« ヒラリー7日に撤退宣言へ | Main | 副大統領問題とビルダーバーグ会議 »

June 07, 2008

オバマ勝利宣言(予備選)

オバマ勝利宣言 予備選最終日2008年6月3日 ミネソタ州セントポール

Remarks of Senator Barack Obama: Final Primary Night
St. Paul, MN | June 03, 2008



Tonight, after fifty-four hard-fought contests, our primary season has finally come to an end.

今夜、54の厳しい闘いの末、私たちの予備選挙がとうとう終結を迎えることとなりました。


Sixteen months have passed since we first stood together on the steps of the Old State Capitol in Springfield, Illinois. Thousands of miles have been traveled. Millions of voices have been heard. And because of what you said - because you decided that change must come to Washington; because you believed that this year must be different than all the rest; because you chose to listen not to your doubts or your fears but to your greatest hopes and highest aspirations, tonight we mark the end of one historic journey with the beginning of another - a journey that will bring a new and better day to America. Tonight, I can stand before you and say that I will be the Democratic nominee for President of the United States.

私たちが古い州都であるイリノイ州のスプリングフィールドで第一歩を踏み出してから16カ月が経過しました。何千マイルもの旅をしました。何百万の声を聞きました。そしてみなさんの声、みなさんがワシントンの変革を選択したこと、みなさんが今年はほかのときと違わねばならないと信じていること、みなさんが疑いや恐れではなく、大きな希望や高い望みを聞くことを選んだことにより、今日、私たちはある歴史的なたびを麻植、新しいたびを始めることになります。その旅は、新しいより良い日々をアメリカにもたらすものになるでしょう。今夜、私はみなさんの前に立ち、そして私はアメリカ合衆国の大統領をめざし民主党の大統領候補となることを宣言します。


I want to thank every American who stood with us over the course of this campaign - through the good days and the bad; from the snows of Cedar Rapids to the sunshine of Sioux Falls. And tonight I also want to thank the men and woman who took this journey with me as fellow candidates for President.

私はこの選挙戦に私たちとともに立ち上がってくださったすべてのアメリカの人々に感謝を述べたいと思います。良い日も悪い日もあり、雪のシーダー・ラピッズ(アイオワ州)から、太陽がさんさんと輝くスーフォールズ(サウスダコタ州)にわたりました。そして今夜、私はこの旅を私とともに大統領候補として歩んだ男女に感謝を述べたいと思います。


At this defining moment for our nation, we should be proud that our party put forth one of the most talented, qualified field of individuals ever to run for this office. I have not just competed with them as rivals, I have learned from them as friends, as public servants, and as patriots who love America and are willing to work tirelessly to make this country better. They are leaders of this party, and leaders that America will turn to for years to come.

私たちの国のこの決定的な瞬間に、私たちは誇りに思わねばなりません。私たちの党が担ぎだす人が、これまで大統領を目指した人々の中で、最も才能があり、資質がある人々の中の一人であることを。私は彼らをからライバルとして競ってきただけでなく、多くのことを学びました。彼らは友人であり、公僕であり、アメリカを愛しこの国を良くするために不断の闘いをする愛国者たちなのです。彼らはこの党のリーダーであり、アメリカを今後何年もにわたり変化させるリーダーなのです。


That is particularly true for the candidate who has traveled further on this journey than anyone else. Senator Hillary Clinton has made history in this campaign not just because she's a woman who has done what no woman has done before, but because she's a leader who inspires millions of Americans with her strength, her courage, and her commitment to the causes that brought us here tonight.

