« テキサス親父、再び | Main | ヒラリー復活? »

March 07, 2008

オバマ、米大統領選立候補演説

Senator Barack Obama's Announcement for President
Springfield, IL | February 10, 2007

Let me begin by saying thanks to all you who've traveled, from far and wide, to brave the cold today.
はじめに、ここに集まったすべての人に感謝を述べたいと思います。遠く離れたところから、この寒い日をものともせず、ここまで来られた人に。

We all made this journey for a reason. It's humbling, but in my heart I know you didn't come here just for me, you came here because you believe in what this country can be. In the face of war, you believe there can be peace. In the face of despair, you believe there can be hope. In the face of a politics that's shut you out, that's told you to settle, that's divided us for too long, you believe we can be one people, reaching for what's possible, building that more perfect union.
私たちはこの旅をある理由で続けています。謙遜しているように見えるかもしれませんが、しかし私は心からわかっています。みなさんが私に会いにきただけではないということを。みなさんはこの国のあるべき姿を信じているからここに来たのです。戦争に直面している今も、平和を信じています。絶望に直面しても、希望があると信じています。政治はあなた方を締め出し、あなた方にその場所にとどまるよう仕向け、私たちを長い間分裂させてきました。けれども、あなた方はわれわれが一つであり、可能なことに手を伸ばし、より強固に団結できることを信じています。

That's the journey we're on today. But let me tell you how I came to be here. As most of you know, I am not a native of this great state. I moved to Illinois over two decades ago. I was a young man then, just a year out of college; I knew no one in Chicago, was without money or family connections. But a group of churches had offered me a job as a community organizer for $13,000 a year. And I accepted the job, sight unseen, motivated then by a single, simple, powerful idea - that I might play a small part in building a better America.
この旅に私たちは今日、出発します。しかし、どうやって私がここまで来たかを言わせてください。ほとんどの方はご存知でしょうが、私はこの偉大な州で生まれ育ったわけではありません。私は20年前にイリノイ州に移ってきました。私は若者でした。前年に大学を出たばかりでした。私はシカゴに誰も知り合いはいませんでした。お金も、親類もいませんでした。しかし、教会のグループが私に仕事を提供してくれたのです。その仕事は地域の世話役で、年収1万3000ドル(約140万円)でした。そして、私はその仕事を得て、見えないものを見、一つのシンプルな力強い考えに至りました。私がより良いアメリカを構築するための小さな部分を担っているのだと。

My work took me to some of Chicago's poorest neighborhoods. I joined with pastors and lay-people to deal with communities that had been ravaged by plant closings. I saw that the problems people faced weren't simply local in nature - that the decision to close a steel mill was made by distant executives; that the lack of textbooks and computers in schools could be traced to the skewed priorities of politicians a thousand miles away; and that when a child turns to violence, there's a hole in his heart no government alone can fill.
私の仕事はシカゴも最も貧しい人々の対応に没頭することでした。私は牧師や信徒たちと一緒になり、相次ぐ工場閉鎖で荒れた地域社会に対応しました。私は見ました。人々が直面する問題は、実際は単なる地域の問題ではないことを。鉄鋼工場の閉鎖は、遠く離れた重役によって決定されました。学校における教科書やコンピューターの不足は、何千マイルも離れた政治家のゆがんだ優先順位が原因となっています。子どもたちが暴力に走るとき彼の心には暗い穴があり、その穴は、どんな政府であっても、政府だけでは満たすことができないのです。

It was in these neighborhoods that I received the best education I ever had, and where I learned the true meaning of my Christian faith.
こうした隣人たちの間で、私は素晴らしい教育を受けました。私はそこでキリスト教徒として信仰の本当の意味を学びました。

