« オバマ演説カテゴリー作成にあたり | Main | Shame on you って… »

February 23, 2008

オバマ 2004年民主党全国大会基調講演

バラク・オバマ 2004年7月27日の民主党全国大会での基調講演


Barack Obama

2004 Democratic National Convention Keynote Address
"The Audacity of Hope"

Thank you so much. Thank you. Thank you. Thank you so much. Thank you so much. Thank you. Thank you. Thank you, Dick Durbin. You make us all proud.
ありがとう。本当にありがとう。ディック・ダーバン(イリノイ選出の上院議員)、あなたは私たちみなに誇りを与えてくれました。

On behalf of the great state of Illinois, crossroads of a nation, Land of Lincoln, let me express my deepest gratitude for the privilege of addressing this convention.
「国の交差点」であり、リンカーン大統領を生んだ、偉大なイリノイ州の代表として、私がここで演説する栄誉を与えてくださったことに深く感謝の念を述べたいと思います。

Tonight is a particular honor for me because, let’s face it, my presence on this stage is pretty unlikely. My father was a foreign student, born and raised in a small village in Kenya. He grew up herding goats, went to school in a tin-roof shack. His father -- my grandfather -- was a cook, a domestic servant to the British.
今夜は、私にとって特別名誉ある夜です。私が今ここにいて、ステージの上に立てることは、本当に驚くべきことです。私の父は外国からの留学生でした。彼はケニアの小さな村で生まれ育ちました。山羊飼いをしながら育ち、ブリキ屋根の掘っ立て小屋の学校に通いました。彼の父、つまり私の祖父は、イギリス人家庭の召使として働いていた料理人でした。

But my grandfather had larger dreams for his son. Through hard work and perseverance my father got a scholarship to study in a magical place, America, that shone as a beacon of freedom and opportunity to so many who had come before.
しかし祖父は、息子に大きな夢を抱いていました。一生懸命勉強し努力して、私の父は魔法の土地、アメリカで学ぶ奨学金を得ました。多くの先人にとって、自由と機会の象徴として輝いていたアメリカに。

While studying here, my father met my mother. She was born in a town on the other side of the world, in Kansas. Her father worked on oil rigs and farms through most of the Depression. The day after Pearl Harbor my grandfather signed up for duty; joined Patton’s army, marched across Europe. Back home, my grandmother raised a baby and went to work on a bomber assembly line. After the war, they studied on the G.I. Bill, bought a house through F.H.A., and later moved west all the way to Hawaii in search of opportunity.
留学中に父は母と出会いました。母は、ケニアからみて地球の反対側、カンザスで生まれました。母方の祖父は大恐慌のほとんどを、石油採掘場と農場で働きました。真珠湾攻撃のあと、祖父は軍隊に入隊しパットン隊としてヨーロッパに進軍しました。家では祖母が赤ん坊を育てながら兵器工場で働いていました。戦後、祖父母は復員軍人援護法のおかげで学び、連邦住宅公団を通して家を買いました。そして、機会を求めて西へ、ハワイへと向かいました。

And they, too, had big dreams for their daughter. A common dream, born of two continents.
そして彼らも、娘に大きな夢を託しました。共通の夢が、二つの大陸から生まれたのです。

My parents shared not only an improbable love, they shared an abiding faith in the possibilities of this nation. They would give me an African name, Barack, or ”blessed,” believing that in a tolerant America your name is no barrier to success. They imagined -- They imagined me going to the best schools in the land, even though they weren’t rich, because in a generous America you don’t have to be rich to achieve your potential.
私の両親は、奇跡的な愛を分かち合っただけでなく、この国の限りない可能性への信頼も分かち合っていました。両親は私にアフリカの「祝福」という意味である「バラク」という名前を与えました。なぜなら寛大なアメリカにおいては、(その少し変わった)名前が成功を邪魔するものではないと信じていたからです。両親は私がこの国一番の学校に行くと想像していました。両親は裕福ではありませんでしたが、慈悲深いアメリカでは、自らの能力を発揮するのに裕福である必要はないのです。

They're both passed away now. And yet, I know that on this night they look down on me with great pride.
両親はすでに亡くなりましたが、しかし、私は今夜、二人が誇り高く私を見守っていることを知っています。