これは特に誰よりもこの選挙戦で誰よりも最も遠くまで歩んだ大統領候補にいえることです。ヒラリー・クリントン上院議員はこの選挙戦で歴史を作りました。それは彼女がこれまでどんな女性もなし得なかったことをした女性だからというだけでなく、多くのアメリカ人に影響を与えるリーダーであるからです。彼女の強さ、勇気、そして今夜ここまで私たちを導いた彼女の責任感は人々に影響を与えました。


We've certainly had our differences over the last sixteen months. But as someone who's shared a stage with her many times, I can tell you that what gets Hillary Clinton up in the morning - even in the face of tough odds - is exactly what sent her and Bill Clinton to sign up for their first campaign in Texas all those years ago; what sent her to work at the Children's Defense Fund and made her fight for health care as First Lady; what led her to the United States Senate and fueled her barrier-breaking campaign for the presidency - an unyielding desire to improve the lives of ordinary Americans, no matter how difficult the fight may be. And you can rest assured that when we finally win the battle for universal health care in this country, she will be central to that victory. When we transform our energy policy and lift our children out of poverty, it will be because she worked to help make it happen. Our party and our country are better off because of her, and I am a better candidate for having had the honor to compete with Hillary Rodham Clinton.

私たちは確かにこの16ヶ月間、違いがありました。しかし彼女と何度も同じステージに立った者として、私はみなさんにお話しできます。ヒラリー・クリントンを毎朝、どんなに厳しい状況に直面しても、起き上がらせるものは何かを。それは何年も前に、彼女やビル・クリントンを彼らの最初の大統領選をテキサスで始めさせたものであり、ファーストレディーとして子供たちを守るファンドのために働き、医療保険問題と闘わせたものであり、彼女を連邦政府の上院議員とし、大統領へ向けて見えない天井を壊す選挙選を盛り立てたものなのです。それは普通のアメリカの国民の生活を向上させたいという不屈の願いであり、どんなにその闘いが難しいかは問題ではないのです。そして、私たちがついに、この国の普遍的な医療制度の戦いに勝ったとき、彼女はこの勝利の中心となることは間違いありません。私たちがエネルギー政策を転換し、私たちの子供たちが貧困から脱出したとき、それは彼女がそうしようと努力した結果であるでしょう。私たちの党とこの国は、彼女のおかげでより良くなっています。そして私も、ヒラリー・ロダム・クリントンと闘う光栄に浴し、よりよい候補者になりました。


There are those who say that this primary has somehow left us weaker and more divided. Well I say that because of this primary, there are millions of Americans who have cast their ballot for the very first time. There are Independents and Republicans who understand that this election isn't just about the party in charge of Washington, it's about the need to change Washington. There are young people, and African-Americans, and Latinos, and women of all ages who have voted in numbers that have broken records and inspired a nation.

この予備選挙が私たちを弱くし、分裂させたという人々もいます。しかし、今回の予備選挙のおかげで、これまで何百万人ものアメリカ人が初めて投票したのです。無党派層や共和党員もいました。彼らはこの選挙が、どの党がワシントンの主となるかを問うのではなく、ワシントンに変革が必要かどうかを問うものだと理解しているのです。若い人々、アフリカ系アメリカ人、ラテン系、あらゆる年齢の女性が投票したことで、その投票数は記録を破り、この国に影響を与えました。


All of you chose to support a candidate you believe in deeply. But at the end of the day, we aren't the reason you came out and waited in lines that stretched block after block to make your voice heard. You didn't do that because of me or Senator Clinton or anyone else. You did it because you know in your hearts that at this moment - a moment that will define a generation - we cannot afford to keep doing what we've been doing. We owe our children a better future. We owe our country a better future. And for all those who dream of that future tonight, I say - let us begin the work together. Let us unite in common effort to chart a new course for America.

すべての人々が、心から信頼できる候補者を支持しました。しかし最終的には、みなさんが家から出て何ブロックも並んであなたの声を聞かせた理由は候補者選びではありません。みなさんがそうしたのは、私のためでも、クリントン上院議員のためでも、ほかのだれのためでもありません。みなさんがそうしたのは、心から今回のこの瞬間が、この時代を定義づけるであろう瞬間であることを知っていたからです。私たちはもはや、これまで続けてきたことを維持し続ける余裕はないのです。私たちは子供たちによりよい未来を与える責任があります。私たちにはこの国により良い未来をもたらす責任があります。そして今夜、未来に夢を持つ人々のために、私は一緒に働こうと言いたいのです。一致団結して、新しいアメリカへの海路を描こうではありませんか。

at the end of the day=最後には、結局は


In just a few short months, the Republican Party will arrive in St. Paul with a very different agenda. They will come here to nominate John McCain, a man who has served this country heroically. I honor that service, and I respect his many accomplishments, even if he chooses to deny mine. My differences with him are not personal; they are with the policies he has proposed in this campaign.

