« ビルの反省 | Main | オバマの日米戦略 »

February 09, 2008

欧米もようやくバイオのマヤカシに気づいたかと

ニューヨークタイムズにこんな記事が掲載されていた。

Biofuels Deemed a Greenhouse Threat
バイオ燃料は温暖化の脅威になる
http://www.nytimes.com/2008/02/08/science/earth/08wbiofuels.htm

簡単にいうと「バイオ燃料のために農地を開拓することになって、開拓する前の二酸化炭素吸収量より当該農地の吸収量は低くなるし、バイオ燃料を作る工程で二酸化炭素が出るのでカーボンニュートラルの考え方は間違い」っていう論文が科学雑誌サイエンスに載ったらしい。

日本の専門家の間では「バイオ燃料なんて穀物からつくるもんじゃない」という認識があったんだが、欧米ではしばらくバイオ万歳状態だったと思う。欧州ではバイオ燃料を使うために、温暖化以外の若干の公害は微妙に無視して、バイオディーゼル車の普及に努めているわけだ。

バイオ燃料に詳しい人によると、サトウキビとかならまだいいらしいんだけど、とうもろこしになると温暖化収支はダメダメらしい。しかもその結果、食料価格は上がるし、それで地球の二酸化炭素の3分の1を吸収していたアマゾンの森林を伐採するし、それをブラジルから運んじゃったりしたらまったくもって意味なしである。輸送で二酸化炭素発生する上に、タンカーの燃料費が高い。しかもタンカーの燃料は化石燃料だし。

欧米の人たちって、一度それが正しくて、しかも儲けられると思うと、突っ走る傾向にあるからな。日本人が声を大にしていったとしても、そうなると唯我独尊だから自分たちだけが正しいと思っていたりする。鯨問題だって、欧米人が油とひげをとるためだけに大量に無駄に殺しておいて、細々と食べているだけの日本を非難するなんて、ホント白人至上主義だよなと思うわけだ。

話を元に戻すと、地球環境が第一っていってバイオ燃料に突っ走ってみたものの、ガソリン代替ならともかく、さすがに環境には結局よくないんじゃない?と思い始めたわけだ。穀物も上がっちゃうし。自分たちでようやく気づき、権威ある科学雑誌に掲載されたので、これから流れが変わってきてくれるんじゃないかと期待している。

バイオ燃料については、前にも「バイオエタノールってどうよ」っていうエントリも書いたんで、そっちも参考にしてほしいんだが、一応、当該記事の前半を訳してみた。例によって適当訳ですんで、間違いはたぶんあります。あと、後半はきついので、ご自分でお願いします。

Biofuels Deemed a Greenhouse Threat
バイオ燃料は温暖化の脅威になる

Almost all biofuels used today cause more greenhouse gas emissions than conventional fuels if the full emissions costs of producing these “green” fuels are taken into account, two studies being published Thursday have concluded.
ほとんどすべてのバイオ燃料は、従来の燃料より多くの温室効果ガスを発生させている。これらの「環境にやさしい」燃料の生産段階すべての排出量がカウントされるとするならば。木曜日に発表された2つの研究論文が結論づけた。

The benefits of biofuels have come under increasing attack in recent months, as scientists took a closer look at the global environmental cost of their production. These latest studies, published in the prestigious journal Science, are likely to add to the controversy.
バイオ燃料の恩恵はこの数ヶ月、攻撃を受け続けてきた。科学者がその生産の温暖化コストを詳細に調査したからだ。権威ある科学雑誌サイエンスに最近掲載された論文は、今後、論争を引き起こすだろう。

These studies for the first time take a detailed, comprehensive look at the emissions effects of the huge amount of natural land that is being converted to cropland globally to support biofuels development.
これらの研究は、広大な土地をバイオ燃料を作るために農耕地に転換した場合の排出量の影響を、初めて詳細かつ総合的に調査している。