They stand here -- And I stand here today, grateful for the diversity of my heritage, aware that my parents’ dreams live on in my two precious daughters. I stand here knowing that my story is part of the larger American story, that I owe a debt to all of those who came before me, and that, in no other country on earth, is my story even possible.
2人はここにいます。そして私は今日、ここに立っています。私が受け継いだ多様性に感謝します。そして私の大事な2人の娘の中に両親の夢が生きていることに気づいています。私はここに立ち、それを知っています。私の人生が長いアメリカの歴史の一部であり、先人が培ったすべての恩恵を受けるものであり、地球上のほかの国では未だ私の人生はありえないものであると。

Tonight, we gather to affirm the greatness of our Nation ― not because of the height of our skyscrapers, or the power of our military, or the size of our economy. Our pride is based on a very simple premise, summed up in a declaration made over two hundred years ago:
今夜、私たちはこの国の偉大さを確認するために集まっています。偉大であるのは、摩天楼の高さでも、軍隊の力でも、経済力でもありません。私たちの誇りはとても簡単なシンプルな前提、つまり200年前の独立宣言に集約されています。

We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain inalienable rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness.
私たちはこれらの真実を自明のものだと考えています。すべての人が平等に造られ、奪うことのできない権利を授かっていると。人生において自由と幸福の追求する権利があると。

That is the true genius of America, a faith -- a faith in simple dreams, an insistence on small miracles; that we can tuck in our children at night and know that they are fed and clothed and safe from harm; that we can say what we think, write what we think, without hearing a sudden knock on the door; that we can have an idea and start our own business without paying a bribe; that we can participate in the political process without fear of retribution, and that our votes will be counted -- at least most of the time.
これがアメリカの真髄なのです。夢への信頼であり、小さな奇跡です。それは、子どもたちを夜、ベッドで寝かしつけることができ、養い、服を与え、危険から守ることができること。自由に考えを話したり書いたりすることができ、それによって突然ドアがノックされることがないこと。アイデアさえあれば賄賂を支払う必要もなくビジネスが始められること。報復を恐れることなく政治に参加できること。そして私たちの票が数えられること。少なくとも大抵の場合において。

This year, in this election we are called to reaffirm our values and our commitments, to hold them against a hard reality and see how we're measuring up to the legacy of our forbearers and the promise of future generations.
今年、この選挙で、私たちは求められているのです。私たちの価値感や私たちの義務を再び主張することを。厳しい現実に耐えることを。そして、私たちの先祖が残してくれた遺産や次世代の人々への約束に適っているかを考えることを。

And fellow Americans, Democrats, Republicans, Independents, I say to you tonight: We have more work to do --  more work to do for the workers I met in Galesburg, Illinois, who are losing their union jobs at the Maytag plant that’s moving to Mexico, and now are having to compete with their own children for jobs that pay seven bucks an hour; more to do for the father that I met who was losing his job and choking back the tears, wondering how he would pay 4500 dollars a month for the drugs his son needs without the health benefits that he counted on; more to do for the young woman in East St. Louis, and thousands more like her, who has the grades, has the drive, has the will, but doesn’t have the money to go to college.
そして親愛なるアメリカ国民の皆さん、民主党の皆さん、共和党の皆さん、無党派の皆さん。私は今夜あなた方に言います。われわれはもっとしなければならないことがあります。たとえば私がイリノイ州のゲールスバーグであった労働者たちのために。彼らはメイタグ工場がメキシコに移転したために職を失ってしまいました。そして今、1時間7ドルの仕事を彼らの子どもと争っています。たとえば私があった仕事を失った父親のために。彼は涙をこらえながら、彼の息子の薬代のために毎月4500ドルをどうやって払ったらいいのかと悩んでいます。息子さんは薬がないと健康を保てないのです。たとえばセントルイスの東に住む若い女性と、彼女のような何千もの人々のために。成績もよく免許証も意志もあるのに、大学に行くお金のない人々のために。

