« オバマ、人種問題で演説 | Main | 人種問題とダライ・ラマとリチャードソン »

March 21, 2008

チベットと米大統領選

オバマはチベットについて何か発言しているのだろうかと思ったら、AFPにこんな記事が。

AFP White House hopeful Obama condemns Tibet crackdown
大統領候補者のオバマがチベット弾圧を非難
http://afp.google.com/article/ALeqM5gYNrWbklSBpsRs1XZi1FyS8L0qrA

WASHINGTON (AFP) — US Democratic presidential hopeful Barack Obama condemned the Chinese crackdown on protestors in Tibet and called on Beijing to account for the status of Buddhist monks detained.
米大統領候補バラク・オバマは、中国のチベットにおける抗議活動への取り締まりを非難し、北京政府は拘留されている僧侶の状況を説明するよう要求した。

"I am deeply disturbed by reports of a crackdown and arrests ordered by Chinese authorities in the wake of peaceful protests by Tibetan Buddhist monks," the Illinois senator said in a statement late Friday.
「私はチベット仏教の僧侶による平和的抗議活動の結果として中国政府によって行われた弾圧や逮捕の報告を聞いて、とても心配している」とイリノイ州の上院議員は先週の金曜日の声明で発言している。

"I condemn the use of violence to put down peaceful protests, and call on the Chinese government to respect the basic human rights of the people of Tibet, and to account for the whereabouts of detained Buddhist monks."
「私は平和的抗議活動を鎮めるのに暴力を使うことを非難する。そして中国政府にチベットの人々の基本的人権を尊重するよう要求する。そして拘束された僧侶の行方について説明を求める」

Obama said the protests, which Tibet's government-in-exile in India said had resulted in 30 deaths, "demonstrate the continuing frustration of the Tibetan people at the way in which Beijing has ruled Tibet."
オバマは、インドのチベット亡命政府によれば30人の死を招いたこの抗議活動は、「長年の中国の支配に対するチベットの人々のフラストレーションを示すものだ」と語った。

He said this year's Olympics in Beijing are an opportunity for China to demonstrate its progress.
彼は北京オリンピックの年であり中国にとって進歩を示すよい機会だとも述べた。

"But the events in Tibet these last few days unfortunately show a different face of China," said Obama, who is vying for the Democratic party's presidential nomination against rival Senator Hillary Clinton.
「しかしこの数日のチベットでの出来事は、ひどいことに、中国の別の面を見せることになった」とオバマは述べた。オバマは今、民主党の大統領選でヒラリーと争っている。

"Now is the time for Beijing to take steps that would change the image people have of China later this year by changing the reality of how they treat Tibet and Tibetans. Now is the time to respect the human rights and religious freedom of the people of Tibet."
「いまこそ北京は一歩踏み出すときだ。人々が中国に対して持っているイメージを払拭するために、チベットやチベットの人々の扱いの現実を変えるべきだ。チベットの人々の人権や宗教の自由が尊重されるべきときだ」
★JINの適当訳です。誤訳があればご指摘願います。

いろいろ見ていたらヒラリーも声明を発表したようだ。スチューデンツフォーフリーチベットサイトで紹介しているのだが…

Hillary Clinton’s Statement on Tibet
http://blog.studentsforafreetibet.org/2008/03/16/hillary-clintons-statement-on-tibet/

It would have been nice if Senator Clinton had used the word “condemn,” like Senator Obama did.

「condemn(非難する)」という言葉を使わなかったので、ちょっとトーンが薄いらしい。使っているのは「call on(頼む、訴える)」。さすが中国寄りとか言いたくなるね。

同じサイトにマケインの発言も…
Senator McCain “Deplores” Chinese crackdown in Tibet
http://blog.studentsforafreetibet.org/2008/03/18/senator-mccain-deplores-chinese-crackdown-in-tibet/
「deplore」というのは遺憾に思うとかいう意味である。ヒラリーよりさらに薄そう。

声明を出した時期もオバマ、ヒラリー、マケインの順だったらしく、まあ、早けりゃいいわけじゃないんだけど、オバマ陣営の反射神経のよさを感じた一件である。

3月24日追記:
3月21日にマケインがパリで中国人記者の質問に答えている。日本の新聞だとそっけなくしか載っていないので、ガーディアンを見てみると、前述のコメントよりは進展している模様。

