« バイデンを正式発表 | Main | 民主党党大会始まる »

August 24, 2008

グルジアと米大統領選メモ 8月24日

ランニングメイトとなったオバマとバイデンが、オバマが大統領選立候補演説をしたイリノイ州のスプリングフィールドに2人で登場してましたね。あそこはリンカーンも演説したところらしいですが、ま、それはともかく、オバマはいい間違えたらしいっす。まあ2人並ぶと、どうしてもバイデンのほうが大統領候補に見えるという問題も露呈(苦笑)。しょうがないけど。

goo時事 バイデン氏は「大統領候補」?=主従逆転の言い間違い−オバマ氏
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080824X839.html

で、バイデンの評判なんだが、外交はともかく、「失言癖のある人」らしい。

AFP オバマ、バイデン両氏が初の共同集会 猛暑のためか言い間違えも
http://www.afpbb.com/article/politics/2510383/3258886

雄弁とされるオバマ氏に失言が少ないのとは対照的に、バイデン氏が過去に失言を繰り返してきたことは、すでに共和党の格好の攻撃材料となっている。

暗いニュースリンク
本日ブックマークしたニュースとメモ(2008年8月23日版)
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2008/08/20080823_5161.html

バイデン議員といえば失言癖で知られるちょっと軽い人物。

失言というのはこんな感じ。

かんべえの不規則発言
http://tameike.net/comments.htm#new

○「いやあ、とうとう黒人でも、賢くて清潔で見てくれのいい候補者が初めて出てきたよ。よかったね」って、お前、普段からどういう目で黒人を見てたんだよ、というわけで、偏見が強いというか、正直過ぎるというか。

同じ発言でも、gooの加藤さんのコラムの見方はもっと優しい。私もこの程度だと思うけどな。見た目のいいというのは、カッコいいみたいな意味だろうしな。大統領にかっこよさが必要かどうかはわからないけどさ。ま、つまりバイデンは麻生太郎みたいな人か(苦笑)。いつも大統領になれないのも一緒だし。

コラム「大手町から見る米大統領選」
わたしの不足を補ってくれるあなた…はバイデン委員長 
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080823-01.html

「失言癖あり」と言われるのも、逆に言えば思ってることを単刀直入にずばり言ってしまうから叱られるわけで。どうしようもない差別意識とか頑迷な偏見とか、バランス感覚の欠如ゆえの失言、という感じではないと思っていた(オバマ議員をほめるつもりで「語り口滑らかで賢くて清潔で見た目のいい、初のアフリカ系候補」と言ってしまって、物議を醸したのも、黒人に対する深い差別意識があってのこととは、私には思えなかった)。
(中略)
ロシアがグルジア進攻を開始したのは今月8日。その5日後の時点で、英フィナンシャル・タイムズにバイデン議員が「こんなことをしていてはロシアは大事なものを失うばかりだ」と寄稿していた

関係ないんだが、加藤さんがベルリンの演説のころのコラムでジョン・スチュワートのジョークについての記述があって、面白かった。「ブッシュ今だ大統領」のほうが日本語のゴロが良いと思いますけど。マケインの失言のジョーク「イラクとパキスタンの国境はつまりイラン」には笑った。ジョン・スチュワートに座布団1枚!

オバマ氏もマケイン氏も、もうちょっとがんばって!
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080727-01.html

おなじみジョン・スチュワートの「The Daily Show」ではこのところブッシュ大統領を「still-President Bush (ブッシュまだ大統領)」と呼ぶのに対して、オバマ氏を「not-yet president Obama(オバマ未大統領)」と呼んでいる
(中略)
とは言うものの、自分の言葉で語った挙句に「イラクとパキスタンの国境」などと失言してしまっては、「マケイン=経験・知識・見識」というイメージが台なしなのだが(「イラクとパキスタンの国境は、つまりイランのことだ」とはジョン・スチュワート)。

