« 原子力時代へ向けて米露が覇権争い | Main | フジの月9ドラマ「CHANGE」 »

May 25, 2008

オバマ人種問題演説 A More Perfect Union

オバマ人種問題演説 2008年3月18日 フィラデルフィア
'A More Perfect Union'

Philadelphia, PA | March 18, 2008
As Prepared for Delivery

"We the people, in order to form a more perfect union."
私たちが、より完全に結束するために


Two hundred and twenty one years ago, in a hall that still stands across the street, a group of men gathered and, with these simple words, launched America's improbable experiment in democracy. Farmers and scholars; statesmen and patriots who had traveled across an ocean to escape tyranny and persecution finally made real their declaration of independence at a Philadelphia convention that lasted through the spring of 1787.

221年前、この通りの向かいに今もなお建っているホールに、人々が集まり、これら簡潔な言葉をもって、アメリカというあり得ない民主主義の実験を始めました。農民、学者、政治家、愛国者の彼ら、圧政や迫害を逃れ、海を渡り、アメリカにたどり着いた人々が、独立を宣言しました。1787年春の間をかけて続いたフィラデルフィア大陸会議において。


The document they produced was eventually signed but ultimately unfinished. It was stained by this nation's original sin of slavery, a question that divided the colonies and brought the convention to a stalemate until the founders chose to allow the slave trade to continue for at least twenty more years, and to leave any final resolution to future generations.

彼らが起草したこの文書は最終的には署名されましたが、最終的には不完全なものでした。奴隷制度というこの国独自の原罪によって汚されていたからです。奴隷制への疑問が東部13州の植民地を分断し、大陸会議もこう着状態に陥りました。打開策として、建国者たちは奴隷貿易を少なくとも20年以上続けられるようにし、最終的な解決は未来の世代に任せるという選択をしました。


Of course, the answer to the slavery question was already embedded within our Constitution - a Constitution that had at its very core the ideal of equal citizenship under the law; a Constitution that promised its people liberty, and justice, and a union that could be and should be perfected over time.

もちろん、奴隷制度に対する答えはすでに合衆国憲法に組み込まれています。憲法はその軸として、法の下における市民平等の理念を掲げています。憲法には時を経て完成されるべき自由と正義、そして結束を国民に約束するものでした。


And yet words on a parchment would not be enough to deliver slaves from bondage, or provide men and women of every color and creed their full rights and obligations as citizens of the United States. What would be needed were Americans in successive generations who were willing to do their part - through protests and struggle, on the streets and in the courts, through a civil war and civil disobedience and always at great risk - to narrow that gap between the promise of our ideals and the reality of their time.

しかし羊皮紙に書かれた言葉だけは十分ではないのかもしれません。奴隷を屈従から自由にしたり、すべての人種や信念を持つ男女に、アメリカ合衆国の市民としてのすべての権利と義務を与えるには。求められるものは何代にもわたり抵抗や戦いの歴史を受け継ぎ、自分の役割を果たそうとするアメリカ人でした。その戦いは路上や法廷で、南北戦争や市民的不服従によって、いつも大きなリスクをおかしながら行われてきました。私たちの理想である約束と現実のギャップを埋めるために。

Civil disobedience=市民的不服従
Wiki 市民的不服従
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E6%B0%91%E7%9A%84%E4%B8%8D%E6%9C%8D%E5%BE%93


This was one of the tasks we set forth at the beginning of this campaign - to continue the long march of those who came before us, a march for a more just, more equal, more free, more caring and more prosperous America. I chose to run for the presidency at this moment in history because I believe deeply that we cannot solve the challenges of our time unless we solve them together - unless we perfect our union by understanding that we may have different stories, but we hold common hopes; that we may not look the same and we may not have come from the same place, but we all want to move in the same direction - towards a better future for our children and our grandchildren.

私たちのこの選挙戦当初から示してきた仕事の一つは、私たちの先人が続けてきた長い行進を続け、より公正で、より公平で、より自由で、より思いやりを持った、より繁栄するアメリカを目指すことでした。私が時代のこの時期に大統領選に出馬することにしたのは、私たちがともに解決に立ち上がり、私たちが異なる人生を歩んでいることを理解することによって結束を完ぺきなものにし、共通の希望を持たない限り、私たちの時代の難題は解決されないであろうことを深く信じているからです。私たちの共通の希望は同じようには見えないかもしれません。私たちは同じ地域の出身でもありません。しかし私たちはすべて同じ方向へ向かいたいと考えています。よりよい未来へと。子供たちと孫たちのために。


This belief comes from my unyielding faith in the decency and generosity of the American people. But it also comes from my own American story.

この信念はアメリカ国民の良識と寛大さに対する揺るぎない信仰から来ています。しかしそれは私自身のアメリカンストーリーからくるものでもあります。


I am the son of a black man from Kenya and a white woman from Kansas. I was raised with the help of a white grandfather who survived a Depression to serve in Patton's Army during World War II and a white grandmother who worked on a bomber assembly line at Fort Leavenworth while he was overseas. I've gone to some of the best schools in America and lived in one of the world's poorest nations. I am married to a black American who carries within her the blood of slaves and slaveowners - an inheritance we pass on to our two precious daughters. I have brothers, sisters, nieces, nephews, uncles and cousins, of every race and every hue, scattered across three continents, and for as long as I live, I will never forget that in no other country on Earth is my story even possible.

私はケニア出身の黒人男性とカンザス出身の白人女性との間に生まれました。私は白人の祖父母の庇護のもと育ちました。祖父は世界大恐慌を第二次世界大戦の間パットン隊に入隊することで生き抜きました。祖母は祖父が海外にいる間、フォート・リーベンワース(カンザス州・陸軍基地あり)の兵器工場で働いていました。私はアメリカの最もよい学校のいくつかで学び、世界の中で最も貧しい国の一つで暮らしたこともあります。私は黒人のアメリカ人と結婚しました。彼女は奴隷と奴隷オーナーの血を引き継いでいます。その遺産は私たちの大事な2人の娘に受け継がれています。私には兄弟、姉妹、姪、甥、叔父やいとこがいますが、あらゆる人種、あらゆる肌の色をしていて、3つの大陸に散らばっています。私は生きている限り決して忘れないでしょう。地球上のほかの国では、私の人生は不可能であったことを。


It's a story that hasn't made me the most conventional candidate. But it is a story that has seared into my genetic makeup the idea that this nation is more than the sum of its parts - that out of many, we are truly one.

この人生は、私をありきたりな大統領候補者にしませんでした。しかしこの人生には私の遺伝的に構築された考えが焼き付けられているのです。この国は多数の寄せ集め以上のものであり、多から一へそのものであり、私たちは本当に一つなのだと。

One out of Many=「多から一へ」。1ドル札などに印刷されているラテン語E pluribus unumの英語訳。多人種が集まるアメリカの国是


Throughout the first year of this campaign, against all predictions to the contrary, we saw how hungry the American people were for this message of unity. Despite the temptation to view my candidacy through a purely racial lens, we won commanding victories in states with some of the whitest populations in the country. In South Carolina, where the Confederate Flag still flies, we built a powerful coalition of African Americans and white Americans.

選挙戦の最初の1年を通し、不利なあらゆる予測に反し、私たちはいかにアメリカの人々が結束というメッセージを欲していたのかを知りました。私の選挙戦を単に人種的なレンズを通して捉えたいという誘惑があるにもかかわらず、多くの州で堂々たる勝利を納め、白人の多い州でも勝利を得ました。サウスカロライナでは南部連合国旗がまだはためいていますが、私たちはアフリカ系アメリカ人と白人のアメリカ人の力強い連携を打ち立てることができたのです。


This is not to say that race has not been an issue in the campaign. At various stages in the campaign, some commentators have deemed me either "too black" or "not black enough." We saw racial tensions bubble to the surface during the week before the South Carolina primary. The press has scoured every exit poll for the latest evidence of racial polarization, not just in terms of white and black, but black and brown as well.

選挙戦で人種は問題にされなかったと言うつもりはありません。さまざまな場面で、何人かのコメンテーターは「黒人的すぎる」とか「黒人的でない」などと評しました。私たちはサウスカロライナ州の予備選の1週間前、人種的緊張が表面化するのを見ました。報道はあらゆる出口調査において、人種的な両極化の証拠を探しまわってきました。黒人と白人というだけでなく、黒か褐色かのようなことまで含めて。


And yet, it has only been in the last couple of weeks that the discussion of race in this campaign has taken a particularly divisive turn.

しかし、この選挙戦で人種問題の議論が際立った対立軸に変わったのはこの2週間のことです。


On one end of the spectrum, we've heard the implication that my candidacy is somehow an exercise in affirmative action; that it's based solely on the desire of wide-eyed liberals to purchase racial reconciliation on the cheap. On the other end, we've heard my former pastor, Reverend Jeremiah Wright, use incendiary language to express views that have the potential not only to widen the racial divide, but views that denigrate both the greatness and the goodness of our nation; that rightly offend white and black alike.

この問題の一つの対極においては、私が立候補できたのは、ある種の差別是正措置であるという意見を聞きました。それは純真なリベラル派が安上がりに人種的融和を手に入れたいという願望から行われたのだとも。しかし他方では、私の元牧師、ジェレミア・ライト氏が、扇動的な言葉を使い、人種間の溝をさらに広げてしまう可能性があるだけでなく、私たちの国の偉大さと善良さの両方を傷つけてしまう意見を聞いたわけです。その意見は、当然のことながら白人も黒人も同じように怒らせてしまいました。

affirmative action=積極的行動、積極的差別是正措置(米) 
 


I have already condemned, in unequivocal terms, the statements of Reverend Wright that have caused such controversy. For some, nagging questions remain. Did I know him to be an occasionally fierce critic of American domestic and foreign policy? Of course. Did I ever hear him make remarks that could be considered controversial while I sat in church? Yes. Did I strongly disagree with many of his political views? Absolutely - just as I'm sure many of you have heard remarks from your pastors, priests, or rabbis with which you strongly disagreed.

私は既に明確な言葉で、このような論争を起こしたライト氏の演説を非難しています。しかし何人かにとっては、どうしても消えない質問がまだ残っています。彼が時々猛烈にアメリカの国内政治や外交問題について非難するということを知っていたか? ええ、もちろん。 教会で、論争の的になっている彼の発言を聞いたことがあったか? ありました。彼の政治的見解の多くに強く反感を覚えましたか? もちろんです。みなさんの多くが、牧師や司祭やラビからあなたが強く意義を唱えるたくなるような発言を聞いた経験はあると思います。


But the remarks that have caused this recent firestorm weren't simply controversial. They weren't simply a religious leader's effort to speak out against perceived injustice. Instead, they expressed a profoundly distorted view of this country - a view that sees white racism as endemic, and that elevates what is wrong with America above all that we know is right with America; a view that sees the conflicts in the Middle East as rooted primarily in the actions of stalwart allies like Israel, instead of emanating from the perverse and hateful ideologies of radical Islam.

しかし、現在、猛反発を受けている(ライト牧師の)発言は、単なる問題発言ではありません。単に、不公正を声高に非難するための宗教的指導者の行動でもありません。そうではなく、この国の国家観をひどくゆがめて表現しているのです。白人の人種差別を固有のものであるとし、アメリカの悪いところを、アメリカの正しいことよりも上に持ち上げています。中東紛争が、主としてイスラエルのような強固な同盟国の行動からくるものだとし、イスラム教過激派の道理に反する憎しみに満ちたイデオロギーから生じているものとはしませんでした。


As such, Reverend Wright's comments were not only wrong but divisive, divisive at a time when we need unity; racially charged at a time when we need to come together to solve a set of monumental problems - two wars, a terrorist threat, a falling economy, a chronic health care crisis and potentially devastating climate change; problems that are neither black or white or Latino or Asian, but rather problems that confront us all.

このように、ライト氏のコメントは間違っているだけでなく分裂を引き起こすものでした。私たちの団結が必要な時にです。人種問題が争点になったのは、私たちが重要な一連の問題をともに解決せねばならない時だったのです。2つの戦争、テロの脅威、経済の崩壊、慢性的医療危機、潜在的に衝撃的な気候変動ーー。これらの問題は黒人だろうが白人だろうが、ラテン系だろうがアジア系だろうが関係なく、私たちみんなの前に立ちはだかる問題なのです。


Given my background, my politics, and my professed values and ideals, there will no doubt be those for whom my statements of condemnation are not enough. Why associate myself with Reverend Wright in the first place, they may ask? Why not join another church? And I confess that if all that I knew of Reverend Wright were the snippets of those sermons that have run in an endless loop on the television and You Tube, or if Trinity United Church of Christ conformed to the caricatures being peddled by some commentators, there is no doubt that I would react in much the same way.

私の経歴や政治思想、価値観や信念を考えると、私の非難声明が十分でないと思う人々がいることは間違いありません。そもそも、なぜ私がライト牧師と付き合うようになったのかと聞くかもしれません。なぜほかの教会に参加しないのかと。私は認めます。もし私がライト氏について知っていることが、テレビやユーチューブで繰り返し放送される説教の断片だけだとしたら、そしてもし、トリニティ統合キリスト教会が、解説者たちによってばら撒かれた風刺画のとおりだったら、私だって大体同じような反応をしたに違いないと。


But the truth is, that isn't all that I know of the man. The man I met more than twenty years ago is a man who helped introduce me to my Christian faith, a man who spoke to me about our obligations to love one another; to care for the sick and lift up the poor. He is a man who served his country as a U.S. Marine; who has studied and lectured at some of the finest universities and seminaries in the country, and who for over thirty years led a church that serves the community by doing God's work here on Earth - by housing the homeless, ministering to the needy, providing day care services and scholarships and prison ministries, and reaching out to those suffering from HIV/AIDS.