The destruction of natural ecosystems -- whether rain forest in the tropics or grasslands in South America-- not only releases greenhouse gases into the atmosphere when they are burned and plowed, but also deprives the planet of natural sponges to absorb carbon emissions. Cropland also absorbs far less carbon than the rain forests or even scrubland that it replaces.
南アメリカの熱帯雨林または草原における自然の循環システムの破壊は、温室効果ガスを排出するだけでなく、二酸化炭素の排出を吸収する地球の天然スポンジを奪い去る。また熱帯雨林や低木の地帯を切り開いて作られる農耕地は、以前より炭素の吸収が悪くなるだろう。

Together the two studies offer sweeping conclusions: It does not matter if it is rain forest or scrubland that is cleared, the greenhouse gas contribution is significant. More important, they discovered that, taken globally, the production of almost all biofuels resulted, directly or indirectly, intentionally or not, in new lands being cleared, either for food or fuel.
二つの論文はともに、決定的な結論を述べている。熱帯雨林か低木地帯かにかかわらず温室効果ガスの影響は重大であると指摘する。また彼らの指摘の中でより重要なことは、バイオ燃料が生産されると、直接的または間接的に、意図的にまたはそうではないにしろ、世界のどこかで新しい土地が食物向けまたは燃料向けに開拓される結果を生み出す。

“When you take this into account, most of the biofuel that people are using or planning to use would probably increase greenhouse gasses substantially,” said Timothy Searchinger, lead author of one of the studies and a researcher in environment and economics at Princeton University. “Previously there’s been an accounting error: land use change has been left out of prior analysis.”
「この評価が正しいとすれば、すでに使われていたり、使用が計画されているバイオ燃料の多くが、実質的に温室効果ガスを上昇させることになっている」とこの論文の主筆でプリンストン大学の環境経済研究者ティモシー・サーチンガー氏は言う。「以前は誤った計算が行われていた。土地の転用は以前の分析ではそのままにされていた」

These plant-based fuels were originally billed as better than fossil fuels because the carbon released when they were burned was balanced by the carbon absorbed when the plants grew. But even that equation proved overly simplistic because the process of turning plants into fuels causes its own emissions ―for refining and transport, for example.
これらの農場ベースの燃料は当初、化石燃料よりもよいと宣伝されていた。燃えるときに放出する二酸化炭素は植物が育つときに吸収する二酸化炭素でバランスできるとして。しかしこの平衡状態は、植物が燃料に変わる工程を過度に単純化して立証したものだ。その工程で、たとえば精製や輸送など、それぞれの段階で排出があるのだが。

The clearance of grassland releases 93 times the amount of greenhouse gas that would be saved by the fuel made annually on that land, said Joseph Fargione, lead author of the second paper, and a scientist at the Nature Conservancy. “So for the next 93 years you’re making climate change worse, just at the time when we need to be bringing down carbon emissions.”
草原地帯の開拓は、その土地で生産される燃料によって削減される温室効果ガスの93倍のガスを放出すると、2つ目の論文の主筆で、自然保護団体の(?)科学者であるジョゼフ・ファージョンは言う。「今後93年間、気候変動を悪くしようとしている。われわれが排出量を減らす必要がある、まさにそのときに」

The Intergovernment Panel on Climate Change has said that the world has to reverse the increase of greenhouse gas emissions by 2020 to avert disastrous environment consequences.
IPCCは、災害を引き起こす環境への影響を防ぐために、世界が温室効果ガス排出量の増加を止めなければならないと言っている。

In the wake of the new studies, a group of 10 of the United States’s most eminent ecologists and environmental biologists today sent a letter to President Bush and the speaker of the House, Nancy Pelosi, urging a reform of biofuels policies. “We write to call your attention to recent research indicating that many anticipated biofuels will actually exacerbate global warming,” the letter said.
これら論文の後に続いて、アメリカの最も著名な環境保護論者や環境生物学者の10人のグループが、バイオ燃料政策の変更を求め、ブッシュ大統領とナンシー・ペロシ下院議長に書簡を送った。手紙には「期待の大きいバイオ燃料が、実は地球温暖化を悪化させるだろうという最新の研究成果の指摘に注意を払っていただきたい」と書かれている。

