« June 2007 | Main | August 2007 »

July 29, 2007

オシムの言葉

ど素人がいうべきでもないと思うが、昨日のアジアカップ3位決定戦、なんだかジーコ時代のサッカーを見ているようだった。そこまできたらゴールにシュート打たんかい!というシーン続出。ある意味、日本らしいサッカーだったと思う。決定力ないっていうか、決定力を持とうとしない遠慮がちな譲り合う精神・・・。オシムのすばやいサッカーがいいなと思っていたのに、疲れがたまってくると、クセが出てしまうんだろうか。

疲れ果てている選手には悪いが、この日本人的サッカーを率いるオシムの気持ちはいかばかりかと思ってしまう。アジアカップ初戦のカタール戦で引き分けたとき、「私は命をかけて戦っている!」と叱責したオシム。オーストラリア戦でPKになったときに語った「私が死ぬ場所はサラエボと決めている」という言葉。今回は「サラエボには『同じチャンスは2度と来ない』という言葉がある。2回のチャンスを生かせなかった人は、もうチャンスが巡ってこないかもしれない」だ。オシムの言葉には常にユーゴ分裂からの悪夢のような経験がにじみ出る。

90年代、日本は失われた10年だったかもしれないが、オシムにとっては、いや旧ユーゴの人にとっては最悪の、隣人を殺しあう戦争の時代だった。それを考えると、平和な日本で指揮を取るオシムが、上記のような言葉を投げかけることは当然といえば当然なのだ。私は『オシムの言葉』を読んで、その波乱万丈な人生に胸が詰まってしまった。

それとこれとは違うかもしれない。だから選手起用などでいろいろ不満をお持ちのかたもいるんだろうが、私はオシムのサッカーのほうが、前の日本のサッカーより好きだ。オシムが目指す「日本人的サッカー」とはどんなものだろう。日本人選手がオシムの要望に応えて、オシムにいい夢を見させてあげてほしいと願っている。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 24, 2007

youtubeで質問できたらしい

アメリカの23日午後7時30分、つまりどうも今なんだけど、民主党のディベートが行われ、CNNで生中継されるが、各候補者へのビデオ質問をyoutubeで受け付けていたらしい。見ようと思ったら、日本からは見られないらしい・・・。ちぇ。

ここからyoutubeに質問をアップしていたらしい。アメリカ在住の人は見られるみたい
http://edition.cnn.com/ELECTION/2008/youtubedebates/index.html

しかし日本の参院選でこれをやったらどうなっているんでしょうね。ニコニコ動画のほうがいっそう楽しいかも~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

地震・・・

中越沖地震、東京でもよく揺れた。しかし中越地震、能登半島地震、中越沖地震と続いていて、あのあたりが地殻変動しているかのようだ。

さっき、中越沖地震の余震がきたと思ったら、地震の震源は京都沖だった。しかも、北海道が揺れている。

情報発表時刻 2007年7月16日 23時31分
発生時刻 2007年7月16日 23時18分ごろ
震源地 京都府沖
緯度 北緯36.8度
経度 東経135.2度
深さ 370km
規模 マグニチュード 6.6

震度4
北海道 十勝支庁中部 浦幌町 浦幌町桜町
震度3
北海道 日高支庁中部 十勝支庁南部 釧路支庁中南部 根室支庁北部 根室支庁中部 新冠町 帯広市 幕別町 十勝池田町 更別村 十勝大樹町 釧路市 釧路町 標津町 別海町
青森県 青森県三八上北 青森県下北 階上町 東通村
岩手県 岩手県沿岸北部 岩手県沿岸南部 岩手県内陸北部 宮古市 久慈市 山田町 普代村 野田村 岩手洋野町 陸前高田市 釜石市 盛岡市 矢巾町
宮城県 宮城県北部 宮城県中部 登米市 宮城美里町 石巻市
福島県 福島県浜通り いわき市 福島広野町 楢葉町 富岡町 大熊町 双葉町 浪江町
茨城県 茨城県北部 茨城県南部 水戸市 日立市 ひたちなか市 小美玉市 鉾田市


・・・・・・・・。震源が京都沖ならば、日本海側が動いているんだなと思うんだが、なんで北海道が揺れるんだ。震源が深いから、地殻ごと日本が動いたってこと?? 誰か教えて!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

結局参院だし

え~選挙戦も盛り上がってきて(?)、有名ブロガーさんたちが活動を自粛していたりして、相変わらずネットでの選挙活動はだめみたいだ。いったいいつになったら街角での名前連呼(騒音)がなくなり、インターネットを活用した実のある選挙活動ができるようになり、われわれもそれなりのきちっとした判断がネットでできるようになるのか、と思っていたりしてる。でも、まあ今回の選挙の感想って、それくらいなんだよねえ。

日本人なのに、アメリカの選挙についてだけなのかい・・・と思われるのもどうかと思うんだけど、どうしてももりあがらない。まあ、最近はアメリカの選挙もつまんないんだが。アメリカ凋落しすぎ。ブッシュも人気がた落ちで、落ち込んでいるみたいだし、ヒラリーもいまいちだし。今はプーチンが面白いかもしれない。次のソ連の書記長、もといロシア大統領は誰になるんだろ。プーチン続けないのかな?

国内の選挙に興味が向かないのは、所詮、参院だってことなんだよね。どんなに自民党がメタメタ状態だといっても、政権交代に直接的に結びつかないジャン。消費税選挙のときの、土井社会党が勝ったときみたいだなあと思うわけよ。

まあ、消費税選挙のときは、翌年の総選挙でも社会党が議席を伸ばしたんだけど、政権交代はなかった。で、そのあとの総選挙で日本新党ができて、連立政権ができて、細川政権ができたんだっけ。でもお殿様だけにちょっと攻められたら途中で投げ出しちゃって、自社さ政権ができて、民主党ができて・・・今に至る(はしょりすぎ?)

というわけで、小沢さんとしては長い目で見ると、これをもう一度できるチャンスがめぐってきたってことなんだろうけど、でもさあ、現政権が参院選以降盛り返したとしたら、それ以外にも、たとえば麻生政権なんかになってしまうと、たぶんもうちょっとうまくやるだろうから、結果、今のこの国民の不満は参院選でガス抜きされただけの結果となり、はい、一丁上がりなんじゃないですかね? 

とりあえず、選挙では、年金問題の小手先の対策とか今後1,2年の話とかじゃなくて、みなさんが長期戦略として日本をどうしたいのかってところを教えてください、と選挙当事者にはいいたいですね。で、どこを目指すのよ? というわけで憲法についても小沢さんに振らないで自分でいうべきじゃないの?>安部ちゃん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »