« オバマは20日に勝利宣言 | Main | 自然の脅威 »

May 11, 2008

もしかしたら始まっていること

最後の詩にズドンとやられたので、コピペしてみる。
以下草莽崛起ーPRIDE OF JAPANよりコピペ

中国早稲田大学自治区−大隈講堂は胡主席に占拠されてしまった

mixiより転載。

【リンク転載引用〜無限にフリー】

本当に日本だったのか?
本当に日本の大学だったのか?

今のところ「まだ」日本だ
僕や皆は
戦車や銃で殺されていないから
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

##23時半に追加##
早稲田大学法学部教授の内部告発
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=799899678&owner_id=28811

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

福田首相「パンダ」メルマガ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=799889536&owner_id=28811&org_id=799899678&#top

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

数百から千人は収容できるであろう早稲田大学大隈講堂

早稲田大学に在籍中の学生四万人のうち
コキントウの講演会に入ることを「許された」のは
中国に留学経験があり「身元が確か」で「政治的な質問をしないと約束させられた」四十人

僅か四十人
学生全体の
0.1パーセント
0.1パーセント
0.1パーセント

もはや小数民族ですらない
政府に指定された従順な
0.1パーセント
0.1パーセント
0.1パーセント

::::::::::::::::::::::::::::

そこには
中立の入る余地すら「許されて」いない

::::::::::::::::::::::::::::

前列で拍手を送るのは
コキントウが中国から連れてきた二百人

「許された従順な(約束させられた)」早稲田大学学生の五倍

誰が来るのか
学生課も把握していなかった模様

::::::::::::::::::::::::::::

昼過ぎ
校門前に立っているだけで
緑の腕章をつけた早稲田大学関係者は
僕の前で確かにこう言った

「排除して」

排除
排除
排除
排除

旗を持っているだけの僕達は
、、、、「排除」された
警官と早稲田大学関係者によって

::::::::::::::::::::::::::::

ほんの数日前
数千人が集まった代々木公園で
誰が暴れた?
非暴力の僕達は「排除」された

::::::::::::::::::::::::::::

警官に揉みくちゃにされながら
何十メートルも下げられた
僕の前でチベットの旗を持った日本人が倒れた
警官は
「大丈夫ですか?」とは言わず
「何もしてないです」と言った

::::::::::::::::::::::::::::

(0時15分追加)

「日本ではその旗は出してはいけないんです!!!」
と言われた人がいる

「排除して!」
「何もしてないです」
「日本ではその旗は出してはいけないんです!!!」

これは長野では聞かれなかった言葉

「排除して!」
「何もしてないです」
「日本ではその旗は出してはいけないんです!!!」
「排除して!」
「何もしてないです」
「日本ではその旗は出してはいけないんです!!!」
「排除して!」
「何もしてないです」
「日本ではその旗は出してはいけないんです!!!」

::::::::::::::::::::::::::::

高田馬場に出現した
中国早稲田大学自治区

中国早稲田大学自治区
中国早稲田大学自治区
中国早稲田大学自治区

あれは日本ではなかった

::::::::::::::::::::::::::::

今日発売の週刊文春によると
早稲田大学は
講演会が東大に決まっていたところ
早稲田大学に引っ張ったという

::::::::::::::::::::::::::::

やがて
いかつい車がバリケードを築き
何も見えなくなった

警官はマイクで叫んだ
「旗をしまって」

何を見せたくないのだろう

彼らが見せたくないのは
日本人の意志
日本人の気持ち
死んでいく人々を思う心

彼らはそれを隠そうとする
何のために?
果たしてそこから何が生まれる?
果たしてそこで 何が死ぬ?

::::::::::::::::::::::::::::

僕は
ここ一連の日々で
今後数十年の日本が決まると
真剣に思います

今日
早稲田大学で何が起きたか
「思う」だけではなくて
広く声を出すべきです

日本には沈黙の美徳はあるけど
今声を出さないでいつ出す?

声が出せなくなる前に、、、
出さないと
本当に出せなくなるよ

本当に
今後数十年の日本が決まるよ

日本を
「日本自治区」にしてはいけない

::::::::::::::::::::::::::::

政治経済右左関係ない

命と尊厳があるから
初めて
政治経済右左は生まれる
これは命と尊厳の問題

僕達を非難する連中は
命があるから非難できるということを忘れているらしい

僕達は絶対に順番を間違えてはいけない

::::::::::::::::::::::::::::

今日の早稲田大学は
「中国早稲田大学自治区」だった

これは日本の未来の姿なのか?

