« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

オバマ、指名受諾演説

Barack Obama's Speech at the Democratic National Convention
"The American Promise"

2008年8月28日 コロラド州デンバー

★多分、そのうち訳します(いつになるのだ?)→コメント欄に「どうしても訳したい者」さんの訳あります。

To Chairman Dean and my great friend Dick Durbin; and to all my fellow citizens of this great nation;


With profound gratitude and great humility, I accept your nomination for the presidency of the United States.

.

Let me express my thanks to the historic slate of candidates who accompanied me on this journey, and especially the one who traveled the farthest – a champion for working Americans and an inspiration to my daughters and to yours -- Hillary Rodham Clinton.  To President Clinton, who last night made the case for change as only he can make it; to Ted Kennedy, who embodies the spirit of service; and to the next Vice President of the United States, Joe Biden, I thank you. I am grateful to finish this journey with one of the finest statesmen of our time, a man at ease with everyone from world leaders to the conductors on the Amtrak train he still takes home every night.


To the love of my life, our next First Lady, Michelle Obama, and to Sasha and Malia – I love you so much, and I’m so proud of all of you.


Four years ago, I stood before you and told you my story – of the brief union between a young man from Kenya and a young woman from Kansas who weren’t well-off or well-known, but shared a belief that in America, their son could achieve whatever he put his mind to.


It is that promise that has always set this country apart – that through hard work and sacrifice, each of us can pursue our individual dreams but still come together as one American family, to ensure that the next generation can pursue their dreams as well.


That’s why I stand here tonight.  Because for two hundred and thirty two years, at each moment when that promise was in jeopardy, ordinary men and women – students and soldiers, farmers and teachers, nurses and janitors -- found the courage to keep it alive.


We meet at one of those defining moments – a moment when our nation is at war, our economy is in turmoil, and the American promise has been threatened once more.


Tonight, more Americans are out of work and more are working harder for less.  More of you have lost your homes and even more are watching your home values plummet.  More of you have cars you can’t afford to drive, credit card bills you can’t afford to pay, and tuition that’s beyond your reach.


These challenges are not all of government’s making.  But the failure to respond is a direct result of a broken politics in Washington and the failed policies of George W. Bush.


America, we are better than these last eight years.  We are a better country than this.


This country is more decent than one where a woman in Ohio, on the brink of retirement, finds herself one illness away from disaster after a lifetime of hard work.


This country is more generous than one where a man in Indiana has to pack up the equipment he’s worked on for twenty years and watch it shipped off to China, and then chokes up as he explains how he felt like a failure when he went home to tell his family the news.


We are more compassionate than a government that lets veterans sleep on our streets and families slide into poverty; that sits on its hands while a major American city drowns before our eyes.


Tonight, I say to the American people, to Democrats and Republicans and Independents across this great land – enough!  This moment – this election – is our chance to keep, in the 21st century, the American promise alive.  Because next week, in Minnesota, the same party that brought you two terms of George Bush and Dick Cheney will ask this country for a third.  And we are here because we love this country too much to let the next four years look like the last eight.  On November 4th, we must stand up and say: “Eight is enough.”


Now let there be no doubt.  The Republican nominee, John McCain, has worn the uniform of our country with bravery and distinction, and for that we owe him our gratitude and respect.  And next week, we’ll also hear about those occasions when he’s broken with his party as evidence that he can deliver the change that we need.


But the record’s clear: John McCain has voted with George Bush ninety percent of the time.  Senator McCain likes to talk about judgment, but really, what does it say about your judgment when you think George Bush has been right more than ninety percent of the time?  I don’t know about you, but I’m not ready to take a ten percent chance on change.


The truth is, on issue after issue that would make a difference in your lives – on health care and education and the economy – Senator McCain has been anything but independent.  He said that our economy has made “great progress” under this President.  He said that the fundamentals of the economy are strong.  And when one of his chief advisors – the man who wrote his economic plan – was talking about the anxiety Americans are feeling, he said that we were just suffering from a “mental recession,” and that we’ve become, and I quote, “a nation of whiners.”


A nation of whiners?  Tell that to the proud auto workers at a Michigan plant who, after they found out it was closing, kept showing up every day and working as hard as ever, because they knew there were people who counted on the brakes that they made.  Tell that to the military families who shoulder their burdens silently as they watch their loved ones leave for their third or fourth or fifth tour of duty.  These are not whiners.  They work hard and give back and keep going without complaint.  These are the Americans that I know.




Now, I don’t believe that Senator McCain doesn’t care what’s going on in the lives of Americans.  I just think he doesn’t know.  Why else would he define middle-class as someone making under five million dollars a year?  How else could he propose hundreds of billions in tax breaks for big corporations and oil companies but not one penny of tax relief to more than one hundred million Americans?  How else could he offer a health care plan that would actually tax people’s benefits, or an education plan that would do nothing to help families pay for college, or a plan that would privatize Social Security and gamble your retirement?


It’s not because John McCain doesn’t care.  It’s because John McCain doesn’t get it.


For over two decades, he’s subscribed to that old, discredited Republican philosophy – give more and more to those with the most and hope that prosperity trickles down to everyone else.  In Washington, they call this the Ownership Society, but what it really means is – you’re on your own.  Out of work?  Tough luck.  No health care?  The market will fix it.  Born into poverty?  Pull yourself up by your own bootstraps – even if you don’t have boots.  You’re on your own.


Well it’s time for them to own their failure.  It’s time for us to change America.


You see, we Democrats have a very different measure of what constitutes progress in this country.


We measure progress by how many people can find a job that pays the mortgage; whether you can put a little extra money away at the end of each month so you can someday watch your child receive her college diploma.  We measure progress in the 23 million new jobs that were created when Bill Clinton was President – when the average American family saw its income go up $7,500 instead of down $2,000 like it has under George Bush.


We measure the strength of our economy not by the number of billionaires we have or the profits of the Fortune 500, but by whether someone with a good idea can take a risk and start a new business, or whether the waitress who lives on tips can take a day off to look after a sick kid without losing her job – an economy that honors the dignity of work.


The fundamentals we use to measure economic strength are whether we are living up to that fundamental promise that has made this country great – a promise that is the only reason I am standing here tonight. 


Because in the faces of those young veterans who come back from Iraq and Afghanistan, I see my grandfather, who signed up after Pearl Harbor, marched in Patton’s Army, and was rewarded by a grateful nation with the chance to go to college on the GI Bill.


In the face of that young student who sleeps just three hours before working the night shift, I think about my mom, who raised my sister and me on her own while she worked and earned her degree; who once turned to food stamps but was still able to send us to the best schools in the country with the help of student loans and scholarships.


When I listen to another worker tell me that his factory has shut down, I remember all those men and women on the South Side of Chicago who I stood by and fought for two decades ago after the local steel plant closed.


And when I hear a woman talk about the difficulties of starting her own business, I think about my grandmother, who worked her way up from the secretarial pool to middle-management, despite years of being passed over for promotions because she was a woman.  She’s the one who taught me about hard work.  She’s the one who put off buying a new car or a new dress for herself so that I could have a better life.  She poured everything she had into me.  And although she can no longer travel, I know that she’s watching tonight, and that tonight is her night as well.


I don’t know what kind of lives John McCain thinks that celebrities lead, but this has been mine.  These are my heroes.  Theirs are the stories that shaped me.  And it is on their behalf that I intend to win this election and keep our promise alive as President of the United States.


What is that promise?


It’s a promise that says each of us has the freedom to make of our own lives what we will, but that we also have the obligation to treat each other with dignity and respect.


It’s a promise that says the market should reward drive and innovation and generate growth, but that businesses should live up to their responsibilities to create American jobs, look out for American workers, and play by the rules of the road.


Ours is a promise that says government cannot solve all our problems, but what it should do is that which we cannot do for ourselves – protect us from harm and provide every child a decent education; keep our water clean and our toys safe; invest in new schools and new roads and new science and technology.


Our government should work for us, not against us.  It should help us, not hurt us.  It should ensure opportunity not just for those with the most money and influence, but for every American who’s willing to work.


That’s the promise of America – the idea that we are responsible for ourselves, but that we also rise or fall as one nation; the fundamental belief that I am my brother’s keeper; I am my sister’s keeper.


That’s the promise we need to keep.  That’s the change we need right now.  So let me spell out exactly what that change would mean if I am President.

  .

Change means a tax code that doesn’t reward the lobbyists who wrote it, but the American workers and small businesses who deserve it.


Unlike John McCain, I will stop giving tax breaks to corporations that ship jobs overseas, and I will start giving them to companies that create good jobs right here in America.


I will eliminate capital gains taxes for the small businesses and the start-ups that will create the high-wage, high-tech jobs of tomorrow.


I will cut taxes – cut taxes – for 95% of all working families.  Because in an economy like this, the last thing we should do is raise taxes on the middle-class.


And for the sake of our economy, our security, and the future of our planet, I will set a clear goal as President: in ten years, we will finally end our dependence on oil from the Middle East.   


Washington’s been talking about our oil addiction for the last thirty years, and John McCain has been there for twenty-six of them.  In that time, he’s said no to higher fuel-efficiency standards for cars, no to investments in renewable energy, no to renewable fuels.  And today, we import triple the amount of oil as the day that Senator McCain took office.


Now is the time to end this addiction, and to understand that drilling is a stop-gap measure, not a long-term solution.  Not even close.


As President, I will tap our natural gas reserves, invest in clean coal technology, and find ways to safely harness nuclear power.  I’ll help our auto companies re-tool, so that the fuel-efficient cars of the future are built right here in America.  I’ll make it easier for the American people to afford these new cars.  And I’ll invest 150 billion dollars over the next decade in affordable, renewable sources of energy – wind power and solar power and the next generation of biofuels; an investment that will lead to new industries and five million new jobs that pay well and can’t ever be outsourced.


America, now is not the time for small plans.


Now is the time to finally meet our moral obligation to provide every child a world-class education, because it will take nothing less to compete in the global economy.  Michelle and I are only here tonight because we were given a chance at an education.  And I will not settle for an America where some kids don’t have that chance.  I’ll invest in early childhood education.  I’ll recruit an army of new teachers, and pay them higher salaries and give them more support.  And in exchange, I’ll ask for higher standards and more accountability.  And we will keep our promise to every young American – if you commit to serving your community or your country, we will make sure you can afford a college education.


Now is the time to finally keep the promise of affordable, accessible health care for every single American.  If you have health care, my plan will lower your premiums.  If you don’t, you’ll be able to get the same kind of coverage that members of Congress give themselves.  And as someone who watched my mother argue with insurance companies while she lay in bed dying of cancer, I will make certain those companies stop discriminating against those who are sick and need care the most.


Now is the time to help families with paid sick days and better family leave, because nobody in America should have to choose between keeping their jobs and caring for a sick child or ailing parent.


Now is the time to change our bankruptcy laws, so that your pensions are protected ahead of CEO bonuses; and the time to protect Social Security for future generations.


And now is the time to keep the promise of equal pay for an equal day’s work, because I want my daughters to have exactly the same opportunities as your sons.


Now, many of these plans will cost money, which is why I’ve laid out how I’ll pay for every dime – by closing corporate loopholes and tax havens that don’t help America grow.  But I will also go through the federal budget, line by line, eliminating programs that no longer work and making the ones we do need work better and cost less – because we cannot meet twenty-first century challenges with a twentieth century bureaucracy.   


And Democrats, we must also admit that fulfilling America’s promise will require more than just money.  It will require a renewed sense of responsibility from each of us to recover what John F. Kennedy called our “intellectual and moral strength.”  Yes, government must lead on energy independence, but each of us must do our part to make our homes and businesses more efficient. Yes, we must provide more ladders to success for young men who fall into lives of crime and despair.  But we must also admit that programs alone can’t replace parents; that government can’t turn off the television and make a child do her homework; that fathers must take more responsibility for providing the love and guidance their children need.


Individual responsibility and mutual responsibility – that’s the essence of America’s promise.


And just as we keep our keep our promise to the next generation here at home, so must we keep America’s promise abroad.   If John McCain wants to have a debate about who has the temperament, and judgment, to serve as the next Commander-in-Chief, that’s a debate I’m ready to have.


For while Senator McCain was turning his sights to Iraq just days after 9/11, I stood up and opposed this war, knowing that it would distract us from the real threats we face.  When John McCain said we could just “muddle through” in Afghanistan, I argued for more resources and more troops to finish the fight against the terrorists who actually attacked us on 9/11, and made clear that we must take out Osama bin Laden and his lieutenants if we have them in our sights.  John McCain likes to say that he’ll follow bin Laden to the Gates of Hell – but he won’t even go to the cave where he lives.


And today, as my call for a time frame to remove our troops from Iraq has been echoed by the Iraqi government and even the Bush Administration, even after we learned that Iraq has a $79 billion surplus while we’re wallowing in deficits, John McCain stands alone in his stubborn refusal to end a misguided war.

 

That’s not the judgment we need.  That won’t keep America safe.  We need a President who can face the threats of the future, not keep grasping at the ideas of the past.


You don’t defeat a terrorist network that operates in eighty countries by occupying Iraq.  You don’t protect Israel and deter Iran just by talking tough in Washington.  You can’t truly stand up for Georgia when you’ve strained our oldest alliances.  If John McCain wants to follow George Bush with more tough talk and bad strategy, that is his choice – but it is not the change we need.


We are the party of Roosevelt.  We are the party of Kennedy.  So don’t tell me that Democrats won’t defend this country.  Don’t tell me that Democrats won’t keep us safe.  The Bush-McCain foreign policy has squandered the legacy that generations of Americans -- Democrats and Republicans – have built, and we are here to restore that legacy.


As Commander-in-Chief, I will never hesitate to defend this nation, but I will only send our troops into harm’s way with a clear mission and a sacred commitment to give them the equipment they need in battle and the care and benefits they deserve when they come home.


I will end this war in Iraq responsibly, and finish the fight against al Qaeda and the Taliban in Afghanistan.  I will rebuild our military to meet future conflicts.  But I will also renew the tough, direct diplomacy that can prevent Iran from obtaining nuclear weapons and curb Russian aggression.  I will build new partnerships to defeat the threats of the 21st century: terrorism and nuclear proliferation; poverty and genocide; climate change and disease.  And I will restore our moral standing, so that America is once again that last, best hope for all who are called to the cause of freedom, who long for lives of peace, and who yearn for a better future.


These are the policies I will pursue.  And in the weeks ahead, I look forward to debating them with John McCain.


But what I will not do is suggest that the Senator takes his positions for political purposes.  Because one of the things that we have to change in our politics is the idea that people cannot disagree without challenging each other’s character and patriotism.


The times are too serious, the stakes are too high for this same partisan playbook.  So let us agree that patriotism has no party.  I love this country, and so do you, and so does John McCain.  The men and women who serve in our battlefields may be Democrats and Republicans and Independents, but they have fought together and bled together and some died together under the same proud flag.  They have not served a Red America or a Blue America – they have served the United States of America.


So I’ve got news for you, John McCain.  We all put our country first.


America, our work will not be easy.  The challenges we face require tough choices, and Democrats as well as Republicans will need to cast off the worn-out ideas and politics of the past.  For part of what has been lost these past eight years can’t just be measured by lost wages or bigger trade deficits.  What has also been lost is our sense of common purpose – our sense of higher purpose.  And that’s what we have to restore.

 

We may not agree on abortion, but surely we can agree on reducing the number of unwanted pregnancies in this country.  The reality of gun ownership may be different for hunters in rural Ohio than for those plagued by gang-violence in Cleveland, but don’t tell me we can’t uphold the Second Amendment while keeping AK-47s out of the hands of criminals.  I know there are differences on same-sex marriage, but surely we can agree that our gay and lesbian brothers and sisters deserve to visit the person they love in the hospital and to live lives free of discrimination.  Passions fly on immigration, but I don’t know anyone who benefits when a mother is separated from her infant child or an employer undercuts American wages by hiring illegal workers.  This too is part of America’s promise – the promise of a democracy where we can find the strength and grace to bridge divides and unite in common effort.


I know there are those who dismiss such beliefs as happy talk.  They claim that our insistence on something larger, something firmer and more honest in our public life is just a Trojan Horse for higher taxes and the abandonment of traditional values.  And that’s to be expected. Because if you don’t have any fresh ideas, then you use stale tactics to scare the voters.  If you don’t have a record to run on, then you paint your opponent as someone people should run from.


You make a big election about small things.


And you know what – it’s worked before.  Because it feeds into the cynicism we all have about government.  When Washington doesn’t work, all its promises seem empty.  If your hopes have been dashed again and again, then it’s best to stop hoping, and settle for what you already know.


I get it.  I realize that I am not the likeliest candidate for this office.  I don’t fit the typical pedigree, and I haven’t spent my career in the halls of Washington.


But I stand before you tonight because all across America something is stirring.  What the nay-sayers don’t understand is that this election has never been about me.  It’s been about you.


For eighteen long months, you have stood up, one by one, and said enough to the politics of the past.  You understand that in this election, the greatest risk we can take is to try the same old politics with the same old players and expect a different result.  You have shown what history teaches us – that at defining moments like this one, the change we need doesn’t come from Washington.  Change comes to Washington.  Change happens because the American people demand it – because they rise up and insist on new ideas and new leadership, a new politics for a new time.


America, this is one of those moments.


I believe that as hard as it will be, the change we need is coming.  Because I’ve seen it.  Because I’ve lived it.  I’ve seen it in Illinois, when we provided health care to more children and moved more families from welfare to work.  I’ve seen it in Washington, when we worked across party lines to open up government and hold lobbyists more accountable, to give better care for our veterans and keep nuclear weapons out of terrorist hands.


And I’ve seen it in this campaign.  In the young people who voted for the first time, and in those who got involved again after a very long time.  In the Republicans who never thought they’d pick up a Democratic ballot, but did.  I’ve seen it in the workers who would rather cut their hours back a day than see their friends lose their jobs, in the soldiers who re-enlist after losing a limb, in the good neighbors who take a stranger in when a hurricane strikes and the floodwaters rise.


This country of ours has more wealth than any nation, but that’s not what makes us rich.  We have the most powerful military on Earth, but that’s not what makes us strong.  Our universities and our culture are the envy of the world, but that’s not what keeps the world coming to our shores.


Instead, it is that American spirit – that American promise – that pushes us forward even when the path is uncertain; that binds us together in spite of our differences; that makes us fix our eye not on what is seen, but what is unseen, that better place around the bend.


That promise is our greatest inheritance.  It’s a promise I make to my daughters when I tuck them in at night, and a promise that you make to yours – a promise that has led immigrants to cross oceans and pioneers to travel west; a promise that led workers to picket lines, and women to reach for the ballot.


And it is that promise that forty five years ago today, brought Americans from every corner of this land to stand together on a Mall in Washington, before Lincoln’s Memorial, and hear a young preacher from Georgia speak of his dream.


The men and women who gathered there could’ve heard many things.  They could’ve heard words of anger and discord.  They could’ve been told to succumb to the fear and frustration of so many dreams deferred.


But what the people heard instead – people of every creed and color, from every walk of life – is that in America, our destiny is inextricably linked.  That together, our dreams can be one.


“We cannot walk alone,” the preacher cried.  “And as we walk, we must make the pledge that we shall always march ahead.  We cannot turn back.”


America, we cannot turn back.  Not with so much work to be done.  Not with so many children to educate, and so many veterans to care for.  Not with an economy to fix and cities to rebuild and farms to save.  Not with so many families to protect and so many lives to mend.  America, we cannot turn back.  We cannot walk alone.  At this moment, in this election, we must pledge once more to march into the future.  Let us keep that promise – that American promise – and in the words of Scripture hold firmly, without wavering, to the hope that we confess.


Thank you, God Bless you, and God Bless the United States of America.

★原文はこちら

Barack Obamaホームページ

http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gG5l5C

★訳 gooの加藤さん
バラク・オバマ指名受諾演説・全文(1) コラム「大手町から見る米大統領選」番外
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080830-02.html

| | Comments (9) | TrackBack (1)

マケイン自爆?

民主党大会のあとに、マケイン共和党大統領候補が副大統領候補の発表をしたのだが、大方の予想を裏切って、アラスカ州のサラ・ペイリン知事を選んだ。サラってくらいなんで、女性なんだけど。

日経 米共和党、副大統領候補に保守派ペイリン氏 44歳女性起用
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080829AT2M2903P29082008.html

日経 副大統領候補のペイリン氏「選ばれて光栄」 米共和党
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080829AT2M2903S29082008.html

WAPO McCain Introduces Alaska Governor Palin as Running Mate
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/29/AR2008082901112.html

発表直前、有力候補といわれていた2人、ロムニーともう一人なんだけどこっちはよく知らない人だったんだが、その2人は外れた、との情報が出ていた。なお、それを伝えるCNNのレポーターは、かなり残念そうに言っていたんだが。

前から、ヒラリー票を取り込むために、マケインが女性を選ぶかもしれないとは言われていた。しかしその有力候補は、元ヒューレット・パッカードCEOのフィオリーナとか、元イーベイCEOのメグ・ホイットマン氏とかが有力とも言われていたのだが、政治経験がないのが難点だったらしい。

で、ロイターはパリンと書いているが、こんな人だそうである。

ロイター 情報BOX:米大統領選、マケイン共和党候補の副大統領候補者の顔ぶれ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33313220080818

◎サラ・パリン氏(44歳) 現アラスカ州知事。人工妊娠中絶に強く反対し、財政政策も保守的であることから、共和党の保守派層に訴えかけられる人材。元美人コンテスト優勝者で、スポーツ万能。マケイン氏と手を組めば、チームの若返りと活性化に貢献できる可能性。しかし現在はまだ知事として1期目で、全国的に知名度が低いのが難点。

う〜〜〜ん。美人で、スポーツ万能で、頭が良くて、5人の子供の肝っ玉母さんで、息子の一人は軍人でイラクに派遣され、中絶に大反対でダウン症とわかっていても末の子の出産を選んだ、保守派からみたらこれ以上文句のつけようのない女性なんだが…。でも、もしヒラリー票を取り込みたいなら、ここは有名で金髪で背が高くてイカしてる感じの、ドラマ「ホワイトハウス(The West Wing)」でいうところの「共和党っぽい」フィオリーナのほうがよかったんじゃないの? 民主党の元副大統領候補フェラーロはペイリンを支持するらしいけど。女なら誰でもいいらしい。

マケインは彼女をよく知らないらしい。CNNで言っていたんだが、知事大会のときあったくらいだったと。候補になってからは何回か会ってたらしいけど。今度は彼女が経験がないといわれている。マケインは皮膚に悪性腫瘍があったりする72歳で、健康に不安があるのに、何か会ったときにバトンを渡すのが、9000人程度の小さい市の市長を長くつとめ、知事経験は2年(しかもアラスカ)という、「経験」は立派なのか?ってことらしい。マケインが彼女を選んだ理由は、共和党の重鎮がすすめる行き先のない橋(なんだそりゃ?)の建設をやめさせたかららしいんだが、そんなことは当たり前だし、それで副大統領になれるなら、いろんな人がなれそうだ。

しかし私は演説を聞いて、かなり嫌いになったね、ペイリン。ヒラリーについて言及し「彼女はガラスの天井に1800万のヒビを入れたが、これで終わりじゃないわ!」みたいなことを言ってたのが特に気に入らない。ヒラリーと自分を同列にするなよ。ヒラリーは自ら大統領に立候補して、見事に戦ったんだよ。分裂の危機も頑張って止めたんだぞ(止まってないけど)。ペイリンはただ選ばれただけじゃん。ヒラリーがあけたのは副大統領じゃなくて、大統領の天井だよ。調子に乗るな。

ま、とにかく、そんなわけで、共和党支持者からは「もしかして有権者をバカにしてる?」と疑われ、ヒラリー狂信派からは「マケインに入れるわ」といわれていて(いや、私のように怒っている人もいるようだが、ちなみに私はヒラリー派じゃないです)、なんだか不思議な決定なわけだ。

マケインが本気で勝つつもりなら、イヤでもロムニーを選ぶべきだったと思うなあ。だって安心感が違うし。マケイン・ロムニーだったら、オバマ・バイデンもちょっと危ないかもと思ったんだが、マケインは納得できなかったらしいし、最後までリーバーマンの道を探していたらしいんだが、だめだったみたいだ。ヒラリー狂信派はそんなことしなくてもマケインに入れたのに。いずれにしてもペイリンになっちゃったわけだが、なんかちょっと残念だな。

追記:米流時評さんによると、マケインが自分が所有する家を数えられなかったので(苦笑)、お金持ちロムニーとのコンビは「ビリオネア・チケット」とか「7ハウス・クラブ」と嘲笑されることになったため、そのチケットの可能性がなくなってしまった。それもあって庶民的な彼女になったのではないかとのことです。

米流時評
セーラ・ペイリンはマケイン最大の賭け
http://beiryu2.exblog.jp/8528816/

追記2

冷泉彰彦氏のJMMメルマガによると、アラスカ州知事を選んだというのは対ロシアという意味もあるそうです。

from 911/USAレポート
「不安定な転換点」より

 ですが、この人選はやはりここのところマケインが急速に傾斜している「ロシアへの囲い込み」という文脈から見るのが妥当でしょう。何と言ってもアラスカというのは、ロシアとの国境州であり、MDやミサイル基地、空軍基地など正に「北の守り」の要だからです。そのそもアラスカというのは、ロシア領であり、クリミア戦争での敗北を受けて財政危機にあったロマノフ朝の帝国が、アメリカに金銭で売却した土地です。ですから、今後ロシアのナショナリスト達が調子に乗って「固有の領土だから回収する」ということを言い出す可能性は十分にあります。

 また、ペイリン知事が深く関わっているアラスカの石油産業、とりわけ永久凍土の上にパイプラインを敷設する技術などに関しては、ロシアはノドから手が出るほど欲しがっているわけで、逆にロシアに対して経済技術協力をする方向に転換したとしても、マケイン=ペイリンのコンビは様々な手札を持っていることになります。直近の課題では、沖合の新規油田開発にブッシュ大統領がゴーサインを出し、これにマケイン候補が賛同するという動きがありましたが、この流れにも沿った人事だとも言えるでしょう。マケイン=ペイリンの両氏ともに、元来は環境派ですが国策としてのエネルギー開発には現実路線を取るという、正に今日の共和党のイデオロギーを代表する人選だと思います。


追記3 ハンドラーズさんの記事
北の国から・・・・
http://amesei.exblog.jp/8527847/
やはり油か〜。

 9月1日から開催される共和党大会はこんな感じで進むそうで。

ロイター 情報BOX:米共和党党大会で演説を行う出席者の顔ぶれ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33484720080828