数ヶ月後には、共和党は全く違う政策を掲げ、ここセントポールにやってくるでしょう。彼らはジョン・マケインを候補者に指名するでしょう。彼は英雄的に、この国のために身を捧げてきた人です。私はその献身を賞賛し、彼の多くの業績を尊敬しています。たとえ私の業績を否定したとしてもです。私と彼の違いは、個人的なものではありません。違いは彼がこの選挙戦の中で提案した政策なのです。


Because while John McCain can legitimately tout moments of independence from his party in the past, such independence has not been the hallmark of his presidential campaign.

なぜなら、ジョン・マケインは、胸を張って、過去、共和党の方針とは違う独自路線を取った瞬間を売り込んでいますが、そのような独自路線は彼の大統領選挙選の特徴とはなっていません。


It's not change when John McCain decided to stand with George Bush ninety-five percent of the time, as he did in the Senate last year.

これは変革ではありません。ジョン・マケインは昨年、上院議員として、ジョージ・ブッシュの政策に95%で賛成票を投じているのです。


It's not change when he offers four more years of Bush economic policies that have failed to create well-paying jobs, or insure our workers, or help Americans afford the skyrocketing cost of college - policies that have lowered the real incomes of the average American family, widened the gap between Wall Street and Main Street, and left our children with a mountain of debt.

これは変革ではありません。彼はさらに4年間、ブッシュの経済政策を延長することを求めているのです。その経済政策は給料のよい仕事や、労働者に保険をかけることや、高騰する急騰する大学の学費を国民が支払えるよう支援することに失敗したのです。そしてその政策はアメリカの家族の平均的な実収入を引き下げ、ウォールストリートとメインストリートの間の格差を広げ、子供たちに山のような負債を残したのです。


And it's not change when he promises to continue a policy in Iraq that asks everything of our brave men and women in uniform and nothing of Iraqi politicians - a policy where all we look for are reasons to stay in Iraq, while we spend billions of dollars a month on a war that isn't making the American people any safer.

そしてこれは変革ではありません。彼はイラク政策を継続すると約束しています。現在のイラク政策は、私たちの制服に身を包んだ勇敢な男女(兵士)に何もかも要求し、イラクの政治家には何も求めていません。イラク駐留への理由を探すばかりの政策です。しかしこの戦争は、1ヶ月だけで何千万ドルもつぎこんでいるのに、アメリカの人々には何の安全ももたらしていないのです。


So I'll say this ー there are many words to describe John McCain's attempt to pass off his embrace of George Bush's policies as bipartisan and new. But change is not one of them.

あえて言いましょう。ジョン・マケインがジョージ・ブッシュの政策を容認したことについて言い繕おうと述べた多くの言葉があります。超党派的で新しいなどと。ですが、変革はその中に一つもありません。


Change is a foreign policy that doesn't begin and end with a war that should've never been authorized and never been waged. I won't stand here and pretend that there are many good options left in Iraq, but what's not an option is leaving our troops in that country for the next hundred years - especially at a time when our military is overstretched, our nation is isolated, and nearly every other threat to America is being ignored.

変革とは、認めらるべきでも行われるべきでもなかった戦争に始まり、戦争に終わる外交政策のことです。私はここに立って、イラクに多くのよい選択肢があるような振りをすることはありません。しかし選択肢とはなりえないこと、それは、兵士を次の何百年もの間、イラクに残すことです。特に今、私たちの軍隊は過剰に拡大しており、アメリカは孤立し、アメリカに対する脅威のすべてが無視されているこの時に、その選択肢はありません。


We must be as careful getting out of Iraq as we were careless getting in - but start leaving we must. It's time for Iraqis to take responsibility for their future. It's time to rebuild our military and give our veterans the care they need and the benefits they deserve when they come home. It's time to refocus our efforts on al Qaeda's leadership and Afghanistan, and rally the world against the common threats of the 21st century - terrorism and nuclear weapons; climate change and poverty; genocide and disease. That's what change is.

