« サウスカロライナ(共和党)はマケイン | Main | 怒ってますな、オバマ。 »

January 21, 2008

めぐりめぐって日本に戻る?

日経の20日付朝刊にこんな記事が。

日本でファンド融資拡大、金融機関・08年、日経調べ
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080120AT2C1900L19012008.html

2008年の計画を示した大手銀行や外国証券など14社は合計で2兆円超の買収融資を用意、07年実績の3倍強に増やす。欧米では信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の影響で金融機関が融資を手控えており、大型のM&A(合併・買収)は事実上ストップ。影響が軽微な日本市場で攻勢をかける。

買収資金ってことはM&Aだ。新自由主義の人が、改革が止まったために海外の金が日本を無視して通りすぎ、「ジャパンパッシング」だといつも嘆いていたわけだが、結局戻ってきているってことじゃないのかなあ。

でも同じ20日付け日経朝刊にこんな記事も載っている。

株安、欧米やアジアで加速・下落率、日本と並ぶ
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080120AT2D1900819012008.html

電子版には書いてないんだが、本紙のほうの記事の最後に「ただ改革期待の後退などから海外投資家の日本への関心が薄まっている状況に変化はない」とある。

この2つの記事、矛盾してないか?? 世界同時株安なんだから、日本の株価が上がるわけないし、これから世界経済が悪化するというときに、加工貿易の日本の株価が上がるほうがおかしい。でも、買収融資は増えているわけで、なんかよくわからんが、ただの株主じゃなくて、筆頭株主になりたい、経営権もちたいという力は働いているわけよ。

つまり、最も堅実で、改革には及び腰だった日本企業こそ、いま、ファンドが持ちたい会社であり、投資してもリターンが(大きくなくても)確実に見込めるってことなんじゃないの?? 

つまり日本パッシングは、改革の遅れというよりも、ほかにバブってるところがあったというだけの話なのでは? バブっているところがあれば、そこに投資しようというのが、いわゆるプロの投資家というか投機家だろうし、そうなれば、堅実な日本はパッシングするだろう。それに1%以下でお金も貸してくれるので、日本は借りるところであり、投資するところじゃなかったわけよ。だからって企業の価値がなかったわけじゃない。

アメリカの住宅バブルが崩壊したので、連鎖的にほかのバブルもしぼみ始め、バブってなかった日本が、相対的にあがってきたというのが今の状況なんじゃないんだろうか。それで、新自由主義の方々がお好きな外国資本が、日本の企業に投資を始めようかなとしていると。でもまあ、利益確定もしなきゃいけないんで、とりあえず持っている株は売って、買収資金にしようかなという感じだろうか。それで日本株が下がったりしていると。違うかもしれないんだけど、もしそうなら、日本企業のみなさん、危険です。気をつけましょう。

というわけで、新自由主義終了~って、誰か言ってやりませんか?いや、自由主義は重要だと思っているんだけど、新がつくのはダメだと思うんで。国の概念がないってことは、住民に対して無責任ってことでしょ?

ネットゲリラさんの記事読んで、あわててFACTAを読んだら、ヘッジファンドも危険らしいんだが。ヘッジファンドはサブプライムにはヘッジかけてないのかな。あれ? 何か変なこといってる??

|

« サウスカロライナ(共和党)はマケイン | Main | 怒ってますな、オバマ。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/17771122

Listed below are links to weblogs that reference めぐりめぐって日本に戻る?:

« サウスカロライナ(共和党)はマケイン | Main | 怒ってますな、オバマ。 »