Now, don’t get me wrong. The people I meet -- in small towns and big cities, in diners and office parks -- they don’t expect government to solve all their problems. They know they have to work hard to get ahead,  and they want to. Go into the collar counties around Chicago, and people will tell you they don’t want their tax money wasted, by a welfare agency or by the Pentagon. Go in -- Go into any inner city neighborhood, and folks will tell you that government alone can’t teach our kids to learn; they know that parents have to teach, that children can’t achieve unless we raise their expectations and turn off the television sets and eradicate the slander that says a black youth with a book is acting white. They know those things.
誤解しないでいただきたいのですが、私があったその人々は、小さな町や大都市で、食堂やオフィス街で会ったその人々は、政府に彼らの問題のすべてを解決してほしいといっているわけではないのです。彼らは前進するのに努力しなければいけないことはよく知っていますし、そうしたいのです。シカゴ郊外の町に行けば、人々は社会福祉機関であれ、ペンタゴンであれ、税金を無駄に使ってほしくないと言うでしょう。街中の隣人の中に入っていけば、家族は政府だけでは子どもを教えられないというでしょう。彼らは知っています。両親が教えなければならないことも、子どもに期待をかけ、テレビを消し、若い黒人が本を持っているとは白人のような行いだ、という誹謗中傷を撲滅しなければ、子どもは達成できないことも。彼らはこうしたことは知っているのです。

People don’t expect -- People don't expect government to solve all their problems. But they sense, deep in their bones, that with just a slight change in priorities, we can make sure that every child in America has a decent shot at life, and that the doors of opportunity remain open to all.
人々は、政府にすべての問題を解決してほしいなどとは望んでいません。ただ、彼らは、心の奥底で、優先順位を少しだけ変えてほしいと感じているのです。私たちはできるはずです。アメリカのすべての子どもがきちんとした人生を送ることができ、機会がすべての人にきちんと開けているようにすることは。

They know we can do better. And they want that choice.
彼らは私たちがよりよくできることを知っているのです。彼らはそれを選択したいのです。

In this election, we offer that choice. Our Party has chosen a man to lead us who embodies the best this country has to offer. And that man is John Kerry.
今回の選挙で、私たちはその選択肢を提供します。私たちの党が選んだその人は、われわれを導き、この国が提供すべき最良のものを具現化します。その人こそ、ジョン・ケリーです。

John Kerry understands the ideals of community, faith, and service because they’ve defined his life. From his heroic service to Vietnam, to his years as a prosecutor and lieutenant governor, through two decades in the United States Senate, he's devoted himself to this country. Again and again, we’ve seen him make tough choices when easier ones were available.
ジョン・ケリーは理想の社会を、信念を、奉仕を理解しています。なぜならそれらは彼の人生を形作るものだからです。ベトナムでの英雄的活躍から、検察官、副知事として、また上院議員として20年間、彼はこの国に彼自身をささげてきました。何度も何度も、私たちは彼がより楽な道よりも困難な道を選ぶところを見てきました。

His values and his record affirm what is best in us. John Kerry believes in an America where hard work is rewarded; so instead of offering tax breaks to companies shipping jobs overseas, he offers them to companies creating jobs here at home.
彼の価値や記録はわれわれの中で最も素晴らしいと断言できます。ジョン・ケリーは信じています。厳しい労働が報いられるアメリカを。彼は、仕事を海外に移転する企業が税金を逃れる代わりに、企業がここで仕事を作り出すことを勧めています。

John Kerry believes in an America where all Americans can afford the same health coverage our politicians in Washington have for themselves.
ジョン・ケリーは信じています。すべての国民が、ワシントンの政治家と同じ医療保障を受けられるアメリカを。

John Kerry believes in energy independence, so we aren’t held hostage to the profits of oil companies, or the sabotage of foreign oil fields.
ジョン・ケリーは信じています。エネルギーの自立を。そして石油会社の利益や産油国の妨害行為の犠牲にならないことを。

John Kerry believes in the Constitutional freedoms that have made our country the envy of the world, and he will never sacrifice our basic liberties, nor use faith as a wedge to divide us.
ジョン・ケリーは信じています。憲法で保証された自由を。それは、世界から羨望のまなざしを受けています。そして彼は絶対に基本的自由を犠牲にしたり、われわれを分かつ楔として信仰を利用しないでしょう。

And John Kerry believes that in a dangerous world war must be an option sometimes, but it should never be the first option.
ジョン・ケリーは信じています。危険な世界情勢において、戦争は時々選択肢の一つにはなるものの、第一の選択肢であるべきではないことを。