After three years of this work, I went to law school, because I wanted to understand how the law should work for those in need. I became a civil rights lawyer, and taught constitutional law, and after a time, I came to understand that our cherished rights of liberty and equality depend on the active participation of an awakened electorate. It was with these ideas in mind that I arrived in this capital city as a state Senator.
この仕事を3年続け、私はロースクールに行きました。こうした法律を必要とする人に、法律がどう働くべきなのか理解したかったからです。私は公民権の弁護士となり、憲法を教えました。しばらくして私は理解したのです。私たちの大事な、自由と平等の権利が、意識の高い有権者の積極的参加に頼っていることを。心に浮かんだこれらの考えに従い、私は州都で州議員になりました。

It was here, in Springfield, where I saw all that is America converge - farmers and teachers, businessmen and laborers, all of them with a story to tell, all of them seeking a seat at the table, all of them clamoring to be heard. I made lasting friendships here - friends that I see in the audience today.
そしてここ、スプリングフィールドでは、アメリカのすべてが集まっていました。農民も教師も、経営者も労働者も、彼らのすべてに物語があり、彼らのすべてに話し合いにつく椅子を探しています。彼らのすべてが話を聞いてもらおうと大きな声で主張しています。私はここで長く続く友情を培ってきました。その友人たちは今日、この聴衆の中にいます。

It was here we learned to disagree without being disagreeable - that it's possible to compromise so long as you know those principles that can never be compromised; and that so long as we're willing to listen to each other, we can assume the best in people instead of the worst.
そしてここで、私は不愉快にならずに意見を戦わせることを学びました。問題を解決することは、屈服させることのできない信念さえあれば可能なのです。そしてお互いの意見に耳を傾ければ、われわれは悪い行いの代わりに、最も良い行動を取ることができるのです。

That's why we were able to reform a death penalty system that was broken. That's why we were able to give health insurance to children in need. That's why we made the tax system more fair and just for working families, and that's why we passed ethics reforms that the cynics said could never, ever be passed.
それが私たちが、もはや機能していない死刑制度を変えることができる理由です。私たちが子どもたちが必要とする健康保険を与えることができる理由です。私たちが労働者階級に対する税制をより公平にした理由です。冷笑主義者が絶対できないと言う倫理改革法案を通すことができた理由です。

It was here, in Springfield, where North, South, East and West come together that I was reminded of the essential decency of the American people - where I came to believe that through this decency, we can build a more hopeful America.
ここスプリングフィールドで、東西南北から人々が集まったこの場所で、私はアメリカ人の本質的な寛大さを思い起こしました。この場所で、この寛大さを通し、私たちはもっと希望あふれるアメリカを構築できると信じられるようになりました。

And that is why, in the shadow of the Old State Capitol, where Lincoln once called on a divided house to stand together, where common hopes and common dreams still, I stand before you today to announce my candidacy for President of the United States.
そしてこれが歴史あるこの州議会の陰で、リンカーンが分かれたる家に共に立ち上がろうと呼びかけたこの地で、共通の希望と共通の夢がまだあるこの場所で、私はみなさんの前に立ち、アメリカ合衆国大統領への立候補を表明します。

I recognize there is a certain presumptuousness - a certain audacity - to this announcement. I know I haven't spent a lot of time learning the ways of Washington. But I've been there long enough to know that the ways of Washington must change.
私はこの立候補表明に、はっきりとした推測、はっきりとした希望があると認識しています。私にはわかっています。私がワシントンの政治手法を十分に学ぶ時間があったわけではないことについては。しかし私はワシントンの手法が変わらなければならないことがわかるには十分な時間をワシントンで過ごしました。

