« 共和党のスキャンダルおさらい | Main | 007DVDキター »

May 22, 2007

イランはとりあえず融和ムードじゃないのか?

夜中に起きてしまったので、仕方なくネットを見ていたら、こんな記事が・・・。

Iran says anti-U.S. policy "bigger than Hiroshima" ロイター
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSBLA14874720070521

核開発問題のイランが広島よりも大きいというと、おいおい、そんな核兵器持つんかいなと早合点したら、そういう話じゃなくて、今、イランが行っていることは、米国の原爆投下よりもより国際政治に影響力があるといいたかったようだ。あ~、驚くじゃん。

しかし、時々、中東では広島、長崎の話が出るわけで、いかに、日本への原爆投下というものが、世界に対する「恐怖政治」の始まりだったかわかる。って今さらですが。

とりあえず訳してしまったので、とりあえず掲載。読む方は続きをクリックしてください。間違っていたらご愛嬌ということで・・・。ポリポリ。

TEHRAN (Reuters) - Iran's policies of standing up to the United States have set off a "powerful bomb in the world of politics" bigger than the atom bomb dropped on Hiroshima, Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei said on Monday.

イランの対米政策は、国際政治において広島への原爆投下よりも強力な「爆弾」の爆発となったと、宗教指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ(Ayatollah Ali Khamenei)は21日語った。

The comments, carried by state television and radio, come amid prolonged tension between Washington and Tehran over Iran's nuclear program. U.S. officials say Iran is trying to build an atom bomb but Tehran insists its plans are peaceful.

このコメントは、イランの核開発問題でワシントンとテヘランの間に緊張が続く中、国営テレビ・ラジオによって放送された。米国政府はイランが核兵器を作ろうとしているというが、テヘランは平和的利用だと主張している。

Iran has refused to halt sensitive nuclear work, despite U.S. threats to ratchet up pressure with new U.N. sanctions. Two rounds of sanctions have already been imposed since December.

イランは国連の新たな制裁措置により徐々に圧力を強化するという、米国の脅しにもかかわらず、核開発の停止を拒否し続けている。

"The political field of today's world is a complicated field with a great war of wills and policies ... It can be said that Iran has exploded a powerful bomb in the world of politics that is hundred times more powerful than the bomb the Americans exploded in Hiroshima," Khamenei was quoted as saying.

「今日の国際政治は、大いなる意思と政策により複雑化している。イランはアメリカが広島に落とした原爆よりも何百倍も力のある爆弾を国際政治に落としたのだ」とハネメイは言った。

"Even Europeans are speechless before this oppressive America, but the Iranian nation by its actions and stances has placed a question mark over all the rules and principles of this oppressive power."

「ヨーロッパ諸国でさえ、アメリカという圧倒的な力の前では声も出ないが、イランはその行動と姿勢により、米国統治と米国の主義主張について疑問を投げかけてきた」

U.S. and Iranian officials are due to hold a rare face-to-face meeting on May 28 in Baghdad. But both sides say the talks will focus on Iraqi security, not other issues.

米国とイランは、5月28日にバグダッドで政府間対話を行う予定だ。しかし両者とも、この対話はイラクの安全に焦点をあてたもので、ほかの問題についてではないと発言している。

Washington accuses Tehran of fuelling the violence in Iraq, a charge Tehran dismisses. Iran blames the U.S. occupying forces for the bloodshed.

テヘランは支援を否定しているものの、ワシントンはイランがイラクの暴力に火を注いでいると非難している。一方、イランは米国が流血を伴う力による占領を行っているとして非難している。

Khamenei is the highest authority in Iran under its system of clerical rule.

ハネメイはイランの宗教的最高指導者である。

The United States dropped a nuclear bomb on Hiroshima and another on Nagasaki shortly before Japan surrendered at the end of World War Two.

米国は第二次世界大戦の終わりに、日本が降伏する直前、広島と長崎に原爆を投下した。

It cut ties with Iran after the 1979 Islamic Revolution.

そのことが、1979年のイスラム革命後、イランと(米国)の関係を分かつ原因となっている。

|

« 共和党のスキャンダルおさらい | Main | 007DVDキター »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/15160486

Listed below are links to weblogs that reference イランはとりあえず融和ムードじゃないのか?:

« 共和党のスキャンダルおさらい | Main | 007DVDキター »