You know, a while back -- awhile back I met a young man named Shamus in a V.F.W. Hall in East Moline, Illinois. He was a good-looking kid -- six two, six three, clear eyed, with an easy smile. He told me he’d joined the Marines and was heading to Iraq the following week. And as I listened to him explain why he’d enlisted, the absolute faith he had in our country and its leaders, his devotion to duty and service, I thought this young man was all that any of us might ever hope for in a child.
少し前、私はイリノイ州イーストモリーンのVFWホールでシェイマスという名前の若い男性に会いました。彼はハンサムな背の高い男性で、きれいな目をしていました。彼は海軍に入り、翌週、イラクに行くんだと話しました。そして彼の軍隊に入った理由や、この国やリーダーに対する完全な信頼、義務と奉仕に対する忠誠心を聞き、彼がわれわれが子どもに望むすべてであると思いました。

But then I asked myself, "Are we serving Shamus as well as he is serving us?"
でも、私は自問しました。「私たちは彼がわれわれにしてくれるような奉仕をシェイマスにしているだろうか」と。

I thought of the 900 men and women -- sons and daughters, husbands and wives, friends and neighbors, who won’t be returning to their own hometowns. I thought of the families I’ve met who were struggling to get by without a loved one’s full income, or whose loved ones had returned with a limb missing or nerves shattered, but still lacked long-term health benefits because they were Reservists.
私は900人の兵士について考えました。その(戦死した)900人の男女は、誰かの息子であり娘であり、夫であり妻であり、友人であり隣人で、もう故郷に戻ることはないのです。私は彼らの家族のことを考えました。愛する人が戦死し、彼の収入なしで生活しようと奮闘する人々を。戦争によって、足を失ったり愛する人々が精神錯乱に陥っていたりするのに、予備役だからといって長い間、健康保険を受けていない人々を。

When we send our young men and women into harm’s way, we have a solemn obligation not to fudge the numbers or shade the truth about why they’re going, to care for their families while they’re gone, to tend to the soldiers upon their return, and to never ever go to war without enough troops to win the war, secure the peace, and earn the respect of the world.
若い男女をこうした戦場に送るのであれば、私たちには重要な責務があります。死者数をごまかしたり、彼らが行く理由についての真実に覆いをかけたりしないこと。彼らが戦場に行っている間、家族の面倒を見ること。また兵士が帰ってこれるようにすること。そして、戦争に勝ち、平和を確保し、世界からの尊敬を得られるのに十分な兵力なしに戦争を行わないことという責務が。

Now -- Now let me be clear. Let me be clear. We have real enemies in the world. These enemies must be found. They must be pursued. And they must be defeated. John Kerry knows this. And just as Lieutenant Kerry did not hesitate to risk his life to protect the men who served with him in Vietnam, President Kerry will not hesitate one moment to use our military might to keep America safe and secure.
今こそはっきりさせましょう。はっきりさせましょう。私たちには戦うべき敵がいます。敵は発見されなければなりません。敵は追跡されねばなりません。そして敵は制圧されなければなりません。ジョン・ケリーはそれを知っています。ケリーはベトナムで海軍大尉として、彼の部下たちを守るために命の危険を躊躇しませんでした。ケリー大統領は私たちの軍隊をアメリカの安全を確保するために従事させることに決して躊躇はしないでしょう。

John Kerry believes in America. And he knows that it’s not enough for just some of us to prosper -- for alongside our famous individualism, there’s another ingredient in the American saga,  a belief that we’re all connected as one people. If there is a child on the south side of Chicago who can’t read, that matters to me, even if it’s not my child. If there is a senior citizen somewhere who can’t pay for their prescription drugs, and having to choose between medicine and the rent, that makes my life poorer, even if it’s not my grandparent. If there’s an Arab American family being rounded up without benefit of an attorney or due process, that threatens my civil liberties.
ジョン・ケリーはアメリカを信じています。そして彼は知っています。それは何人かが繁栄するだけでは不十分だということを。アメリカは個人主義で有名ですが、アメリカの歴史の中には、別の要素があります。私たちはすべて、一つの人々としてつながっているのだと。シカゴ南部に字の読めない子どもがいたら、私の子どもでなくても、それは私の課題なのです。処方薬が買えない高齢の市民も、そして薬代か家賃かを選ばなければならない人がいたら、それが私の祖父母でなくても、私の人生を貧しくするのです。アラブ系アメリカ人の家族が弁護士なしで検挙されることがあればそれは市民の自由を脅かすものなのです。