しかし真実は、私が知るライト氏はそれがすべてではありません。私が20年以上前に会ったその人は、私のキリスト教徒としての信念を教え導いた人であり、私に人はお互いに愛し合わなければならないという義務を教えてくれた人であり、やめる人を看病し、貧しい人を助けなさいと教えてくれた人なのです。彼は海兵隊としてこの国に仕えた男であり、有名大学や神学校で学び教え、30年以上、教会を率いて地域社会での奉仕活動をしてきました。「ここ地上における神の業」を行ってきたのです。ホームレスに家を与え、貧しい人を助け、保育サービスを運営し、奨学金を出し、刑務所へ奉仕し、HIV・エイズに苦しむ患者の救済にあたってきたのです。


In my first book, Dreams From My Father, I described the experience of my first service at Trinity:

私の最初の本「父からの夢」において、私はこの教会での最初の礼拝に参加した時の経験を綴りました。


"People began to shout, to rise from their seats and clap and cry out, a forceful wind carrying the reverend's voice up into the rafters....And in that single note - hope! - I heard something else; at the foot of that cross, inside the thousands of churches across the city, I imagined the stories of ordinary black people merging with the stories of David and Goliath, Moses and Pharaoh, the Christians in the lion's den, Ezekiel's field of dry bones. Those stories - of survival, and freedom, and hope - became our story, my story; the blood that had spilled was our blood, the tears our tears; until this black church, on this bright day, seemed once more a vessel carrying the story of a people into future generations and into a larger world. Our trials and triumphs became at once unique and universal, black and more than black; in chronicling our journey, the stories and songs gave us a means to reclaim memories that we didn't need to feel shame about...memories that all people might study and cherish - and with which we could start to rebuild."

「人々は叫び始めた。席から立ち上がり、拍手をし、大声で叫び、力強い風が牧師の声を梁まで響かせた。そして一言、希望! 私は何かほかのものを聞いたような気がした。十字架の足下で、この街中にある何千もの教会の中で、私は想像していた。普通の黒人の物語が、ダビデ、ゴリアテ、モーゼ、ファラオ、ライオンの巣の中のキリスト教徒、乾いた骨だらけのエゼキエルの土地の物語と融合するのを。生存、自由、そして希望というこれらの物語が、私たちの、そして私の物語となった。流された血は私たちの血であり、流された涙は私たちの涙であった。この黒人の教会が、この明るい日に船となり、もう一度、将来の世代やより広い世界に人々の物語を船出させるまでは。私たちの試練や勝利は独特であると同時に普遍的なものとなり、黒人と黒人以外の人々のものとなり、私たちの旅が歴史に名をとどめることになるだろう。物語や歌は、記憶を呼び戻す意味を教えている。私たちはその記憶を恥ずかしく思う必要はない。記憶はすべての人々が学び、胸に秘め、記憶とともに再構築を始めるものなのだから」


That has been my experience at Trinity. Like other predominantly black churches across the country, Trinity embodies the black community in its entirety - the doctor and the welfare mom, the model student and the former gang-banger. Like other black churches, Trinity's services are full of raucous laughter and sometimes bawdy humor. They are full of dancing, clapping, screaming and shouting that may seem jarring to the untrained ear. The church contains in full the kindness and cruelty, the fierce intelligence and the shocking ignorance, the struggles and successes, the love and yes, the bitterness and bias that make up the black experience in America.

これがトリニティー教会での私の体験です。この国のほかのほとんどの黒人教会と同じように、トリニティーは黒人社会の縮図です。医者や福祉を受ける母親、模範生徒、元暴力団などが集まっています。トリニティーの奉仕活動は騒々しい笑い声と、時として品のないユーモアに満ちています。彼らはダンスし、拍手し、金切り声を上げ、叫びます。慣れていない人には耳障りかもしれません。教会は親切と残酷さ、研ぎ澄まされた知性と驚くばかりの無知、挫折と成功、愛と憎しみ、偏見など、アメリカの黒人の経験を形作っているあらゆるものをいっぱい含んでいます。


And this helps explain, perhaps, my relationship with Reverend Wright. As imperfect as he may be, he has been like family to me. He strengthened my faith, officiated my wedding, and baptized my children. Not once in my conversations with him have I heard him talk about any ethnic group in derogatory terms, or treat whites with whom he interacted with anything but courtesy and respect. He contains within him the contradictions - the good and the bad - of the community that he has served diligently for so many years.

こういうふうに説明すれば、もしかして私とライト牧師との関係が理解しやすくなるかもしれません。彼は不完全かもしれませんが、私にとってはずっと家族のような人でした。彼は私の信仰を深め、結婚式の司祭を務め、私たちの子供に洗礼を授けてくれました。彼から直接、少数民族に関し話すときに差別的な言葉を、聞いたことは一度もありませんし、白人と対話する時には、彼はいつも礼儀正しく敬意をもって振舞っていました。彼には、「良い面」と「悪い面」という矛盾するものを持っているのです。ちょうど、彼が何年間も努力し尽くしてきた黒人の地域社会のように。


I can no more disown him than I can disown the black community. I can no more disown him than I can my white grandmother - a woman who helped raise me, a woman who sacrificed again and again for me, a woman who loves me as much as she loves anything in this world, but a woman who once confessed her fear of black men who passed by her on the street, and who on more than one occasion has uttered racial or ethnic stereotypes that made me cringe.

彼と縁を切るということは、黒人社会との絶縁をも意味します。彼を見捨てることは、私の白人の祖母を見捨てるのと同じです。私は白人の祖母との関係を絶つことができないように、彼との関係を絶つことはできません。祖母は私を育ててくれました。私のために何度も犠牲を払ってくれました。彼女が愛した世の中の何よりも私のことを愛しく思ってくれていました。しかし、この祖母からでさえ、「黒人男性と街ですれ違うのが怖い」と告白されたことがあります。何度か人種的民族的偏見の言葉に、私は縮み上がったこともあります。

no more A than B =AでないのはBと同じ


These people are a part of me. And they are a part of America, this country that I love.

これらの人々は私の一部なのです。そして彼らはアメリカの一部であり、それが私の愛する国なのです。


Some will see this as an attempt to justify or excuse comments that are simply inexcusable. I can assure you it is not. I suppose the politically safe thing would be to move on from this episode and just hope that it fades into the woodwork. We can dismiss Reverend Wright as a crank or a demagogue, just as some have dismissed Geraldine Ferraro, in the aftermath of her recent statements, as harboring some deep-seated racial bias.

私のこの演説が、単に許しがたいコメントを正当化するか言い訳をしようとしているだけだとお考えの方もいると思います。しかしそうではないと断言できます。政治的に安全なことを考えれば、この出来事から話題をそらし、ただどこへともなく消えていくことを望んでいればいいのです。私たちはライト牧師を変人だとか扇動者だとして関係を絶つこともできます。ジェラルディン・フェラーロを彼女の最近の声明の後で、根深い人種的偏見を持っているとして解雇したように。

in the aftermath of=~の余波で、~の結果


But race is an issue that I believe this nation cannot afford to ignore right now. We would be making the same mistake that Reverend Wright made in his offending sermons about America - to simplify and stereotype and amplify the negative to the point that it distorts reality.

