« サブプライム終わってない模様 | Main | もしもし、おれ、ビンラディンです »

December 30, 2007

ブット暗殺とパキスタン

ブット元首相の暗殺で、パキスタン情勢は大混乱に陥っているようだ。いろんな方が書いているので、リンクしてみる。

米流時評さん 米流時評 ブットの暗殺と米国政治
http://beiryu2.exblog.jp/6831035/

ジャパン・ハンドラーズさん ブット元首相は、ビンラディンが既に殺害されたと公表した二ヶ月後、殺害された
http://amesei.exblog.jp/6837167/

あなたはだまされている 
ブット・パキスタン元首相の暗殺の真相
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_68ff.html
ブット・パキスタン元首相の暗殺の真相(2)
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_2039.html

ネットゲリラさん ブット暗殺はアメリカの謀略
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2007/12/post_0818.html

驚いたことは、ビン・ラディンは死んでいるらしいってことだ。しかもビン・ラディンを殺したのは元MI6の工作員らしい。ブットだけじゃなくて、ムシャラフも、かつてビン・ラディンは死んだと言ったことがあったはずなので、パキスタンの中枢にいる人たちにとっては常識なのかもしれない。

これが正しければ、米英とも、ビン・ラディンは死んだにもかかわらず、それを伏せているということだ。とすれば、時々、思い出したかのように送られてくるビン・ラディンの最新映像は、たぶん、生前にたくさん撮っておいたビデオを小細工したものだろう。まあ、そんなことは今時簡単だろうからね。ネオコン集団からすれば、戦争を継続するために、ビン・ラディンは死んではいけないのだろう。「テロとの戦い」はなんだったんだってことになりかねないし。

ブット暗殺の首謀者は、アメリカとムシャラフとアルカイダもしくはそれ以外のイスラム過激派という3つの説があるようだが、どの説もありうるし、真相は現段階では藪の中だ。

しかし、まあ多少混乱していても普通の国なら、国の中のこととして納まるが、パキスタンには核兵器がある。

パキスタンって、イスラムだからインドと別れた国であるにもかかわらず、親米路線というのが、まず無理があるわけだ。しかし核兵器持っているんで、アメリカとしては、新米でないと困っちゃうわけだ。

また当然といえば当然だが、アメリカはパキスタンの核兵器がどれだけあって、どこに、誰が保管しているのか、どのような指揮系統で核が管理されているかを知りえていないらしい。

NYT So, What About Those Nukes?
http://www.nytimes.com/2007/11/11/weekinreview/11sanger.html

ムシャラフは核の管理はきちんとしていると言っているが、人気は落ちてきており、政権転覆の可能性だってある。もしムシャラフが倒れたら、イスラム政権になる可能性もあり、そうなると核兵器を持つ初のイスラム国家になってしまう。そこまでいかなくても政権が混乱し、核管理に支障がでて、核がイスラム過激派に流れる可能性だってあるし、第二のカーン博士が出る可能性もあるわけだ。

ということで、ブット亡き後のパキスタン情勢は結構大変なんじゃないかと思う。ムシャラフ後が一層、流動的になったわけだから。さて、ライスで解決できるんだろうか。

wiki パキスタン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3

|

« サブプライム終わってない模様 | Main | もしもし、おれ、ビンラディンです »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Greetings everyone, This webpage is excellent and so is how the matter was expanded. I like some of the comments as well although I would prefer we all keep it on topic in order add value to the subject. It will be

Posted by: payday loans canada | September 22, 2010 at 08:37 AM

Hi webmaster, commencers and everybody else !!! The blog was absolutely fantastic! Lots of great information and inspiration, both of which we all need! Keep them coming... You all do such a great job at such Concepts... can't tell you how much I, for one appreciate all you do!

Posted by: payday loans online | September 21, 2010 at 08:51 PM

Your weblog is very useful. Say thanks to you truly for sharing bunches of beneficial advice. Most definitely i'll bookmark your weblogblog site and will be most definitely coming back. Again, I recognise the value of your work as well as delivering a lot helpful material to the many people.

Posted by: loans canada | August 25, 2010 at 11:14 AM

Your website is very the most informative. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loan | July 02, 2010 at 04:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/17519074

Listed below are links to weblogs that reference ブット暗殺とパキスタン:

» パキスタンの悲劇 第1章「ブット暗殺の衝撃」 [米流時評]
    ||| ベナジル・ブット暗殺の衝撃 ||| パキスタン人が現地で伝える「ベナジル・ブット暗殺」の悲報と衝撃 父親は処刑、弟は謎の事故死と毒殺、悲劇のブット家最後のヒロイン 2007年12月27日 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee 訳 前号「序章 ブットの暗殺/テロ戦争と核と米国政治」からの続き パキスタン・イスラマバード発 |たった今、PPPパキスタン人民党党首のベナジル・ブット元首相が、ラワルピンジでテロリストの襲撃により... [Read More]

Tracked on December 30, 2007 at 03:49 PM

» パキスタンの悲劇 第1章「ブット暗殺の衝撃」 [米流時評]
    ||| ベナジル・ブット暗殺の衝撃 ||| パキスタン人が現地で伝える「ベナジル・ブット暗殺」の悲報と衝撃 父親は処刑、弟は謎の事故死と毒殺、悲劇のブット家最後のヒロイン 2007年12月27日 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee 訳 前号「序章 ブットの暗殺/テロ戦争と核と米国政治」からの続き パキスタン・イスラマバード発 |たった今、PPPパキスタン人民党党首のベナジル・ブット元首相が、ラワルピンジでテロリストの襲撃により... [Read More]

Tracked on December 30, 2007 at 03:50 PM

« サブプライム終わってない模様 | Main | もしもし、おれ、ビンラディンです »