にこだわるのか。なぜ国政に宗教を持ち込むのか。イスラムの大統領になったら国政に宗教を持ち込んでいいのか。理解不能なのですが。

Posted by: jin | February 28, 2007 04:40 AM

追加

あとArizona州選出共和上院議員の場合は高齢に加えて
「増派推進」が自滅への決定打になることでしょうね。

焦点は共和党予備選での宗教保守の反Giulianiのうねりが如何ほどの物かと、本選まで結束が保ち続けられるかどうか、副大統領候補に誰を持ってくるかでしょうな。

Posted by: bystander | February 27, 2007 02:52 PM

初です。

これからの選挙レース展開予想。

「ヒラリーvsオバマ」の民主党内の予備選段階での泥仕合がイラクから目をそらさせる効果を果たし、そのゴタゴタを2008年1月まで見せ付けられウンザリ気味の有権者の目に、Hidden by Democratな「共和党的でない」中道派でありかつ突出した支持層はないものの幅広い支持を集めた魅力と9.11の時の指導力で、退潮気味の宗教右派を予備選でねじ伏せ指名を獲得する予定の前NY市長が新鮮に映り、そのまま本選へと突入、イラクの逆風を覆しての当選かなと。

Posted by: bystander | February 27, 2007 02:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 共和党候補は英雄対決?:

« 米国のイラン攻撃?メモ | Main | イラン、ロケット発射情報 »