The genius of our founders is that they designed a system of government that can be changed. And we should take heart, because we've changed this country before. In the face of tyranny, a band of patriots brought an Empire to its knees. In the face of secession, we unified a nation and set the captives free. In the face of Depression, we put people back to work and lifted millions out of poverty. We welcomed immigrants to our shores, we opened railroads to the west, we landed a man on the moon, and we heard a King's call to let justice roll down like water, and righteousness like a mighty stream.
アメリカ独立の祖は素晴らしいことに、政治体制を変えることができるよう設計しました。そして私たちはその真髄を発揮すべきなのです。なぜなら私たちは以前からこの国を変え続けてきたのですから。暴政に直面し、団結した愛国者はある帝国(イギリス?)を跪かせたのです。南部11州の脱退に直面し、われわれは国を統一し、奴隷を解放しました。大恐慌に直面し、われわれは人々をしごとに戻し、何百万人もを貧困から脱出させました。私たちは海岸にきた移民を歓迎しました。西へと鉄道を敷きました。月に人類を送りました。キング牧師の「公正を水のように渦をまいて落とし、正義を強力な流れのように下させよう」という呼びかけを聞きました。

Each and every time, a new generation has risen up and done what's needed to be done. Today we are called once more - and it is time for our generation to answer that call.
いつ何時も、新しい世代がやってきて、必要なことを行ってきました。今日、私たちはもう一度声を上げましょう。そして今こそ、私たちの世代がその要求に応えるときなのです。

For that is our unyielding faith - that in the face of impossible odds, people who love their country can change it.
強い信念を、不可能に思えることに直面していても、国を愛する人々ならば変えることができるということを求め、応えましょう。

That's what Abraham Lincoln understood. He had his doubts. He had his defeats. He had his setbacks. But through his will and his words, he moved a nation and helped free a people. It is because of the millions who rallied to his cause that we are no longer divided, North and South, slave and free. It is because men and women of every race, from every walk of life, continued to march for freedom long after Lincoln was laid to rest, that today we have the chance to face the challenges of this millennium together, as one people - as Americans.
これはエイブラハム・リンカーンが理解していたことです。彼は疑いを持っていました。彼は敗北も経験しました。彼は後退も経験しました。しかし彼の意思と彼の言葉を通し、彼は国を動かし、人々を自由にしたのです。それは、われわれはもはや北部と南部、奴隷と自由人とに分かたれることはないという彼の主張に集まった人々でした。それはあらゆる人種の男性、女性でした。あらゆる身分の人々がいました。自由を求め、リンカーンのあとを行進し続けました。リンカーンは今、安息の眠りについていますが、今日、この世紀にともに難題に直面する機会を得ました。一つの人々として、アメリカ人として。
people in every walk of life=あらゆる職業(階級)の人々

All of us know what those challenges are today - a war with no end, a dependence on oil that threatens our future, schools where too many children aren't learning, and families struggling paycheck to paycheck despite working as hard as they can. We know the challenges. We've heard them. We've talked about them for years.
私たちはすべて、今日の難題が何であるかを知っています。終わりのない戦争であり、将来を脅かす石油依存であり、多くの子どもたちが学ぶことができない学校であり、できる限り一生懸命働いても給料日から次の給料日まで苦しい生活を強いられている家族なのです。

What's stopped us from meeting these challenges is not the absence of sound policies and sensible plans. What's stopped us is the failure of leadership, the smallness of our politics - the ease with which we're distracted by the petty and trivial, our chronic avoidance of tough decisions, our preference for scoring cheap political points instead of rolling up our sleeves and building a working consensus to tackle big problems.
この難題の立ち向かうことを妨害しているものは、信用できる政治の不在でも、賢明なプランの不在でもありません。われわれを妨害しているのはリーダーシップの欠如なのです。その政治の狭量なのです。それは、安易にささいでありふれたものに悩み、難しい決定を長期間回避し、安易な政治的ポイントを稼ぐことを優先させています。腕まくりをして、大きな問題に取り組むために実用的な意見の一致を構築するかわりに。

