« August 2007 | Main | October 2007 »

September 29, 2007

イラク攻撃支持は日英同盟にさかのぼるらしい

麻生太郎著『自由と繁栄の弧』だが、トロトロと読んでいたら、総裁選も終わってしまった。外務大臣時代に行った演説が中心となる本である。

自由と繁栄の弧は、外務省が昨年発表した日本の外交戦略だが、このもとになった論文があって、それを麻生太郎が取り上げ、国としての戦略として発表したわけだ。

発表時の演説はこちら↓
外務省 「自由と繁栄の弧」をつくる
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html


本のほうの『自由と繁栄の弧』には、『とてつもない日本』と変わらない麻生太郎の主張が書かれているわけだが、演説集だけに、もう少し踏み込んだ内容となっている。

中でも一番驚いたのは、イラク戦争をなぜ日本が真っ先に支持したかという理由を書いたくだりだ。日本のおかれている立場が、こうも難しいものなのかと思わせる内容だった。

詳しい内容は本で読んでほしいのだが、以下に簡単に説明する。

小泉首相はイラク攻撃開始から1時間後に、支持を表明する記者会見を開く。会見に先立ち、小泉首相と麻生政調会長を含む党5役は最終方針を確かめる会議を開いた。

麻生太郎はそこで、日英同盟の成功と失敗を思い出したという。日本は、日英同盟により、日露戦争で勝利したが、第一次世界大戦で英国をなかなか支援せず、最終的には支援したものの、英国側に不信をもたらし、日英同盟は失効する。

jin注:その後、日英関係は悪化し、日本は独伊と同盟を組み、最終的に英米中蘭によるABCD包囲網が敷かれ、戦争に突入していった模様 
参考 Wiki 日英関係http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%8B%B1%E9%96%A2%E4%BF%82

麻生太郎の祖父、吉田茂は日英同盟を廃止するかしないかというときに英国大使館に外交官として勤務し、その後、昭和11年から駐英大使として日英の和平に奔走した。
参考    Wiki 吉田茂
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%8C%82

麻生太郎は、イラク攻撃について、独仏は米を非難しているが、日本は独仏のように周囲に敵がおらず武力もある国ではない。日本は軍事を米国に頼っているわけで、都合の良いときだけ助けてもらうというのは通らない、と説明。これを聞いた小泉首相は、会見で支持を表明したのだという。(最初から支持の方針は決まっていたとは思うが)

イラク戦争の当時の各国の反応はというと・・・・

Wiki イラク戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89

各国での反応

開戦直後の各国の反応は以下の通りであった。

戦争開始後、世界各地での反戦デモが繰り広げられ、一部の国では規制しようとする警察と小競り合いが起き、負傷者や逮捕者が出るほど激化した。著名アーティスト達は揃って攻撃を非難。これと同時にワシントンにおいては開戦を支持するデモも大規模に行われた。

正直言って、個人的にはイラク戦争はまったく支持できない。当時から9.11とイラクとの関係はないとみられていたし、大量破壊兵器はみつかっていなかった。今となってみれば、イラクにはそんなものは存在しなかったわけで、結局アメリカは油を取りにいったんだということは、グリーンスパンだって言っている。

AFP グリーンスパンFRB前議長、回顧録でイラク戦争批判
http://www.afpbb.com/article/politics/2285093/2156785

しかし、それでもなお、日米安全保障条約がある限り、日本としてはアメリカを支持しなければならないわけだ。確かに、イギリスも同盟国だからすぐに支持し、戦争にも参加した。それでブレアは人気を落としていくんだが。

今のままだと、日本はアメリカの為政者が平和的な人となることをひたすら祈るしかないわけで、なんだかなという感じである。

さて、福田政権は、北朝鮮には「過去の清算」もするらしいし、日本人が殺されたミャンマーには「慎重」だ。戦争も憲法改正も望んでいるわけじゃないけれど、ちょっとお人よし過ぎるんじゃないのかな。もうちょっとなんとかなんないですかね、ローゼン閣下。

朝日 「男は何度でも勝負する」 麻生前幹事長が全国行脚
http://www.asahi.com/politics/update/0928/TKY200709280378.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ターバン野口!

奥田建次の教育改革ぶろぐろ より
支払いはターバン野口で?
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_af39.html

購入希望者が何人かいるので研究室でまとめ買いしてるんですが、支払い方法がターバンだったりヘルメットだったりするんですよ。

支払う学生も「すみません、これでもよろしいですか?」などと遠慮気味な態度。

んでもな、どう考えてもわざとやろ? なめとるやろ。

先生、たぶんワザとだと思う。(藁

1コ開いてみたら、お札がシワシワになってたで。 

これでハタとひざを打ってしまった。

この間、デパートだったと思うけど、1000円以下のものを買うのに1万円しかなくて、「大きくてすみませんけど」といいながら支払ったわけだが、そのおつりの1000円札がものすごいシワシワ。しかも何枚も。

そのときは????と思いながら受け取って、今、サイフみたらないんで、どうも使い切った模様なんだけど、なんでこんなシワシワやねん?アイロンかけろや、と思っていたのだが。

たぶんこれだ。ターバンの仕業に違いない。

きっとターバンのまま支払われてしまったお店側が必死で伸ばしたんだろう。もしくは店側が客に伸ばさせたか。で、アイロンで伸ばす暇も、銀行にいく暇もないまま、1万円で支払うバカが現れたと。

それならターバンのままくれたほうがいいんですけど。「9ターバン野口で9000円です」とか。あ、それじゃ1000円札かどうかわからないか。

というわけで、良い子のみなさんはターバンにしないように! 福沢諭吉バージョンもあるらしいけど、まだシワシワ諭吉には出会っていない。

・・・・・・・・・・・・出会うわけないか。諭吉は銀行からの一方通行だもんね。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 24, 2007

女が廃るぜ

今回の安倍辞任から総裁選までの流れの中で、図らずも、もっとも評価を下げたのは片山さつき議員ではないだろうか。何しろ最初に「麻生クーデター」を公に発表したのは彼女だったからだ。

クーデター発言について、今更いろいろいっても仕方がないと思う。これは福田擁立の首謀者から出た話だろうし、彼女自身の計算があったにしろ、ある意味「使われた」んだろうしね。だけど、なかったことにしようというのは、いかんよ。

テレ朝の番組で、鳩山邦夫議員に問い詰められ、言い訳している片山さつき議員
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1128024
なんか、期間が短かったから~などと言っているが、国会会期中に空転させるんだから、日程ぐらいすぐ決めるだろうよ。

なかったことにさせないために、何度もテレビで流れていた「これはクーデターですよ」との片山議員の発言を探してみたんだが、映像が落ちていないので、ニュースを拾っておく。

日刊スポーツ 首相裏切り発言は謀略?安倍氏否定情報
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070920-258632.html

「裏切り発言」は、安倍首相が辞意表明した12日に報じられた。発信元は自民党幹部、首相周辺、若手議員の諸説あるが、片山さつき衆院議員(48)が「こ れはクーデター。支えると言いながら後ろから刺した人がいる」と発言し、麻生氏と与謝野氏が首相退陣に追い込んだ「クーデター説」との見方が一気に浮上。 ポスト安倍最右翼だった麻生氏は、この発言で安倍氏の出身派閥・町村派の反発を買い、ほかの派閥も雪崩を打って福田康夫元官房長官支持に流れた。

人を貶めるようなことを、確認もしないで言うってことが、いかにリスクになるかということだ。頭がいいと思っているんだろうけど、ただ回転が速けりゃいいってもんでもない。ハートが伴わないとね。

この窮地の切り抜け方としては、いいわけするんじゃなく、「私の発言が一人歩きして拡大してしまった感がある。本意ではなかったし、多少の誤解があっての発言だった。ご迷惑をおかけしてすみません」などと潔く謝罪し、しばらくテレビ出演を控える、ってのが一番だと思うけど、どう?

Continue reading "女が廃るぜ"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 23, 2007

197票の分析は?