The European Union and a number of European countries have recently tried to address the land use issue with proposals stipulating that imported biofuels cannot come from land that was previously rain forest.
EUや多くのEU諸国は最近、熱帯雨林を伐採した土地からの輸入バイオ燃料は許可しないと取り決める計画であると主張し続けている。

But even with such restrictions in place, Dr. Searchinger’s study shows, the purchase of biofuels in Europe and the United States leads indirectly to the destruction of natural habitats far afield.
しかしこうした制限があったとしても、サーチンガー博士の研究では、欧米におけるバイオ燃料の購入は間接的に、遠く海外の自然の土地の破壊を引き起こすだろうと述べている。

For instance, if vegetable oil prices go up globally, as they have because of increased demand for biofuel crops, more new land is inevitably cleared as farmers in developing countries try to get in on the profits. So crops from old plantations go to Europe for biofuels, while new fields are cleared to feed people at home.
たとえば、もしバイオ燃料用穀物の需要増大のために植物油が世界的に値上がりしたら、より多くの新たな土地が必ず開拓されるだろう。発展途上国の農民が利益を得ようとするからだ。たとえ古い農場からの穀物だけがヨーロッパでバイオ燃料になっても、その一方で人々が食べるために新しい土地が開拓される。

Likewise, Dr. Fargione said that the dedication of so much cropland in the United States to growing corn for bioethanol had caused indirect land use changes far away. Previously, Midwestern farmers had alternated corn with soy in their fields, one year to the next. Now many grow only corn, meaning that soy has to be grown elsewhere.
同じように、ファージョン博士は、米国におけるバイオエタノール用とうもろこし生産への農地転用の増加は、間接的に遠方の土地利用の変化をもたらすという。以前は、中西部の農家は年毎にとうもろこしと大豆を交互に作っていた。しかし今では多くがとうもろこしだけを作る。つまり大豆はほかの場所で栽培されなければならないわけだ。

Increasingly, that elsewhere, Dr. Fargione said, is Brazil, on land that was previously forest or savanna. “Brazilian farmers are planting more of the world’s soybeans ― and they’re deforesting the Amazon to do it,” he said.
ファージョン博士はそのほかの場所というのがブラジルの、以前は森林かサバンナだった土地が開拓されることが増えているという。「ブラジルの農家は世界の大豆生産のためにより多くを栽培しようとしている。そして彼らはアマゾンをそのために開拓しているのだ」と彼は言う。


後半は論文に対する、バイオ派の反論が掲載されていますが、微妙に弱い(苦笑)。

|

« ビルの反省 | Main | オバマの日米戦略 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Ihr habt eine schoene Webseite hier, und vielciht schaut Ihr euch auchmal meine an, ok Sex im Internet ist nicht jedermans Sache, aber eben meine erste Homepage. Danke und macht weiter so!

Posted by: Kelvirasia | September 15, 2010 at 02:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/40054890

Listed below are links to weblogs that reference 欧米もようやくバイオのマヤカシに気づいたかと:

» fossil 腕時計 が激安 [fossil 腕時計 が激安]
fossil 腕時計 が激安,fossil 腕時計 が激安,fossil 腕時計 が激安 [Read More]

Tracked on February 13, 2008 at 09:14 AM

» とうもろこしとは [とうもろこし栽培辞典]
とうもろこしは、イネ科の一年生植物。穀物として人や家畜の食料となるだけでなく、でんぷんや油の供給源としても重要。高さは2メートル… [Read More]

Tracked on March 09, 2008 at 09:49 AM

« ビルの反省 | Main | オバマの日米戦略 »