日本全体を
「日本自治区」にしてはいけない

::::::::::::::::::::::::::::

そうなったら
今日集まった僕やみんなは
戦車に踏まれ 銃で撃たれ
拘束され 拷問される

ここが今の中国なら
僕は今日 あの場所で
死 ん で い る
殺 さ れ て い る
よくて拷問か

僕は生きたい
僕は
殺 さ れ た く な い

繰り返します

間違いなく
これからの日本の数十年が
今年決まります

::::::::::::::::::::::::::::

彼ら(ナチス)が最初共産主義者を攻撃したとき
私は声をあげなかった

私は共産主義者ではなかったから

(次に)
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき
私は声をあげなかった

私は社会民主主義者ではなかったから。

(次に)
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき
私は声をあげなかった

私は労働組合員ではなかったから

(次に)
彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき
私は声をあげなかった

私はユダヤ人ではなかったから

そして
彼らが私(教会)を攻撃したとき

私(牧師)のために声をあげる者は
誰一人残っていなかった

::::::::::::::::::::::::::::

First they came for the communists,
and I did not speak out,

(When the Nazis came for the communists, and I did not speak out,)

because I was not a communist;

Then they locked up the social democrats,
and I did not speak out,

because I was not a social democrat;

Then they came for the trade unionists,
and I did not speak out,

because I was not a trade unionist;

Then they came for the Jews,
and I did not speak out,

because I was not a Jew;

When they came for me,
and there was no one left to speak out for me.

::::::::::::::::::::::::::::

以上、コピペ終わり。

最後の詩は、反ナチス行動で知られるドイツの牧師、マルティン・ニーメラーによる著名な詩なんだそうだ。

Wiki 彼らが最初共産主義者を攻撃したとき
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%BC%E3%82%89%E3%81%8C%E6%9C%80%E5%88%9D%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E3%82%92%E6%94%BB%E6%92%83%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D

日本の場合「地政学」って勉強を、敗戦後全くしていないから、みんな安全保障ってなんだか忘れてるわけだ。アメリカが守ってくれると思っているが、そんなことどうだかわかりゃしない。ヒラリーだけじゃなく、オバマだってマケインだって都合が悪けりゃ日本を切ってくるだろう。

日本における危機感のなさは、まるでこのニーメラーの詩のような感じだ。金融資本主義が押し進めるグローバル化により、日本の資産が奪われ、日本の産業が海外に移り、日本人は失われた20年を過ごし、教育や年金や医療が壊れ、国力がそがれていく。そして今、欧米の理論が通じない超大国、中国の台頭により、日本の国としての存在自体が脅かされている。というのはオーバーな表現じゃないと思う。だが多くの日本人はそれに気づいていないし、気づいていても気づかないふりをしている。気づいてしまうとしんどいからだ。

先日、表参道でフリーチベットを叫びながら、本当に叫ぶべきはフリー日本なのかもしれないと思っていた。いずれにせよ、覚悟のいる時代が来たんだろうなと。

|

« オバマは20日に勝利宣言 | Main | 自然の脅威 »

チベット&北京五輪」カテゴリの記事

Comments

世界最低の国、日本【アリ@freetibetさんの日記】・・帰り道、僕らは泣いた。
http://www.asyura2.com/08/asia11/msg/200.html

Posted by: アリ | May 12, 2008 at 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41175396

Listed below are links to weblogs that reference もしかしたら始まっていること:

» 中国早稲田大学自治区−大隈講堂は胡主席に占拠されてしまった [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
mixiより転載。 【リンク転載引用〜無限にフリー】 本当に日本だったのか? 本当に日本の大学だったのか? 今のところ「まだ」日本だ ... [Read More]

Tracked on May 12, 2008 at 12:07 AM

» システムが難しい・・・・ [これってもしかして金融?]
最近、景気が悪いのか僕の稼ぎか悪いのか慢性の金欠病で、数件で借金しています。 いよいよ貸してくれるところが無くなっちゃった・・・・・・ どうしよう?? [Read More]

Tracked on May 15, 2008 at 12:38 PM

« オバマは20日に勝利宣言 | Main | 自然の脅威 »