しかし人種問題は今日のアメリカが無視することができない問題だと信じています。私たちは同じ間違いを犯すかもしれません。ライト牧師がアメリカについて怒りの説教において犯したのと同じ間違いを。単純化し、型にはめ、真実をゆがめるほど否定的な部分を拡大するようなことを。


The fact is that the comments that have been made and the issues that have surfaced over the last few weeks reflect the complexities of race in this country that we've never really worked through - a part of our union that we have yet to perfect. And if we walk away now, if we simply retreat into our respective corners, we will never be able to come together and solve challenges like health care, or education, or the need to find good jobs for every American.

実際、この2、3週間、なされてきたコメントや表面化した出来事は、この国の人種問題の複雑さを反映しています。私たちは本当には人種問題を克服できていないのです。結束の一部分は、私たちはまだ完璧にはなしとげていません。そしてもし私が責任逃れをしたら、もし私たちが各自の場所にただ逃げ込んでしまったら、私たちは医療問題や教育問題やすべての国民によい仕事を提供するために、結束し、難題を解決していくことは決してできないでしょう。

work through=克服する have yet to=まだ~していない walk away=責任を逃れるretreat into=~に逃げ込む


Understanding this reality requires a reminder of how we arrived at this point. As William Faulkner once wrote, "The past isn't dead and buried. In fact, it isn't even past." We do not need to recite here the history of racial injustice in this country. But we do need to remind ourselves that so many of the disparities that exist in the African-American community today can be directly traced to inequalities passed on from an earlier generation that suffered under the brutal legacy of slavery and Jim Crow.

この現実を理解することは、どのようにしてこの地点に到達したかを思い起こす必要があります。ウィリアム・フォークナーがかつて書きました。「過去は死んで葬られてはいない。実際、まだ過去にはなっていない」と。ここでこの国の人種的不公正の歴史を列挙する必要はないでしょう。しかし私たちは思い出す必要があります。アフリカ系アメリカ人社会において、今でも存在する多くの格差は、過去の世代続いてきた不平等を直接引き継いだものだということを。過去の世代は残忍な奴隷制度の遺産と黒人差別に苦しんできました。

Jim Crow=黒人差別
Jim Crow law=ジム・クロウ法 1876年から1964年にかけて存在したアメリカ合衆国南部の州法で、アフリカン・アメリカン(アメリカ黒人)の一般施設利用を制限した法律の総称
参考:Wiki ジム・クロウ法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E6%B3%95


Segregated schools were, and are, inferior schools; we still haven't fixed them, fifty years after Brown v. Board of Education, and the inferior education they provided, then and now, helps explain the pervasive achievement gap between today's black and white students.

人種別学校(黒人学校)は昔も今も劣った学校です。私たちはそれを改善しておらず、ブラウン対教育委員会事件のあと50年経った今も、彼らが供給する劣った学校によって、黒人と白人の生徒の間の学力格差は続いているのです。

Brown v. Board of Education=ブラウン対教育委員会事件
参考:Wiki ブラウン対教育委員会裁判
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E5%AF%BE%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E8%A3%81%E5%88%A4


Legalized discrimination - where blacks were prevented, often through violence, from owning property, or loans were not granted to African-American business owners, or black homeowners could not access FHA mortgages, or blacks were excluded from unions, or the police force, or fire departments - meant that black families could not amass any meaningful wealth to bequeath to future generations. That history helps explain the wealth and income gap between black and white, and the concentrated pockets of poverty that persists in so many of today's urban and rural communities.

差別の合法化によって、黒人たちは時には暴力を伴って土地を取得することを妨げられたり、アフリカ系アメリカ人の経営者が融資してもらえなかったり、または黒人が家を持とうとしても連邦住宅局(FHA)の住宅ローンを組めないようなことがありました。それは黒人家族は将来世代へ残す意味のある富はどんなものでも築くことはできないということを意味していました。この歴史は、黒人と白人の間の富や収入の格差をもたらし、そして今日も都市や地方のコミュニティーの多くで貧困地域がある理由となっています。


A lack of economic opportunity among black men, and the shame and frustration that came from not being able to provide for one's family, contributed to the erosion of black families - a problem that welfare policies for many years may have worsened. And the lack of basic services in so many urban black neighborhoods - parks for kids to play in, police walking the beat, regular garbage pick-up and building code enforcement - all helped create a cycle of violence, blight and neglect that continue to haunt us.

黒人男性には経済的機会が不足しており、家族を養えないことからくる恥ずかしさや苛立ちは、黒人家族の崩壊をもたらしました。長年の国の福祉政策はむしろこの問題を悪化させてきたのです。そして都市の黒人居住地区の多くでは、子供たちが遊ぶ公園や、警察官の巡回、ゴミの回収、建築基準の強化といった基本的サービスが欠如しています。そしてこれらすべてが、私たちを悩まし続けてきた暴力や荒廃、放置の連鎖を生み出してきました。


This is the reality in which Reverend Wright and other African-Americans of his generation grew up. They came of age in the late fifties and early sixties, a time when segregation was still the law of the land and opportunity was systematically constricted. What's remarkable is not how many failed in the face of discrimination, but rather how many men and women overcame the odds; how many were able to make a way out of no way for those like me who would come after them.

ライト牧師と彼の世代のアフリカ系アメリカ人にとって、これが真実なのです。彼らは1950年代の後半から1960年代初頭に成人した世代で、当時は差別がまだ法制化されており、機会は徹底的に妨害されていた時代に育ちました。注目すべきことは、何度その差別に直面し失敗したかではなく、むしろ何人の男女がその不平等を克服したかであり、私のような次世代の人間、道のないところにどれだけ道を切り開いてくれたのか、ということではないでしょうか。

make a way out of no way=道のないところに道を作る


But for all those who scratched and clawed their way to get a piece of the American Dream, there were many who didn't make it - those who were ultimately defeated, in one way or another, by discrimination. That legacy of defeat was passed on to future generations - those young men and increasingly young women who we see standing on street corners or languishing in our prisons, without hope or prospects for the future. Even for those blacks who did make it, questions of race, and racism, continue to define their worldview in fundamental ways. For the men and women of Reverend Wright's generation, the memories of humiliation and doubt and fear have not gone away; nor has the anger and the bitterness of those years. That anger may not get expressed in public, in front of white co-workers or white friends. But it does find voice in the barbershop or around the kitchen table. At times, that anger is exploited by politicians, to gin up votes along racial lines, or to make up for a politician's own failings.

