« M7.2の威力 | Main | ガス田問題が解決するとはね »

June 16, 2008

世界のみなさん、日本がネギ背負って洞爺湖で待ってます

時事 市場の混乱は未解決=アジア版ダボス会議で渡辺金融相
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-080615X868.html?C=S

問題が長期化し、米欧の巨大金融機関がさらに資本増強を迫られた場合、「日本が(最終的な)資金の出し手になる可能性もあり得る」と述べた。 

共同 市場混乱解消に日本の資金も サブプライム問題で金融相
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/CO2008061501000310.html

渡辺金融相は、巨額損失を出した欧米金融機関の資本増強には公的資金の投入が必要とした上で「それぞれの国の財政資金だけでは多分まかなえないだろう」と指摘。

…………。
日本のバブル崩壊のとき、どなたか助けてくださいましたっけ? 公的資金注入とかダメとかいわれて、救済が遅れて、長銀がつぶれて、時価会計だか押し付けられて、日本の会社が買いやすくなって〜〜〜今に至るわけじゃないすかね。アメリカでは、公的資金もバリバリ注入し、粉飾決算もどきもとりあえず目をつぶり、時価会計やめない?って感じになっているようですが?

参考:ダイヤモンドオンライン
米国よ、公的資金注入で「失われた10年」の轍を踏むな!
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10021/

原田武夫ブログ
米国勢を襲う「時価会計の爆発」が、サブプライム問題とどめの一波に?
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2008/06/post_67.html

ダイヤモンドオンライン
「時価会計見直し」論まで出る、サブプライムの痛手の深さ
http://diamond.jp/series/yamazaki/10026/

しかしこの「日本が出しますよ」発言が、G8財務大臣会合の場ではなく、アジアで発言されたというのが微妙。しかも金融相から。ちょっとしたアドバルーンなのか、単なる感想なのか、はたまた洞爺湖で出すことが決まっているのか?

そのG8も、洞爺湖へ向けていろんなG8が行われているわけだが、一様に、原油価格と食料価格の高騰とインフレ懸念を上げ、憂う内容となっているわけだ。

日経 原油高に強い懸念 日米中印韓、エネルギー相会合で声明
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080608AT3S0701A07062008.html

共同 青森宣言の要旨  G8・中印韓エネ相会合
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008060801000466.html

ロイター G8が世界的なインフレ懸念を共有、声明で為替には言及せず
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32265520080614

G8科技相会合、食料使わないバイオ燃料の開発優先
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080615AT3S1501D15062008.html

ま、そんなわけで、エネルギー大臣会合で原油高を憂い国際的に省エネ推進をしましょうといい、財務大臣会合で投機筋を憂い強いドルを訴え、科技相会合ではバイオ=食料高を憂い代替エネルギーの技術開発をみんなでしましょうということになった。

でもちょっと考えてみると、G8でみんなで憂いたところで何も解決にはつながらない。省エネを進めるといっても数年単位の話だし、強いドルもまあ一時的にはできるだろうが米国経済はサブプライムから抜け出せていない上に原油高で大変だし、代替エネルギーの技術開発っていったって何年かかるかわからないわけで。

で、これを見ていると、多分、第2、第3のテーマで、しかもあまり表に出てこないところが肝なんじゃないかという気がしている。単なる勘なのだが、それで金融相の話だ。

財務大臣会合は何の解決策も見いだせていないと批判されている。そこに外野から、金融相がこの発言。しかもこれだ。

ロイター 日米英の財務相らが気候変動対応基金に参加呼びかけ、途上国を支援
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32254520080614

日米英の財務相と世界銀行総裁は13日午後、大阪市内で共同記者会見を行い、途上国における温室効果ガスの排出抑制支援など気候変動問題に対応するため設立準備を進めている多国間基金への他国の参加を呼びかけた。
新基金の名称は「気候投資基金」(CIF)。温室効果ガス削減に資するプロジェクトを支援する「クリーン・テクノロジー基金」とその他の分野の支援を行う「戦略気候基金」で構成され、基金の管理は世界銀行が行う。

サブプライム以来、絶好調が一転して絶不調といわれる英国経済、サブプライムの本場米国という2国を背景に、どこが金を出すのかといわれれば、お人好しの日本だろう。間違いなく。あ〜あ。そもそもフフフは自国でサミットを主催するという名誉のために、排出権取引なんていう「みなさん日本の富をむしり取ってくださいよ」制度を導入して欧米に貢ぐつもりらしいし。

でもって、金融相によれば、米国経済も日本が救うらしい。どこまでお人好しなんだ。買えばいいじゃん。モルガンとかさあ。

もう一ついえば、エネルギー大臣会合もただ省エネだけを訴えていたわけではないようだ。

CNN G8・中韓印エネルギー相、省エネ促進で合意
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200806090014.html

一方、代替エネルギーとして有力視される原子力をめぐっては、推進に積極姿勢を示す米国、カナダ、英国、日本に対し、ドイツは「脱原発」の方針を譲らず、共同宣言は核燃料の安全性確認を求めるにとどまった。

とある。青森宣言の骨子では触れられなかった原子力だが、一方で、原子力についてここまで踏みこんだ議論はG8では今までなかったらしい。で、AFPの記事を見るとー

G8「世界は原子力時代に突入」、原油高や地球温暖化が背景に
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2402785/3013942