当然なんだが、ブッシュとかチェイニーとか出てきちゃうんだよねえ。強烈に逆効果なんじゃないだろうか。しかも、ハリケーンカトリーナなみのハリケーングスタフが今、ルイジアナを目指していて、ちょうど共和党大会のころに着きそうなんだよね。そんなときに大会をやってる場合なのか?とも言われていて、共和党大会、嵐が起こったりして。

| | Comments (8) | TrackBack (3)

オバマ、民主党の大統領候補指名を受託

キング牧師が人種差別撤廃を唱えた「わたしには夢がある」演説を首都ワシントンで行ってからちょうど45年に当たる8月28日、オバマは初の黒人大統領候補として、民主党大会で指名受諾演説を行った。聴衆は8万4000人。過去最大のケネディを抜いた。オバマの演説は3800万人が見たそうだ。オリンピック開会式よりも多くの視聴者を集めたらしい。

Barack Obama's Speech at the Democratic National Convention
http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080828_OBAMA_SPEECH.html

CNN オバマ氏が指名受諾演説 「米国の約束」テーマに熱弁

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200808290006.html

CNN 聴衆は8万4千人以上、過去最大か オバマ氏の指名受諾演説
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200808290027.html

ロイター オバマ候補が指名受諾演説、ブッシュ政権との決別を訴え
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33504620080829

共同 演説要旨コンパクト版  オバマ氏指名受諾演説
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082901000283.html

産経 【民主党全国大会】内向きな米国像描いたオバマ氏
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080829/amr0808292047009-n1.htm
産経はマケイン派だからね。

今回はかなり具体的な話をして、大統領候補者らしい演説になっていたと思う。詳しくはgooの加藤さんにお任せ。初心表明演説のようなものだったそうです。

コラム「大手町から見る米大統領選」(48回目)
オバマ候補、キング牧師の夢の日にアメリカの未来図を示す
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080829-02.html

オバマ候補は、次々と政策課題をあげていった。これはいわば公約だ。
・生産拠点を国外に移転する企業への法人税免税を撤廃
・中小企業へのキャピタルゲイン税を撤廃
・中産労働者家庭の95%に減税
・就任から10年以内に、中東産石油への依存をついになくす
・外国石油への依存をなくすため、国内天然ガス資源を開発し、石炭のクリーンな利用技術(クリーン・コール・テクノロジー)を確立し、原子力発電の安全な利用法を開発する・低燃費車を米国内で製造できるよう自動車会社を支援し、米国民がこうした低燃費車を購入しやすくする
・再生可能で低価格の新エネルギー(風力・太陽光・バイオ燃料など)のため、次の10年間にわたり1500億ドルを投資する。この投資を通じて、新規産業が立ち上がり、外国にアウトソースできない500万もの新規雇用が創出される
・すべての子どもに一流の教育を与えられるよう、優秀な教師を増やし、教師の給料も増やし、教育のレベルをあげる
・地域や国に奉仕したすべての若いアメリカ人が、大学教育を受けられるようにする
・安く使いやすい国民皆医療保険をついに実現する。すでに医療保険に入っている人には保険料を下げ、入れない人には連邦議員と同じ医療保険の仕組みを提供する。何よりも、保険会社が治療内容を決めたり患者を差別しないようにする
・企業倒産の関係法を修正し、CEOの巨額ボーナスよりもまず真先に、従業員の退職金・年金資金を守るようにする
・同一賃金法を実現し、男だろうと女だろうと同じだけ働いたら同じ賃金を得られるようにする
・挙げてきた改革実施の資金源として、企業に与えられている様々な抜け穴や減免措置を撤廃し、タックスヘイブンも廃止する。と同時に、連邦政府予算をしらみつぶしにして、無駄で無用な政府事業を廃止する

お?と思ったのはエネルギーの関係のところ。「中東依存から脱却する」と宣言した。燃費のいい自動車をアメリカで作るっていっているんだが、トヨタアメリカでもいいのか、それともやっぱりビック3じゃなきゃだめなのか。そこが一番、日本としては気になるところだね。でも今、オバマはバイオディーゼルの工場に行っているらしい。勘弁してくれ。バイオはだめだってば。食糧危機の原因なんだからさ。

かんべえさんの溜池通信もリンクしておこう。
PDFレポート「民主党大会とオバマの課題」
http://tameike.net/pdfs8/tame398.PDF

私の感想としては、固く決めてきたな、という感じ。英語がわかると感動するかもしれないんだけど、感情に訴える情緒的な表現は少なくして、これからの論戦に備えた感じ。今後、演説はいいけど論戦が苦手なオバマがどうするのかが見ものだ。

さて、オバマの演説のあと、マケインはサプライズな副大統領を選んだりしているんだけど、それはあとのエントリとするとして、オバマの演説に反論もしているのでメモ。

北海道 「誤解に満ちた演説」 マケイン陣営 オバマ氏を批判
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/114667.html

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 29, 2008

プーチン、面白すぎ

朝、CNNニュースをクリッピングしたときは、とりあえず、お、でたでた、と思ってクリップしただけだったのだが、良く読んでみると、おや〜〜〜〜〜??? マジそういってんの? 

いや、アメリカのメディアにプーチンが一斉に出たんだが。上記CNNのインタビューで言ったらしい。(CNNが貼付けられるようになったとは! と思ったら見えないな。でもそのままにしておこう)。

というわけで見出しを並べてみよう。

CNN(再掲します) Putin accuses U.S. of orchestrating Georgian war
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/europe/08/28/russia.georgia.cold.war/index.html

ロイター Putin says suspects U.S. provoked Georgia crisis
http://www.reuters.com/article/gc07/idUSLS69865120080828
プーチンはアメリカがグルジア危機を引き起こしたと疑っていると言う。

NYT Putin Suggests U.S. Provocation in Georgia Clash
http://www.nytimes.com/2008/08/29/world/europe/29putin.html
プーチンはアメリカがグルジア紛争を引き起こしたと示唆した

WAPO Putin Asserts Link Between U.S. Election and Georgia War
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/28/AR2008082800489.html
プーチンはアメリカ大統領選とグルジア戦争は関係しているときっぱり。

と、きっぱり、プーチンはマケインを大統領にしたい人々が、グルジアを焚き付けて戦争に至ったと言っています。をいをい。そんなハッキリ…。ま、多分証拠は握っていると思いますが、オバマの指名受諾演説の今日一斉掲載されるように、これをあえてこれを言うってことはーーーーつまり、プーチンはオバマ派ってことか?????