私たちはイラクに侵攻したときの不注意だった分、イラクからの撤退に注意深くあたらねばなりません。しかし、私たちは撤退を始めなければならないのです。イラクの人々に将来への責任を負ってもらう時がきたのです。私たちの軍隊を立て直し、退役軍人に彼らが必要な治療を施し、彼らが家に戻ったときに彼らの奉仕に値する利益を与えるべき時が来たのです。アルカイダ指導者とアフガニスタンに焦点を当て直し、21世紀における共通の脅威に対し世界を再結集させる時が来たのです。21世紀における共通の脅威とはテロリズムと核兵器であり、気候変動と貧困であり、大虐殺と大災害なのです。それが変革なのです。


Change is realizing that meeting today's threats requires not just our firepower, but the power of our diplomacy - tough, direct diplomacy where the President of the United States isn't afraid to let any petty dictator know where America stands and what we stand for. We must once again have the courage and conviction to lead the free world. That is the legacy of Roosevelt, and Truman, and Kennedy. That's what the American people want. That's what change is.

変革とは、今日の脅威に立ち向かうには、軍事力だけが必要なだけでなく外交力も必要になるということを認識することです。タフで率直な外交により、アメリカ合衆国の大統領は、どんな取るに足らない独裁者に対しても、アメリカの立ち位置や、我々の信条について知らしめることを恐れないことを示すのです。私たちはもう一度、自由な世界を導くための勇気と確信を持たなければなりません。それはルーズベルトの、トルーマンの、ケネディの伝統なのです。それがアメリカの人々が望むことなのです。それが変革なのです。


Change is building an economy that rewards not just wealth, but the work and workers who created it. It's understanding that the struggles facing working families can't be solved by spending billions of dollars on more tax breaks for big corporations and wealthy CEOs, but by giving a the middle-class a tax break, and investing in our crumbling infrastructure, and transforming how we use energy, and improving our schools, and renewing our commitment to science and innovation. It's understanding that fiscal responsibility and shared prosperity can go hand-in-hand, as they did when Bill Clinton was President.

変革とは、富だけを考慮するのではなく、仕事やそれを生み出す労働者を考慮する経済の構築なのです。労働者階級が対峙する苦労は、大企業や金持ちのCEO向けに行う何十億ドルもの減税によっては解決できないことはお分かりでしょう。そうではなく中流階級向けの減税や、崩壊するインフラへの投資、エネルギー消費の変革、学校の改善、科学や開発への投資再開によって解決されるのです。財政責任と富の分配は連動するのです。ビル・クリントン政権時代にそうだったように。


John McCain has spent a lot of time talking about trips to Iraq in the last few weeks, but maybe if he spent some time taking trips to the cities and towns that have been hardest hit by this economy - cities in Michigan, and Ohio, and right here in Minnesota - he'd understand the kind of change that people are looking for.

ジョン・マケインはこの数週間、多くの時間をイラクへの旅に費やしてきました。しかし、彼がいくばくかの時間を、経済問題で最も打撃を受けている、ミシガンやオハイオの、そしてここミネソタの都市や町で過ごしたとしたら、彼は人々が求めている変化のようなものを理解していたでしょう。


Maybe if he went to Iowa and met the student who works the night shift after a full day of class and still can't pay the medical bills for a sister who's ill, he'd understand that she can't afford four more years of a health care plan that only takes care of the healthy and wealthy. She needs us to pass health care plan that guarantees insurance to every American who wants it and brings down premiums for every family who needs it. That's the change we need.