It is that fundamental belief -- It is that fundamental belief: I am my brother’s keeper. I am my sister’s keeper that makes this country work. It’s what allows us to pursue our individual dreams and yet still come together as one American family.
それは基本的な信念です。私はこの国を機能させる番人です。私たちに許されているのは、われわれの夢を追うこと、そして一つのアメリカの家族として結集することです。

Now even as we speak, there are those who are preparing to divide us -- the spin masters, the negative ad peddlers who embrace the politics of "anything goes." Well, I say to them tonight, there is not a liberal America and a conservative America -- there is the United States of America. There is not a Black America and a White America and Latino America and Asian America -- there’s the United States of America.
今、私たちは話していますが、われわれを引き裂こうとしている人たちがいます。捏造の専門家や、ネガティブ広告を信じる人々です。彼らはなんでもありの政治を受け入れています。今夜、彼らに言いましょう。ここにはリベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、アメリカ合衆国があるだけだと。黒人のアメリカも白人のアメリカもラテン人のアメリカもアジア人のアメリカもなく、アメリカ合衆国があるだけだと。

The pundits, the pundits like to slice-and-dice our country into Red States and Blue States; Red States for Republicans, Blue States for Democrats. But I’ve got news for them, too. We worship an "awesome God" in the Blue States, and we don’t like federal agents poking around in our libraries in the Red States. We coach Little League in the Blue States and yes, we’ve got some gay friends in the Red States. There are patriots who opposed the war in Iraq and there are patriots who supported the war in Iraq. We are one people, all of us pledging allegiance to the stars and stripes, all of us defending the United States of America.
識者は、われわれの国を赤い州と青い州に切り分けます。赤い州は共和党で、青い州は民主党だと。しかし彼らに伝えたいニュースがあります。私たちは青い州でも「素晴らしい神」を崇拝しているし、連邦政府の役人に赤い州の図書館の周辺でかぎまわられたくありません。われわれは青い州でリトルリーグをコーチしますし、赤い州にゲイの友人もいます。イラク戦争に反対した愛国者も、イラク戦争を支持した愛国者もいますが、私たちはみな、星条旗に忠誠を誓っています。私たちはみな、アメリカ合衆国を守っています。

In the end -- In the end -- In the end, that’s what this election is about. Do we participate in a politics of cynicism or do we participate in a politics of hope?
最後に、この選挙にどのような意味があるのかです。私たちが冷笑主義の政治に参加するのか、希望ある政治に参加するのか、です。

John Kerry calls on us to hope. John Edwards calls on us to hope.
ジョン・ケリーは私たちに希望を呼びかけます。ジョン・エドワーズは希望を呼びかけます。

I’m not talking about blind optimism here -- the almost willful ignorance that thinks unemployment will go away if we just don’t think about it, or the health care crisis will solve itself if we just ignore it. That’s not what I’m talking about. I’m talking about something more substantial. It’s the hope of slaves sitting around a fire singing freedom songs; the hope of immigrants setting out for distant shores; the hope of a young naval lieutenant bravely patrolling the Mekong Delta; the hope of a millworker’s son who dares to defy the odds; the hope of a skinny kid with a funny name who believes that America has a place for him, too.
私は盲目的な楽観主義について話しているわけではありません。ほとんどの意図的な無視は、失業はいつかどこかに消えてなくなるという考えにあるわけですが、私たちはそうは思わないし、医療の危機は無視してしまえばそれが解決されるとも思いません。私が話していることはそんなことではないのです。私が話しているのはもっと実質的なことです。それは火の回りに座り自由を歌う奴隷たちの希望であり、遠い国々へ旅に出る移民の希望であり、メコンデルタを勇敢にパトロールする若い海軍大尉の希望であり、不平等に屈服しない工場労働者の息子の希望であり、アメリカに自分の居場所があると信じるやせこけた奇妙な名前の子ども(オバマ)の希望なのです。

Hope -- Hope in the face of difficulty. Hope in the face of uncertainty. The audacity of hope!
その希望とは、困難をものともせず、不確実性をものともしない希望です。大いなる希望なのです。

