« テキサス親父、中国の自作自演疑惑を告発・・・じゃないようです | Main | チベット問題、仏教人からの声明 »

April 02, 2008

オバマ、ニューハンプシャー敗戦演説

バラク・オバマ、ニューハンプシャー敗戦スピーチ
Barack Obama's speech in New Hampshire

Tuesday, January 8th, 2008
Nashua, New Hampshire

I want to congratulate Senator Clinton on a hard-fought victory here in New Hampshire.
まず、クリントン上院議員にニューハンプシャーでの厳しい戦いの末の勝利をお祝いしたいと思います。

A few weeks ago, no one imagined that we'd have accomplished what we did here tonight. For most of this campaign, we were far behind, and we always knew our climb would be steep. But in record numbers, you came out and spoke up for change. And with your voices and your votes, you made it clear that at this moment – in this election – there is something happening in America.
数週間前、誰も私たちが今夜成し遂げたようなことを想像したりしませんでした。この選挙戦のほとんどの期間、私たちは遠く引き離されていましたし、その道は険しいことを常に感じていました。しかし、この記録的な数字は、みなさんが変革に向けて動き出し口にしたことを示しています。そしてみなさんの声が、そして皆さんの投票が、この瞬間にそれをはっきりさせたのです。この選挙戦で、アメリカに何かが起ころうとしていることを。

There is something happening when men and women in Des Moines and Davenport; in Lebanon and Concord come out in the snows of January to wait in lines that stretch block after block because they believe in what this country can be.
今何かが起ころうとしています。デスモニスやダベンポートの男女が、レバノンやコンコルドの男女が、一月の雪の中、出かけて、何ブロックもの長い列を作ったのです。この国の可能性を信じて。

There is something happening when Americans who are young in age and in spirit – who have never before participated in politics – turn out in numbers we've never seen because they know in their hearts that this time must be different.
今、何かが起ころうとしています。若い世代や若い精神を持ったアメリカ人が、政治にこれまで参加してこなかったような人々が、我々がみたこともないような数となりました。なぜなら彼らは心の中で、今回はきっと違うと思っているからです。

There is something happening when people vote not just for the party they belong to but the hopes they hold in common – that whether we are rich  or poor; black or white; Latino or Asian; whether we hail from Iowa or New Hampshire, Nevada or South Carolina, we are ready to take this country in a fundamentally new direction. That is what's happening in America right now. Change is what's happening in America.
今、何かが起ころうとしています。人々が属する党のためだけではなく、共通の希望のために投票したのです。裕福であろうと貧しかろうと、黒人であろうと白人であろうと、ラテン系であろうとアジア系であろうと、出身がアイオワ州でもニューハンプシャー州でも、ネバダ州でもサウスカロライナ州でも、私たちは覚悟ができています。この国を根本的に新しい方向へと導いていくことについて。これが正に今、アメリカで起ころうとしていることです。変革がアメリカで起ころうとしているのです。

You can be the new majority who can lead this nation out of a long political darkness – Democrats, Independents and Republicans who are tired of the division and distraction that has clouded Washington; who know that we can disagree without being disagreeable; who understand that if we mobilize our voices to challenge the money and influence that's stood in our way and challenge ourselves to reach for something better, there's no problem we can't solve – no destiny we cannot fulfill.
みなさんは新しい多数派になり、この国を長い政治的な暗黒から救い出すことができるでしょう。民主党も無党派も共和党もワシントンにはびこる分裂や混乱に疲れているのです。みなさんはいやな気持ちにならずに口論することができることを知っています。我々の声を結集し資金と我々の前に立ちはだかる影響に異議を唱え、自分自身をよりよくできるよう挑戦すれば、私たちが解決できない問題などないのです。私たちが全うすることができない運命などないのです。

