« ネブラスカ、ワシントンはオバマ | Main | 突然、共和党が混戦に »

February 10, 2008

オバマ快勝・共和党激戦中

Obama Defeats Clinton in 3-State Sweep
http://www.nytimes.com/2008/02/09/us/politics/09cnd-campaign.html?hp

ルイジアナ(代議員66人)
オバマ55%
ヒラリー38%

ルイジアナもオバマが取って、今回の3つの予備選は、オバマの大勝利となった。ざっくりと代議員の票数を数えてみる。

オバマ
ルイジアナ36人
ネブラスカ21人
ワシントン66人
36+21+66=133人

ヒラリー
ルイジアナ25人
ネブラスカ10人
ワシントン30人
25+10+30=65人

全部単純計算だが、これで68人分詰めたわけだ。ヒラリーとの代議員の差は100程度だったと思うので、これで30人くらいになったはずだが、各報道機関によって違うのでよくわからない。

ただ今後はヒラリーが強そうなワシントンDC周りなので、明日のメイン州がどうなることやら。まさにデッドヒートである。

共和党のほうもロムニーがいなくなって、宗教がまたもや影響を与えているような感じ。マケイン(穏健派+ユダヤ系???)×ハッカビー(キリスト教右派)で、ハッカビーが盛り返し中。政教分離しましょうよ。

日本時間14時現在の得票はこんな感じ。

ワシントン州 開票率78%
ハッカビーマケイン26%←確か逆でした。
マケインハッカビー24%
ポール21%
ロムニー16%

ルイジアナ 開票率94%
ハッカビー43%
マケイン42%

さすがにマケインもここで全部負けると弱くなりそうだが、どうなんでしょう? 「Bomb Iran」と歌うマケインと、ブッシュを押したキリスト教右派に押されているハッカビーじゃねえ。マケインのほうがハッカビーよりマシとは思うのだが、それよりワシントンで健闘中の極左候補ポールおじさんにぜひ、がんばってもらいたいものです。

|

« ネブラスカ、ワシントンはオバマ | Main | 突然、共和党が混戦に »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オバマ快勝・共和党激戦中:

« ネブラスカ、ワシントンはオバマ | Main | 突然、共和党が混戦に »