予想通り福田氏が選ばれちゃったわけだが、まあ、当初議員票が80票もいけばいいくらいだと思われていた麻生候補が133票も取り、地方票も半分を分け合った形になったので、善戦といって良いのではないかと思う。ま、残念だけどね。

で各社の報道を見てみると

朝日 自民党新総裁に福田康夫氏 330票で麻生氏に大差
http://www.asahi.com/politics/update/0923/TKY200709230065.html

読売 自民新総裁に福田康夫・元官房長官を選出…麻生氏に大勝
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070923it03.htm?from=top

日経 自民新総裁に福田氏、初の親子首相誕生へ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070923AT3S2200723092007.html

毎日 自民総裁選:福田氏を選出 麻生氏に133票上回る
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070923k0000e010024000c.html

産経 自民総裁に福田康夫氏 330票獲得
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070923/skk070923000.htm

ロイター 福田新総裁が誕生、麻生氏も197票で善戦
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-28016520070923?pageNumber=2

報道では「福田大勝」っていうトーンが強いわけだが、今回は最初っから大勝が目に見えていたわけで、それはニュースじゃない。本当は、麻生が何票取ったかによって、談合政治の批判票を考えるというのが焦点なんじゃないかと思う。つまりロイターのみが、国内の感じを一番とらえた記事なわけで、いったい、大マスコミ様がたは何しているんだか。

地方票については76対65なのだそうだがこれについても、善戦といっていいだろうと思う。

2チャンネルに出没する闇の声さんによれば、地方はかなり森派の息がかかりやすい状況になっているということらしい。

名前:闇の声[] 投稿日:2007/09/21(金) 08:47:31
(前略)
森ー中川がひた隠しにしてきた事・・・それは、地方でも森派の独裁が進んで、有望な県議や市議は森派の息が掛かっていて、衆院選に通れば自然と森派議員になってしまう・・・それだった
麻生が党に戻り、それが判った時に麻生総裁の目はない事、同時に後継総裁も森派から出る事・・・
さらに、各県連で郵政選挙の時に踏み絵紛いの事までさせて無理矢理忠誠を誓わせた
小泉のやったことを目の当たりにする
自民党は今や、森党なのだ
そこまで徹底して破壊された自民党に麻生は愕然としたらしいね
(後略)

どうりで、麻生派から出るはずだった候補者が森派に駆け込んだりしているわけですよ。だから地方票で半分に迫ったのは、がんばった結果であると考えていいと思う。

まあでも、197票の評価とか、今後の政局の動きの予測は専門家に任せる。わからん!

今日面白かったのは、やはり自民党本部前の一般群集による「麻生コール」だろう。3時間以上、麻生コールをし続け、建物内にも聞こえていたらしい。

この麻生コールはネットラジオで中継され、家で総裁選のテレビ中継を見ている人に伝えられた。また、逆に内部が見られない現地の人は2チャンネルの掲示板で、開票状況の情報を得ていた。まあ、ワンセグで見ていた人も多いと思うけどね。

ネットラジオで麻生コールを聞いていたが、まあ、なんと整然とコールしていることか。しかも何時間も続けたのだ。その熱さには多少怖い感じもするわけだが、一般市民の憤りはここまできているということであり、福田に投票した人は厳粛に捕らえてもらいたいところだ。まあ無理だろうけど(苦笑)あ、ネットラジオの中継の方、ご苦労さまでした。マスコミに取り囲まれた結果、麻生さんが集まった人たちにお礼をいう機会は失われてしまったけど。

ま、この様子がどのように報道されるかが見ものです。どうなんだろ~ね。本当に整然と、根気よくやってましたよ!

あ、そうそう、こんなTシャツみつけた。今度、何かあったら、みんなでコレ着たらいいかもね。

麻生太郎公認Tシャツとマグカップ
http://clubt.jp/product/18306.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ麻生でしょ

昨日のワールドビジネスサテライトは見逃しちゃったんで、ガッカリしていたんだけど、ニコニコに落ちていたんで、見てみた。

・・・・・・・・・・おいおい、麻生の独演会かい?

まあ、見てくださいよ。削除されてなきゃ、見られます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1119543
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1119616
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1119681

ローゼン閣下、異常にカッコいいんですけど。なんか、これで福田って選択肢はないんじゃないかと。 国会議員がこれがわからないって、自民党はなんて烏合の衆なんだろうかと、国民が思っても仕方ないんじゃないかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中東から世界大戦?

ネットゲリラさんのところを読んでいて、ひっかかったところがあった。

ネットゲリラ 安倍首相自殺報道
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2007/09/post_9198.html
これのコメント欄

安倍は元気らしいよ。
ただ、安倍が首相を逃げたのは、身の安全を図るため。
これから、中東を発火点に世界大戦が始まる。

福田は別にハト派でも何でもない。
どちらにでもかわる理念無き男。

で、おそらく、安倍、麻生、与謝野は、世界大戦の空気を既につかんでいる。
そして、福田もね。つい、本音が出ていたでしょう?「年金なんて、戦争が起こってゼロから始まれば解決するってw 今、資源問題・環境問題などでの世界情勢の転換点にきていると。」

自民党は戦略的に解凍する。同時に民主党もね。で、自民党でもない、民主党でもないような新しい顔を持った政党が誕生する。ただし、中身は自民党・民主党の出身者が談合だ。


中東を発火点に世界大戦??? ひょえ~。

イランの話は一時おさまったようにも見えていたが、米軍のイラク占領がうまくいかないようにイランが支援していたこともあり、最近、再び米国がイラン攻撃をするのではないかというウワサが出てきている。何しろ、以前はアメリカを止める役割を果たしていたフランスが、政権交代してからはアメリカに理解を示すようになってきたし。

産経 イラン核問題で仏外相「戦争も念頭」と警告
http://www.sankei.co.jp/kokusai/middleeast/070917/mda070917004.htm
AFP World should brace for possible war over Iran: France
http://afp.google.com/article/ALeqM5iN4GM3DfrF7M_a2ASOwVHkePq58g
CNN 仏大統領、イラン核問題で国連追加制裁を主張
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200709210001.html

イランはイランで、アメリカがイラクから逃げ出すからイランがちゃんと統治してあげるよなんて言っていたりするし。長距離ミサイルを見せたりなんかして、脅しをかけたりしている。

東京 『イラクの空白埋める』 イラン大統領 影響力の拡大意図か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007082902044834.html
日経 イラン空軍「イスラエルへの報復攻撃、計画ある」
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070920AT2M2000320092007.html
AFP イランが新型長距離ミサイルを初公開
http://www.afpbb.com/article/politics/2287021/2171448

で、中東紛争の原因であるイスラエルは、シリアをミサイル攻撃したらしい。イスラエルはしばらく沈黙を保っていたが、とうとう認めてしまった。

毎日 イスラエル:ネタニヤフ元首相「シリア攻撃」の事実認める
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070921k0000e030013000c.html

イランならばともかく、なんでシリアかというと・・・

時事 北朝鮮、シリアの核施設に協力か=イスラエルから米へ情報提供
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_int&k=20070914014261a

一応、どちらの国もはそんなことはしていないと否定している。
産経 「北朝鮮の核協力ない」 駐米シリア大使
http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070917/kra070917003.htm
産経 シリアとの核協力 北朝鮮も否定
http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070918/kra070918004.htm

まあ、疑い出せばきりがないのでこんなことに。北朝鮮のテロ支援国家扱いは続くかもしれない。

産経 対北朝鮮のテロ支援国家指定解除にブレーキ
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070922/usa070922015.htm

いずれにせよ、そうとう中東はヤバそうだ。アメリカはイラク派兵の削減を模索しているが、なかなかうまくいかなそうだし、だからって北朝鮮をうまくまとめて負担を軽くしようとしたらそちらも失敗で、しかも中東がもっとヤバイことになっていたことが判明、っていう泣きっ面にハチな状態である。まあネオコンはいいんだろうけど。

そんなわけで、「株式日記と経済展望」の中の人が言っていることが、あたっているかもしれないと思い始めたので、いくつかのエントリをリンクします。

安倍氏が辞意を決意したのは、「核戦争への合意」に添えないと悟ったからであろう。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20070919

ブッシュ政権が設定した北朝鮮核問題のレッドラインを越えたことになる。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/02c38f1cf80be7f82da4c619c2b936ad

かつて吉田茂はいった。「必ずやアメリカが引き揚げる時がやって来る。その時が日米の智恵くらべだよ」 知恵比べの時はすでに訪れている。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/7d03da8fb7d487cd044411010be6da10

福田さんがつい口を滑らしたのは、それでかな?