Our new American majority can end the outrage of unaffordable, unavailable health care in our time. We can bring doctors and patients; workers and businesses, Democrats and Republicans together; and we can tell the drug and insurance industry that while they'll get a seat at the table, they don't get to buy every chair. Not this time. Not now. Our new majority can end the tax breaks for corporations that ship our jobs overseas and put a middle-class tax cut into the pockets of the working Americans who deserve it.
私たち、新しいアメリカの多数派は、終わらせることができます。この時代の支払えず利用できない医療保障の暴力を。医者と患者を、労働者と会社を、民主党と共和党を共にし、医薬品や保険産業に対し、交渉の場に座る椅子は与えるがすべての椅子は買わないように言うことができます。今回だけでなく、今だけではありません。私たち新しい多数派は、海外に私たちの仕事を持っていく企業に対する免税を終わらせ、中流階級の税金をカットし、働くアメリカ人のポケットに戻すことができます。

We can stop sending our children to schools with corridors of shame and start putting them on a pathway to success. We can stop talking about how great teachers are and start rewarding them for their greatness. We can do this with our new majority.
私たちは子供たちを恥の廊下と化した学校に送るのを止め、成功への道へ送り出し始めることができます。私たちは教師たちがどれだけ能力があるのかを話すのをやめ、彼らの素晴らしさに報酬を与え始めることができます。私たちは多数派として、これらのことができるのです。

We can harness the ingenuity of farmers and scientists; citizens and entrepreneurs to free this nation from the tyranny of oil and save our planet from a point of no return. And when I am President, we will end this war in Iraq and bring our troops home; we will finish the job against al Qaeda in Afghanistan; we will care for our veterans; we will restore our moral standing in the world; and we will never use 9/11 as a way to scare up votes, because it is not a tactic to win an election, it is a challenge that should unite America and the world against the common threats of the twenty-first century: terrorism and nuclear weapons; climate change and poverty; genocide and disease.
私たちは農家と科学者の創意を活用し、市民や起業家をこの国を石油の圧政から自由にし、この惑星をポイントオブノーリターンから救うことができる。(JIN注) そして私が大統領になったあかつきには、イラクでの戦争を終わらせ、兵士たちを家に帰すでしょう。アフガニスタンにおけるアルカイダに対する仕事を終わらせるでしょう。退役軍人の面倒をみるでしょう。世界におけるアメリカのモラルを修復するでしょう。そして、9.11を脅して投票させる方法には絶対に使わないでしょう。9.11は選挙で勝つための戦略ではないのです。アメリカと世界が21世紀の共通の脅威に対し一つになるべき課題なのです。21世紀の脅威とは、テロリズムや核兵器、気候変動、貧困、大虐殺、病気なのです。
JIN注:多分バイオマスエネルギーのこと。トウモロコシなどから作るバイオエタノールは、二酸化炭素を植物として吸収するために地球環境にやさしいといわれているが、栽培にエネルギーを要し、食料価格を上げ、森林伐採を招くため、最近では総合的にみると地球環境には優しくないということが言われ始めているのだが・・・。

All of the candidates in this race share these goals. All have good ideas. And all are patriots who serve this country honorably.
すべての大統領候補者がこれらのゴールをシェアしています。すべての人がよいアイデアを持っており、すべての人がこの国に立派に使える愛国者です。

But the reason our campaign has always been different is because it's not just about what I will do as President, it's also about what you, the people who love this country, can do to change it.
しかし、私たちの選挙活動が常に異なる理由は、大統領として何をするかというだけではなく、みなさんが、この国を愛する人々がこの国を変えることができるという点なのです。

That's why tonight belongs to you.
だから、今夜はみなさんのものなのです。

It belongs to the organizers and the volunteers and the staff who believed in our improbable journey and rallied so many others to join.
今夜は民主党の組織の人、ボランティアの人、スタッフなど、このあり得ない旅を信じ、大勢を参加させた人々のものなのです。