主要8か国(G8)に中国、インド、韓国を加えた11か国のエネルギー相は、8日採択した「青森宣言」で、原油価格の高騰や地球温暖化の懸念が高まるなか世界は新たな原子力の時代に突入したとの見方を打ち出した。
<中略>
英国のジョン・ハットン(John Hutton)民間企業・規制改革担当相は、「世界は新たな原子力の時代に向かっている」と述べるとともに、原発は温暖化の原因である二酸化炭素をほとんど排出せず、安定的なエネルギー供給を実現する「世界にとって好ましいもの」だとの認識を示した。

先日、ゴードン・ブラウン英首相が「今は第3次石油危機だ」と宣言したというエントリを書いたのだが、そのとき打ち出したのは原子力だ。

しかしG8エネルギー大臣会合では、ドイツの反対でいまいち注目をされなかった原子力なんだが、ここへ来て、こんなニュースも。

英インデペンデント
Western powers exploit rifts in Iran with nuclear ultimatum
http://www.independent.co.uk/news/world/politics/western-powers-exploit-rifts-in-iran-with-nuclear-ultimatum-846946.html

The EU foreign policy chief is leading a senior delegation of world powers to warn Iran that it must either co-operate in developing a peaceful nuclear programme on Western terms or face the threat of international isolation and further economic sanctions.

どうも西側が原子力発電の技術開発で協力してやるから、イランはウラン濃縮をあきらめなさいというオファーらしい。まあイランは断る模様だが、EU内ですらまとまってもいない原子力開発について、イランにやらせるなんて選択肢ってあり?みたいなもんだけど、米露が原子力で利権争いをしているらしいからね。イランでの原子力開発はロシアがやっているので、それがネックなんだろう。

そんなわけで、原子力の利権争いと温暖化ビジネスと、サブプライムに巻き込まれつつある日本。しかも北朝鮮からはよど号犯人が日本に帰れて、拉致被害者は帰れないらしいし、その上、日朝平壌宣言がまだ生きているとすれば1兆円もお支払いしてあげなきゃいけないんで、なんだかもうね。世界中の鴨ですね。日本は。そんなお大臣ができるなら、派遣制度なんてやめて正規雇用だけにすべきだし、そうすりゃ無差別殺人もなかったかもしれない。自国の震災復旧にだってお金かかるんだし、ほんと、憂いたいのは日本ですよ、まったく。

|

« M7.2の威力 | Main | ガス田問題が解決するとはね »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Your blogging site is very useful. Give thanks you truly for sharing a great deal of worthy additional info. I will bookmark your blog page and will be surely coming back. All over again, I truly appreciate your entire work furthermore supplying a lot of useable material to the audience.

Posted by: loan | August 25, 2010 at 10:49 AM

Your website is very great. I enjoyed your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans canada | July 02, 2010 at 02:35 PM

ハチンソンじゃなくてハンチントンですね。失礼しました

Posted by: JIN | June 20, 2008 at 11:07 AM

YSBEEさん、こんばんは
四川の核施設関連レポート、興味深く読んでます。一度、ほかの人のレポートも含めてまとめてみようかなあなんて思ってますが、とりあえず今回は、G8が気になったので。

日本は普通に考えたらとってもいい位置にいるわけですよねえ。電気自動車も作れるし、太陽光発電技術はあるし、省エネルギー技術もある。日本以外の多くの国が導入したがっている原子力技術もあるし、電池の技術だって進んでいる。尊敬され、儲けられるはずなのに、毟られる方にばかりしか行かないんですよね。

これはハチンソン先生のいう「仲間のいない日本」らしい感じではあるのですが、なんだかね。お人好しっていうか…。多分、日本以外の国ではお人好しって「馬鹿」って言われると思うんですが、そんな感じがするわけです。というわけで、少々、今、いろんなことに怒っていまして、力作っていうか怒りです。もう、怒ってます。ぷんぷん。

Posted by: JIN | June 18, 2008 at 12:11 AM

いやぁ、力作ですねー
ただ今TB収集巡礼の最中ですので、明朝ゆっくりしたときに
戻ってきて読ませてもらいまする。
お疲れさまでした!

P.S.: ゴアのオバマ支援演説、なかなか迫力ありました。

Posted by: 米流時評 ysbee | June 17, 2008 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41547736

Listed below are links to weblogs that reference 世界のみなさん、日本がネギ背負って洞爺湖で待ってます:

» 真日本主義・日米中に三角関係はない。 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「真日本主義・アメリカの対日基本政策」について  日米中の三国関係を考えるとき、結論にちかいところから話し出せば、それは日米関係と米中関係の比較論に終わる。日中関係はそれに付随した話題であって、そこから話がはじまる話題ではない。三国がつくる三角形のトライアングルになぞらえて話すことがあるが、あれは現実を知らないおとぎ話の世界だ。  日米関係の機軸は、自由な民主主義と呼ぶ政治理念の共有であり、そこのところで日米は共産中国とは対立していると、つい最近まで、われわれは信じてきた。アメリカが日本...... [Read More]

Tracked on July 07, 2008 at 04:52 AM

« M7.2の威力 | Main | ガス田問題が解決するとはね »