KGBのお前に言われたくないよと、ブッシュが言っているのが目に浮かぶ。ぷ。

ま、私もその疑いを書いたことはありますが、こんなハッキリ敵陣から言われちゃうとねえ。否定するしかないじゃないすか。いやいや、ペリノも大変だね。

 

日本語はこちら
IBTimes プーチン首相「米国がグルジア紛争を画策」、米政府は否定
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/080829/22392.html

次はオバマについて書きますが、もう書き尽くされているので、何書くかなあ。と困ってます。


追記:暗いニュースリンクさん
「パンドラの箱を開けたのは誰だ」CNNのプーチン首相独占インタビュー
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2008/09/cnn-73e1.html
プーチンインタビュー全訳。CNNったらインタビューぶつ切りにしちゃ、だめでしょ。都合の悪いことを隠すのはFOXと変わらんね。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

グルジア発 国際情勢緊迫中?

単なる勘だが、結構ヤバいような気がする。今日はオバマの指名受諾演説に合わせてマケインが副大統領候補を発表するらしいが、それ以上に、何かあるかもしれないので要注意。おっと、マケインは発表は明日にしたらしい。

以下日経より

問題はこれ↓
米ロ原子力協定破棄を検討 米大統領報道官
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080828AT2M2803U28082008.html

グルジア紛争が勃発したときに、そうなるだろうなと思ったけど、これでイラン情勢はハチャメチャになるだろう。イランの核開発のバックにはロシアがいるんで。この原子力協定も原子力利権が絡むらしいんだが、面倒なんで説明は抜き。そんな利権どころじゃなくなってもきていそうな気配だ。イラン攻撃したら中東全体が戦争状態になるかもしれないとクエートが予測している。クエートの予測については一つ前のエントリの中東TODAYのリンクをご参照ください。

米副大統領「グルジア領土守るため同盟国と協力」
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080828AT2M2801H28082008.html

BTCパイプラインはハリバートンからんでますから(汗)

ロシア、大陸間弾道弾の発射実験 米MDに対抗
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080828AT2M2803M28082008.html

EU、緊急首脳会議で「対ロ制裁」を協議へ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080828AT2M2803128082008.html

EU、ウクライナ加盟へ調整 グルジア紛争でロシアに対抗
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080828AT2M2800328082008.html

緊迫の裏にはこんな事情もあるかも
原油価格、60─80ドルに下落する可能性=UAE中銀総裁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33490920080828

まだ儲けたい人が山ほどいるんだろう。イランで戦争すれば再びというか、今まで以上に原油価格は上昇するに違いないのだ。何せホルムズ海峡封鎖だからなって、それ、ロシアの思うツボじゃない??

で、イラン攻撃があるとすると、アメリカ急速準備中といえるかも。

毎日・共同 イラク:民兵の活動を無期限停止 サドル師が声明
http://mainichi.jp/select/world/news/20080829k0000m030157000c.html

時事 イラクの米軍、削減可能=アンバル州治安権限移譲へ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008082800097

本当に狙いはアフガン増派なのかと疑っているのだが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

グルジアとアフガニスタンと…メモ

○グルジア

プーチン登場
CNN Putin accuses U.S. of orchestrating Georgian war
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/europe/08/28/russia.georgia.cold.war/index.html

ならばチェチェン独立を認めるのか
「ロシアは後悔する」 グルジア前大統領シェワルナゼ氏
http://www.asahi.com/international/update/0827/TKY200808270283.html

「多民族国家であるロシア国内の分離運動を刺激することになり、いつか後悔するだろう」などと語った。 (中略)「チェチェン、ダゲスタンなど、ロシア内の共和国の独立を認めるべきだという話になるからだ」と述べた。

グルジアといえばシュワルナゼ。ってことで、この人がなんて言うか聞いてみたかった。ソ連(帝国)もグルジアも知る男だからだ。

コーカサスがどうのこうのとメドベージェフは言っているわけだが、帝国はそれなりに大変なのだ。プーチンは帝国時代を知っているだろうが、すべてを知っているわけじゃないだろうし。チェチェンはどう動くだろうか。


地政学を英国で学ぶ
シーパワーの効用
http://geopoli.exblog.jp/9369076/

NATOやアメリカの行動でよくわかるのは、「シーパワーの効用」というものです。
どういうことかというと、シーパワーというのはエアパワーよりも「プレゼンス」(存在感)があり、しかもその進行スピードは飛行機に比べて遥かに遅いわけです。ところがこの「飛行機に比べて遅い」という部分がミソ。
なぜなら船があまりにも早く現場(今回の場合は黒海の東側)に到着してしまうと、相手側(つまりロシアですね)に考える時間と余裕を与えなくなってしまうからです


園田善明メモ
相次いで来日するロシア要人の正体
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/29/3716101

ロシア要人=ガスプロム要人と置き換えることが可能。よって、現役バリバリのガスプロム要人が続々と日本に押し寄せてくると考えればいい。
怖いですねー。キン肉マン・プーチンは日本で何を釣ろうとしているのでしょうか。プーチンが投げ入れる美味しそうなエサにパクッと食いついちゃうと、日本はガス依存症になって間違いなくドイツのようにロシアに飲み込まれちゃう。

読み比べ記事
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/29/3716029

“We have information of 1,692 dead and 1,500 injured as a result of the Georgian aggression,” South Ossetian prosecutor general Teimuraz Khugayev was quoted as saying by Interfax news agency.
Georgia has rejected the claim that thousands died. New York-based group Human Rights Watch has estimated that only dozens were killed.


佐々木良昭氏
NO・2019クウエイトのシンクタンクがイラン攻撃の影響予測
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2008/08/no_354.html

その前提として、まず、アメリカがイランを攻撃するのかしないのか、ということが検討されたが、このシンクタンクの予測では「アメリカは疑いなく、イランの核施設を攻撃する」としている。

ベンジャミン氏の言っていることもあながち嘘じゃないんすね(苦笑)



○アフガン
ちょっと遅くなったけど、ペシャワール会の伊藤さんの件。

IBTimes
アフガンで拉致された伊藤さん、遺体で発見-対アフガン復興支援縮小も検討か
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/080828/22362.html

日経 「情勢認識甘かった」 NGOの中村医師、現地へ
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080828STXKD066227082008.html

伊藤さんのお父さんも、これでやめてほしくはないと言っているけれど、アフガニスタンの治安悪化は前から言われていることだし、縮小せざるをえないだろう。支援を継続するにしても、アフガニスタンの人々がどれだけこれから自らの力を発揮できるか、ということが重要だろうな。

【アフガン邦人男性拉致】激化する誘拐事件 背景にタリバンの復活
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080827/mds0808272127002-n1.htm

国連によると、03年のアフガンのケシ栽培生産量は過去最高を記録した。タリバンは農民や密輸業者から10%の“税”を徴収し、昨年1年間で4億ドルがタリバンに流れ込んだ。資金は潤滑になっているとみられ、治安の安定化は遠のくばかりだ。

タリバンにとっては農業支援している日本人なんて「敵」なわけだ。ケシ栽培してもらって、ガメたほうが儲かるわけだから。でも、本当にアフガンのことを考えたら、食糧を作ったほうがいいわけで。だから、もしタリバンが首謀者なら、本当にろくでもない卑怯者だと思う。伊藤さんを知るアフガンの人々も怒っているらしい。