で、話をもとに戻すと、大統領選に出ていたバイデンは、オバマを討論会で「大統領の準備ができていない」と糾弾していて、それをマケイン陣営はCMにして使っている。確かに見たよ、その討論会。言ってたし、オバマがむっとしていたのも見た。まあでもさ、それならますます自分が支えなきゃって思ってもおかしくないし、これまでの論戦では以下のようなこともあったので、見方も変わっているのかもしれない。というか、副大統領になりたいんだろうし。別にいいじゃん。

Jin and Tonic
人種問題とダライ・ラマとリチャードソン
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2008/03/post_202b.html

もう一人、大統領候補者で、オバマの演説に感銘を受けた人がいる。ジョー・バイデンだ。

ワシントンポスト Obama Urges U.S.: 'Move Beyond Our Old Racial Wounds'
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/03/18/AR2008031800200.html

    Sen. Joseph R. Biden Jr. (Del.), who competed against Obama in the Democratic race, praised the speech as a powerful statement about racial relations. "He told the story of America -- both the good and the bad -- and I believe his speech will come to represent an important step forward in race relations in our country," Biden said in a statement.
    ジョゼフ・バイデンはかつて民主党大統領選で戦っていたが、この演説を人種関係についてのパワフルな声明だとして賞賛した。「彼はアメリカの歴史を語った。良い面も悪い面も。そして私は彼の演説がこの国の人種関係に向けた重要なステップとなると信じている」。バイデンは声明の中でこう話した。

とはいえ、オバマがバイデンを副大統領に起用したから、これでいよいよ巻き返し、という感じにはなっていないようだ。
時事 バイデン氏起用、75%「影響せず」=オバマ氏6ポイントリード−米世論調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008082400140

さて、バイデンが紛争直後に訪問したグルジアである。ロシアも、しっかり19世紀的破壊工作をしていったらしい。ま、ブッシュの「19世紀的」というのはあたっているといえばあたっているよなあ。それにしても、バイデンはすぐに訪問しているところが偉いね。

goo読売 米艦艇がグルジア沖に到着…露軍、原油輸送列車を爆破か
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20080824-567-OYT1T00441.html

goo時事 ゴリ西方で列車が爆発=「線路に地雷」−グルジア
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080824X871.html

goo時事 ロシア軍、南オセチアへ撤退=緩衝地帯に平和維持部隊−グルジア
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080823X743.html?C=S

善し悪しは別として、今回のロシアの戦術は見事としかいいようがないような気もするな。

地政学を英国で学ぶ
ポチを捨てないロシアの便秘戦略
http://geopoli.exblog.jp/9355036/

とはいえロシア経済に影響が出てくるかもしれないらしいですよ。

杜父魚文庫ブログ
グルジア介入でロシア経済に影響 古沢襄
http://blog.kajika.net/?eid=864956

|

« バイデンを正式発表 | Main | 民主党党大会始まる »

ニュース」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Thanks for good news! Your site is very useful for me. I bookmarked your site!

Posted by: payday loans in canada | September 22, 2010 at 04:06 AM

Very useful article. Myself & my neighbor were preparing to do some research about that. We got a good book on that matter from our local library and most books were not as descriptive as your information. I am very glad to see such information which I was searching for a long time.

Posted by: online payday loans | September 21, 2010 at 04:23 PM

Your blog page is very useful. Say thanks to you so much for presenting a whole lot of important advice. I'll bookmark your weblog and will be undoubtedly coming back. All over again, I value your entire work and providing so much worthwhile material to the people.

Posted by: payday loans | August 25, 2010 at 11:17 AM

Your website is very the most interesting. I loved your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans calgary | July 02, 2010 at 04:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42262775

Listed below are links to weblogs that reference グルジアと米大統領選メモ 8月24日:

» 【国際】ロシア、NATOとの軍事協力凍結を表明 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1219325385/ [Read More]

Tracked on August 25, 2008 at 12:45 PM

« バイデンを正式発表 | Main | 民主党党大会始まる »