« Time for Some Campaignin' | Main | 技術防衛が必要だよ、まったく。 »

July 20, 2008

オバマ研修中

オバマの中東・欧州訪問ツアーが始まったらしい。

詳しくは米流時評さんで
オバマの研修旅行・アフガニスタン
http://beiryu2.exblog.jp/8304409/
研修旅行というネーミングいいですね〜。

カブールで朝食を・オバマ視察旅行2日目
http://beiryu2.exblog.jp/8312932

米紙も伝えているのでメモ。

NYT Obama Lands in Afghanistan for First Tour of War Zones
http://www.nytimes.com/2008/07/20/us/politics/20OBAMA.html

ワシントンポスト 
Obama Begins Two-Day Visit to Afghanistan
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/07/19/AR2008071901200.html

Obama Travels to Afghanistan
http://blog.washingtonpost.com/the-trail/2008/07/19/obama_travels_to_afghanistan.html

ワシントンポストの写真がいい。アフガニスタンの兵士たちとの交流の写真なんだが、兵士たちが本当にうれしそうで、心からオバマ訪問を歓迎しているのだと思わせる写真なのだ。危険にあふれた辛い任務だけに、オバマ登場に期待しているのだろうか…と胸が詰まる思いになった。

この中東訪問前に、その前に、テロ対策についてNYTに寄稿し、ワシントンで演説も行っている。

AFP オバマ氏の新対テロ政策、パキスタンのアルカイダ攻撃も視野に
http://www.afpbb.com/article/politics/2418434/3133175

NYT My Plan for Iraq by Barack Obama
http://www.nytimes.com/2008/07/14/opinion/14obama.html

Video: Obama's Speech On Iraq
http://my.barackobama.com/page/community/post/amandascott/gGxkR9

★時間があったら、NYTへの投稿を訳してみたいと思うのだが、まだ愛国心演説も訳し終わってないので、とりあえず意思表明のみ。

で、最近の大統領選動向としては、溜池通信のかんべえさんの日記が面白かったので引用してみる。

かんべえの不規則発言7月16日より
http://tameike.net/comments.htm#new

○最近、「中道化するオバマ」、あるいは「オバマのクリントン化」(これはもちろん、ヒラリーではなくてビルの方ね)と呼ばれる現象がある。

<中略>

○さて、そんな中でオバマのイラク政策が発表された。7月14日のニューヨークタイムズ紙上で、"My plan for iraq--It's time to begin a troop pullout"という。なかなかに画期的な内容だと思います。従来は、「就任後16ヶ月=2010年夏」までに撤兵するといっていたけれども、それはあくまで戦闘部隊であって、残りの部隊は、アルカイーダの掃蕩やアメリカ政府関係者の保護、イラク治安部隊の訓練の任務を続ける。安全な撤退のために、現地の司令官たちやイラク政府とは話し合う。より緊急に必要なのはアフガニスタンとパキスタンであり、アフガンには2個旅団を増派したい・・・・。

○これは反戦左派からみれば、ほとんど裏切りのような内容でしょう。逆に中道派や保守派、そして特に米軍の関係者から見れば、「オバマって結構、まともじゃん」ということになる。かくして、オバマの中道化がまた一歩進んだのですが、この記事の最後の部分にアッと驚くようなことが書いてある。

<英語略>

「それにしても、近年の米外交史における最悪の戦略的な失敗は、あまりにも長い間、態度のブレや降伏について誤った攻撃ばかりして、有益な議論を怠ってきた人々の責任である」

○これってホントにその通りです。2004年の米大統領選挙では、ジョン・ケリーは言ってることがコロコロ変わる(フリップ・フロップ)と批判されて、それに比べるとブレないブッシュの方がいい、というのが決め手になった。ところがオバマは、「フリップ・フロップ」と呼ばれることを怖れないらしい。つまりこれは、過去の言動には縛られないぞ、という宣言なのである。あいかわらず、オバマは言葉の使い方がうまい。2008年選挙で「フリップ・フロップ」という非難をする人がいたら、それは「古いタイプの戦術だ」と言って、切り捨てるのであろう。

フリップ・フロップは、マケインにもオバマにも投げかけられている訳だが、オバマが気にしていないとは知らなかった。イラク撤退の時期が後退したといわれていた時、「変わったわけではない」と言ったとワシントンポストで読んだんで、気にしているんだと思ってた。

ワシントンポスト Obama rejects charges of flip-flopping
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/07/08/AR2008070801709.html

しかしイラク完全撤退なんて、そりゃ無理ってもんよ、と思っていたし、その後、オバマの選対のほうでは「戦闘部隊はって意味」みたいな情報は少しずつ出していた。だからこの変節って、大統領選フリークにはあまり唐突でもないし、あるべき姿だろうと思うのだが、信じきっていて失望感にあふれている人もいるらしく、寄付金返せといってくる人もいるそうだ。特に盗聴法のあたりで。