もし彼がアイオワを訪れ、一日中勉強したあとで、夜のシフトで働いてもなお、病気の妹の医療費を支払えない学生に会ったとしたら、彼女が健康で裕福な人々しか面倒をみない医療保険がさらに4年間も続くことに耐えられないことを理解したでしょう。彼女は私たちに、アメリカ人すべてに保険を保障し、すべての家族にとって保険料が安くなる医療保険制度を成立させてほしいと求めています。それこそが、私たちが必要とする変革なのです。


Maybe if he went to Pennsylvania and met the man who lost his job but can't even afford the gas to drive around and look for a new one, he'd understand that we can't afford four more years of our addiction to oil from dictators. That man needs us to pass an energy policy that works with automakers to raise fuel standards, and makes corporations pay for their pollution, and oil companies invest their record profits in a clean energy future - an energy policy that will create millions of new jobs that pay well and can't be outsourced. That's the change we need.

もし彼がペンシルベニアに行って、仕事を失い、新しい仕事を探しさねばならないのに、ガソリン代が支払えない男性に会っていれば、我々がさらに4年間も独裁者からの石油に頼ることに耐えられないことを理解したでしょう。その男性は私たちに、自動車メーカーに燃費を向上させ、環境汚染をする企業には汚染の費用を支払わせ、石油会社に記録破りの利益を将来のクリーンエネルギーに投資させるようなエネルギー政策を通してほしいと求めています。高収入で、海外移転できない何百万もの新しい雇用を生み出すようなエネルギー政策を。それが私たちが必要とする変革なのです。


And maybe if he spent some time in the schools of South Carolina or St. Paul or where he spoke tonight in New Orleans, he'd understand that we can't afford to leave the money behind for No Child Left Behind; that we owe it to our children to invest in early childhood education; to recruit an army of new teachers and give them better pay and more support; to finally decide that in this global economy, the chance to get a college education should not be a privilege for the wealthy few, but the birthright of every American. That's the change we need in America. That's why I'm running for President.

そして、もし彼がサウスカロライナや、ここセントポールや、彼が今夜演説したニューオリンズの学校でいくばくかの時間を過ごしたならば、誰一人落ちこぼれないための予算を提供しないままにするということに耐えられないことを理解したかもしれません。私たちは子供たちに対し、幼児教育に投資する責任があるのです。大量の新しい教師を採用して彼らに高い収入と支援を与える責任が、そして、このグローバル経済において大学教育を受けられる機会が裕福な何人かの特権ではなく、すべてのアメリカ人の生まれながらにして持つ権利であるべきだということを決定づける責任があるのです。それがアメリカに必要な変革なのです。そしてそれが、私が大統領選に出馬した理由なのです。


The other side will come here in September and offer a very different set of policies and positions, and that is a debate I look forward to. It is a debate the American people deserve. But what you don't deserve is another election that's governed by fear, and innuendo, and division. What you won't hear from this campaign or this party is the kind of politics that uses religion as a wedge, and patriotism as a bludgeon - that sees our opponents not as competitors to challenge, but enemies to demonize. Because we may call ourselves Democrats and Republicans, but we are Americans first. We are always Americans first.

共和党は9月にここに集まり、全く異なる政策を提案することになるでしょう。そしてそれについて議論するのを私は楽しみにしています。それはアメリカの人々も望むものとなるでしょう。しかしみなさんが望まないものは、恐怖により支配される別の選挙であり、暗示であり、分裂です。みなさんはこの選挙戦や民主党から聞いたことは無いでしょう。宗教をくさびとして使ったり、愛国心を混紡として使ったりするような政治を。その種類の政治は、私たちの相手を、挑戦へ向けての競争者としてではなく、悪魔の敵のようにみせるのです。私たちは自分を民主党員だとか共和党員だとかいいますが、私たちはまずアメリカ人なのです。私たちはいつでも、第一にアメリカ人なのです。


Despite what the good Senator from Arizona said tonight, I have seen people of differing views and opinions find common cause many times during my two decades in public life, and I have brought many together myself. I've walked arm-in-arm with community leaders on the South Side of Chicago and watched tensions fade as black, white, and Latino fought together for good jobs and good schools. I've sat across the table from law enforcement and civil rights advocates to reform a criminal justice system that sent thirteen innocent people to death row. And I've worked with friends in the other party to provide more children with health insurance and more working families with a tax break; to curb the spread of nuclear weapons and ensure that the American people know where their tax dollars are being spent; and to reduce the influence of lobbyists who have all too often set the agenda in Washington.