For the last six years we've been told that our mounting debts don't matter, we've been told that the anxiety Americans feel about rising health care costs and stagnant wages are an illusion, we've been told that climate change is a hoax, and that tough talk and an ill-conceived war can replace diplomacy, and strategy, and foresight. And when all else fails, when Katrina happens, or the death toll in Iraq mounts, we've been told that our crises are somebody else's fault. We're distracted from our real failures, and told to blame the other party, or gay people, or immigrants.
この6年間、増え続ける借金は問題ないと説明されてきました。アメリカ人が感じる、増加する医療コストや伸びない賃金への不安は錯覚だと説明されてきました。気候変動は冗談だと説明されてきました。そして粘り強い対話や十分な考えなしの戦争は、外交や戦略、展望を変化させることができると。そしてすべてが失敗したとき、カトリーナが発生したとき、またはイラクでの死者が増加したとき、この危機は誰かほかの人の失敗だと説明されました。私たちは、本当の失敗をごまかされていたのです。そしてもう一方の政党やゲイの人々や移民を責めるように言われてきたのです。

And as people have looked away in disillusionment and frustration, we know what's filled the void. The cynics, and the lobbyists, and the special interests who've turned our government into a game only they can afford to play. They write the checks and you get stuck with the bills, they get the access while you get to write a letter, they think they own this government, but we're here today to take it back. The time for that politics is over. It's time to turn the page.
そして人々が幻滅や失望から目を離したとき、私たちは何が空虚を満たしているのかを知りました。皮肉屋やロビイストや、私たちの政府を彼らだけが参加できるゲームに向けさせてしまった特別な利害関係者たちなのです。彼らは小切手を書き、あなた方は請求書で行き詰まってしまう。彼らは通行権を得る一方で、あなた方は手紙を書くようになりました。彼らはこの政府を自分たちのものと思っていますが、私たちは政府をこの手に取り戻すために、今日、ここに集まったのです。今こそページをめくる時です。
get stuck=行き詰まる

We've made some progress already. I was proud to help lead the fight in Congress that led to the most sweeping ethics reform since Watergate.
私たちはすでに少し前進をしています。私は、誇らしく思っています。国会においてウォーターゲート以来、最も徹底的な倫理規定の改定へ向けた戦いをリードするのに貢献できたことを。

But Washington has a long way to go. And it won't be easy. That's why we'll have to set priorities. We'll have to make hard choices. And although government will play a crucial role in bringing about the changes we need, more money and programs alone will not get us where we need to go. Each of us, in our own lives, will have to accept responsibility - for instilling an ethic of achievement in our children, for adapting to a more competitive economy, for strengthening our communities, and sharing some measure of sacrifice. So let us begin. Let us begin this hard work together. Let us transform this nation.
しかしワシントンへの道は長いものです。それは易しいものではないでしょう。だから、私たちは優先順位をつける必要があります。難しい選択を行う必要があります。そしてたとえ政府は私たちの必要とする変革について決定的な役割を果たすけれども、より多くの資金と計画だけが、私たちが行くべき場所に到達させるわけではないのです。私たちの一人ひとりが、私たちの人生の中で、責任を認識せねばなりません。子どもたちの心に道徳をしみこませ、より競争的な経済に対応し、地域社会を強化し、そして犠牲の推測をシェアするという責任を。さあ、始めましょう。この大変な仕事を共に始めましょう。この国を変革しましょう。

Let us be the generation that reshapes our economy to compete in the digital age. Let's set high standards for our schools and give them the resources they need to succeed. Let's recruit a new army of teachers, and give them better pay and more support in exchange for more accountability. Let's make college more affordable, and let's invest in scientific research, and let's lay down broadband lines through the heart of inner cities and rural towns all across America.
米国経済をデジタル時代に競争できるよう作り変える世代となりましょう。高い水準の学校にし、子どもたちに成功に必要な能力を与えましょう。新しい大勢の教師をリクルートし、より重い責務の代わりによりよい支払いと支援を与えましょう。大学(の学費)を支払いやすくしましょう。そして、研究開発に投資しましょう。国中の都市や田舎町の中心にブロードバンド回線を敷設しましょう。

