« 大統領選、ノースカロライナ直前情報 | Main | 表参道でフリーチベットと叫ぶ »

May 05, 2008

ようやく報道として出てきた訳だ

もうやめようと思ったんだが、気になった記事が。今ごろかよと思うけど、ようやく新聞に掲載されたのだろうか。

胡主席、「本当の」長野聖火リレーご存じですか?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/142691/

 市役所近くの交差点で中国人の集団にいきなり、巨大な中国国旗で通せんぼされましてね。若い中国人の男に旗ざおで左手の甲をたたかれ、小旗をもぎ取られ、後頭部に旗ざおでズコンですよ。旗ざおといっても長さ2メートル以上、直径3センチ以上もあるアルミ製。旗が付いていなければ間違いなく凶器準備集合罪ですよ!
 70歳すぎの知人も若い女に腹をけられ、「フリーチベット」 のプラカードはビリビリに破られました。警察官が3人ほど駆けつけてくれましたが、彼らも旗ざおで殴られていました。「あの男を逮捕してくれ!」と叫んだ のですが、警察官は私たちと中国人グループを引き離して「あっちに行かないでくれ」と叫ぶばかり。目の前に犯人がいるのに取り押さえようとしないんです。
 結局、私は後頭部に大きなコブが残り、おまけに頸椎(けいつい)ねんざで全治3週間。20人近くの仲間が暴行を受け、頭や背中にけがをしました。女性も老人もお構いなしです。一体ここはどこの国なんですか!

警官を殴るなんて公務執行妨害で、日本人ならあっという間に逮捕だ。このかたも3週間の怪我というし、誰かその様子をビデオか写真に撮ってなかったんですかね? ビデオがあれば、今からでも遅くはない訳で、人定して、逮捕すればいいんじゃないすかね? 

韓国では聖火リレー時に暴れた中国人をビデオや写真を見て特定する作業が始まっているらしく、日本でもやられると大変なんで、中国人の間で自分たちがアップした長野の画像を削除するようになんて指示が出ているらしいし。よほど、自分たちが悪いことをしたという自覚があるらしいっすね(苦笑)。しかも態度を改めるわけじゃなく、ごまかそうとしているところがなんとも…。

そういえば、テレビ朝日で当日流していた「飛び蹴りシーン」なんだが、現場の生映像がyoutubeにアップされている。あえて張らないのでクリックして見てほしいんだけど。

テレビで有名な飛び蹴りシーンの全貌
http://jp.youtube.com/watch?v=o3uMwfyTE9g

これって、中国人が悪いんじゃん? 日本の報道は日本人がつっかかっていったかのように編集してたんだが。

ほかにも血だらけの人とか、バイクにチベット国旗を持っているだけで止められている日本人とか、中国国旗を降って道路を走っても止められない中国車とか、映像満載なんで、今からでも遅くはない。犯罪の実行現場が映っているビデオからいちいち人定したほうがいいと思うが、それって日本では合法だっけ?

追記:おっとこんな記事も
産経 長野聖火リレーの舞台裏 警察の予想超える4000人 暴徒化恐れ刺激避ける
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080504/plc0805042202008-n1.htm

 現地では、チベット人支援者や警察官が中国人から暴行を受けていたという証言が多数出ているが、威力業務妨害容疑などで逮捕されたのは日本人5人、台湾籍のチベット人1人で中国人はゼロ。多くの暴行に使用された中国国旗のアルミ製旗ざおは一本も押収されていない。
 中国人による暴行が事実上黙認されたことについて、警察関係筋は「聖火リレーを無事にゴールさせることに警備の主眼を置いたため、小競り合いを許してしまったことは否めない。中国人を刺激して暴徒化することだけは避けなければならなかった」と打ち明ける。警察官への暴行については、「うわさはあるが、公傷を申請した警察官は1人もいない」(長野県警幹部)としている。

|

« 大統領選、ノースカロライナ直前情報 | Main | 表参道でフリーチベットと叫ぶ »

チベット&北京五輪」カテゴリの記事

Comments

Very useful article. Myself & my neighbor were preparing to do some research about that. We got a good book on that matter from our local library and most books were not as descriptive as your information. I am very glad to see such information which I was searching for a long time.

Posted by: payday loans canada | September 22, 2010 at 08:26 AM

I'm happy to have found your very good article! I agree with some of your readers and will eagerly look forward to your coming updates. Just saying thanks will not just be adequate, for the wonderful lucidity in your writing. I will instantly grab your rss feed to stay privy of any updates. Good work and much success in your business efforts.

Posted by: online payday loans | September 21, 2010 at 08:40 PM

Your web publication is very useful. Say thanks to you truly for delivering so much priceless help and advice. I'll be bookmarking bookmark your post and will be definitely returning. Once again, I appreciate all your work and supplying so much practical related information for the followers.

Posted by: payday loan canada | August 25, 2010 at 09:57 AM

Your website is very the most informative. I enjoyed your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans canada | July 02, 2010 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41098832

Listed below are links to weblogs that reference ようやく報道として出てきた訳だ:

» ダイハード中国・ブレーキのない国家、中国 [米流時評]
   ||| 中国弾丸列車衝突事故の大惨事  ||| 中国山東省で列車衝突事故、死者70名、負傷者400名以上の大惨事 走行時間を半減すればスピードは倍になる?という算数のできない国 欧米のメディアがここ数年中国に与えてきた評価は「Non-precedent economic booming with a break-neck speed development=首が折れるほどの猛スピードで開発が進む空前の経済ブーム」この一言であった。全ては金に換算され、水も土地も人の命まで「経済開発... [Read More]

Tracked on May 06, 2008 at 03:22 PM

« 大統領選、ノースカロライナ直前情報 | Main | 表参道でフリーチベットと叫ぶ »