« ノートPCは熱い | Main | お金の流れ考察 »

August 16, 2007

終戦記念日だから考えてみる

敗戦からもう62年である。いつまでも敗戦国扱いなのはどうか、と日本人は考えている。けれど、外国は、特に直接利害関係のある西側諸国やアジア諸国は、敗戦国のクセに金があるドイツと日本は、ていのいいカモにしておくのがいいわけだ。特にアジアの日本はね。だから外国は日本が負けたことも忘れないし、日本から被害を受けたこと(西側は自分たちの権益を失った恨み)も、そして核爆弾が落とされた唯一の国であることも、忘れてはいないのだ。

それがよく現れたのは、中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所が停止したときだ。BBCは「奇妙なことに、日本は唯一の被爆国なのに、原子力発電にこだわっている」との書き出しの記事を掲載しているし(エネルギー自給率が低いことはそのあと述べているが)、イスラエルのYnetnewsでは「60年の時を超えて、再び日本から核の警告が発信された(最初は2度の原爆)」というようなことを書いていた。そんなわけで広島と長崎に落とされた原子爆弾については、世界中がやはり、「ひどいこと」として認識しているんだなと改めて確認することになった。

久間発言以来、今年は、アメリカの「地上戦になったらもっと多くの被害を出していた。戦争を早期に集結するためには必要だった」といういい分を繰り返し聞かされた(歴史的事実についてはもっと違うところにあると思うが、それについてはもっと詳しい内容を示したサイトを見てほしい)。そのいい分が正しいならば、なぜ今やらないのか?ひどい内戦状態になっているイラクやアフガニスタンでどうして使わないのか?

イラクでの死者はすでに100万人を超えたそうだ。アフガンはどうなんだろうか? もし、本当にアメリカの言い分が正しければ、早く終わらせられるんじゃないのか? 

結局、それをやらないのは、核兵器を使うことはやはりタブーだからだ。核戦争が始まってしまう可能性があることも、当時と今は条件が異なっているというかもしれない。しかし大量破壊兵器がみつからなかったイラクには反撃はできまい。その他核保有国が、自国に打ち込まれたと間違えてアメリカに攻撃することも考えにくいだろう。イラン…持っているかもしれないが、圧倒的に保有数が異なるアメリカにそれをやるだろうか?

結局のところ、アメリカの言い分は正当化するための詭弁だし、当時としても国際法に反しており(東京大空襲もだが)、人道的にも間違っている行為であったってことだろう。アメリカが国としてそれを認めることは絶対にないだろうが、核兵器は使ってはならないものだということはわかっているのだろう。

…と思っていたのだが、やっぱりそうでもなさそうだ。

暗いニュースリンクさん
イラク駐留米軍:狙撃兵の従軍拒否宣言 より

2008年度のアメリカ大統領選候補者のうち、ヒラリー、オバマはいずれも米軍のイラク駐留について“撤退”ではなく“中東再配備”を主張する。オバマは米国はパキスタンに単独攻撃を仕掛けるべきと主張し、ヒラリーは核攻撃も選択肢から外してはならないと発言して憚らない。

そのもととなるワシントンポストの記事
ウィリアム・アーキン Obama and Clinton Go Nuclear

オバマが、アルカイダ掃討作戦でも、アフガンやパキスタンに核兵器を使うことには反対だと発言したとき、ヒラリーが「大統領たるもの、核兵器を使うか使わないかについて明確に言うべきではない」とかお説教したらしい。冷戦のときは戦争抑止力があったという理由だ。(オバマは、イラク戦争に賛成票を投じるという間違いを犯した人に言われる筋合いはないと反論したらしいが)

しかし冷戦は終わり、世界への米ソのにらみがきかなくなった今、核兵器はインドやパキスタンや北朝鮮も持てる一般兵器に近いものになってきてしまっている。つまり、より使われる可能性が高くなってしまったということだ。

それだけに核兵器がどれだけの被害を与えるのか、それがどれだけひどいものなのか伝えていく義務が、日本にはあるんじゃないのだろうか。二度と、人類に核兵器を使わせないために。

|

« ノートPCは熱い | Main | お金の流れ考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/16129135

Listed below are links to weblogs that reference 終戦記念日だから考えてみる:

« ノートPCは熱い | Main | お金の流れ考察 »