« グーグルが新エネに投資 | Main | サブプライムは終わったの? »

November 29, 2007

中東和平会議に注目したいなと

中東和平会議があんまり日本では報道されないんだが、失敗間違いなしといわれていたこの会議。不思議なことにうまくいったようだ。

CNN 中東和平会議、来年末までの合意目指す 
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200711280002.html

まあ、CNNでは否定的に書いてあるんだけど、BBCとかはワリに好意的な報道をしているようだ。ようだってのは、BBCのポッドキャストで英語で聞いているからで、よくわからないんで、違うかも! でも、イスラエル人が「平和の話し合いはうれしい」って言っていたようだし(あやふや)。もっと英語がわかるようになればいいんだけど。

とりあえずBBCを貼り付けてみる。
BBC  Annapolis: The end of the beginning
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7116572.stm

と思っていたら、米流時評のysbeeさんが書いている。

アナポリスの奇跡?中東平和会議陰謀論
http://beiryu2.exblog.jp/6644685
シリアがイランを裏切ったんですか? ええっ!

|

« グーグルが新エネに投資 | Main | サブプライムは終わったの? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

こんにちは! 米流です。
記事のご紹介、ありがとうございます。
ここ2・3日ではっきりしてきたのは、
やはり平和目的ではなくて「イラン攻略」でした。
昨日(米国28日)の記事で、その証拠をおさえて書いてますので、お読みになってみてください。

あまりにもブッシュの中東戦略が見え見えで
こちらの方が恥ずかしくなるくらいです。
米国民だけでなくて、今度はNATO陣営も騙すつもりのようです。
戦争屋につける薬はありません。
ではまた!

Posted by: ysbee | November 30, 2007 at 02:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/17220518

Listed below are links to weblogs that reference 中東和平会議に注目したいなと:

» アナポリスの謀略・中東特使に元NATO総帥抜擢 [米流時評]
 ||| 中東特使に元NATO統合司令官を指名 |||アナポリス中東平和会議の最中も、イスラエルが連日ガザ地区を空爆 共同宣言採択で得意満面ライス長官、中東特使に元NATO総帥を使命 「平和会議の真のターゲットはイラン:米国、イスラエル、そしてサウジアラビア。シリアをおびき寄せたこの3国が一体次に何を企んでいるのか?それはイラン攻撃しかないように私には思える……平和会議と称してイランを孤立化させ米英の石油利権の優位を確保するための、NATO拡張会議に過ぎないのではないか?」 つい昨日2... [Read More]

Tracked on November 30, 2007 at 03:00 PM

» 米国の見る日中首脳会談・福田政権の対中友好のリスク [米流時評]
    ||| 米国から見る日中首脳会談 |||経済主体の日中友好関係強化復活を目指した福田・胡錦濤首脳会談 5兆円の中国環境整備事業融資借款 胡主席4月に日本訪問を予定 米国時間 2007年12月1日 中国・北京発 |1日土曜、中国と日本は長年冷却期間にあった両国間の外交関係が、最近になって回復している傾向に拍車をかける意向で、両国間の貿易と経済問題についての話し合いを再開した。この日半日と週末にかけて行なわれる会談では、外交問題、財務経済と貿易収支に関して、多岐にわたる問題を両国首脳が忌... [Read More]

Tracked on December 02, 2007 at 04:12 PM

» NEIレポート2・暴かれたブッシュ政権の戦争体質 [米流時評]
  ||| 暴かれたブッシュ政権の戦争体質 ||| イランに対する諜報評価転換がもたらしたブッシュ政権への致命傷 米国の威信失墜を覚悟の上で情報を変更した防衛諜報の司令官たち ニューズウィーク・サイト独占掲載 | マイケル・ハーシュ時評 |『米流時評』ysbee 訳 米国時間 2007年11月6日 前号「NIE衝撃レポート1・さらば、イラン戦争」からの続き: 今回のNIEの内容公開がもたらした余波の第二に挙げられるのは、直撃波の衝撃が大き過ぎてまだ誰もそこまでは言及していないが、米国に... [Read More]

Tracked on December 07, 2007 at 01:08 PM

» Vol.3:大統領選にまで波及したNIEシンドロームの衝撃 [米流時評]
   ||| 拡大するNIEシンドロームの余波 ||| NIE事実露呈で勝利宣言のイラン IAEA・ロシア他 関連諸国の反応 イランの核問題が次期大統領候補の踏み絵に 第一の犠牲者ヒラリー ニューズウィーク・サイト独占掲載 | マイケル・ハーシュ時評 | 『米流時評』ysbee 訳 前号「NIE衝撃レポート2・暴かれたブッシュ政権の戦争体質」からの続き 2005年版のNIEの内容は、今回の報告とは対象的に、全面的に政治的影響力の元で制作されたようなものだった。しかもそのNIEでのイラン... [Read More]