しかしアメリカンドリームを手に入れようと奮闘しても、実現できなかった人々は多かったのです。色んな方向を目指しても、結局差別によって最終的には敗れました。この敗北の遺産は、次世代に伝えられました。街角に立つか獄中生活を送るかという若い男性、最近では若い女性も増えていますが、彼らには希望も未来への望みもありません。成功した黒人にとってさえ、人種や人種差別問題は基本的な部分で彼らの世界観を定義づけ続けています。ライト牧師世代の男女にとって、屈辱や疑い、恐怖の記憶は、消え去ってはいません。これらの時代の怒りや恨みも消え去ってはいません。怒りは白人の同僚や友人たちのいる公の場では表現されていないかもしれません。しかし理髪店や食卓の周りでは語られています。時々、その怒りが政治家によって利用されることがあります。人種的な側面で投票をかき立てたり、政治家の失敗の埋め合わせをするために。

in one way or another=あれやこれや、どうにかして、さまざまな方法で


And occasionally it finds voice in the church on Sunday morning, in the pulpit and in the pews. The fact that so many people are surprised to hear that anger in some of Reverend Wright's sermons simply reminds us of the old truism that the most segregated hour in American life occurs on Sunday morning. That anger is not always productive; indeed, all too often it distracts attention from solving real problems; it keeps us from squarely facing our own complicity in our condition, and prevents the African-American community from forging the alliances it needs to bring about real change. But the anger is real; it is powerful; and to simply wish it away, to condemn it without understanding its roots, only serves to widen the chasm of misunderstanding that exists between the races.

そして時に、日曜の朝の教会の説教壇や礼拝席で語られることもあります。多くの人々がライト牧師の説教にこめられた怒りに驚いているという事実は、古くから「自明の理」とされてきたことを思い出させます。アメリカにおける人生で最も人種隔離される時間は日曜の朝(礼拝の朝)に起こるということです。怒りはいつも生産的というわけではなく、むしろ、大抵の場合、真の問題解決への注意がそれてしまうのです。怒りは現在の状態に関する私たち自身の共犯性を直視することを避けさせ、アフリカ系アメリカ人社会が真の変革をもたらすために必要な一致団結を妨げているのです。しかし、怒りは本物ですし、強いものです。そして、怒りがただどこかに消え去ってくれればいいと望んだり、そのルーツの理解なしに非難することは、人種間にある誤解の溝をただ広げるだけなのです。

all too often=大抵は、何度も keep from=避ける


In fact, a similar anger exists within segments of the white community. Most working- and middle-class white Americans don't feel that they have been particularly privileged by their race. Their experience is the immigrant experience - as far as they're concerned, no one's handed them anything, they've built it from scratch. They've worked hard all their lives, many times only to see their jobs shipped overseas or their pension dumped after a lifetime of labor. They are anxious about their futures, and feel their dreams slipping away; in an era of stagnant wages and global competition, opportunity comes to be seen as a zero sum game, in which your dreams come at my expense. So when they are told to bus their children to a school across town; when they hear that an African American is getting an advantage in landing a good job or a spot in a good college because of an injustice that they themselves never committed; when they're told that their fears about crime in urban neighborhoods are somehow prejudiced, resentment builds over time.

実際には、似たような怒りは白人社会の一部にも存在します。中流の白人労働者のほとんどは、人種による特権を受けてはいません。彼らの経験は移民の経験です。彼らに関しては、誰からも手を差し伸べられず、自分自身で一から築き上げてきました。彼らは一生涯、働き尽くめでがんばってきましたが、何度も彼らの仕事が海を渡っていったり、彼らの年金が現役引退後に捨てられる目に会ってきただけでした。彼らは将来に不安を持っています。そして夢はどこかに滑り落ちていくのを感じています。増えない賃金と国際競争の時代において、成功への機会はまるでゼロサムゲームのようにみえてきました。そのゲームではあなたの夢が私の損失によって成り立つのです。そして彼らは子供たちを街の反対側にある学校に子供たちをバス通学させるように言われ、彼らが全く関係していない不公正を理由にアフリカ系アメリカ人にはよい仕事についたりよい大学に進む優遇措置があると聞いたとき、彼らが地域の犯罪に関する恐れがどこか偏見を含んでいると言われるとき、憤りはいつの間にか醸成されるのです。

from scratch=最初から 


Like the anger within the black community, these resentments aren't always expressed in polite company. But they have helped shape the political landscape for at least a generation. Anger over welfare and affirmative action helped forge the Reagan Coalition. Politicians routinely exploited fears of crime for their own electoral ends. Talk show hosts and conservative commentators built entire careers unmasking bogus claims of racism while dismissing legitimate discussions of racial injustice and inequality as mere political correctness or reverse racism.

黒人社会の中にある怒りのように、これらの憤りも普段は礼儀正しい場では述べられることはありません。しかし少なくともある時代の政治状況の形成には寄与しています。(例えば)福祉や差別是正措置への怒りはレーガン連立の動きを強めました。政治家はいつも通り自らの選挙前に犯罪への恐怖につけ込みました。トークショーの司会者や保守系コメンテーターはいんちきな人種問題に関する主張を暴露することによってキャリアを永続的に築き上げる一方で、真っ当な人種的不公正や不平等の議論を退けてきました。まるで、それがちょっとした政治的正当性であるか、または逆人種差別であるかのように。

affirmative action=積極的行動 (米)マイノリティー優遇措置、差別是正措置
Reagan Coalition=レーガン連立 1980年の米大統領選挙で民主党から共和党へ鞍替えする動きが出て、レーガンが地滑り的圧勝をしたことを指す。主に北東部の白人労働者が中心だったらしい。
参考:Wiki Reagan coalition
http://en.wikipedia.org/wiki/Reagan_coalition


Just as black anger often proved counterproductive, so have these white resentments distracted attention from the real culprits of the middle class squeeze - a corporate culture rife with inside dealing, questionable accounting practices, and short-term greed; a Washington dominated by lobbyists and special interests; economic policies that favor the few over the many. And yet, to wish away the resentments of white Americans, to label them as misguided or even racist, without recognizing they are grounded in legitimate concerns - this too widens the racial divide, and blocks the path to understanding.

黒人の怒りがしばしば逆効果となるように、白人の憤りも、中産階級を圧迫する真の元凶への注意をそらすことになっています。(元凶とは)インサイダー取引や疑問の多い会計慣行や短期利益だけを追求する企業文化、ロビイストや特定利益団体に支配されるワシントン、少数優遇の経済政策なのです。そして、白人の憤りがなくなることをを望み、彼らが誤った方向に導かれたか人種差別主義者としてラベルを貼ることは、彼らには正当な理由があることを理解しないでそんなことをすれば、人種的分裂を広げてしまい、理解への道を塞ぐことになります。


This is where we are right now. It's a racial stalemate we've been stuck in for years. Contrary to the claims of some of my critics, black and white, I have never been so naïve as to believe that we can get beyond our racial divisions in a single election cycle, or with a single candidacy - particularly a candidacy as imperfect as my own.

