« オバマ、グラミー受賞 | Main | ロン・ポール撤退 »

February 11, 2008

暗殺を警鐘されるオバマ

またもや拾ってしまった…。

読売 「オバマ大統領は暗殺される」ノーベル賞作家が警鐘
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080210-OYT1T00602.htm
やはりそう思う人がいたか。だからって副大統領がいいってのもちょっと違うような気がするけど。

まあ、ここにもちらりと書いたのですが。
いよいよ今日がスーパーチューズデー

確かに危険だと思う。だって彼を例えたくなるのが「キリスト」で「ケネディ」で「リンカーン」(イリノイだから)で、『24』の「パーマー大統領」だから。とっても危険。怖いくらい。

オバマ自身や家族にとっては、大統領にならないほうがいいかもしれないと思うけど、彼には何か持って生まれた役割があるような気がする。自分でも危険を承知で立候補しているような気がするんですね。

だからなるべく、サブプライムで「彼ら」が打撃を受けて余裕がなくなるようになってほしいなと。「彼ら」って誰か知らないけど。余裕がなくなると、より危険ですかね?

|

« オバマ、グラミー受賞 | Main | ロン・ポール撤退 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暗殺を警鐘されるオバマ:

» アメリカの威信が問われる@オバマ米大統領暗殺? [時事を考える]
「オバマ大統領は暗殺される」ノーベル賞作家が警鐘とのこと、昨日手嶋さんも同じこと [Read More]

Tracked on February 11, 2008 09:15 PM

» 衝撃!中国のスパイ、ペンタゴンから防衛機密漏洩! [米流時評]
  ||| ペンタゴン戦略家は中国のスパイ! ||| 台湾への武器輸出、スペースシャトル他防衛極秘情報を中国へ漏洩 今回のニュースは、前代未聞。「!」マークを6つぐらいつけたいほどの衝撃の事実暴露である。中国の諜報が米国内の企業や大学に潜入してスパイ活動を行っているという噂は、常に風評として立ってはいた。しかし、よりによって国防のトップステージであるペンタゴン国防総省の内部で「正規の職員」として「戦略分析」にたずさわっていたとは!やはりビックリマーク1ダースである。 速攻でアップしたので、... [Read More]

Tracked on February 13, 2008 07:42 AM

« オバマ、グラミー受賞 | Main | ロン・ポール撤退 »