« もしアメリカ人ならバイデン支持? | Main | 1月12日調査・大統領選 »

January 14, 2008

鳥インフルエンザ

NHKがグッドタイミングで、鳥インフルエンザなど新型ウイルスが人類に爆発的に拡大する危険性を訴える「シリーズ 最強ウイルス」を2日間連続で放送していた。なんてったって中国で人から人への感染が発覚したばかりである。注目度は高い。

NHKスペシャル
http://www.nhk.or.jp/special/

yahoo!news (産経)
鳥インフル、人から人に 中国で初めて感染
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000109-san-int
鳥インフルエンザ、日本で64万人死亡も 中国で人に感染
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000947-san-soci

この発表って、発表時から歯切れが悪く、被害の大きさを隠しているんじゃないかとかいわれていたが、実情は以下のような感じらしい。

産経の中国総局記者のブログ
北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)より
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/446753

■で、1月10日の定例会見では、男性と父親は密接な接触によって感染したと初歩的判断をくだした、と発表。ただしウイルスは変異しておらず、人から人へ感染を示す生物学的基礎の証拠はない。
ちょっと、人から人への感染を確認しておいて、人から人へ感染する証拠はない、って
どういう意味やねん。人から人への感染なんやろ??


■医療関係者「ウイルス変異による人から人への感染のように、高い感染力はないけれど、人から人への感染でした、といいたいねんやろ?人から人への感染やけど、たいしたことないから、騒ぐな、と」

■福島「騒ぐ騒がないは、こっちが判断するんや。12月10日の会見の段階で、本当は人から人への感染の疑いはあったわけやろ。だったら、人から人への感染の疑いはあります。とまず、注意喚起して、ただし、ウイルス変異は確認されておらず、状況からいって人から人への感染が広がる可能性はほとんどありません、と補足するのが、庶民への親切というものやろう。なんでこんなわかりにくい発表するんやろう。北京五輪への影響とか考えているんかな、これって隠蔽?」

煮え切らない発表だった模様である。オリンピックが控えているからというだけじゃなくて、SARSの時だって隠そうとしていたので、まったく信用ならない。

ヒト-ヒト感染ウイルスができるのは時間の問題らしい。そんなわけで知識を蓄え、心積もりをしておく必要があるわけだ。で、ぼんやり見ていたNHKの番組からわかったことは・・・

①パンデミック(感染爆発)になったら防ぎようがない。
②鳥インフルエンザは恐ろしく毒性が強く、つまり致死率が高い。
③今のところ人から人に感染するように変異した鳥インフルエンザH5N1型はみつかっていないが、たとえばソ連型などの人インフルエンザにかかっている人が鳥インフルエンザにかかってしまうと、ウイルスが変異し、人から人にうつる鳥インフルエンザができる可能性がある。
④タミフルはとりあえず今、唯一頼ることができる薬だが、耐性のある鳥インフルエンザもある。
⑤プレワクチンもなくはないが、警察とか医療関係者が優先。

★おさらい
鳥インフルエンザとは…
Wiki トリインフルエンザ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6

SARSとは…(SARSってもう終わったんですかね??)
Wiki 重症急性呼吸器症候群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E7%97%87%E6%80%A5%E6%80%A7%E5%91%BC%E5%90%B8%E5%99%A8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

★鳥インフルエンザ情報と対策はこちら
国立感染症研究所感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
鳥に 近づくな さわるな!

といってもいまいちわからないな。どうすりゃいいのよ??

笹山登生衆議院議員のブログより
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=809
「人間の上気道が、鳥インフルエンザ感染の場所」という正月以来話題の論文

H5N1が人間に適応するためには、上気道における長い傘状の形の糖鎖(グリカン)にとりつくことが条件になるという。

Wiki上気道

上気道(じょうきどう)とは気道のうち、鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭、喉頭までをいう。これに対して喉頭よりも肺側を下気道(気管より末梢の気道)という。

ということなんで、たぶんマスクが重要になると思う。普段からマスクのひとつくらいはカバンに入れておこうかな。先日風邪をひいたときマスクをしたが、最近のは使い捨てられていいね。本格的にはやった時のために鳥インフル用のマスクもあるらしいが、これを用意すべきかどうか…。眼鏡を普段かけていない人は、サングラスとか花粉症用ゴーグルとかが必要かも。もっとも、最近の眼鏡はグラスが小さいので、普段の眼鏡じゃ役にたたないかもしれない。