今回のことは、今私たちが立つ場所なのです。人種的膠着状態が何年も続いてきました。私に対する批評家の何人かの主張に反し、私はそう世間知らずではありません。私は、黒人と白人が、一回の選挙や一人の立候補者によって人種的分裂を超えられると信じているわけではありません。特に、私自身、不完全な候補者なのですから。


But I have asserted a firm conviction - a conviction rooted in my faith in God and my faith in the American people - that working together we can move beyond some of our old racial wounds, and that in fact we have no choice if we are to continue on the path of a more perfect union.

しかし、私は固い確信を持って断言します。私の神への信仰と、アメリカの人々への信頼のもとに。共に力を合わせれば、私たちは古い人種的な傷を超えることができるでしょう。そして実際、私たちには選択肢はないのです。もしより完全な結束への道を歩み続けるのであれば。


For the African-American community, that path means embracing the burdens of our past without becoming victims of our past. It means continuing to insist on a full measure of justice in every aspect of American life. But it also means binding our particular grievances - for better health care, and better schools, and better jobs - to the larger aspirations of all Americans -- the white woman struggling to break the glass ceiling, the white man whose been laid off, the immigrant trying to feed his family. And it means taking full responsibility for own lives - by demanding more from our fathers, and spending more time with our children, and reading to them, and teaching them that while they may face challenges and discrimination in their own lives, they must never succumb to despair or cynicism; they must always believe that they can write their own destiny.

アフリカ系アメリカ人社会にとって、その道、は過去の重荷を過去の犠牲者とならずに受け入れることを意味します。それはアメリカのあらゆる面で正義をを主張し続けることです。しかし、それは私たちの特定の苦情、よりよい医療や学校、仕事に対する苦情を、より大きなすべてのアメリカ人の願望に結びつけるという意味もあります。ガラスの天井を破ることに奮闘している白人女性、レイオフ中の白人男性、家族を食わせようとする移民、すべてのアメリカ人の願望に。そしてそれは自分の人生に責任を持つということでもあります。父親にもっと要求し、彼らが子供たちと過ごす時間を増やし、子供たちに本を読んでやり、そして教えてやるのです。人生において難題や差別に直面するかもしれないが、絶望や皮肉に屈してはならない、自分の運命は自分で切り開くことができると常に信じなければならないと。


Ironically, this quintessentially American - and yes, conservative - notion of self-help found frequent expression in Reverend Wright's sermons. But what my former pastor too often failed to understand is that embarking on a program of self-help also requires a belief that society can change.

皮肉にも、これが典型的なアメリカ人であり、そしてそう、この保守的な自助努力の考えは、ライト牧師の説教でよく出てきた言葉でした。しかし前牧師はきわめて無理解でした。自助努力の計画に乗り出すには、社会は変わることができるという信念が要求されるものだということを理解していなかったのです。


The profound mistake of Reverend Wright's sermons is not that he spoke about racism in our society. It's that he spoke as if our society was static; as if no progress has been made; as if this country - a country that has made it possible for one of his own members to run for the highest office in the land and build a coalition of white and black; Latino and Asian, rich and poor, young and old -- is still irrevocably bound to a tragic past. But what we know -- what we have seen - is that America can change. That is the true genius of this nation. What we have already achieved gives us hope - the audacity to hope - for what we can and must achieve tomorrow.

ライト牧師の説教の大きな誤りは、私たちの社会における人種差別について話したことではありません。あたかも私たちの社会が停滞しているかのように話したことです。まるで何の進歩も成し遂げられないかのように。この国では、彼らの教会の一員が最も高い役職を求めて立候補することを可能にし、黒人と白人、ラテン系、アジア系、裕福な人と貧乏な人、若者と老人、すべてが連携しようとしています。それにもかかわらず、彼はこの国が、悲劇の過去に縛り付けられたまま変わることができないかのように話しました。でも私たちは知っています、私たちは見てきました。アメリカが変わることができることを。それがこの国の真の素晴らしさなのです。私たちがすでに成し遂げてきたことは希望をもたらします。私たちが今後、達成できること、達成しなければならないことへの大いなる希望を。


In the white community, the path to a more perfect union means acknowledging that what ails the African-American community does not just exist in the minds of black people; that the legacy of discrimination - and current incidents of discrimination, while less overt than in the past - are real and must be addressed. Not just with words, but with deeds - by investing in our schools and our communities; by enforcing our civil rights laws and ensuring fairness in our criminal justice system; by providing this generation with ladders of opportunity that were unavailable for previous generations. It requires all Americans to realize that your dreams do not have to come at the expense of my dreams; that investing in the health, welfare, and education of black and brown and white children will ultimately help all of America prosper.

白人社会にとって、より完璧な団結への道は、アフリカ系アメリカ人社会の苦しみを知ることを意味します。それはただ、黒人の心の中だけに存在するわけではありません。それは差別の遺産や、最近の差別的出来事、それは過去よりは公然ではないにしても、実際に存在し、取り組まなければならない課題なのです。言葉だけでなく、行動によって。学校や社会に投資し、公民権法を強化し、刑事司法制度の公平さを確保し、前の世代では不可能だった機会のはしごをこの世代に供給する。すべてのアメリカ人に、あなたがたの夢の実現は、私の夢を奪うことによって実現されるものではないと理解していただきたいのです。医療や福祉、黒人や褐色や白人の子供たちの教育に投資することは、最終的にアメリカの繁栄につながるのです。


In the end, then, what is called for is nothing more, and nothing less, than what all the world's great religions demand - that we do unto others as we would have them do unto us. Let us be our brother's keeper, Scripture tells us. Let us be our sister's keeper. Let us find that common stake we all have in one another, and let our politics reflect that spirit as well.

結局のところ求められるものは、世界のすべての偉大な宗教が求めているものにつきるでしょう。「汝の欲するところを人に施せ」。聖書は私たちに、「兄弟のごとくに接せよ」と説いています。姉妹に対して責任を負うようにと。一つになれる共通の利害をみつけ、政治に精神を反映させるようにと。

Do unto others as you would have them to do unto you.=新約聖書「マタイによる福音書」7章12節 黄金律(golden rule)とも呼ばれる行動規範
nothing more or less than=ほかならない
brother's keeper=兄弟に対して責任を負う者、兄弟の責任をしっかり見る者◆聖書の『創世記』に由来する表現。


For we have a choice in this country. We can accept a politics that breeds division, and conflict, and cynicism. We can tackle race only as spectacle - as we did in the OJ trial - or in the wake of tragedy, as we did in the aftermath of Katrina - or as fodder for the nightly news. We can play Reverend Wright's sermons on every channel, every day and talk about them from now until the election, and make the only question in this campaign whether or not the American people think that I somehow believe or sympathize with his most offensive words. We can pounce on some gaffe by a Hillary supporter as evidence that she's playing the race card, or we can speculate on whether white men will all flock to John McCain in the general election regardless of his policies.