福田氏「失言癖」復活 総裁選優勢で気の緩み?http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200709210300.html

この日は年金制度の抜本改革をめぐり「年金システムが崩壊したらどうなるか、若い人が一番心配することだ。戦争でもするなら話は簡単だ。ゼロからスタートするということだ」と「ハト派」に似合わぬ脱線発言。

まあ、本日午後、たぶん、総裁に選ばれるわけですが、戦争だけは勘弁してくださいね。それが政治家の仕事だし。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ローゼン閣下@アルタ

行ってきた。
Aso1_2 Aso2Aso3
 








サイズばらばらでスマヌ。望遠がきかないカメラだったんで、切り抜き処理を適当にしたらこんなんなっちゃった。

15:30に新宿について、たぶん15:45ごろにはアルタ前にいたんだが、すごい人で、見えるところを探すほうが大変だったのだ。2時間前から並んでいる人もいたんだそうで、そりゃご苦労さまである。

演説動画はニコニコでどうぞ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1116020

前方は歓声があがっていたが、後ろのほうはワリと冷静で、おおやってるなって感じではあった。高校生なども見ていたりしてたが、まあ、高校生が政治家の話を一応でも聞いてみようというのは、やはりローゼン閣下だからだろう。たぶん福田氏では足は止めないね。新宿ということもあり若い人が多かったかな。後ろは熱はないにしろ、みんなまじめに聞いていたすよ。ヘリが何機が飛んでいたので、聞きづらいことこのうえなかったが。

応援には甘利経済産業大臣とか、鳩山法務大臣とか、中川(酒)前政調会長とか、女性の西川議員もきていた。閣下は敗色濃厚なわけで、この人たちは総裁選後は冷遇されること間違いない。ってことで、閣下は「この人たちをヨロシク」のようなことも言っていましたね。いずれにせよ、森派独裁自民党なんてすぐ瓦解しそうだし、そうなると本当の政界再編がおきそうなんで、麻生陣営の面々の名前くらいは覚えておいたほうが面白いだろう。

総裁選前に自民党を囲むプロジェクトも進行中らしい。
http://www.nikaidou.com/2007/09/13.html
西川さんもアルタ前の演説後に呼びかけていました。でも、福田陣営も仕込みいれたりしそうですね(苦笑)

二階堂さんのところにも動画ありましたのでリンク。
http://www.nikaidou.com/2007/09/16.html 

本をもってきている人いるな。この人、サインもらえたかなあ?(無理か) 私も高い方のを持ってきていたんだけど、遠すぎたんで。まあサインしているような状況じゃなかったけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 20, 2007

きっこさん、違うんじゃないすかね

きっこさん、これはだめでしょう…。

おもうわよ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/09/post_2e00.html

前略

‥‥そんなワケで、2005年8月4日の日記、「フロッピーの割れた日」に詳しく書いてあるけど、マリオネット福田のアテ馬として現在活躍中のフロッピー麻生は、史上最悪のコイズミ政権下で、地方経済を縮小して中央だけが潤うような地域格差を作るために、全国で強引な市町村合併を行なった。そして、その政策の1つとして、この青ヶ島の住民たちを排除して、無人島にするって計画まで練ってたのだ。これは、2004年3月18日の参議院総務委員会でのフロッピー麻生の発言だ。

「御存じのように、東京でいえば八丈島の南七十キロぐらい行ったところに、青ヶ島というところにたしか人口二百人切ったぐらいの今一番小さな村がありますが、そこに人が住んでいる。その住んでいることによって極めて財源としては大きな負担に国としてはなっているとは思います。」

文法がおかしいのは、しゃべった通りに一字一句書き写してる「国会議事録」をコピーしたからで、フロッピー麻生がバカだからなんだけど、もちろん、こんな支離滅裂な大バカ計画は、実現されなかった。だけど、その代わりに、全国で多くの市町村がムリヤリに合併させられて、数え切れないほどの人たちが故郷を失い、かけがえのない地方の文化の多くが失われてしまったのだ。これは、コイズミによる数々の歴史的大罪のうちの1つであり、絶対に許されないことだ。

後略

このエントリだが、青ヶ島の方言で、「さようなら」は「おもうわよ」という。その「おもうわよ」がたくさん出てくる詩をきっこさんが紹介するというとても美しい話なのである。でも唐突に麻生太郎の話が出てくるんだよね。まあ、思い出したんだろうけど。

で、引用している部分、国会議事録をコピーしたんだよね? そのコピー部分から、市町村合併の話に結び付けているんだけど、支離滅裂な壮大な計画って、財政負担が多いから、無人島にするってこと??そりゃひどい。

そう思って、2004年3月18日の参議院総務委員会での麻生総務大臣の発言を見てみる。

↓こちらをご参照ください。
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=13684&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=8&DOC_ID=8966&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=13819

以下答弁を引用

○国務大臣(麻生太郎君) 
…略…
 その交付税の額を、先ほどの言われた、平成十五年度でしたか、あのときの計画に基づいてこれを折半でするということになった経緯がありますので、元々この交付税の話のそもそも論からしていただかぬと話になりませんので、この交付税というものが、仮に町村合併が大幅に進んだとして、この交付税というものは今後なくなるかといえば、私どもは、地域に住んでおります人口比で単純に割りますといかがなことになりますかというのは、もういろいろ各地域で問題にされておりますのは御存じのとおりでして、これは人口が集中しているところの人口の多いところ、法人の極めて多いところに非常に厚くなり、そうじゃないところにえらく損を、損というか、負担が掛かることになる。じゃ、その地方に付いていないと、人口いないからいいじゃないかといえば、御存じのように、東京でいえば八丈島の南七十キロぐらい行ったところに、青ヶ島というところにたしか人口二百人切ったぐらいの今一番小さな村がありますが、そこに人が住んでいる。その住んでいることによって極めて財源としては大きな負担に国としてはなっているとは思います。しかし、同じような話を、これは竹島で同じようなことが起きて、そこに、もしあそこに人間が住んでいれば今日竹島の問題はなかったであろうというようなことを、大陸棚の話を含めて、国全体のことを考えて判断すべきが本来の大蔵省だったんですが、財務省になって少し違ったかなと、正直嫌みを言えばそういうことになるんですが、勝さんがおられますので、きっとそこらのところはしっかりやっていただけるものと心から期待をしております。


あれ~。なんか違う話なんですけど。青ヶ島は人口が少ないし、国としては大きな負担だけど、場所が場所だけに、財政負担があってもいいんじゃないか。全国一律で地方交付税削減というのはだめだよ、って麻生さんは言ってないですか? 無人じゃだめだって言っているように思いますが。つぶそうとなんてしてないじゃん。まあ、文化があるからじゃないけども。

これは今、総裁候補としての麻生さんが言っていることと合致していて、逆に「一貫しているなあ」と思うんだけど。とはいえ、国語苦手だからなあ。読み違えてます?

このエントリ、その前まではいい話だったし、そのあともいい話だし、市町村合併の話はそりゃそうだったかもしれないけど、この青ヶ島のところはちょっと違うんじゃないかなあ。

ま、そんなわけで、きっこさんの中には、民主党の人か、読売の人が入っているんだろうなと妄想してます。福田さんになったほうがいいんだろうなあ。たぶん。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 19, 2007

永田町との温度差の原因は・・・

あまり政治の話を周りの人とするもんじゃないとはわかっているのだが、今回ばかりはど~しても抑えきれず、いろいろとみなさんのご意見を聞いてみている。

まあ、まず「安倍さんがあそこで辞めるなんて!」(辞めるなら参院選後だろ)という声が多いわけだが、あとは「たった1日で変わるなんて。やられたよね~麻生さん」というのがほとんどの見方。つまり5人組のネガティブキャンペーンなんて、みんなまるっとお見通しなんだよね。

なのに、なぜ永田町だけが、「福田総裁」で動いているのか?

いろいろ考えてみたけど、自民党の人たちが言う「危機」というのは、参院を取られた「自民党の危機」で、国会運営がうまくいかないという危機である。まあ、それはひいては日本の危機になりかねないとは思うけど、第一義的には自分たちの危機だ。だから調整がうまくて、しかも自分たちの意思がとおりそうな(利権を守ってもらえそうな)人を押したい。

だけど、一般国民が今考えている危機は、中国に経済やられちゃうかもとか、いつまで日本はひどく言われ続けるのだろうとか、攻められたらどうする?とか、明日のご飯はどうしようとか、年金が…とか、自分の生活や将来に対する不安を呼び起こす「日本という国家と日本人の危機」なのだ。

だから自民党的には、民主党とうまくやっていける人を探して、政策を従来どおり打っていけばいいと思っている。でも国民はもっと民主党をもまきこんで、日本をよくしてもらえるような人がいいと思っている。小沢さんときちんと議論してもらいたいし、海外ともきちんと交渉ができる人がいい。ただ妥協するだけじゃなくて、たとえばテロ特措法のゴタゴタをもうまく利用し、延長するにしても、戦乱から避けられるようにしてから、国際社会に高く売れるようなしたたかな人を。たぶん、そこの温度差が、一般人と永田町のズレを生んでいるんじゃないかと思う。

そうはいっても個人的には、2人の政治家の人となりや能力をまったく知らないわけだが、6月号のFACTAにあった、麻生太郎外務大臣(当時)のインタビューで印象的な部分があって、それゆえに、勝手な私見だけど、交渉力を高く買っている。

以下、その部分の引用。

インタビュー:外務大臣 麻生太郎氏
過渡期の日米同盟自問自答を絶やすな

(前略:中国との雪解けへ向けた交渉について話している)

――李肇星氏(当時の外相)に会おうと?