フランスでもつい最近、兵士が殺された。

CNN 仏大統領、アフガン駐留仏軍を訪問 首脳会談も
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808210017.html

日刊スポーツ 仏外務省「伊藤さんに敬意を表する」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20080828-402016.html

そりゃ、兵士とは違うといってもなあ。サルコジはこういうところの行動は早いし、フランスの議会では増派で議論しているし、みんな真剣だ。日本では一部で「自己責任」とか「9条信じる奴はこれだから」とかみたいなことを言っている人もいるが、9条問題はともかくとして、丸腰で人々にとけ込んでアフガンで仕事をしている人をたたえるべきだと思うし、福田首相もNPOだから放っておくのではなく、せめて空港まで迎えにいくとかしてほしい。



○日本

ロイター 農林中金、証券化商品への投資を拡大へ=FT
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK823894920080824

アホですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2008

ビルはやっぱり大統領だった

民主党大会3日目、今日はビル・クリントンとバイデンの登場である。注目されるのはビルがどんなふうにオバマを推薦するか、というところだった。

NYT Bill Clinton's Speech at the Democratic National Convention http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080827_CLINTON_SPEECH.html

いつもよりピリッとしたビル。最近はジジ臭くなってきたなと思っていたのだが、今日はスッキリしていた。そういえばヒラリーも少しやせてたね。やはり2人とも選挙中は疲れていたのだろうと思う。

ビルは、経済の問題を話したら?と民主党から言われていたらしいんだが(彼が当選したときのスローガンはIt's economy,stupid!だし)、彼はオバマの推薦についてちゃんと話したいと言っていたらしい。それで演説では、「私も経験がないと言われた」と述べた上で、昨日私がヒラリーの演説について取り上げたときに書いたことに近いことを話した。つまりアメリカを取り巻く今のこの状況は、共和党政権が作ったもので、マケインは英雄だが、また共和党に政権を取らせるわけにはいかない、と述べたのだ。

オバマをほめたたえたりはしていたが、外交問題も大丈夫というところは拍手が少なかった(苦笑)。最後にオバマを大統領に!と話したところもちょっと声が小さかったが、ま、これは歓声にかき消されたのかもしれない。

この演説を見て思ったのは、ビルの演説は聞かせるってことだ。オバマほど感情には訴えないが、理路整然と話したいことがわかりやすく伝わる。恐ろしく理性的。ああ、この人、だから大統領になったんだなと思った。

それに登場したときのスタンディングオーベーション。長過ぎて、ビルもいつ話しだそうかと戸惑うくらいだった。ビルはこんなに愛されていたのだよ。だからようやくオバマを応援する気持ちになってくれて、嬉しかったんだろう。

ま、これでビルとヒラリーの予備選時の「悪評」は、とりあえず引っ込むことになるだろう。2人ともやるべきことはやったのだから。オバマ支持者はこれでビルへの悪感情をなくしたらしいんだが、さて、ヒラリー支持者はどうなりますかね?

ジョー・バイデンの演説はこちら

NYT Joseph R. Biden Jr.'s Speech at the Democratic National Convention
http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080827_BIDEN_SPEECH.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党、オバマを大統領候補に選出

オバマが民主党大会で、正式に大統領候補の選出された。これがアメリカの民主主義なんだろう。演出がうまい。

指名投票では1州、1州投票していくのだが、ヒラリーに投票するところもあり、またカリフォルニア州が投票をパス(おいおい)し、どうなるかと思ったら、ニューメキシコ州がオバマのイリノイ州に票を託し、イリノイ州はヒラリーのニューヨーク州に票を託した。そこでヒラリーが登場し、動議を出して、発声でオバマを選びましょうと発言。オバマが満場一致で選ばれた。

ヒラリーの姿に泣いている人もいたが、ま、ヒラリーは立派でしたよ。カリフォルニア州はきっと意見が割れたんだな。先に決めたくないっていうか、入れたらヒラリーに入れてたんだろう。そんなわけで、ま、とりあえずヒラリーが最後に帳尻を合わせた感じになってますが。これで団結するのかなあ?

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ヒラリー、有終の美

民主党大会に登壇したヒラリーは立派な演説をしたらしい。

好意的な報道が多い中、gooの加藤さんもほめてます。

コラム「大手町から見る米大統領選」(45回目)
女の道は一本道・続 「私のためでなく国のため」とクリントン議員
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080827-01.html

ビルをはじめヒラリーの演説に涙ぐむコアなヒラリーファンも多かった訳だが、まだ納得できない人もいるようで。

埋まらぬ亀裂、読めない「クリントン票」 米民主党大会
http://www.asahi.com/international/update/0827/TKY200808270310.html

でも、そういう人って今の状況をわかっているのかね? わかっていて、オバマじゃ不安なら、まあそれでもいいんだけどね。悔しいってだけでマケインに入れたいならそれでもいいし。それがアメリカ国民の選択なら、日本人としてはかまわんよ。

今、アメリカは大変な事態に陥っているので、ちょっと書き出してみよう。

1. アフガニスタン情勢悪化中
2. イラク戦争継続中 少し情勢は改善
3. イランとの軋轢はこう着状態
4.ロシア復活&グルジア紛争勃発中
5.パキスタン政変で対テロ戦争と核不拡散に不安増大
6.ビンラディン見つからず
7.北朝鮮問題解決せず
8.サブプライム問題で金融危機
9.原油価格高騰
10.あいかわらず国民皆保険制度なし

まだまだ問題はありそうだが、とりあえず10個あげてみた。上の7つは外交問題だし、あとは経済の問題だ。

経験不足といわれるオバマにこれが解決できるのか?といわれると確かにそれは疑問だが、じゃあマケインなら解決できるのか?と問うてみたら、やはり無理だろうなって回答にしかならないだろう。じゃあ、ヒラリーなら? ブッシュがあと4年? いずれにしてもだめだろう。

こんな、誰もどうしたらいいのかわからない状態を作り出したのは、何を隠そう共和党の大統領であるブッシュだ。そしてマケインのバックにも同じようなところがついていて、国内を見れば国民皆保険には反対だ。本当は、そういう議論をすべきなんじゃないのか?