And as our economy changes, let's be the generation that ensures our nation's workers are sharing in our prosperity. Let's protect the hard-earned benefits their companies have promised. Let's make it possible for hardworking Americans to save for retirement. And let's allow our unions and their organizers to lift up this country's middle-class again.
そして米国経済を変え、労働者が繁栄を分け合えることを確実にする世代となりましょう。企業が約束した厳しい勤労の利益を守りましょう。一生懸命働いている国民が、老後へのたくわえができるようにしましょう。そして、労働組合や組合員に、中流階級を再び持ち上げるようにさせることを許しましょう。

Let's be the generation that ends poverty in America. Every single person willing to work should be able to get job training that leads to a job, and earn a living wage that can pay the bills, and afford child care so their kids have a safe place to go when they work. Let's do this.
国内の貧困を終わらせる世代となりましょう。働きたいというすべての個人が、職業訓練が受けられるようになるべきです。そして生活できる給料を稼ぎ、税金を払えるようにし、彼らが働いている間、子どもたちが安全な場所で過ごせるような余裕ができるようになるべきなのです。これを行いましょう。

Let's be the generation that finally tackles our health care crisis. We can control costs by focusing on prevention, by providing better treatment to the chronically ill, and using technology to cut the bureaucracy. Let's be the generation that says right here, right now, that we will have universal health care in America by the end of the next president's first term.
医療保険の危機に取り組む世代となりましょう。予防に集中することによってコストを制御できます。慢性的な病気によりよい扱いを与え、技術によって官僚主義を排除することによって。私たちは今ここで、次の大統領の最初の4年間の終わりまでに、全米医療保険制度ができることを宣言する世代となりましょう。

Let's be the generation that finally frees America from the tyranny of oil. We can harness homegrown, alternative fuels like ethanol and spur the production of more fuel-efficient cars. We can set up a system for capping greenhouse gases. We can turn this crisis of global warming into a moment of opportunity for innovation, and job creation, and an incentive for businesses that will serve as a model for the world. Let's be the generation that makes future generations proud of what we did here.
ついにアメリカを石油の圧制から自由にする世代となりましょう。私たちはエタノールのような国内で育つ代替燃料を利用することができます。また燃費の良い自動車の生産を促すことができます。私たちは温室効果ガス排出権システムを作ることができます。私たちは地球温暖化の危機を、新技術開発や、仕事の創出、世界の模範となるようなビジネスのインセンティブに向ける好機にすることができます。私たちの行ったことを将来の世代が誇らしく思うような世代となりましょう。

Most of all, let's be the generation that never forgets what happened on that September day and confront the terrorists with everything we've got. Politics doesn't have to divide us on this anymore - we can work together to keep our country safe. I've worked with Republican Senator Dick Lugar to pass a law that will secure and destroy some of the world's deadliest, unguarded weapons. We can work together to track terrorists down with a stronger military, we can tighten the net around their finances, and we can improve our intelligence capabilities. But let us also understand that ultimate victory against our enemies will come only by rebuilding our alliances and exporting those ideals that bring hope and opportunity to millions around the globe.
私たちのほとんどは、9.11に起きたことやテロリストと私たちが受けたすべてのことを絶対に忘れない世代になるでしょう。政治はもはやこの件で私たちを分けることはありません。私たちは共に国の安全を守るために働くことができます。私は共和党のディック・ルーガー上院議員とともに働きました。世界の最も致命的に管理されていない武器を確保し破壊する法律を通過させたことがあります。私たちはより強い軍隊とテロリストを追跡するために共に働くことができます。テロリストの資金を締め上げることができます。諜報能力を進展させることができます。しかし理解しなければならないのは、敵に対する最終的な勝利は、同盟関係を再構築し、希望と機会を世界中の何百万の人々にもたらすこれらの理想を輸出することでしか得られないということです。