麻生 ドーハでやりあおうじゃないかと4月に踏み込んだら、即オーケーが来た。ドーハでは建前抜きに「私は日中友好には興味がない」と切り出した。お互い顔を見合わせて、かなり引いた感じになったけど、続けて「仲良くして損したら話にならん。日中共益が目的であって、友好は単なる手段じゃないか」と言った。相手は紙に「日中共益」と何やら自分で書いてから、「おお」と叫んでいきなり起ちあがった。(意気投合したのは)それがきっかけですかね。

(後略)引用終わり
→ファクタの購読者になると全文読めます。http://facta.co.jp/
(回し者ではないです)

うまいじゃ~ん。あちらの外相も、いい感じの人でしたからね。字を書いてみるところが面白い。「自由と繁栄の弧」に中国が入っていないからって、中国はずしだという人もいるけど、ちゃんと中国とは「互恵関係」を結んでいたはず。

自民党員じゃないのがこんなに悔しかったことはないすね。まあ、たぶん一生ならないけど。もう、こんな寄らば大樹な政治家ばかりなら、大統領制でいいすよ。プンプン!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

日経にも真っ当な記事が!!

恐ろしくまともな報道じゃないですか。

日経ネット 安倍晋三の退陣と「麻生クーデター」説の怪 より
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/shimizu2/

「誰がそんなことを言っているんだ?そんなことはない」。東京・信濃町の慶応大病院。入院中の首相・安倍晋三はベッドの上で少なくとも2回、こうつぶやいている。「そんなこと」とは「麻生クーデター」説である。

そうでしょ。やっぱり。

 12日午後、辞意表明の記者会見を終えた安倍に、ある官邸スタッフが注意を促した。「総裁選の段取りですが、麻生幹事長も候補者の1人になる可能性があ るので、お手盛りで決めたという印象を持たれるのは避けないと……」。遠まわしに「14日告示-19日投票」案の危うさを指摘したのだ。安倍は語気を強め て反論した。「麻生さんは『候補者』でしょう」。そして断を下した。「この日程(19日投票)でいい」。麻生は「後継候補の1人」ではなくまぎれもない 「後継候補」なのだ。こう言い切った安倍の姿と、「だまされた」発言説は両立しにくい。

そうだそうだ。

「麻生クーデターかと思っていたら、実は福田クーデターだった」。13日付で小泉に退職届を提出した腹心の前首相秘書官・飯島勲はこう言い残して永田町を 立ち去った。小泉が最終的に福田支持に動き、飯島が突然退職した経緯は不透明だ。ただ、当初は平沼復党に傾く麻生を嫌って「これはクーデターだ。首相を後 ろから刺した人がいる」(党広報局長・片山さつき)と徹底攻撃し、飯島の後見のもと小泉再登板で36人まで署名集めを進めていたチルドレンを中川秀直や元 幹事長・武部勤が福田支持へとしっかり誘導したのは確かだ。

あの飯島秘書まで最初は信じていたんだ(苦笑)。自民党というのはどうなっているんですかね。一般の人の心を忘れてますよ。

その中川前幹事長のブログ
■ (総裁選)小泉前総理が福田さんを支持したことがダブルスコア差の理由である
http://www.nakagawahidenao.jp/pc/modules/wordpress0/index.php?p=659

福田さんが出馬の意向を固め、立候補するまでの2日間でダブルスコア差がついたのは、何故か。その理由は、小泉前総理の福田さん支持である。これにより、次期首相に誰が一番ふさわしいかの福田さん支持27・7%に小泉さん支持15・0%が加算されたのである。民意は、小泉前総理がポスト安倍で誰を支持するか注視していたのである。小泉前総理が麻生さんではなく、福田さんを支持したから、「民意は福田」となったのである。小泉改革路線を継承するものとして、である。

はあ・・・。論評は避けます。いいたいことはいろいろあるけど。

この間の参議院選挙で小泉改革は否定され、ゆり戻しの時期を向かえているのは間違いないです。いずれにせよ、小泉さんが支持したからって、みんなが支持する必要はないと思いますけど、自民党はそうもいかないのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 18, 2007

反・麻生包囲網・コピペその2

連山より【号外】福田康夫内閣の誕生秘話

クーデターの主犯はメディア (水間政憲)

私は、現在ジャーナリストとして論文を発表しているものです。今、自民党総裁選を取材していて、戦後の日本の闇が明らかになった。時系列に取材結果 を報告します。 昨日の自民党本部での麻生氏、福田氏の所見発表演説会は、圧倒的説得力で麻生の圧勝であった。帰りのエレベェターの中で、福田側に動員されて来た年配の男 女が、「麻生さんに負けていたね」とか「「あれじゃ、とても福田さんじゃ無理だよ」などと、感想を述べていた。その後、午後4時から渋谷ハチ公前の両者の 演説、6時45分からの秋葉原での麻生氏単独演説を取材した。 渋谷は、一万以上の聴衆で溢れていた。NHKは「年配者は福田」「若者は麻生」との趣旨で報道していたが、実態は全然違うのです。拍手も掛け声も8割方麻 生氏支持で圧倒していたのです。 この状況をテレビで見ると、福田氏へ世論が動くように操作されているのです。こ の世論操作を可能にしたのは、街頭演説を土日だけとし、NHKなどのメディ アは両者揃ったところ以外報道しないことで、聴衆がどちらを支持しているかを隠すことが出来るのです。 メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレと読売新聞で朝日グループではないことなのです。この件に関しての報道では、朝日グループがまともに見 えることが、いかに異常か理解でるでしょう。秋葉原での麻生氏単独演説会は、一万人以上が押し掛けて いたが、メディアが報道するようなオタクだけではなく、突然決まった演説会だったことで、9割以上は買い物客が足を止めて聞き入っていたのだ。会場には、 その日の午前中にテレビに出演して、福田氏を支持するような発言をしていた平沢勝栄議員も来ていた。メディアが如何に異常かは、会場を取材していたNHK テレビクルーと会話を再現することで理解できる。 筆者「すごいよね、今撮っているの今日報道するの」カメラマン「わからないです、上がどう判断するか」筆者「麻生さんを隠そう隠そうとしているのおかしい よね」カメラマン「そうですよね」と、メディアの現場もこの異常な状況を実感している。
クーデターの主犯をメディアと判断したことを、明らかにする。 今日、テレビ朝日のスーパーモーニングを見て確信した ことを披瀝する。それは、鳩山邦夫氏の発言からすべてが明らかになった。そもそも、雪崩を打って自民 党の派閥が福田氏支持に回るきっかけとなったのは、10日夜都内のホテルで開催された「太郎会」終了後の映像が各テレビ局が、繰り返し報道したことによ る。それは、テレビカメラに向かって鳩山氏が「太郎会は、みんなで麻生さんに総理大臣になってもらうため集まっている会」です。それが、鳩山氏は安倍首相 が退陣する意向を麻生氏から聞いた上での発言として、ネガティブキャンペーンに利用されたのです。 ところが、スーパーモーニングで鳩山邦夫氏は「太郎会は昨年10月に発足して毎月第二月曜日に会合をもって、今まで10回になる。」また、「麻生さんに、 総理大臣になってもらいと思っているものが集まった会」との趣旨を説明したとのこと。また、「麻生さんから、一切安倍首相が辞意を漏らしたことを聞いてい ない」と断言した。 仮に、鳩山氏が聞かされていたのなら、カメラの前で一点の曇りなく、あれほど堂々と「麻生さんに総理なってもらいたいと…」などと発言することは、あり得 ない。一連の報道は、あまりにもできすぎなのです。 太郎会は、いままで、10回開催されていたにもかかわらず、何故、10日夜のニースで報道されたのか。報道各社はどう説明するのか。安倍首相が辞意を漏ら したことを知っていたのは、麻生氏だけだったことになっているが、取材したテレビ局も知っていたことになる。そうでなければ、太郎会を取材する意味など 一切ないのです。 その映像で、麻生太郎氏と西川京子氏の笑いながらホテルから出て来る姿の同じ映像が使用されているか、その映像を撮ったテレビ局が、このクーデターの首謀 者なのです。 筆者は、GHQ占領下言論検閲を専門に近現代史を研究しているが、公開情報を分析するだけで9割以上の真相が明らかにすることができるのです。今回の一 連の報道で一番酷いのは、日テレと読売新聞です。17日読売朝刊一面トップは、「福田氏圧勝の勢い本紙調査 衆参213議員支持 世論も福田氏58%」と、見出しを打っているのだ。読売新聞は、何か相当焦っているようだ。この世論操作は、まるで人民日報と同じではないか。今回の世論 操作を見ると、朝日よりも読売が突出しなくてはならない理由を分析すると、戦後史の闇がある。現在、安倍首相と麻生首相誕生を望んでいないのは、中国より 米国なのは歴然としているのだ。それは、米国と同盟国であって北朝鮮問題では、日本の国益と一致しない。これは、専門家にとって周知のことだが、元読売新聞社主正力松太郎は、CIAのスパイだったことが米国の公文書で明らかになっている。今、日本で進行していることは、GHQ占領下の言論統制と同じなのです。 筆者は、ITのことは、よくわかりません。論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用するときは、全文掲載すること だけを条件とします。 簡単に説明すると、太郎会を利用することができた人物は、麻生太郎氏が安倍首相から辞意を申し入れされたことを知っている人物だけが、太郎会を利用できた のだ。それは、官邸で麻生氏を安倍首相に言われて呼び止めて会談の内容を聞いた人物であろう。メディアに連絡をとった人物が同一人物かは、判らないが、連 携した人物がいる可能性がある。いずれにしても太郎会は利用され、鳩山邦夫氏は、嵌められたのです。