この国には選択肢があります。分裂や対立や皮肉を引き起こす政治を選ぶのです。ただの見せ物として人種問題に取り組むことです。OJシンプソンの裁判のように、または悲劇の通夜としてカトリーナの直後にしたように、または毎晩のニュースの材料として。ライト牧師の説教はすべてのチャンネルで、毎日、放映しています。そしてライト牧師の説教を、選挙の日まで話題にするのです。この選挙戦ではたった一つの疑問だけを問うのです。私がライト牧師の最も攻撃的な言葉を信じ共感していると、アメリカの有権者が考えるか否かを。私たちはヒラリー陣営による何らかの失言を捕らえて、「これこそ彼女が人種カードを使っている証拠だ」と騒ぎ立てることもできます。またはジョン・マケインの方針に関係なく白人男性が皆、総選挙で彼に群がるかどうか推測することもできます。


We can do that.

そうしたいのならできるのです。


But if we do, I can tell you that in the next election, we'll be talking about some other distraction. And then another one. And then another one. And nothing will change.

しかし、もしそうするなら、次の選挙では、何かほかの話題を話しているでしょう。その次の選挙でも、別のことを。同じことを繰り返すだけです。そして何も変りません。


That is one option. Or, at this moment, in this election, we can come together and say, "Not this time." This time we want to talk about the crumbling schools that are stealing the future of black children and white children and Asian children and Hispanic children and Native American children. This time we want to reject the cynicism that tells us that these kids can't learn; that those kids who don't look like us are somebody else's problem. The children of America are not those kids, they are our kids, and we will not let them fall behind in a 21st century economy. Not this time.

それは一つのオプションです。このとき、この選挙で、私たちは一つになって、今回は違うと言うこともできるのです。今回は崩壊する学校について話したいのです。黒人や白人やアジア系やヒスパニックやネイティブアメリカンの子供たちから将来を奪っているのですから。今回は冷笑を否定したいのです。冷笑家は、こういう子供たちは教育のしがいがない、つまり私たちに似ていない子供たちは誰かほかの人の問題であるといいます。アメリカの子供たちはそういう子供たちではないし、彼らは私たちの子供です。私たちは彼らに21世紀の経済で遅れをとらせるようなことはしません。今回は違うのです。


This time we want to talk about how the lines in the Emergency Room are filled with whites and blacks and Hispanics who do not have health care; who don't have the power on their own to overcome the special interests in Washington, but who can take them on if we do it together.

今回は、緊急治療室の順番を待つ列が、どれだけ医療保険を持たない白人や黒人やヒスパニックで埋め尽くされているかについて話したいと思います。彼らには自分自身ではワシントンの特定利益団体に打ち勝つ力はありません。しかし私たちがともに動けば力を持つこともできます。


This time we want to talk about the shuttered mills that once provided a decent life for men and women of every race, and the homes for sale that once belonged to Americans from every religion, every region, every walk of life. This time we want to talk about the fact that the real problem is not that someone who doesn't look like you might take your job; it's that the corporation you work for will ship it overseas for nothing more than a profit.

今回は、閉鎖された工場について話したいのです。閉鎖された工場はかつてはすべての人種の男女にまっとうな人生を供給していました。また売りに出されている家についても話したいのです。かつてはあらゆる宗教の、あらゆる地域の、あらゆる職業のアメリカ人が持っていた家について。今回は、本当の問題はあなたに似ていないほかの誰かがあなたがたの仕事を取ったからではないという事実について話したいのです。それは企業があなたがたの仕事を海外に輸出したのです。ただ利益のためだけに。


This time we want to talk about the men and women of every color and creed who serve together, and fight together, and bleed together under the same proud flag. We want to talk about how to bring them home from a war that never should've been authorized and never should've been waged, and we want to talk about how we'll show our patriotism by caring for them, and their families, and giving them the benefits they have earned.

今回はすべての人種、信条を持つ男女について、一つの誇らしい旗のもとに、ともに助け合い、ともに戦い、ともに血を流す人々について話したいのです。決して許されるべきではなく行われるべきではなかった戦争から、彼らをどうやって家に戻すのかについて話したいのです。そしていかに私たちの愛国心を彼らや彼らの家族に示し、彼らに恩恵を与えるかについて話したいのです。


I would not be running for President if I didn't believe with all my heart that this is what the vast majority of Americans want for this country. This union may never be perfect, but generation after generation has shown that it can always be perfected. And today, whenever I find myself feeling doubtful or cynical about this possibility, what gives me the most hope is the next generation - the young people whose attitudes and beliefs and openness to change have already made history in this election.

もしそのことが、多くのアメリカ人が望んでいることあると心の底から信じられなかったとしたら、私は大統領選に立候補していませんでした。結束は完全となることはないのかもしれません。しかし世代を追うごとに、完全に近づきつつあるのです。そして今、その可能性を私自身が疑い、冷笑的な感情を持ってしまうとき、私に大きな希望を与えてくれるのは、常に次の世代なのです。若い人々の変化に対する態度や信条や率直さは、すでに今回の選挙戦で歴史を作っています。


There is one story in particularly that I'd like to leave you with today - a story I told when I had the great honor of speaking on Dr. King's birthday at his home church, Ebenezer Baptist, in Atlanta.

今日、特に、みなさんにお伝えしたい話があります。キング牧師の誕生日に彼の地元の教会、アトランタのエベニーザー・バプテスト教会でで演説する栄誉を得たときにお話したストーリーです。

エベニーザー・バプテスト教会=マーティン・ルーサー・キング牧師の教会


There is a young, twenty-three year old white woman named Ashley Baia who organized for our campaign in Florence, South Carolina. She had been working to organize a mostly African-American community since the beginning of this campaign, and one day she was at a roundtable discussion where everyone went around telling their story and why they were there.

若い23歳の白人女性がいました。名前をアシュリー・バイアといいます。彼女はサウスカロライナ州フローレンスで私たちの選挙活動を組織しています。彼女は選挙戦の最初から主にアフリカ系アメリカ人社会を組織化するために働いていました。そして、ある日、彼女は自分の経歴とここに来た理由を話す円卓会議に出席しました。


And Ashley said that when she was nine years old, her mother got cancer. And because she had to miss days of work, she was let go and lost her health care. They had to file for bankruptcy, and that's when Ashley decided that she had to do something to help her mom.

アシュリーは言いました。彼女が9歳になったとき、彼女の母親はがんになりました。そして彼女は何日か仕事を欠勤しなければならなかったために、彼女は解雇され医療保険を失いました。彼らは破産を申請せざるをえませんでした。そしてアシュリーは母を手伝うために何かをしようと決心したのです。


She knew that food was one of their most expensive costs, and so Ashley convinced her mother that what she really liked and really wanted to eat more than anything else was mustard and relish sandwiches. Because that was the cheapest way to eat.

彼女は知りました。食べものは最も金のかかる費用の一つであることを。アシュリーは母に、本当に好きで何よりも食べたいものはマスタードとレリッシュのサンドイッチだと納得させました。それが一番安い食べ物だったのです。


She did this for a year until her mom got better, and she told everyone at the roundtable that the reason she joined our campaign was so that she could help the millions of other children in the country who want and need to help their parents too.

