« ゴアの裏技ww | Main | 腹なら丈夫だ »

October 28, 2007

国敗れて企業あり

内橋克人著 『悪夢のサイクル ネオリベラリズム循環』

NHK特集『ライスショック』で米の自由化に反対していた内橋氏の『悪夢のサイクル』を読んでみた。

内橋氏は、なぜ、今こんな日本に成り下がっているのかを、1970年代のアメリカから読み解いていく。市場原理主義は景気の上昇・下降を繰り返し、どんどんそのカーブは急峻になってゆき、金持ちは金持ちに、下層階級はどんどん貧乏にと二極化していくというサイクルがあると主張。アメリカ、南米、日本の事例を例にあげて一つ一つ証明していく。そして、市場原理主義でも、規制強化でもなく、北欧のように市民が市場を調整し、共生する方法を取っていくという第三の道を選択することこそ、日本の道であるということを語っている。

とてもわかりやすいし、もやもやと考えていたものが、スッキリと理論づけて解説されているので、市場原理主義に疑問を持つ方はぜひ読んでいただきたいと思う。

私がこの本の中で、最も驚いたというか、なるほど!と思ったのは、どこから市場原理主義が生まれたのかってことだ。

市場原理主義が台頭したのは1970年代末のアメリカだという。

当時、1970年代初期までのベトナム戦争のおかげで財政が悪化し、戦争さえなければ働いていた公共政策が破綻し、インフレが発生してしまっていた。

1960年代、市場原理主義が生まれたときは、規制が必要というケインズ学派が主流で、市場原理主義は奇矯な論理とみなされる傍流だったらしい。

しかし、1970年代後半にケインズ学派はインフレで行き詰った。そこで市場原理主義論者たちは、インフレを抑えるために貨幣の供給量で経済をコントロールできる!という理論をぶちあげた。打開策を探っていたカーター政権は、これを採用。規制緩和や累進課税を弱め、貿易の自由化も実施した。

そのおかげでインフレは抑えられたらしい。それで、アメリカでは市場原理主義者たちが主流になっていったんだそうだ。

この市場原理主義台頭の主役がフリードマン。ユダヤ人である。

Wiki ミルトン・フリードマン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

フリードマンは、迫害を逃れアメリカに移住したユダヤ人の息子だそうである。だから、アメリカ人ではあるが国家が信用できない。国家の迫害から逃れ、金だけが自由を手に入れる手段であったからだろう。あ、差別じゃないからね、念のため。

しかし規制緩和から30年後のアメリカの現実は、大きな所得格差が生まれ、金持ちはどんどん金持ちになり、貧乏人は這い上がれず、教育も医療も公のものは荒廃している。国民を守るという国としての役割は破綻したが、大企業と金持ちは残った。それでもいいというのが市場原理主義だそうだ。国敗れて企業あり、である。

というわけで日本はアメリカまでひどくならないうちに、少し保護主義よりの、内橋氏のいう「第三の道」に振り子を戻したほうがいいように思うんだが、経団連の言うことしか聞かない政府じゃ期待しようがない。何しろ、史上最高益を出してもベアアップもしない企業が経団連会長会社だったわけだし、だから、国内で車が売れなくなったといっても誰も同情しないわけだ。

そういえば日本の市場原理主義第一人者も税金納めていなかったっけ。国家から自分だけ自由になっている人に、国民の声が届くはずありませんな。あ~あ。

|

« ゴアの裏技ww | Main | 腹なら丈夫だ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Your post is excellent. Thank you truly for presenting plenty of both interesting and useful strategies and information. I'll bookmark your blog site and will be without a doubt returning. Again, I appreciate your entire work furthermore delivering much vital facts for the people.

Posted by: online payday loans | August 25, 2010 at 10:01 AM

Your website is very great. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans online | July 02, 2010 at 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/16894542

Listed below are links to weblogs that reference 国敗れて企業あり:

» アゼルバイジャンで米大使館襲撃テロ発覚 [米流時評]
  ||| アゼルバイジャンで大規模襲撃テロ発覚 ||| 首都バクーでアゼリ政府施設と米大使館襲撃の大規模テロ計画発覚 イスラム過激派の政府軍人が首謀者か 容疑者1人死亡、数名検挙 アゼルバイジャン・バクー発 |29日月曜、首都バクー市でアゼルバイジャン政府から発表された報告によると、イスラム過激派グループが「凄惨な内容の大規模テロ襲撃計画」を、欧米各国大使館など外交施設とアゼルバイジャンの政府施設を対象に実行する予定だったが、国家警察側では未然に首謀者を逮捕した模様である。この影響で、... [Read More]

Tracked on October 30, 2007 at 02:31 PM

» たった2ヶ月で月収93万円を稼いだmixiノウハウ「mixiで月収93万円の不労所得を得た男」 → http://mixi93manfuro.jugem.jp/ [mixiで月収93万円の不労所得を得た男で稼ぐのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「mixiで月収93万円の不労所得を得た男で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である毎月93万円の不労所得を稼ぎたいあなたや、mixiに「ある方法」を仕掛けて簡単にお金を稼ぎたいあなたには、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。なお、本気で稼ぎたい方以外のご訪問はお断りします。では、失礼いたしました。 → h...... [Read More]

Tracked on November 07, 2007 at 06:35 PM

« ゴアの裏技ww | Main | 腹なら丈夫だ »