すばらしいアリゾナ州上院議員が今夜発言したことにもかかわらず、私はこの20年間の公的生活の中で、別の見解や意見を持つ人々が共通の理由を見つけるところを何度も見てきました。そしてその多くは自分の経験でもあります。私はシカゴのサウスサイドで地域の指導者たちと腕を組んで歩んできましたし、黒人、白人、ラテン系の人々が良い仕事や良い学校のためともに闘うとき、緊張が消えていくのを目の当たりにしてきました。私は法律面での支援と公民権の弁護士として交渉のテーブルの反対側に座り、13人の無実の人々を死の列に並ばせる犯罪的な司法制度を改正してきました。そして私は共和党の友人とともに働きました。子供たちに医療保険を提供したり、労働者階級の家族に減税をしたり、核兵器の拡散を抑制したり、アメリカの人々がどこに税金が使われているかを知ることができるようにしたり、そしてあまりにも多くの案件でワシントンを動かすロビイストの影響を小さくするために。


In our country, I have found that this cooperation happens not because we agree on everything, but because behind all the labels and false divisions and categories that define us; beyond all the petty bickering and point-scoring in Washington, Americans are a decent, generous, compassionate people, united by common challenges and common hopes. And every so often, there are moments which call on that fundamental goodness to make this country great again.

私たちの国で、私はこうした協力関係が可能であることを発見したのです。それは私たちがなんでもかんでも合意するからではありません。それは、すべてのラベルや間違った分裂や、私たちを定義づける分類を、ワシントンにおける取るに足らない諍いや点取り合戦を超えて、アメリカ人は真っ当で、寛大で、情の深い人々だからなのです。共通の難題や共通の希望によって団結しているのです。そしてしばしば、すばらしい国とするために、その基本的な良い面を求めるときがあるのです。


So it was for that band of patriots who declared in a Philadelphia hall the formation of a more perfect union; and for all those who gave on the fields of Gettysburg and Antietam their last full measure of devotion to save that same union.

フィラデルフィアのホールでより完全な団結を宣言した愛国者の人々のために、そしてゲティスバーグ(の戦い)やアンティータム(の戦い)で団結を守るために、最期の最大の献身を捧げた人々のために。

ゲティスバーグの戦い=1863年、ペンシルバニア州ゲチスバーグでのアメリカ南北戦争最大の戦い、北軍が南軍の北進を食い止めた。
アンティータムの戦い=アメリカ南北戦争の中盤である1862年9月17日、メリーランド州シャープスバーグ近く、およびアンティータム・クリークで行われた戦闘。南北戦争で初めての主要会戦で、単一日の戦闘として最も流血の多い戦闘となった。


So it was for the Greatest Generation that conquered fear itself, and liberated a continent from tyranny, and made this country home to untold opportunity and prosperity.

これは最も偉大な世代のためです。彼らは恐怖と闘い、圧政から大陸を自由にし、この母国に、はかりしれない機会と繁栄をもたらしました。


So it was for the workers who stood out on the picket lines; the women who shattered glass ceilings; the children who braved a Selma bridge for freedom's cause.

これはピケを張る労働者や、ガラスの天井を粉砕する女性や、自由を求めてセルマ橋(に集まった警官)をものともしなかった子供たちのためなのです。

セルマ:1965年に起きた血の日曜日事件の現場。セルマにあるペタス橋で警察隊とデモ隊が衝突した。

Wiki 血の日曜日事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9B%9C%E6%97%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6_(1965%E5%B9%B4)


So it has been for every generation that faced down the greatest challenges and the most improbable odds to leave their children a world that's better, and kinder, and more just.