But all of this cannot come to pass until we bring an end to this war in Iraq. Most of you know I opposed this war from the start. I thought it was a tragic mistake. Today we grieve for the families who have lost loved ones, the hearts that have been broken, and the young lives that could have been. America, it's time to start bringing our troops home. It's time to admit that no amount of American lives can resolve the political disagreement that lies at the heart of someone else's civil war. That's why I have a plan that will bring our combat troops home by March of 2008. Letting the Iraqis know that we will not be there forever is our last, best hope to pressure the Sunni and Shia to come to the table and find peace.
しかし、すべてはイラク戦争を終わらせない限り成し遂げられないでしょう。ほとんどの方は、私がこの戦争に初めから反対していたことをご存知でしょう。私はこの戦争が悲劇的な誤りであると考えました。今日、私たちは愛する人を失った家族に、壊れてしまった心に、続くはずだった若い命に、深い悲しみを感じています。アメリカは、兵士を家へ帰す時がきたのです。どんなに多くのアメリカ人の命が犠牲になっても、他国の内戦の中心にある政治的な不一致を解決することはないということを認めるときが来たのです。ですから私は2008年3月までに私たちの戦闘部隊を戻そうと計画しているのです。イラクの人たちに私たちがずっとそこにいるつもりはないことを知らせることは、スンニ派とシーア派に、交渉のテーブルに着き平和の道を探させるようにできるのではないかという私たちの最後の最大の望みなのです。

Finally, there is one other thing that is not too late to get right about this war - and that is the homecoming of the men and women - our veterans - who have sacrificed the most. Let us honor their valor by providing the care they need and rebuilding the military they love. Let us be the generation that begins this work.
最後に、もう一つ、この戦争で正しいことを行うにはまだ遅くないことがあります。それは最も犠牲になった軍人たちである男女が家に帰ってくることです。彼らの勇気をたたえ、必要とするケアを供給し、彼らの愛する軍隊を立て直しましょう。この仕事を始める世代となりましょう。

I know there are those who don't believe we can do all these things. I understand the skepticism. After all, every four years, candidates from both parties make similar promises, and I expect this year will be no different. All of us running for president will travel around the country offering ten-point plans and making grand speeches; all of us will trumpet those qualities we believe make us uniquely qualified to lead the country. But too many times, after the election is over, and the confetti is swept away, all those promises fade from memory, and the lobbyists and the special interests move in, and people turn away, disappointed as before, left to struggle on their own.
私たちにこれらのすべてのことができると信じない人がいることはわかっています。懐疑主義については理解しています。結局、4年間ごとに、どちらの党の大統領候補者も似たような約束をするのです。そして今年も何の違いもないでしょう。大統領を目指す私たち全員が全国をまわり、10の計画を提案し、偉大な演説をするでしょう。私たち全員が、われわれが信じる特質が、唯一、この国を率いるに足るものだと喧伝するでしょう。しかしあまりに何度もあったことですが、選挙が終わり、紙吹雪が掃除された後、これらのすべての約束は記憶から消えていき、ロビイストと特別な利害関係者が入ってくるのです。そして人々は後ろを向き、前と同じようにがっかりし、彼らの戦いは残されたままになるのです。

That is why this campaign can't only be about me. It must be about us - it must be about what we can do together. This campaign must be the occasion, the vehicle, of your hopes, and your dreams. It will take your time, your energy, and your advice - to push us forward when we're doing right, and to let us know when we're not. This campaign has to be about reclaiming the meaning of citizenship, restoring our sense of common purpose, and realizing that few obstacles can withstand the power of millions of voices calling for change.
だからこそ、この選挙戦は私だけのものではないのです。これは私たちのものでなければならないのです。私たちが共に何ができるのかを問うものでなければならないのです。この選挙戦は好機とし、手段とし、みなさんの希望や夢とならねばなりません。私たちを前進させ、正しいことをするように、そして私たちが(前述のようなこととは)違うことがわかるように。この選挙戦は、公民権の意味を再生し、私たちの共通の目的への意思を復活させ、変革を求める数百万の声の力の前には障害物はほとんどないと理解させるようなものでなければならないのです。