ジャーナリスト水間政憲


以上転載・引用

| | Comments (0) | TrackBack (0)

反・麻生包囲網・コピペその1

今回の総裁選、どう考えても森ら5人組が許せない。でも力はない。だから、きちんと戦っている方のコピペを2つすることにします。まず二階堂さんよりコピペ。

■ 大スクープ!日テレ氏家議長が世論操作で福田の後押し!
http://www.nikaidou.com/2007/09/post_547.html

 驚愕のスクープをJ-CIAで掲載した。 あまりにも要望が多かったため、18日の7時16分を持って無料閲覧記事に切り替えたため、こちらでも全文転載しておく。それにしても、日本テレビの氏 家、読売のナベツネが世論操作をしているというのは許せない。報道機関の中立公正はどこへ行ったのか。奴らも成りすまし、あるいは朝鮮人かもしれない。あ るいは中国の回し者か・・・

 そもそも、以下のネタは書いたら危険だ、といわれていたんだけど、書いちゃいました。書いちまえば秘密ではない。ま、誰が命を狙ってくるのか知らんが(どうせできないだろうが・・・)やれるものならやってみろという感じである。

 警視庁公安部の皆さんへ:以下の事項につき、私は非常に頭にきています。自民党関係者に命が危ないとまで言われたネタなので、逆に、以下の話をあ ちこちの右翼にしゃべって、動かしてもいいですか。マスコミが世論操作をエサに福田を応援するなんて、あらゆる手段を使って大騒ぎするべき事案だと思いま すので。


大スクープ!日本テレビと読売新聞が福田総理への世論操作!

2007/09/17(月) 15:27

【本記事は要望が多いため、18日の7時17分を持って無料としました。転載も自由としますが、全文転載を条件とし、一部転載は許可しません】 

  日本テレビの”天皇”である氏家齊一郎取締役会議長と読売新聞主筆の渡邊恒雄が、福田総理への世論操作を行ったことが、自民党関係者と日本テレビ幹部秘 書、そしてヤマタクの関係者からの取材で明らかになった。関係者の証言を交えながら、福田擁立への恐ろしい舞台裏を暴く!中立を守るべき言論機関による恐 るべき世論操作と福田売国内閣に進むシナリオを、J-CIAの総力スクープでお届けする。日本テレビの社員と読売新聞の社員は恥を知れ!

 

 まずは、衝撃の証言から。

「8月27日の組閣の日、日本テレビの氏家議長が読売新聞の渡邉恒雄、森喜朗、中川秀直、山崎拓らを集めました。未確認ですが古賀誠がいたという話もあり ますが、それらを集めて「次の総理に福田を推すか否か」という相談をしました。場所は、汐留の日本テレビ30階の議長室。ワンフロアに秘書室しか置かれな い30階は、日本テレビ氏家天皇の権力の象徴といわれています。氏家は、そんな場所に渡邉恒雄と政治家を集め、自分の力を誇示したのです(氏家側近秘 書)。」

 

 いち民放局といち新聞のトップが、そろって総理人事に口を出す、というのは、いったいどういうことであろうか。それは、報道の中立性もクソもない、恐るべき世論操作への一歩であった。

 

「福田総理へのシナリオは、すでに一年前の安倍総理の時にも話し合われています。しかし、そのときは福田が分が悪いと踏んで立候補すらしなかった。ということで今回は、日本テレビと読売新聞が協力するという形で、背中を押したのです(ヤマタク関係者)。」

 

 報道機関が総理人事を作り出しているという驚愕の事実を知るにつれ、「報道機関による世論操作」の恐ろしさを改めて感じる人も多いであろう。本記事は紛 れもない真実であるが、おそらく他のマスコミは報じないであろう。事実を知っていても、だ。それくらい、日本テレビ氏家と自民党清和会ルートは強いつなが りがあるということだ。

 

 これら上記にあげたジイサンどもが、これからの日本を悪くして死んでいく。そんなことが許されるのだろうか。それに、たかが報道機関のトップ風情が、日 本を変えようとする奢りがまかり通る世の中にいつからなってしまったのであろうか。こんなことでは、報道機関がいう公正中立なんて、まったく当てにならな いといわれても仕方がないであろう。ましてや、野村ホールディングスの会長、氏家純一は氏家齊一郎の親類。清和会がらみで金銭的な裏取引があったと考えて もおかしくはないだろう。

 
「27日の話では、氏家が仕切って行っていました。知られていませんが、ナベツネよりも氏家のほうが力は上なのです。政治家に『俺たちが世論は作ってやる から、腹を決めろ』という意味合いのことを言っている。もう、むちゃくちゃですよ。それを福田側が他派閥に流しているんです。公正な総裁選、世論に訴える 総裁選をやっている麻生陣営がこの事実を知れば、怒り狂うでしょうね(自民党関係者)」
 

 政治家を呼びつけて、「世論操作をしてやる」ともちかけて日本の政治をもてあそぶマスコミは、免許取り消しがふさわしい。認可事業で飯を食っているの に、自らの権力と勘違いしている老人には、天誅が下るであろう。いずれにしろ、日本テレビと読売新聞の政治部は、上層部の指示で世論捜査をしていると判断 せざるを得ない。

以上 引用

とはいえ世論操作は日テレ・読売だけではありません。日経も朝日もやってます。今日は日経に竹中の論文が出ていましたね。何ゆえ、この時期に?と考えると、今回の件がどれだけ仕組まれていたのかがわかるような気もします。

こちとら、マスともいえない情報産業の、しかも片隅にいる人間ですが、そんなミニゴミからの助言としては、さまざまな事情から、書き手や伝え手が偏っていることはよくあることなので、そこを勘案して記事を読むこと。その記者自身が偏っていなくても、情報源が偏っていれば同じことです。おかしいと思ったら、取りうるさまざまな情報を集めること。そして自分で考えること。それだけです。そんな偉そうなこといえた義理じゃないんですが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

首相は今週いっぱい入院

朝日新聞 安倍首相、入院継続へ 病院「容体に変化なし」
http://www.asahi.com/politics/update/0917/TKY200709170190.html

やはり安倍首相は今週いっぱい入院らしい。ということは、総裁選が終わるまで出てこないってことだ。そりゃ「麻生・与謝野に嵌められた」っていうネガティブキャンペーンについて、投票前に安倍首相に否定されたらタマランからね。まあ、難病というウワサもあるので、本当に悪いだけかもしれないが。お大事に…。