彼女は一年間、母がよくなるまでこれを続けました。そして彼女は円卓会議のみんなに、この選挙戦に参加した理由を話しました。彼女は助けられると考えたのです。この国の何百万の子供たち、彼女と同じ様に両親を助けたいと思い、助けなければならない子供たちを。


Now Ashley might have made a different choice. Perhaps somebody told her along the way that the source of her mother's problems were blacks who were on welfare and too lazy to work, or Hispanics who were coming into the country illegally. But she didn't. She sought out allies in her fight against injustice.

アシュリーは違う選択をしたかもしれません。もしかしたら誰かが彼女に、彼女のお母さんの問題の源は黒人にあり、彼らが福祉の世話になっているからであり、怠け者で働かないからだと話しているかもしれません。もしくは不法入国したヒスパニックのためだと。しかし彼女は別の選択をしませんでした。彼女は不公正との闘いに仲間を捜したのです。


Anyway, Ashley finishes her story and then goes around the room and asks everyone else why they're supporting the campaign. They all have different stories and reasons. Many bring up a specific issue. And finally they come to this elderly black man who's been sitting there quietly the entire time. And Ashley asks him why he's there. And he does not bring up a specific issue. He does not say health care or the economy. He does not say education or the war. He does not say that he was there because of Barack Obama. He simply says to everyone in the room, "I am here because of Ashley."

いずれにせよ、アシュリーは自分の話を終え、その部屋を歩き、みんなになぜ彼らがこの選挙運動を支えているかを尋ねました。彼らはすべて違うストーリーや理由を話しました。多くが特定の問題を抱えていました。そして最後に、順番が、ずっと静かに座っていた年配の黒人の男性にまわってきました。アシュリーが彼に聞きました。なぜ、ここにいるのかと。彼は特定の問題については話しませんでした。彼は医療についても経済についても話しません。彼は教育についても戦争についても話しません。彼はバラク・オバマのためだとも言いません。彼は簡単に部屋の中のみんなに向かって言いました。「私はアシュリーのためにいる」と。


"I'm here because of Ashley." By itself, that single moment of recognition between that young white girl and that old black man is not enough. It is not enough to give health care to the sick, or jobs to the jobless, or education to our children.

「私はアシュリーのためにここにいる」。それだけでは、若い白人女性と年寄りの黒人男性との間での認識が一致したこの瞬間だけでは十分ではありません。医療保険を病気の人に与えたり、仕事を失業中の人に与えたり、子供たちに教育を与えるには不十分でしょう。


But it is where we start. It is where our union grows stronger. And as so many generations have come to realize over the course of the two-hundred and twenty one years since a band of patriots signed that document in Philadelphia, that is where the perfection begins.

しかし、これがスタートなのです。私たちの結束は強くなっています。そして多くの世代が、221年にわたり歩んだ道を認識してきたのです。それは愛国者の一軍がフィラデルフィアでその文書(独立宣言)にサインして以来、続いているのです。フィラデルフィアは完全が始まる場所なのです。


-------------------------
★過去のエントリ「オバマ、人種問題で演説」のコメント欄、「どうしても訳したかった者」さんの訳を参考に、JIN流に訳しました。誤訳があればコメント欄でご指摘ください。直します。
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2008/03/post_7833.html

★原文&ビデオ
http://my.barackobama.com/page/content/hisownwords

★その他の演説訳は「オバマ演説」カテゴリで
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/cat20059536/index.html

○お礼と感想
どうしても訳しかった者さん、ありがとうございました。基本的には勉強をかねてJINが訳しておりますが、わからないところは「どうしても〜」さんの訳をそのまま使わせていただきました。

本来は、「どうしても〜」さん訳のほうが正確だと思います(汗)。ただ、英語の勉強としては、演説を聞きながらすんなり意味が入るように、できるだけ英語順に並べています。日本語的にわからないところは、上記「オバマ、人種問題で演説」エントリ、コメント欄の「どうしても〜」さん訳をご覧ください。

ほかの演説に比べて長いしかなり難しかったです。歴史問題や聖書の言葉などがちりばめられている上に、多分、文学的な表現なんでしょうね。「???」というところが多かった。あまりの難しさに、2ヶ月かかってしまいました。その間、「どうしても〜」さん訳が全訳を探している人々のお役に立ったかと思いますし、もういいかとも思ったのですが、コレクションとしてやらねばと思いまして。まあ、既に訳している方もたくさんいるし、オバマもほぼ、民主党候補者の地位も固めてますが。とほほ。

|

« 原子力時代へ向けて米露が覇権争い | Main | フジの月9ドラマ「CHANGE」 »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Finally, an issue that I am passionate about. I have looked for information of this caliber for the last several hours. Your site is greatly appreciated.

Posted by: canadian payday loans | September 22, 2010 at 07:42 AM

Thanks for such a great post and the review, I am totally impressed! Keep stuff like this coming.

Posted by: online loans | September 21, 2010 at 07:55 PM

Your blog website is great. Say thanks to you very much for presenting a great deal of both interesting and useful ideas. I'll be bookmarking bookmark your blog site and will be absolutely returning. Again, I recognize the value of your work along with providing much handy information to the followers.

Posted by: payday loans canada | August 25, 2010 at 11:37 AM

Your website is very the most interesting. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans | July 02, 2010 at 05:23 PM

これですね?

Four score and seven years ago our fathers brought forth on this continent, a new nation, conceived in Liberty, and dedicated to the proposition that all men are created equal.

The Gettysburg Addressより
http://showcase.netins.net/web/creative/lincoln/speeches/gettysburg.htm

イリノイ選出だけに、やはり、リンカーンなのでしょうね。

Posted by: JIN | May 27, 2008 at 11:11 AM

冒頭の部分は、リンカーンのゲティスバーグでの演説の出だし部分を意識してますね。リンカーンの演説では、「87年前、我らの父祖は…」というふうな始まり方でしたから。

Posted by: 冒頭の部分は | May 27, 2008 at 03:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41315372

Listed below are links to weblogs that reference オバマ人種問題演説 A More Perfect Union:

» 真日本主義・人種的偏見 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「真日本主義・マリア・ルーズ号事件」について  マリア・ルーズ号事件は人身売買・奴隷貿易の問題だった。植民地支配や人種差別の話題ではなかった。人身売買と植民地支配と人種差別のみっつの問題は、それぞれが独立した別個の話題なんだが、国際社会でも欧米でもAA諸国でも日本でも、どこでもこのみっつの話題は混濁させて議論されることが多い。実際、起きている事象が、同時にふたつ、あるいはみっつの問題をふくんでいて、相互に強い影響と関連をもっていたから、切り離せないケースが多いのも事実だ。  みっつの問...... [Read More]

Tracked on May 28, 2008 at 04:51 PM

« 原子力時代へ向けて米露が覇権争い | Main | フジの月9ドラマ「CHANGE」 »