Tracked on December 08, 2007 at 11:33 AM

» 米外交のUターン・金正日宛てのブッシュの手紙の謎 [米流時評]
  ||| 金正日へ宛てたブッシュの手紙の秘密 ||| イラン評価急旋回に続いて北に対してもブッシュ外交方針大転換か イランに続いて東アジアもブッシュのカウボーイ外交の汚名返上策 今日のタイトルは非常に間が抜けている。昨日の『NIEシンドロームの衝撃』と比べると、まるで『カナダからの手紙』なみの凡庸な響きである。しかし、米国と北朝鮮の朝鮮戦争以来の外交関係を知っている人間なら、このタイトルが意味する「ことの重要性」にぎくっとするはずである。 北との平和外交を唱えたビル・クリントン前大... [Read More]

Tracked on December 09, 2007 at 09:25 AM

» 米外交のUターン・金正日宛てのブッシュの手紙の謎 [米流時評]
  ||| 金正日へ宛てたブッシュの手紙の秘密 ||| イラン評価急旋回に続いて北に対してもブッシュ外交方針大転換か イランに続いて東アジアもブッシュのカウボーイ外交の汚名返上策 今日のタイトルは非常に間が抜けている。昨日の『NIEシンドロームの衝撃』と比べると、まるで『カナダからの手紙』なみの凡庸な響きである。しかし、米国と北朝鮮の朝鮮戦争以来の外交関係を知っている人間なら、このタイトルが意味する「ことの重要性」にぎくっとするはずである。 北との平和外交を唱えたビル・クリントン前大... [Read More]

Tracked on December 09, 2007 at 09:43 AM

» 半島平和? ブッシュ最終章外交の突然変異 [米流時評]
   ||| ブッシュ最終章外交の突然変異 ||| 南北宥和政策への布石か?金正日宛ブッシュ親書の内容を解析する 中東平和に続いて半島平和を目論むブッシュ最終章外交の突然変異 米国時間2007年12月6日 | AP通信・ソウル/ワシントン発  | 『米流時評』ysbee 訳 前号「米外交のUターン・金正日宛てのブッシュの手紙の謎」からの続き ブッシュ政権のある高官がAP通信の記者に語るところによると、北朝鮮の金主席へ宛てたブッシュの親書は、現在こう着状態にある外交上の三つの重要案件につ... [Read More]

Tracked on December 10, 2007 at 01:56 PM

» プーチン次期後継者にメドベージェフを指名 [米流時評]
 ||| ポスト・プーチン、メドヴェージェフ登場 ||| 国営巨大産業ガズプロム元代表で中道穏健派プーチン路線の若手代表 プーチン体制安定継続の視点で選択 今後国会信任投票で最終決定へ ここ1・2年とみに噂されていた次期ロシア大統領候補だが、プーチンが自らの後継者を決めたようである。先週の総選挙での圧倒的な勝利を背景に、国民の信任を任せられる現体制継続の命を仰せつかったのは、プーチンと同時期にサンクトペテルスブルクの自治体行政を担当した、ロシア統一党の若手官僚ドミトリー・メドゥヴェディエフ... [Read More]

Tracked on December 11, 2007 at 05:46 PM

» プーチンの過ぎ行くままに・米国とロシアの「戦争と平和」 [米流時評]
   ||| 米国とロシアの「戦争と平和」 ||| 米流戯評『ビートルズ世代の限りなく幻想に近い近未来予測』 "As Putin Goes By.... プーチンの過ぎ行くままに" "As Putin Goes By" プーチンの過ぎ行くままに.... 往年のカサブランカの名曲が聞こえるようである。総選挙ではプーチンのイメージがロシア中にあふれ、"Here There Everywhere"の「ユービキタス・プーチン」現象を呈した。元KGBスパイ リトヴィネンコのポロニウム暗殺を問われたル... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 11:28 AM

» 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測 [米流時評]
 ||| ポストプーチン・ユーラシア連邦の野望 ||| 総選挙圧勝・後継者指名・首相に逆指名の プーチンが抱く真の野望 EU・NATOに対抗する大ロシア構想を実現? ユーラシア連邦結成か 米国時間2007年12月10日午前9月29分 | モスクワ発・AP通信  | 『米流時評』ysbee 訳 プーチンの未来についての憶測は「もしかしたら憲法を改定して、大統領の三期目を可能にしようとするかも知れない」という仮説まで含まれていた。その可能性は、10日月曜のメドベージェフの後継者指名で、いっそ... [Read More]

Tracked on December 14, 2007 at 09:49 PM

« グーグルが新エネに投資 | Main | サブプライムは終わったの? »