John McCain condemns Tibet crisis during France visit
http://www.guardian.co.uk/world/2008/mar/21/johnmccain.uselections20081?gusrc=rss&feed=worldnews

US Republican presidential hopeful John McCain said today that China is harming its world image with its crackdown in Tibet and expressed hope Beijing would seek a peaceful solution to the crisis.
米共和党の大統領候補ジョン・マケインは、中国がその世界的イメージをチベット弾圧によって損なっているとし、北京政府が平和的解決方法を探すよう希望すると述べた。

McCain did not discuss the issue during a 45-minute meeting with French President Nicolas Sarkozy, but told reporters later the subject was "one of the first things I would talk about if I were president of the United States today."
マケインは、45分間のサルコジ仏大統領との会談で、その問題について話し合わなかったが、会談後、記者団に対し「もし今日、私が大統領になっていたとすれば、話すべき最優先事項の一つだろう」と述べた。

China's crackdown "is not correct," McCain said in the courtyard of the French presidential Elysee Palace.
中国の弾圧は「正しくない」とマケインはエリゼ宮の中庭で話した。

"The people there are being subjected to mistreatment that is not acceptable with the conduct of a world power, which China is," McCain said in response to a question by a Chinese television journalist.
「チベットの人々は、受け入れがたい虐待を受け続けており、ある世界的な力によってそれは行われている。それは中国だ」とマケインは中国のテレビジャーナリストの質問に答えた。

"There must be respect for human rights, and I would hope that the Chinese are actively seeking a peaceful resolution to this situation that exists which harms not only the human rights of the people there but also the image of China in the world."
「そこには基本的人権の尊重があるべきだ。そして私は中国が精力的に平和的解決方法を探すことを望んでいる。問題は(チベットの)人々の人権だけでなく、世界における中国のイメージをも傷つける状況にあることだ」

White House spokesman Gordon Johndroe said last week that Beijing needs to respect Tibetan culture and multi-ethnicity in its society. "We regret the tensions between the ethnic groups and Beijing," he said.
ホワイトハウスの広報担当であるゴードン・ジョンドロー(?)は先週、北京にはチベット文化や多民族社会への尊敬が必要だと述べた。「われわれは少数民族と北京の間の緊張状態を残念に思う」と彼は言った。
(後略)

なお公平を保つために、ヒラリーのその後のコメントを探してみたが、今のところ何も出していないみたいで、エベレストのヒラリー卿しか出てこなかった。

3月27日追記
ようやくヒラリーが強く言及したらしい。

産経 クリントン氏、米政府の弱腰を批判 チベット問題
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080326/amr0803261010005-n1.htm

 ペンシルベニア州グリーンズバーグでの遊説で、クリントン氏は「チベットの現状は深刻であり、これが中国政府の対応パターンだ」と批判。チベットの人権 や信仰文化の保全を求める米政府の考えについて、中国側に伝えるタイミングを五輪開催まで待つ必要はないとして、ブッシュ政権により強い交渉姿勢を求め た。
ただ、ブッシュ大統領の大会出席の是非や米国チームの五輪参加ボイコットといった問題に関しては、現在は意見を持ち合わせないと述べるにとどまった。

ようやく発言したわけだが、ブッシュを悪者にするという戦略か。ふ~ん。

|

« オバマ、人種問題で演説 | Main | 人種問題とダライ・ラマとリチャードソン »

チベット&北京五輪」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

YSBEEさん こんにちは

チベット問題に関する渾身の記事の数々には感銘を受けております。新幹線のスピードで読んでいらっしゃるんだろうなという感じが伝わってきます。

もう、こんな訳でよろしければ、どうぞご紹介ください。

Posted by: jin | March 22, 2008 at 12:15 PM

Jinさん、うれしいニュース記事のアップ、ありがとう!
私もどこかへのコメントでオバマのコメントの主旨を紹介したのですが、翻訳するヒマが全然とれず……
チベット関連のサイトを「新幹線」のスピードで巡回しておりまする。今日更新するブログリストで、ぜひこの記事を紹介したいと思いますよ。ご了承いただけますよう!

Posted by: 米流時評 ysbee | March 22, 2008 at 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/40580704

Listed below are links to weblogs that reference チベットと米大統領選:

« オバマ、人種問題で演説 | Main | 人種問題とダライ・ラマとリチャードソン »