« ショーン! | Main | ネバダ・共和党はロムニー »

January 20, 2008

ケネディの演説

米国大統領選がらみのエントリばっかり書いているわけだが、最近は、我が過疎ブログに来られる人のうち、オバマ演説を探してたどりついているというケースが多い。

オバマ演説を見たい方、読みたい方はこちらをどうぞ。
オバマはケネディーの再来か オバマ演説メモ

当時、ブログへのyoutubeの貼り付け方を知らなかったんで、リンクしか張ってないんだが、まあそのままにしておきます。面倒だし。

最近はオバマをケネディーにたとえる人も多いようだが、こちとら1年前から言ってたからね。えへん。・・・っていっても、当時からあちこちで言われていたような気もするな。

で、例えられるのも演説がやっぱりすばらしいからだろうが、ケネディーの名演説といえば、例の就任演説で語った「Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.(祖国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません、あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい)」である。テレビで時々は出るけれど、実際のところ、フルに見たらどんなもんなんだろうと思ってyoutubeで探したらやっぱりあった。


名フレーズは2番目のほうにある。

聞いてみたのが、英語もわからないし、当時の詳しい時代背景をそう知っているわけでもないんで、これがいい演説かどうかはわかりかねるなあ。やはり、若い大統領が、国に何ができるか考えようとか言ったのがよかったのだろうか。

ここに行くと、このビデオと演説原稿(英語)が同時に見られます
http://www.americanrhetoric.com/speeches/jfkinaugural.htm

翻訳してくださっているところがあるのでリンク
The Goose's Book J・F ケネディ大統領の就任演説 翻訳 1.00版
http://hw001.gate01.com/katokt/Kennedy001.htm

ということで、本当にオバマはケネディーになれるのか。ここ2,3週間でわかるんじゃないですかね。

ジョン・F・ケネディ Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBF%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3

2009年1月17日追記:
ケネディ演説集というのが出たようです。本屋には、オバマ演説ものと一緒に置いてありました。

|

« ショーン! | Main | ネバダ・共和党はロムニー »

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/17757827

Listed below are links to weblogs that reference ケネディの演説:

« ショーン! | Main | ネバダ・共和党はロムニー »