We know the battle ahead will be long, but always remember that no matter what obstacles stand in our way, nothing can withstand the power of millions of voices calling for change. We have been told we cannot do this by a chorus of cynics who will only grow louder and more dissonant in the weeks to come.
私たちはこの戦いが長く続くであろうことを知っています。しかし忘れないでください。この道にどんな障害物があっても問題ないということを。何物も変革を求める何百万もの声の力に勝ることはできないことを。私たちは皮肉屋の大合唱によってこんなことはできないといわれてきました。そのコーラスはより大きく、耳障りになっていくでしょうけれども。

We've been asked to pause for a reality check. We've been warned against offering the people of this nation false hope.
私たちは真実の検証を中止するようにいわれてきました。私たちはこの国の人々に希望を失うような提案には反対するよう警告し続けてきました。

But in the unlikely story that is America, there has never been anything false about hope. For when we have faced down impossible odds; when we've been told that we're not ready, or that we shouldn't try, or that we can't, generations of Americans have responded with a simple creed that sums up the spirit of a people.
しかし、このありえないようなアメリカの物語において、希望を失った時は一度もなかったのです。私たちが勝ち目のない状況に陥っても、準備が整っていないと言われ続けても、トライすべきでないといわれようと、できないといわれようと、アメリカの世代はシンプルな信念を答えるのです。アメリカ人の精神が凝縮されている信念を。

Yes we can.
私たちにはできる。

It was a creed written into the founding documents that declared the destiny of a nation.
それはこの国の運命を述べた独立宣言に書かれた信念でした。

Yes we can.
私たちにはできる。

It was whispered by slaves and abolitionists as they blazed a trail toward freedom through the darkest of nights.
それは奴隷と奴隷解放主義者によってささやかれた言葉です。彼らが漆黒の闇夜を抜けて自由へと先導した時に。

Yes we can.
私たちにはできる。

It was sung by immigrants as they struck out from distant shores and pioneers who pushed westward against an unforgiving wilderness.
それは移民によって歌われた言葉です。遠くはなれた海岸から一歩踏み出したときに。開拓者が容赦ない未開地に対し西へと向かったときに歌った言葉です。

Yes we can.
私たちにはできる。

It was the call of workers who organized; women who reached for the ballot; a President who chose the moon as our new frontier; and a King who took us to the mountaintop and pointed the way to the Promised Land.
それは組織された労働者の、投票権を得られた女性たちの、新しい開拓地として月を選んだ(ケネディ)大統領の、私たちを山頂に連れて行き約束の地への道を示した(ダビデ)王の言葉なのです。

Yes we can to justice and equality. Yes we can to opportunity and prosperity. Yes we can heal this nation. Yes we can repair this world. Yes we can.
私たちは正義と平等を実現できます。私たちは機会と繁栄を実現できます。この国をいやすことができます。この世界を修復できます。そう、私たちにはできるのです。

And so tomorrow, as we take this campaign South and West; as we learn that the struggles of the textile worker in Spartanburg are not so different than the plight of the dishwasher in Las Vegas; that the hopes of the little girl who goes to a crumbling school in Dillon are the same as the dreams of the boy who learns on the streets of LA; we will remember that there is something happening in America; that we are not as divided as our politics suggests; that we are one people; we are one nation; and together, we will begin the next great chapter in America's story with three words that will ring from coast to coast; from sea to shining sea – Yes. We. Can.
そして明日、私たちはこの選挙戦を南へ西へと展開します。スパルタンバーグの織物職人の戦いがラスベガスの皿洗いの苦境と違いがないことを知ったとき、ディロンの崩壊する学校に行く小さな少女の希望が、ロサンゼルスの路上で学ぶ少年の夢と同じであることを知ったとき、私たちは忘れないでしょう、アメリカで何かが起こりつつあることを、私たちは政治の思惑のように分たれたりしないことを。私たちは一つの国家であり、私たちはともにアメリカの物語の次の偉大な章を3つの言葉で始めるのです。東海岸から西海岸へ、一つの海から輝く海へと響かせるのです。Yes,We canと。