In the end, that is God’s greatest gift to us, the bedrock of this nation. A belief in things not seen. A belief that there are better days ahead.
最後に私たちへの神の最大の贈り物であるこの国の基盤についてお話しましょう。信念は見ることはできませんが、日々をよりよくしていきます。

I believe that we can give our middle class relief and provide working families with a road to opportunity.
私は信じています。われわれが中産階級に安心を与え、労働者階級に機会を与えられると。

I believe we can provide jobs to the jobless, homes to the homeless, and reclaim young people in cities across America from violence and despair.
私は信じています。私たちが無職の人に仕事を与え、家のない人に家を与えることができると。暴力と絶望にある都市の若者を更生させることができると。

I believe that we have a righteous wind at our backs and that as we stand on the crossroads of history, we can make the right choices, and meet the challenges that face us.
私は信じています。私たちは正義の追い風を受け、この歴史の転換点に、正しい選択ができることを。そしてわれわれが直面する難題に立ち向かうことができることを。

America! Tonight, if you feel the same energy that I do, if you feel the same urgency that I do, if you feel the same passion that I do, if you feel the same hopefulness that I do -- if we do what we must do, then I have no doubt that all across the country, from Florida to Oregon, from Washington to Maine, the people will rise up in November, and John Kerry will be sworn in as President, and John Edwards will be sworn in as Vice President, and this country will reclaim its promise, and out of this long political darkness a brighter day will come.
アメリカよ! 今夜、もし私が感じるエネルギーをあなた方も感じるとならば、もし私が感じる危機感をあなた方も感じるならば、もし私が感じるあふれる希望をあなた方も感じるならば――もし私たちがすべきことを行うならば、私には疑う余地はありません。国中の人々が、フロリダからオレゴンまで、ワシントン州からメーン州までの人々が、11月に立ち上がり、そしてジョン・ケリーが大統領として、ジョン・エドワーズが副大統領として宣誓するであろうことを。そしてこの国がその約束を再生し、暗い政治の闇から抜け出し、明るい日々がくることを。

Thank you very much everybody. God bless you. Thank you.
みなさんありがとう。神の祝福あれ。ありがとう。

○原文
http://www.americanrhetoric.com/speeches/convention2004/barackobama2004dnc.htm

○参考にさせていただきました
macska dot org
http://macska.org/article/34
weblawg law and finance
http://www.weblawg.org/index.php?itemid=20

★JINの適当訳です。かなり間違いがあるかもしれません。誤訳などありましたらご指摘ください。直します。

2009年1月15日追記:
こんな本が売れているらしいです。も〜すごいな。

|

« オバマ演説カテゴリー作成にあたり | Main | Shame on you って… »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

glsfrpxpsc, http://forums.quark.com/members/jennaq.aspx online stock trading, ilmzvhnae

Posted by: dafexathe | August 29, 2010 at 08:28 PM

CHIHARU様。翻訳の際は参考にさせていただきました。ありがとうございました。
アメリカ国民はオバマを選ぶのでしょうか? 正直いえば日本に直接は関係ないし、もしかしたら困った事態も起きるかもしれませんが、それはオバマであろうがマケインであろうが同じことだろうと思います。
アメリカがオバマという人物を選ぶことができるかどうか。最後までわかりませんが、この演説の心は、多分本当はアメリカ人がみんな思っていることなんじゃないかと思います。いずれにせよ日本人としては、よきアメリカ、よき日本になりますことを祈って見守るしかありませんね。

Posted by: JIN | November 04, 2008 at 04:21 AM

www.weblawg.orgで翻訳をした者です。色々な人が彼の演説を聴くか、この翻訳を読んでくれると良いのですが。

Posted by: Chiharu | November 04, 2008 at 03:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/40236702

Listed below are links to weblogs that reference オバマ 2004年民主党全国大会基調講演:

» ジェム ケリー リング が激安 [ジェム ケリー リング が激安]
ジェム ケリー リング が激安,ジェム ケリー リング が激安,ジェム ケリー リング が激安 [Read More]

Tracked on February 25, 2008 at 10:37 PM

» Fed [http://wwwbestFed.info]
Fed analysis and more. [Read More]

Tracked on March 20, 2008 at 12:31 PM

« オバマ演説カテゴリー作成にあたり | Main | Shame on you って… »