でもそれならそれで、首相って不在でいいんだろうか? いつまでかもわからないのに。

元レバノン大使の天木さんもそう言ってます。
天木直人のブログ
http://www.amakiblog.com/archives/2007/09/17/#000534

安倍首相が機能性胃腸障害という聞きなれない病名で入院した13日の、その日の午後の記者会見で、与謝野官房長は「首相臨時代理は置かず」と表明した。その事について誰も疑問を呈することがなかった。それ以来一体誰がこの国の総理職を務めているというのか。代理を置かないという事は安倍首相が今でも国事を決定しているという事だ。誰かが入院中の安倍首相を訪れて、あるいは連絡をとって、裁可を求めているということだ。しかしこんな事が現実に行なわれているとは到底思えない。安倍は思考能力がないからあのような辞任をしたのだろう。雲隠れしたのだろう。つまり今月末にあらたな総理が国会で指名されるまでは日本は政府が存在していないも同様なのである。それでも国が動いているのである。


内閣総理大臣臨時代理とは from Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E8%87%A8%E6%99%82%E4%BB%A3%E7%90%86

2000年(平成12年)4月以降、組閣時などに内閣総理大臣臨時代理の就任予定者(5人)を指定して官報掲載するように方針が改められ、原則として内閣官房長官たる国務大臣が第1順位とされるようになった。

ということで現在は、第1位は与謝野官房長官、2位が高村正彦防衛大臣、第3位は鳩山邦夫法務大臣。微妙に味わい深い配列ですな。

臨時代理を置こうと思えばすぐに置けるわけだが、臨時代理を置かないのは、与謝野さんが安倍ちゃんに遠慮しているのか、4,5日だからいいと思ったのか、どっちだろう。でも今週いっぱい休みってことは、結構長いわけで、たとえば地震があったりしたら、どうするんでしょうか? しかも17日は地震あるっていうウワサもあったよね。まあ、何事もなくてよかったけど。

話は変わるが、麻生包囲網のネガティブキャンペーンで言われていることで、安倍を支え続けた麻生の責務ってのがあるわけだが、これもなんだかな~である。

いくら兄貴と頼って相談してたからって、確かに支え続けたからって、安倍第一次内閣のときの失点がすべて麻生に行くんですかね? 麻生は外務大臣だったはずで、あまりほかの人のカネ問題とか年金問題とか関係ないはずなんだが。最初に安倍に投票したやつはどこに行った? 

それに第二次内閣は、参院選敗退をうけて、すでに政策転換を図っており、安倍ちゃん以外はなかなかいい布陣だったように思うんだけど。いまさら参院選敗退をうけて福田さんでさらに政策転換するのもヘンな話じゃない?? 

まあ参院選後に辞めとけってことでしょうね? それはそのとおりと思うけど、まず初めに麻生が安倍ちゃんに辞めなくていいっていったことが罪みたいなことになってるが、その前に小泉さんが言ったでしょ。それはいいんだね? それから、参院選敗退の原因のおおもと、小泉路線のご本人の政治責任は?

判官びいきだからそう思っちゃうんですかね。この言われ方、すごく理不尽だと思うんだが。いや、はっきり言おう。最悪に品性下劣だよ。

ニュース23の取材内容を見ても、さすがに国民は今回のやり方に辟易しているようなんだが、このまま5人組のシナリオどおりにいくんですかね?? そうなったら、本当に自民党は終わりだと思う。5人組が支配するなら終わっていいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2007

タイゾー偉いじゃん

日刊スポーツ 

太蔵議員、自民を批判「ついていけない」

http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070917-257260.html

小泉チルドレン・杉村太蔵衆院議員(28)が16日、“家出”した。同日午後、自民党本部で行われた小泉チルドレンら1年生議員で作る「新しい風」(武部 勤会長=66)の会合に出席。各派閥が雪崩をうって支持を表明した福田氏へと流れる同会の状況に「ついていけません」と反発。ただ1人、会合途中で中座し た。

おおっ?

各派閥が福田氏指示にまわり、小泉チルドレンも同調している流れに、怒りを抑えきれなかった。「先祖もビックリの先祖返りのやり方。怒りを覚える」と吐き捨てた。

会長で、当選以来の教育係・武部氏と決裂した形だが、杉村氏は「こんなことじゃ、自民党は終わりですよ」と、怒りをあらわに部屋を後にした。

よし、いいぞ!

杉村氏は「誤解しないでほしいのは、だからといって麻生太郎さん支持ではありません」と強調した上で「派閥単位で物事を進める今回のやり方を、ずっとおかしいと思っていた」とプロセスを批判した。

ガクッ。

いやいやタイゾー君。君には国民からなぜか与えられてしまったとっても貴重な1票がある。よ~く考えて、投票権を行使するように。次の衆院選では一般ピープルに戻る君だからこそ、一般の人の心を代表する責務があるんだからね!

Continue reading "タイゾー偉いじゃん"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

総裁候補の脳内

ローゼン閣下が言及されたので、ついやってみました。

麻生太郎の脳内
Taroaso







福田康夫の脳内
Yasuofukuda







脳内メーカーはこちらから!
http://maker.usoko.net/nounai/

ちなみに、苗字と名前の間に空白を入れたりすると変わります。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ローゼン閣下の街頭演説

ニコニコにあったのでリンク
アキバ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1073903
すごい人だった模様。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1073160

渋谷は声だけだけど、福田さんより閣下の時のほうが拍手大きいな
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1071750
脳内メーカー(爆)

というわけでアキバは萌えていたようです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 16, 2007

アキバは萌えているか?

テレビを見ているだけだけど、安倍お坊ちゃま首相退陣後の動きは、本当に面白い。自民党総裁選がこんなに面白いことがあっただろうかって思うよ。小泉のときも面白かったように思うけど、それを超えるね。なにせ、わかりやすい権謀術数の嵐だからな。つうことで、敬称略でいきます。

そもそも、お坊ちゃまが精神的にまいってしまって勝手に降参してしまい(本当にあの病名ならだけど)、ローゼン閣下いよいよ出番か、と思ったら、森元首相ら5人組の陰謀で、閣下のクーデターってことになり、福田擁立。2chに出没する「闇の声」氏によると、小泉も新党旗揚げを画策していたのだが、森元首相の陰謀で竹中に裏切られて止められ、飯島秘書官がやめる結果に。で、今に至るわけだ。しかし野中までこれにかんでいるんじゃ、うらみをかっているローゼン閣下もある意味しょうがないか。議員でなくても党員だろうしね。

ここまでの参考文献

医学都市伝説
http://med-legend.com/mt/archives/2007/09/post_1155.html

二階堂ドットコム
http://www.nikaidou.com/2007/09/post_541.html

2chの「闇の声」氏(笑)

ローゼン閣下と福田氏の演説も何度か聞いたが、違いはそう大きくはない。福田氏も悪くはないが、準備不足は否めないな。演説の限りはローゼン閣下だろ。だが、数の論理でそうもいかない。

部外者にとって、福田というよりその背後にいる5人組(福田含む)の策略があからさまに透けて見えて、いやな気分になるというのが、福田の足を引っ張っているようにも見える。だけど、引っ張るもなにも8割以上福田なんで、どうってことはないんだろう。

ということは踏まえつつ、5人組に仕掛けられた「為にするローゼン閣下批判」については、ちょっと整理しとこうかと。以下はあくまで素人の私見ですが。

1.お坊ちゃまの辞意を知っていたのにこの事態を回避できなかった責任

所信表明演説のあとに辞意を漏らされたら、普通、慰留するだろ。でも慰留したのに辞めちゃったわけだ。今のところ、わかっているのはコレだけなんだが、翌日中川前幹事長も会っていて同じ話を聞いている模様だから、森派(町村派ね)も知ってたんじゃないの?

幹事長として首相辞任を止められなかったのは確かにダメだけど、それが決定的なダメな理由だとは思えないなあ。首相を辞めるかどうかは第一義的に首相本人の問題だから、結局、安倍ちゃんがだめだったんだし。

そもそも、こんな体力も胆力もない安倍を最初に総理大臣に担ぎだしたのは森派なんですけど、そこはなぜ、誰も責任を取らない??