まあ、前にも書いたけど、オバマには若くて純粋な支持者が多い中、この変節がどこまで受け入れられるんだろうかってところが勝負だと思う。

|

« Time for Some Campaignin' | Main | 技術防衛が必要だよ、まったく。 »

ニュース」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

ysbeeさん、ワシントンポストはWAPOなんですね。約し方がわからなくて、そのまま書いていましたが、これからはそれを使おうかと思います。

今、ようやく「The West Wing」日本題「ザ・ホワイトハウス」のシーズン4までを見終わったところですが、その中でも、死ぬのはいつも黒人兵だ、という話が出てきます。みんな大学に行くために、軍隊に入るんですね。

こうした格差がなくなることが一番ですが、ある意味、自助努力の国で、そういった道があることは救いでもあるはずです。しかし、こうした人に向けた教育プログラム法案をマケインは支持しなかった。これについてバリバリの軍人家族はどう思うのでしょうか。まあ、アメリカ人でもない私が考えても仕方ないのですが。

話は変わりますが、昨日、CNNに英デビット・キャメロン保守党党首がインタビューされていました。そこで保守党なのに民主党のようなことを言う、と言われていました。銃規制とか同性愛問題とかについてなんですが。キャメロンはそれらはイギリスでは大きな問題じゃないし、各国背景が違うのだ、と噛んで含めるように説明していましたが、同じ英語を話しているだけに、アメリカとは価値観が違うことがわからないのかもしれません。

その点、オバマはインドネシアやハワイに住んでいたこともあり、異なる観点でアメリカを見ている。そこが彼の強みであり、保守派から嫌われる理由であり、かつ穏健派からは支持される理由となると思いますが、いかがでしょう。

Posted by: JIN | July 21, 2008 at 10:07 PM

JINさん、冒頭でのご紹介、いつもありがとうございます!
私もWAPOの写真で、思わずほほえんでしまいました。
このニュース、土日の割と平穏なニュースの中にバンバン入ってきたので、CNNなどで見た方も多かったと思います。MSNBCのサイトでも見られますよ。
兵士のわーっという歓声がすごいです。

米兵のオバマ人気ははっきり二分されてますね。
親子3代生粋の軍人家庭、といった超タカ派の兵士はもちろんマケインですが、なにしろ貧困家庭で大学へ行く学費稼ぎに入隊した兵士がほとんど、みたいな実情ですから、最近の兵士は黒人とメキシカンがかなりの比率を占めていて、こうしたマイノリティは、当然自分たちの立場を代弁してくれるオバマにものすごく期待していますね。

そういった、兵士の立場でオバマを支持するブログも無数にあります。オバマの場合、戦争全面否定ではなくて、イラク戦争は否定、アフガン戦線は徹底せよと言ってるので、従来の何でも戦争反対のリベラルからはコンサバ扱いされてしまう訳です。

しかし、アメリカほど種々雑多な国民をまとめようとすれば、オバマのように革新の政党で保守的な政策を掲げていくのが、地道な改革につながるのかも知れませんね。私の方でも連載してますので、あとでまたどうぞ。

Posted by: 米流時評 ysbee | July 21, 2008 at 04:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/41912191

Listed below are links to weblogs that reference オバマ研修中:

» 速報!オバマの大統領研修旅行・第一歩はアフガニスタン [米流時評]
  ||| オバマの研修旅行・アフガニスタン ||| オバマ候補、アフガニスタン、イラク、中東ヨーロッパを視察旅行 戦局熾烈をきわめるアフガン戦線のカブールから第一歩をスタート 米国時間 2008年7月19日 | AP 通信・臨時ニュース |  訳『米流時評』ysbee アフガニスタン・カブール発 |米大統領選の民主党候補バラク・オバマ上院議員は、選挙運動の一環でもある戦場の米軍基地訪問の第一歩として、19日日曜アフガニスタンに到着したとオバマ選挙事務所のスポークスマンから発表があっ... [Read More]

Tracked on July 21, 2008 at 07:07 PM

» カブールで朝食を・オバマ視察旅行2日目 [米流時評]
    ||| オバマのアフガン共闘宣言 ||| オバマの研修旅行2日目:カルザイと会談後、アフガン戦線共闘宣言 巨額の軍事援助を反故にタリバン側と妥協したパキスタン政府を批判 米国時間 2008年7月20日 | AP 通信・アフガン支局発 |  訳『米流時評』ysbee アフガニスタン・カブール発 |米国大統領選の民主党候補バラク・オバマ上院議員は、現地時間で20日日曜、海外歴訪最初の訪問地アフガニスタンの首都カブールで、カルザイ大統領を始めとするアフガン政権と会談した。オバマ候補... [Read More]

Tracked on July 21, 2008 at 07:34 PM

« Time for Some Campaignin' | Main | 技術防衛が必要だよ、まったく。 »