○原文
http://www.nwprogressive.org/weblog/2008/01/barack-obamas-speech-in-new-hampshire.html
http://my.barackobama.com/page/community/post_group/ObamaHQ/CGTN

★JINの適当訳です。かなり間違いがあるかもしれません。誤訳などありましたらご指摘ください。直します。

☆Will.I AM が歌にした「YES, WE CAN」はこの演説からインスパイアされたもの。よくできてます。

Yes, We Canについては以下のページをご参照。
カルフォルニアのばあさんブログ yes, we can:日本語訳
http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/51125997.html
オバマ氏の感動スピーチをアーティストたちが曲に
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080209-01.html
ネットゲリラ Yes, we can.
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/02/yes_we_can.html

|

« テキサス親父、中国の自作自演疑惑を告発・・・じゃないようです | Main | チベット問題、仏教人からの声明 »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

JINさん、ありがとうございます。
聖書では、モーゼは「約束の地カナン(現在のエルサレム)」目前で、神からカナンに入ることを禁じられ、カナンを望む「ネボ山頂」で自分に従ってエジプトから脱出したイスラエルの民に「カナンに向かえ!」と言い残して死んだことになっています。
派生的な話ですが、キング牧師が「モーゼ」のことを念頭において演説していたとすれば、彼の「遺言」の衝撃度も少し薄まるように思います。ただしモーゼは120歳でなくなったことになっていますから、そこはちょっと違うのですけど。
で、夕べ初めて気がついたのですが、キング牧師の「遺言」の最後の言葉、
Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord!!
は、例のジョン・ブラウン(南北戦争直前に奴隷解放「闘争」を起こし、死刑になった人)を称えた歌「リパブリック賛歌」の歌いだしの歌詞ですね。つまり、奴隷解放と極めて関係の深い言葉だった。
オバマさんは勝利演説で
We Shall Overcome.
を引用してますし、こういう元になったキャンペーンソング(?)を調べるのも、和歌の本歌取りみたいな感じで面白いな、と思いました。

Posted by: BEN | March 16, 2009 at 08:24 AM

BENさん、はじめまして。
そうですね、この部分はキング牧師のことを言っているという話もあるし、そう訳されている方もいました。私はどうも2つの意味をかけているんじゃないかと思っていますが、アメリカ人としてはキング牧師と取るほうが自然かもしれませんね。
また何かありましたら教えてください。

Posted by: JIN | March 15, 2009 at 09:08 PM

はじめまして。
広く浅くアメリカ政治に興味を持っている者です。
NHKのBS特集「オバマのことば」でニューハンプシャー州予備選の敗北宣言で気になる箇所があったので、文字になった原文を探していて、こちらにお邪魔しました。
NHKの放送で気になったのは、
It was the call of workers who organized; women who reached for the ballots; a President who chose the moon as our new frontier; and a King who took us to the mountaintop and pointed the way to the Promised Land.
のくだりです。
TVで音声を聞いただけなので「a King」の部分の「a」がよく聞こえず、字幕で「王」となっていた「キング」は「マーチン・ルーサー・キング牧師」のことではないのかな?と思いました。
と言いますのも、ご承知のようにキング牧師は暗殺される前日に鬼気迫る雰囲気で
Like anybody, I would like to live a long life. Longevity has its place. But I'm not concerned about that now. I just want to do God's will. And He's allowed me to go up to the mountain. And I've looked over. And I've seen the promised land. I may not get there with you. But I want you to know tonight, that we, as a people, will get to the promised land. And I'm happy, tonight. I'm not worried about anything. I'm not fearing any man. Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord.
という翌日の自分の運命を予感したかのような演説をしており、オバマさんの敗北演説中の「山の頂上」「約束の地」「キング」という言葉で、上記キング牧師の最後の演説を思い出したからなのです。
そしてもう一点は「聖書(申命記34章)」で「山の頂上」から「約束の地」を見たのはモーゼであって、王様ではなかった、という点です。
ただ、文字で原文を拝見すると、「ある王様」とも取れますし、その前でも「ある大統領」とケネディの名前を出していないことと併せて考えたとき、やはり「王」と訳す方が良いのでしょうね。
長々と失礼しました。

Posted by: Ben | March 12, 2009 at 07:31 PM

以下はChiharuさんによる'Yes We Can'の訳です。Chiharuさん、どうもありがとうございます。

Posted by: JIN | November 05, 2008 at 07:15 AM

Yes We Can, Barack Obama, will.i.am

It was a creed written into the founding documents that declared the destiny of a nation.