2.麻生ははしゃぎすぎた

毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/archive/news/2007/09/15/20070915ddm002010086000c.html

何を持ってはしゃいでいるっていうんだろ?と思ったら「太郎会」のことだったらしい。

倫敦橋 さんより引用
http://d.hatena.ne.jp/LondonBridge/20070916/1189888523


    深谷隆司のHPより

    http://www.fukayatakashi.jp/cgi-bin/news/index.cgi?status=detail&num=972
今までは、現職の幹事長の麻生氏が本命と言われておりましたが、逆に福田圧勝の勢いとなりました。

その理由は、参議院惨敗の後、いち早く官邸に行き、安倍総理の続投を決めたことや、辞任を3日前から知っていて、しかもその次の夜、鳩山邦夫氏らと麻生総理をつくる会と称して宴会をし、それを得々とテレビに撮らせるなどの「はしゃぎ過ぎ」が裏目に出たといわれています。


「麻生総理をつくる会と称して宴会」ってのはなぁ。 悪意見え見えwww

正確には9月10日(月)ニューオータニで定例の「第9回太郎会」が、鳩山会長の法務大臣就任、麻生太郎会主の幹事長就任祝いをしたということを指している。

    * 松本純の国会奮戦記 http://www.jun.or.jp/  写真有り


太郎会をやめて対応に当たればよかったんだろうか。それじゃ周囲に何かあったことがバレバレでは…。辞めると思わなかったみたいだし。

3.「クーデターだ」by 片山さつき

クーデターなら最初に入院させて「禅譲といわれました」ってやるよなあ。森首相誕生秘話もそんな感じだった。小渕が倒れてから、青木が首相臨時代理となって、森が選ばれるまでの経緯は、ガンダムを想起させたものだ。

ガンダムでは、シャアの父でジオン公国の創始者ダイクンの死の直前、ダイクンがデギン・ザビに「まかせる」と言ったとして(あやしい)、ダイクン死後、ザビ家がジオンの権力を握った(←記憶は薄いです。違ったらごめん)。

そりゃ、政治なんで、クーデターも寝首をかくこともあるだろうけど、漫画好きのローゼン閣下がもしクーデターをやるなら、もうちょっとうまくやるだろ。

Wikiより
小渕恵三
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B8%95%E6%81%B5%E4%B8%89
内閣総理大臣臨時代理
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E8%87%A8%E6%99%82%E4%BB%A3%E7%90%86
森喜朗
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%96%9C%E6%9C%97

それに麻生-与謝野で人事を掌握、安倍を阻害し、後ろから撃ったみたいないわれ方について、麻生側はそんなことはないっていってる。病床の安倍ちゃんにも「謀略といわれて麻生が迷惑してますよ」(by 与謝野)と報告されているらしい。

それがあってか麻生が安倍に出した手紙を入手・公表した本日のTBS「報道特集」によれば、麻生が手紙で推薦した人事はほとんど採用されなかったとのことだ。番組内で麻生もそう認めた。(手紙の名前部分は塗りつぶされていたが、本物だけに、たぶん本当だろう)

というわけで、一般人の見方ではあるが、謀略をかけているのは包囲網のほうだね。そして安倍はしばらく退院しない。だって、そうだっていわれたら困るから。

そうはいってもこれは政治。どこまで本当かわからないので、とりあえず参考になりそうなホームページをあげておく。

上杉隆に聞く・官邸崩壊 安倍政権迷走の一年
http://www.youtube.com/watch?v=1q1wr1fO8YM&mode=user&search=
http://www.youtube.com/watch?v=yV0yHzDOQA8&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=ACUaHL76Cp4&mode=related&search=

文藝春秋 安倍と麻生「小泉切り」の密議
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070910-01-0701.html
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070910-02-0701.html
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070910-03-0701.html
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070910-04-0701.html

さて、本日アキバはローゼン閣下に萌えたんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2007

古い自民党に戻りそうだし

自民党も福田さんで決まりだそうだ。決まりって言うのは、派閥の数だし、麻生さんが嫌いだという理由で、各派閥が決めているそうだ。

嫌いだというのは、こういうことらしい。

佐藤立志のマスコミ日記 より
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20070914

それにしても麻生のことを秘書たちに聞いたが、家柄を誇り、言ってみれば「やな奴」。人を見下した感じで、これじゃあ付いていく奴はいないわな。

まあ、知り合いの某秘書から同じようなことは聞いたことはある。差別的な数々の失言はよくないし、多すぎると思う。でも私は近くにいるわけじゃないし、テレビや新聞を通してみる限り、そして本を読む限り、麻生さんがそんなに悪い人とも思えない。外務大臣としての仕事ぶりを見ても、むしろクレバーな政治家という感じがするんだが。

一方の福田さんについて、前述の佐藤立志氏はこういう。

それに比べて福田は物腰が柔らかいそうだ。以前、「政府高官の話によると」ということが話題になって、そのとき「政府高官って、私のことですか」と笑っていた。飄々としたところがあって記者には好評だった。

う~ん、こっちは秘書じゃなくて記者に聞いているので比較にはならないけど、記者にウケがいいのは、たぶん人がいいんだとは思う。政策的には親中派みたいだけど、それ以外はわからん。

とはいえ、麻生さんが嫌われているにしても、派閥の領袖に挨拶に行ったら留守だらけって、こういうのをみると、安倍お坊ちゃまだけじゃなくて、自民党のこの大多数の派閥の有象無象自体がKYだったんだなって思うな。

だってこの多数派工作で、麻生さんが総裁選から降りてしまったら、談合で決まった森政権とあまり変わらない、古い自民党に戻った感はいなめない。某プリンスとか、討ち死にしようとする大将をとめた人とかは、腰がひけているみたいだし。みなさんの話し合いでというのは、大変、日本的ですがね。これで来る衆議院選挙に勝てるんでしょうか? あ、やらないのか(苦笑)

一匹狼といわれた小泉さんも橋龍さんも、派閥内から必ずしも好かれていたわけではない。でも、首相なんて、いい人である必要はなく、それよりも頭がよく胆力のある仕事のできる政治家のほうが国民にとってはいい。それに談合して決めるような人じゃないほうがいい。だからこそ小泉さんや橋龍さんに国民の人気が集まったわけだ。橋龍人気は長くは続かなかったし、小泉さんは談合はしないかわりに独断で走ってしまったけどね。

ま、そんなわけで麻生さん、くじけずがんばってください。判官びいきかもしれないし、自民党員でもないんで何の役にもたちませんが(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2007

明日?

明日の9月14日に再度、アメリカでテロがあるんじゃないかと言っている人が・・・。

ベンジャミン・フルフォード
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/09/post-10.html

あなたはだまされている
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/14_c376.html

この間、米軍が核兵器を無断で運んでいたという事実が発覚したばかり。関係あるんですかね? ま、フルフォード氏はそう書いていますが。眉唾ではありますが、一応心にとめておかないと・・・。

核兵器のニュースはこちら
米流時評
http://beiryu2.exblog.jp/6108607/

10時間後にはブッシュ大統領がイラクが治安改善したとして、増派した分をもとに戻すという発表をするらしいんだけど、関係あるんでしょうか?

ワシントンポスト
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/09/13/AR2007091300492.html

Continue reading "明日?"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

なんちゅうか

昨日、日本政治史上最悪のサプライズ辞任をしたおぼっちゃまのことですが、いろいろなブロガーの皆さんのお話を総合すると、理由はこんなところらしい。

1.テロ特措法が成立しそうにない
2.宗教がらみの記事が出る
3.脱税疑惑の記事が出る→誤解??
4.体調も少々悪い(与謝野さんより悪いとは思えないが)

しかし自衛隊もかわいそうだよ。テロ特措法を成立させる努力をしてから、だめで辞めるならともかく、何もしないで放り出しちゃうなんて。まあ、イラクがらみはもっと大変なことがあると原田武夫氏も言っているんだけど。でもテロ特措法が継続延長できなくて、憲法改正ができると思っていたんだろうか・・・。

「麻生が後ろから刺した」という、わけわからない情報を自民党内、特に小泉チルドレンが流しているんだけど、いったい何なのか。兄貴~とかいって頼って、こんなダメダメ政権の幹事長を引き受けてもらったのに。兄貴としては、きっと決められないからって、いろいろ手を回してあげたのに、阻害されているって何だよ? ローゼン閣下の心、お坊ちゃま知らずですな。まあ、お坊ちゃまの周りの有象無象が仕掛けているのかもしれないけどね。

小沢のせいにするのも失敗しているし。人のせいにするのはよくないすよ。国会あるのに国会以外で党首会談してどうする。無責任だなあ。この無責任男を首相にしたやつも責任取ってよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 09, 2007

特措法で解散爆弾?