すべての世代にとって、直面する最大の難題であり、最もできそうにないこと、それは子供たちにより良く、より優しく、より公正な世界を残すことでした。


And so it must be for us.

それは私たちにとっても同じことです。


America, this is our moment. This is our time. Our time to turn the page on the policies of the past. Our time to bring new energy and new ideas to the challenges we face. Our time to offer a new direction for the country we love.

アメリカは、今、私たちの時代なのです。私たちの時代なのです。私たちの時代に、過去の政治のページをめくろうではありませんか。私たちの時代に新しいエネルギーと、直面する難題への新しいアイデアをもたらそうではありませんか。私たちの時代に、愛するこの国に新しい未来をもたらそうではありませんか。


The journey will be difficult. The road will be long. I face this challenge with profound humility, and knowledge of my own limitations. But I also face it with limitless faith in the capacity of the American people. Because if we are willing to work for it, and fight for it, and believe in it, then I am absolutely certain that generations from now, we will be able to look back and tell our children that this was the moment when we began to provide care for the sick and good jobs to the jobless; this was the moment when the rise of the oceans began to slow and our planet began to heal; this was the moment when we ended a war and secured our nation and restored our image as the last, best hope on Earth. This was the moment - this was the time - when we came together to remake this great nation so that it may always reflect our very best selves, and our highest ideals. Thank you, God Bless you, and may God Bless the United States of America.

この旅はとても困難なものになるでしょう。道は長いものになるでしょう。私はこの難題に深く謙虚な気持ちと私の知識の限りを尽くして対峙する所存です。しかしこの難題に対峙するとき、アメリカの人々の可能性に対する私の信頼は限りないものです。なぜなら、もし私たちがそのために働こう、戦おう、信じようと思ったならば、これからの世代、私たちは子供たちに振り返ってこう話すことができると確信しているからです。私たちが病人のためのケアや、失業者のために良い仕事を与えるために動きだしたのはこのときだったと。海面の上昇スピードが鈍化し、私たちの惑星が癒され始めたのはこのときだったと。私たちが戦争を終わらせ、国の安全を確保し、私たちのイメージを地球の最後のそして最高の希望として復活させたのはこのときだったと。このときだったと、私たちがこの偉大な国を建て直すために立ち上がったのはこのときだったと。この国に、最良の自分自身、最高の理想を反映させましょう。ありがとう。みなさんに神の祝福を。アメリカ合衆国に神の祝福を。


○原文はこちら
http://www.barackobama.com/2008/06/03/remarks_of_senator_barack_obam_73.php

○参考にしました
goo オバマ氏、民主党候補に 勝利演説の全文
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080604-04.html

|

« ヒラリー7日に撤退宣言へ | Main | 副大統領問題とビルダーバーグ会議 »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Pretty good post. I just stumbled upon your blog and wanted to say that I have really enjoyed reading your blog posts. Any way I'll be subscribing to your feed and I hope you post again soon.

Posted by: payday loans in canada | September 22, 2010 at 04:52 AM

The post is really the best on this laudable topic. I concur with your conclusions and will eagerly look forward to your future updates. Just saying thanks will not just be enough, for the exceptional lucidity in your writing. I will at once grab your rss feed to stay privy of any updates. De delightful work and much success in your business dealings!

Posted by: online payday loans | September 21, 2010 at 05:08 PM

Your blog page is excellent. Give thanks to you very much for presenting such an abundance of powerful material. I will bookmark bookmark your weblogblog site and will be certainly returning. Again, I respect all your work and furthermore delivering so much powerful info for the many people.

Posted by: payday loan | August 25, 2010 at 11:08 AM

Your website is very the most informative. I enjoyed your website a lot. Thank you.

Posted by: bad credit loans | July 02, 2010 at 03:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41449075

Listed below are links to weblogs that reference オバマ勝利宣言(予備選):

« ヒラリー7日に撤退宣言へ | Main | 副大統領問題とビルダーバーグ会議 »