« 4月6日は何事もなかったけど | Main | イランの核、商業規模に »

April 08, 2007

イランの提案

今日のサンデープロジェクト(テレビ朝日)で、2003年に、イランからアメリカに対して大きな提案があったというレポートが放映された。それによると、イランの提案は、イスラエルの存在を認め、ハマス(パレスチナ)への支援中止を検討するとともに、核開発についてはIAEAの査察を受け入れ、平和的利用のみの開発を行うとするものであったようだ。これについて当時のパウエル国務長官、ライス国家安全保障補佐官、ラムズフェルド国防長官、チェイニー副大統領とブッシュ大統領で会合がもたれたが、パウエル、ライスが受け入れるべしとしたものの、強硬派のチェイニー、ラムズフェルドが提案を拒否すべしとし、ブッシュも強硬派に乗ったために、その提案に対し、米国からイランに答えが返されることはなかったという。

受けていれば、今とまったく異なる国際情勢になっていたと思われるこの提案。ちょっと調べていたらJANJANに日本語訳とその原文があった。
JANJAN 2003年、イランから米国への秘密提案
http://www.janjan.jp/world/0703/0703030951/1.php
IPS Rove Said to Have Received 2003 Iranian Proposal
http://ipsnews.net/news.asp?idnews=36609


最初はワシントンポストのスクープのようである。関係記事を拾ってみた。
2006/6/17 In 2003, U.S. Spurned Iran's Offer of Dialogue
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/17/AR2006061700727.html
2007/2/7 Rice Denies Seeing Iranian Proposal in '03
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/07/AR2007020702408.html
2007/2/13 2003 Memo Says Iranian Leaders Backed Talks
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/13/AR2007021301363.html

いまさらどうすることもできないわけだが、どう考えても受けておけばよかったという提案である。イランがそれまで存在を認めもしなかったイスラエルを認めるというのだから。バグダッドが陥落したことがこの提案を引き出したと番組ではまとめていたが、悪の枢軸と言い放った傲慢な米国に、大人な対応のイランという感じもするし。

…戦争をしたい勢力がブッシュ政権内で強かった模様だが(というのも白々しいが)、それで彼らはどれだけ得したんでしょうかね? それとも計り知れない崇高な目標があったのか?


というわけで、イランの提案も無視され、中東情勢が泥沼化、緊迫化する中で、アラブ連盟首脳会議はこのほど中東包括和平案としてリビア宣言をまとめた。中心となったのはブッシュ政権ととても親しいはずのサウジアラビアのアブドラ国王。だが、アブドラ国王はその会議の冒頭で、「イラクでは不法な占領下、宗派主義が内戦をもたらす危険があり、パレスチナでは人々が抑圧と占領に苦しんでいる」と述べたそうだ。

関係記事は以下のとおり。
毎日新聞 アラブ連盟:中東包括和平案の宣言採択し、閉幕
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/photojournal/news/20070330k0000m030114000c.html
日本経済新聞 中東包括和平案、イスラエルに交渉要求・アラブ首脳会議
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070330AT2M2902829032007.html
日本経済新聞 社説2 中東の外交環境変化を生かせ(4/6)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070405MS3M0500305042007.html
ワシントンポスト Arab Leaders to Renew Mideast Peace Plan
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/03/27/AR2007032701556.html

イスラエルも対話を始めようとしている模様。
読売新聞 イスラエル首相「アラブ諸国首脳に対話呼びかける」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070402id02.htm


それにしても統一地方選がとてもつまらないんだけど。

|

« 4月6日は何事もなかったけど | Main | イランの核、商業規模に »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

This site is a complete internet resource for this. You'll find all you wanted or needed to know, here.

Posted by: payday loans canada | September 22, 2010 at 08:00 AM

I'm happy to have found your very good article! I agree with some of your readers and will eagerly look forward to your coming updates. Just saying thanks will not just be adequate, for the wonderful lucidity in your writing. I will instantly grab your rss feed to stay privy of any updates. Good work and much success in your business efforts.

Posted by: online payday loans | September 21, 2010 at 08:13 PM

aphdbqecnymprwiaeoqrmkcmwmxuooxkgmk

Posted by: loans british columbia | September 02, 2010 at 09:12 AM

Your blog is excellent. Say thanks to you so much for delivering a great deal usable resources. I'll be bookmarking bookmark your blog page and will be without doubt returning. Once again, I recognise the value of your entire work not to mention providing a whole lot great info to the people.

Posted by: payday loan canada | August 25, 2010 at 09:32 AM

jinandtonic.air-nifty.com is great! Payday Loans and Responsible Lending The truth is that payday loans are an epensive alternative to proper budgeting but they do provide an alternative

Posted by: toronto payday loans | July 12, 2010 at 04:38 AM

Your website is very the most interesting. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: loan | July 02, 2010 at 10:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/14609694

Listed below are links to weblogs that reference イランの提案:

« 4月6日は何事もなかったけど | Main | イランの核、商業規模に »