By ourselves, this change will not happen. Divided, we are bound to fail.
私たち自身によって、この変革は起こらないでしょう。分かたれた私たちは失敗する運命にあります。

But the life of a tall, gangly, self-made Springfield lawyer tells us that a different future is possible.
しかし背が高くやせこけ、たたき上げのスプリングフィールドの弁護士(リンカーン)は、私たちに別の未来があることを教えてくれています。
self-made=自力で出世した

He tells us that there is power in words.
彼は私たちに言葉の力の存在を教えてくれます。

He tells us that there is power in conviction.
彼は私たちに信念の力の存在を教えてくれます。

That beneath all the differences of race and region, faith and station, we are one people.
人種と地域の違い、信仰と立場のすべての違いのもとに、私たちは一つなのです。

He tells us that there is power in hope.
彼は希望に力があることを教えてくれます。

As Lincoln organized the forces arrayed against slavery, he was heard to say: "Of strange, discordant, and even hostile elements, we gathered from the four winds, and formed and fought to battle through."
リンカーンが奴隷制廃止へむけて軍を編成したとき、「奇妙で、仲が悪く、敵対的な分隊が、四方から集まり、軍が編成され、戦い抜いた」と言いにくかったでしょう。???

That is our purpose here today.
しかしそれは私たちが今日ここに集まった目的なのです。

That's why I'm in this race.
それが、私が大統領選に出る理由なのです。

Not just to hold an office, but to gather with you to transform a nation.
ホワイトハウスを握るだけでなく、国をみなさんと一緒に返信させるために。

I want to win that next battle - for justice and opportunity.
私は来る戦いに勝ちたいのです。公正と機会のために。

I want to win that next battle - for better schools, and better jobs, and health care for all.
私は来る戦いに勝ちたいのです。より良い学校と、仕事と、みなのための医療保険のために。

I want us to take up the unfinished business of perfecting our union, and building a better America.
私は、私たち自身で、私たちの連帯を完成させ、より良いアメリカを築くという未達成の仕事に取りかかりたいのです。

And if you will join me in this improbable quest, if you feel destiny calling, and see as I see, a future of endless possibility stretching before us; if you sense, as I sense, that the time is now to shake off our slumber, and slough off our fear, and make good on the debt we owe past and future generations, then I'm ready to take up the cause, and march with you, and work with you. Together, starting today, let us finish the work that needs to be done, and usher in a new birth of freedom on this Earth.
もし皆さんがこのありえない戦いに参加してくださるならば、みなさんが運命の呼びかけを感じているならば、私が見ているもの、私たちの前に広がる限りない未来の可能性を、みなさんも見ているならば、私が感じているもの、眠りから目覚め、恐怖をかなぐり捨て、過去や未来の世代にわれわれが追う責務に答える時がきたことを感じるならば、私はその活動に取り掛かり、みなさんとともに歩み、みなさんとともに働く準備が整っています。ともに、今日から始めましょう。やるべき仕事を終わらせましょう。この地球に新しい自由が誕生するよう導きましょう。

○原文
http://www.barackobama.com/2007/02/10/remarks_of_senator_barack_obam_11.php

★JINの適当訳です。かなり間違いがあるかもしれません。誤訳などありましたらご指摘ください。直します。

|

« テキサス親父、再び | Main | ヒラリー復活? »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/40417434

Listed below are links to weblogs that reference オバマ、米大統領選立候補演説:

» will sport [wii error]
FUCTARD別注のNEW ERA CAP!!他では見ない珍しいマイナーチームWILLIAMSPORT CROSSCUTTERSをチーチョンカラーに仕上げた遊び心満載のメキシカンカラーITEMサイドロゴはメキシカン迷彩をイメージ 素材 ウール100% クラウンカラー BLACK バイザーカラー BLACK/TOAST ..... [Read More]

Tracked on March 08, 2008 at 10:11 AM

« テキサス親父、再び | Main | ヒラリー復活? »