読売新聞 「給油継続」だめなら内閣総辞職も、首相が示唆

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070909it11.htm?from=top

延長できないのは民主党のせいだも~ん、ってことか? しかも内閣総辞職より解散になりそうな気がするのだが。衆院は自民党が多数なんだし、衆院を解散する意味ないけど、郵政で前例もあるしな。

しかし国民からダメだしされてもやめないのに、アメリカにダメだしされるとやめるんだ。どこの国の総理大臣なんですかね? 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バブル時代にもっと頭よかったらな

005 昨年、結構話題になっていた『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』をDVDで鑑賞。
http://www.go-bubble.com/index.html

800兆円の借金でつぶれそうな日本を救うため、自らも借金に苦しむ広末涼子が1990年にタイムスリップし、バブル崩壊を止めようというのがあらすじである。

見所はストーリーというより、プリンセスプリンセスの歌とか、タクシー止まらなかったとか、かわいい子は結構いい思いしてたとかっていう、浮かれまくった時代描写だ。まあ、一番は飯島愛、飯島直子、八木亜希子なんじゃないかと思うけど(笑)。ホイチョイだけに展開は少々まったりしているが、楽しい時代だったねというおじさんおばさんの郷愁を誘う分には十分な描写ではあった。

当時は「この日本では何もしなくてもどうやっても食っていける」っていわれていたっけ。まあ、今の若者からみると、なんと不遜な…と思うだろうが、それくらい勢いがあるほうが若者時代は楽しいものだ。

そんでもって、この映画の中でのバブル崩壊防止策といえば、不動産関連融資の総量規制をやめさせるっていう方法だ。あ~そんなのあったよねえ。

映画のサイトの、「what'sバブル」の解説ページを改めて読んでみると、85年プラザ合意(先進5カ国が円高へ為替操作で合意)→1ドル235円から120円に一気に円高→円高不況→低金利政策→バブル→90年不動産関連融資の総量規制→バブル崩壊―というわけで、バブルって5年程度のすごく短い期間におきたわけだ。その後は10年以上、不況地獄が続くわけだけど。

不動産関連融資の総量規制とは
http://www.8111.com/info/term/system/word_dtl.php?id=000888
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E9%87%8F%E8%A6%8F%E5%88%B6

行政指導とは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%D4%C0%AF%BB%D8%C6%B3

当時の大蔵大臣は橋本龍太郎、総理大臣は海部俊樹である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC2%E6%AC%A1%E6%B5%B7%E9%83%A8%E5%86%85%E9%96%A3

バブル崩壊について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E6%99%AF%E6%B0%97#.E3.83.90.E3.83.96.E3.83.AB.E5.B4.A9.E5.A3.8A

追加 6月末現在の国の借金
http://www.mof.go.jp/gbb/1906.htm

ここからはネタバレになっちゃうので見た人だけにしてください。

Continue reading "バブル時代にもっと頭よかったらな"

| | Comments (11) | TrackBack (6)

September 03, 2007

キーポン、かわいい!!

今、NHKの「未来観測 つながるテレビ@ヒューマン」で放送していたんだが、黄色いゴムマリを2つ重ねた雪だるまのようなロボット「KEEPON」が人気なんだそうだ。

KEEPONを紹介していた同番組のハヤミミ情報局
http://www.nhk.or.jp/human/hayamimi/index.html

Keeponstructure1←まあ、コイツなんだけどね。
一見、なんてことはない、子供だましのおもちゃに見える。


だが違うのだ!! なんとコイツは、音のするほうを見るだけでなく、人が別のものに視線をあわせると、一緒にそれを見ることができる。あと、ロボットにありがちな踊り機能もついているのだが、その踊りがウマイ。

youtubeでその動きをとくとごらんあれ。
http://www.youtube.com/watch?v=3g-yrjh58ms

一部ですごく人気が出たらしく、イギリスのロックバンドSPOONのミュージックビデオに、開発者とともに登場した。これもyoutubeで見られる。
http://www.youtube.com/watch?v=nPdP1jBfxzo

これを開発したのはビデオにも出演している情報通信研究機構の小嶋秀樹さん。この研究開発プロジェクトのホームページはこちら。
http://univ.nict.go.jp/people/xkozima/infanoid/robot.html#keepon
写真はここからお借りしちゃいました。すみません。

とにかく、見てもらえば、その魅力がわかるので、ぜひyoutubeのリンクを見てください。この商業的ではないシンプルな形が、かわいさをいっそう引き立てているように思うな。発売したら人気がでそうだけど、そのときは1万円以下にしてくださいね!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 01, 2007

アマゾンでエディー・バウアーを買おう

今、アマゾンを見たらエディー・バウアーサイトができていた。

アマゾンで洋服が買える・・・。海外のアマゾンでは常識だったわけだが、今後、さらにこの傾向が進むと、楽天とか大変なことになりそうですね。まあ、ちょっとジャンルが違うか。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

イラク戦争向けに給油していたらしい

テロ特措法延長を国際社会に高く売れるようになったと思っていたのだが、朝生で江田議員が爆弾発言をしたらしく、延長なんてどころじゃないらしい。

ネットゲリラさんより
海自の給油はイラク戦争向けが85パーセント
http://my.shadow-city.jp/?eid=518289

それで、米軍の第5艦隊のHPに書いてあったというので探してみたがここ?

Oiler Completes Japan’s 700th Refueling in Arabian Sea
http://www.cusnc.navy.mil/articles/2006/224.html
5年以上にわたり700回もOperation Enduring Freedom 作戦で給油してくれたと書いてあるようだ。

米海軍の第5艦隊というのはこういう部隊らしい。
Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC5%E8%89%A6%E9%9A%8A_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D)

第5艦隊の兵力は、2003年初頭にひとつのピークを迎えた。この時、第5艦隊の指揮下には、5隻の空母、6隻の揚陸艦、そしてそれらを護衛する艦艇が編入されており、それらに加えて30隻を超すイギリス海軍艦艇も指揮下にあった。4月のバグダッド陥落後、それら大兵力の大部分は湾岸地域から撤退した。第5艦隊の兵力は、この地域できわめて深刻な緊張が起こるまで(また、起こらない限り)、ここ数年にわたって維持されている程度の低水準に留められるものと見られる。

神浦さんの言っている「多国籍軍の活動範囲(海域)がパキスタンやアフガン(海に接していない)の沖合ではない」というのは、第5艦隊のエリアを見るとわかる。
http://www.cusnc.navy.mil/mission/aor.html

グーグルではサイト内検索もできるんだそうで(いや、便利ですね)、第5艦隊の「Operation Iraqi Freedom」というページの下のほうにこう書いてあるのをようやく探した。
http://www.cusnc.navy.mil/Orders%20to%20Command/pages/oif.htm

The Government of Japan has contributed in excess of 86,629,675 gallons of F76 Fuel – worth more than $76 million dollars – since the inception of Operation Enduring Freedom.

アフガンから始まったテロ撲滅作戦である「Operation Enduring Freedom」ではなく、イラク戦争「Operation Iraqi Freedom」のページに書いてあるところで、まあ証拠といえなくもないな。

でも85%とは書いてないんだよね。どこに書いてあるんだ?と思っていたら、そのサイトはアクセス不可になっているんだそうだ。

と、いうことで江田議員がその証拠をホームページにアップしてくれることを期待してリンク。

江田けんじ議員のHP
http://www.eda-k.net/index2.html

しかし、これはテロ特措法延長なんて無理なんじゃないだろうか。これで延長してしまっては、日本はナンデモアリになってしまうし。まあ、これで延長するのなら、日本は相当大きな見返りをいただかないと。常任理事国入りとかね。ということで、国際社会では正論は使えるのだと思う次第なのだった。


追記:どうもさっきのイラク戦争のHPが、江田議員の言っていたHPのようです。

tnfukさんの「イラク戦争と日本――『朝生』テープ起こしとソース探索」より
http://nofrills.seesaa.net/article/53522653.html

リンクのあった長野智子さんのHPに行ってみたら
「江田けんじさんの発言」
http://yaplog.jp/nagano/archive/300

江田さんの証拠というHPのコピーの写真がずばり、さっきの「Operation Iraqi Freedom」のHPのようですね。
http://www.cusnc.navy.mil/Orders%20to%20Command/pages/oif.htm#global

アクセス不可になっていたのは、第5艦隊のHPから削除されたんじゃなくて、リンクが消されたんでしょう。

というわけで、そのページの一番上の画像と、日本のことが書いてある画像を貼り付けておきます。

Oif1 Oif2





Continue reading "イラク戦争向けに給油していたらしい"

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« August 2007 | Main | October 2007 »