それは国の運命を宣言した建国の文書に刻まれた信念だ。

Yes we can.

「そう、僕たちはそれができる」

It was whispered by slaves and abolitionists as they blazed a trail toward freedom.

それは自由への道を追い求めた奴隷と奴隷制度廃止論者が囁いたものだ。

Yes we can.

「そう、僕たちはそれができる」

It was sung by immigrants as they struck out from distant shores and pioneers who pushed westward against an unforgiving wilderness.

それは遠い海辺を漕ぎ出す移民と容赦のない大自然を切り開いて西を目指した開拓者が歌ったものだ。

Yes we can.

「そう、僕たちはそれができる」

It was the call of workers who organized; women who reached for the ballots; a President who chose the moon as our new frontier; and a King who took us to the mountaintop and pointed the way to the Promised Land.

それは組織された労働者たちが求めたものだ、参政権を求めた女性たちが、月を新たな開拓地と定めた大統領が、山の頂に我々を導き約束の地への道を示した王が求めたものだ。

Yes we can to justice and equality.

正義と平等のために、僕たちはそれができる。

Yes we can to opportunity and prosperity.

機会と繁栄のために、僕たちはそれができる。

Yes we can heal this nation.

そう、僕たちはこの国を癒すことができる。

Yes we can repair this world.

そう、僕たちはこの国を修復することができる。

Yes we can.

そう、僕たちにはそれができる。

We know the battle ahead will be long, but always remember that no matter what obstacles stand in our way, nothing can stand in the way of the power of millions of voices calling for change.

これからの戦いが長くなることはわかってる。それでも、我々の前に立ちはだかる困難がどんなものであれ、変化を求める数百万の声の力の前には無力だということを心に留めよう。

We have been told we cannot do this by a chorus of cynics...they will only grow louder and more dissonant ........... We've been asked to pause for a reality check. We've been warned against offering the people of this nation false hope.

我々はこれを皮肉の合唱によって実現することができないと言われた。彼らは声を大きくし、不協和音を奏でるだけだった。我々は事実を確認するために一端留まることを求められた。我々はこの国に対して誤った希望を与えようとする者に注意するよう警告された。

But in the unlikely story that is America, there has never been anything false about hope.

けれど、アメリカについてのありえそうもない物語の中で、希望についてだけは何時だって誤っているということはなかった。

Now the hopes of the little girl who goes to a crumbling school in Dillon are the same as the dreams of the boy who learns on the streets of LA; we will remember that there is something happening in America; that we are not as divided as our politics suggests; that we are one people; we are one nation; and together, we will begin the next great chapter in the American story with three words that will ring from coast to coast; from sea to shining sea --

ディロンの今にも崩れそうな学校に向かう小さな少女の希望はLAの道端で学ぶ少年の夢と同じものだ。我々はアメリカの中で何かが起こっていることに気づくだろう。我々の政治的な性向によって分断されているのではないということに気づくだろう。我々は一つの国である。一緒に、我々はアメリカという国の物語の次の章を、西海岸から東海岸まで、大西洋から輝ける太平洋まで響き渡る三語で始めよう。

Yes. We. Can.

「イエス・ウィー・キャン」

Posted by: Chiharu | November 04, 2008 at 12:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/40742880

Listed below are links to weblogs that reference オバマ、ニューハンプシャー敗戦演説:

« テキサス親父、中国の自作自演疑惑を告発・・・じゃないようです | Main | チベット問題、仏教人からの声明 »