あとは手洗いとうがいですかねえ…。庶民にできることなんて、これくらいじゃないかな。って普通の風邪と同じなんだけど。

そんでもってつい、ウイルスに効くというシャープ製加湿空気清浄機を買ってしまった。プラズマイオンでウイルスを封じ込めるっていうのは5年くらい前から出していたのは知っていたし、アマゾンで売ってたから。三洋とか松下いやパナソニックもウイルスに効くらしい清浄機を出しているそうなんで、急がない人は比べてみてください。ではでは気をつけましょう~。


|

« もしアメリカ人ならバイデン支持? | Main | 1月12日調査・大統領選 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Your web site is excellent. Give thanks to you truly for presenting a great deal of valuable instruction. I will bookmark bookmark your weblog and will be absolutely returning. Yet again, I respect your work combined with supplying a great deal of both useful and interesting facts to the many people.

Posted by: loans canada | August 25, 2010 at 10:36 AM

Your website is very the most informative. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans | July 02, 2010 at 01:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/17686003

Listed below are links to weblogs that reference 鳥インフルエンザ:

» インフルエンザの治療薬 [快眠生活ドットコム]
今年のインフルエンザは早いです。 タミフルの代わりに漢方が注目されています。 [Read More]

Tracked on January 14, 2008 at 09:56 AM

» 対策グッズ [アレルギー日記]
花粉症の季節になると様々な対策グッズが売り出されます。花粉症対策の定番と言えば、やはりマスクではないでしょうか。昔よくあったペラペラのものではなくて今は立体構造だとか二重構造だとか抗菌フィルターだとかマスクも進歩しています。苦しんでいる人が大勢いるのだから進歩してくれないと困りますけどねwマスクは花粉をなるべく取り込まないためのグッズですが一度入ってしまった花粉のためのグッズも多々あります。鼻を洗浄する機械とかありますが、機械に頼らなくても食塩水で鼻うがいすることで十分効果は...... [Read More]

Tracked on January 14, 2008 at 10:39 PM

» 米流時評 シリア核施設とホルムズ海峡事件の謎を解く [米流時評]
   ||| 中東パワーシフトへの点と線 ||| 米流時評 シリア核施設再建設発覚とホルムズ海峡事件の謎を解く 昨年9月にイスラエルの戦闘ジェット機が爆撃し破壊したと見られたシリアの核施設建設現場で、以前と同様の主要棟に見える施設を再度新たに建設工事中であることが、衛星写真によって確認された。このニュースは米国時間1月11日の時点で、ニューヨークタイムズを始めとする米国メディアで発表された速報である。 1. 疑惑のシリア核施設 ダマスカスの南東30キロのシリア砂漠に位置するこのサ... [Read More]

Tracked on January 15, 2008 at 06:49 PM

» 米流時評 シリア核施設とホルムズ海峡事件の謎を解く [米流時評]
   ||| 中東パワーシフトへの点と線 ||| 米流時評 シリア核施設再建設発覚とホルムズ海峡事件の謎を解く 昨年9月にイスラエルの戦闘ジェット機が爆撃し破壊したと見られたシリアの核施設建設現場で、以前と同様の主要棟に見える施設を再度新たに建設工事中であることが、衛星写真によって確認された。このニュースは米国時間1月11日の時点で、ニューヨークタイムズを始めとする米国メディアで発表された速報である。 1. 疑惑のシリア核施設 ダマスカスの南東30キロのシリア砂漠に位置するこのサ... [Read More]

Tracked on January 15, 2008 at 06:52 PM

» 花粉症とコンタクトレンズ [アレルギー日記]
コンタクトレンズを使用している人は花粉症の時にとても困りますよね。花粉症になると、花粉の刺激に反応して涙が止まらなくなり、コンタクトレンズに汚れが付きやすくなったり、上手く装着できなかったりします。なによりコンタクトをしているときに目のかゆみに襲われたら、目をこすってしまい大変危険です。そして花粉症になって一番辛いのは、おそらく集中力がうまく保てないことではないでしょうか。事務作業などでパソコンを使う人はただでさえ目を酷使しているのに、花粉症によってさらに目がシパシパとするこ...... [Read More]

Tracked on January 16, 2008 at 09:08 PM

« もしアメリカ人ならバイデン支持? | Main | 1月12日調査・大統領選 »