アフガン戦争もイラク戦争も長引いていて、決着はついていないのに、イランが核濃縮をしているからと攻め入ろうという姿勢をみせている。

9.11を理由に始められたアフガン戦争もイラク戦争も、真の目的は軍事産業と石油利権だったと思われる。しかし戦争をすることで当然軍事産業の利益はあがり、戦争をきっかけにつり上がった石油価格は、新興国の成長でさらにつり上がり、石油産業も大もうけだ。結果的にそれは自国民を苦しめているが、この意思決定は企業の持ち主たち、オバマの言うロビイストの影響によるもので(もっと大金持ちの方々かもしれないが)、アメリカ国民を代表する人々ではないので、相変わらず戦争を続けようとしている。

そしてグルジアとコソボでロシアのエネルギー戦略をつぶそうとした。しかし石油価格をつり上げているために、ロシアが経済危機から復活。グルジア紛争に至る。

アメリカの国力は、パパブッシュ時代にアメリカだけが超大国になってからクリントン時代までは順調だったが、現ブッシュが戦争を2カ所で展開し長引かせたために衰えた。金融市場はITバブル崩壊を住宅バブルで補填し、戦争をしていても経済は好調だと粉飾しようとしたが、無理がたたって崩壊。ますます国力は衰えたが、軍事産業としては、アメリカの国力が相対的に衰えたほうが、各地で紛争が勃発するので、武器が売れるとみている。

ライブドア事件が起きた頃、バイアウトだのバルクセールだのホワイトナイトだの、M&Aに関するいろんな言葉が出てきたわけだが、その中に「焦土作戦」ってのもあったはずだ。ブッシュがやってきたことは、どうみても焦土作戦であり、自分たち石油産業は儲かっているし、どうにかなったら中国にでも助けてもらうつもりなんだろう。

ブッシュが中国と韓国とタイに行ってから、韓国がリーマンを救済する計画が出てみたり、中国が内緒でドル買いしてみたりしているみたいだし、そういえばタイでも反政府運動が起きているな。で、同盟国だったはずのイスラエルも日本もバルクセール中で、今度が我らが焦土作戦にあっているわけだ。あのな〜(怒)。

2001年のアフガン攻撃から始まった2つの戦争は今だ終了しそうにない。そしてイラン、グルジア、パキスタン、北朝鮮でも紛争が勃発していたり問題が起きていて、さらに非民主主義なロシア、中国と交渉せねばならない。

そんなわけで、共和党政権がこれを招いた訳なんだが、みなさん、それはお忘れなんでしょうかね? マケインは結構好感が持てるけど、それでもやっぱりもう4年、共和党にまかせるのはヒラリーが言うとおり、"No way. No how” なんじゃないのかねえ。

新冷戦関連:後で読もうメモ
Newsweek
In Denver, Making Room for Moscow
http://www.newsweek.com/id/155815

さて、今日は副大統領候補バイデンとビル・クリントンです。ビルがカギを握るらしいよ。

CNN
Bill Clinton to take center stage at Democratic convention
http://edition.cnn.com/2008/POLITICS/08/26/dnc.wednesday/index.html

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 27, 2008

ロシアが南オセチアなどの独立承認

まるで民主党大会にぶつけたかのように、ロシアが南オセチアとアブハジアの独立を承認した。

NYT Russia Backs Independence of Breakaway Georgian Areas
http://www.nytimes.com/2008/08/27/world/europe/27russia.html

WAPO Russia Recognizes Breakaway Georgian Regions
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/26/AR2008082600996.html

毎日 ロシア:孤立覚悟で独自路線 南オセチアなど独立承認
http://mainichi.jp/select/world/news/20080827k0000m030116000c.html

ロシアは強硬だ。当然グルジアや西側は主権侵害だと非難している。ロシアとしては最初からこれが狙いだったのだろう。コソボを西側が承認して以来、ずっと練ってきた戦略だ。つまり、ロシアが手ぐすね引いて待っているところに、サーカシビリは攻撃したわけだ。多分、アメリカのネオコンが焚き付けたんだろうけど、それにしても、 被害甚大である。

なぜ、セルビアからのコソボ独立をロシアがそれほど防ぎたかったのか? 確か、パイプラインが関係していたなと思って調べてみたが、やはりそうだった。

コソボ独立で米非難 露メドベージェフ氏
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/126009/

今日の覚書さん
東欧、アメリカ、ロシア:夢のパイプライン
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/88ad15a047a0a0aa742b38b9d316aac4

結局パイプラインなのだ。エネルギーなんだよ。すべての国際紛争の動機はさあ…。

米大統領選で「It's energy, stupid!」っていう記事があったんだけど、これはクリントンが勝ったときの「It's economy, stupid!」っていうスローガンをもじっているわけだが、今では、ブッシュが燃料を投下してしまったので、「It's energy, stupid!」な世界になっちゃっているわけだ。ま、ブッシュじゃなくてもそうなったかもしれないけどね。で、そこはオバマが弱いところだ。やれやれ。

ってことで、イスラエルが大変だそうである。

原田武夫の「国際政治経済塾」 
グルジア紛争で想定外の窮地に追い込まれたイスラエル
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2008/08/post_77.html

今回のロシア軍による攻撃でもっとも震え上がったのは、グルジア自身もさることながら、隣国でもなく、遠く離れたイスラエルだったからである。なぜなら、イスラエルこそが、グルジア政府に対して大量の武器を売りつけてきた当事者だからである。そのイスラエル製の兵器が木っ端微塵に粉砕されていったというのだから、たまったものではない。「グルジアへの武器輸出は最大限の慎重さと理性をもって行うべし」とのイスラエル政府高官の声まで聞こえてきたのだという(8月11日付スイス、ノイエ・チューリッヒャー・ツァィトゥング参照)。

それではなぜ、そこまでイスラエルが震え上がっているのか。何を隠そう、イスラエルが“天敵”のように糾弾してきたイランに武器や関連技術を供与し、サポートしているのが、他ならぬロシアだからだ。このコラムでも繰り返し述べてきたとおり、イスラエルはイランに対して空爆を行う意思を密かに抱き続けており、それがマーケットとそれを取り巻く国内外の情勢にとって最大の「地政学リスク」となっている。

グルジア軍の武器はイスラエル製ですか。

それにしても原田氏も指摘しているが、日本のメディアはあまりグルジア問題を取り上げない。なぜだろう? 

最もあきれたのは、昨日、NHKの9時のニュースを、CNNとの2画面にしながら見ていたときのことだ。最初にも書いたけど、昨日は民主党大会もあったのだが、CNNではメドベージェフの独立承認と、タイの抗議活動について先にニュースとして流していた。NHKは、ペシャワール会の伊藤さんの誘拐がトップで、これは納得できるのだが、その後、太田農水大臣の問題、その他いくつかの話題のあとに、民主党大会…。いつメドベージェフの会見を見られるのか、タイの話は??と思っていたら、なんと、終わってしまったのだ。

どういうことなんだろう? これはとても重要なニュースだし、コソボのときは報道していたはずだ。何か、放送コードでもあるのだろうか?

なんだかとても暗い気持ちになった。もし、私にお金があったら、CNNのようなニュースチャンネルを作るよ。もう、報道鎖国にはうんざりだ。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

ケネディから託された希望の火

脳腫瘍の治療中だというのに、無理を押してエドワード・ケネディが民主党大会に登場したのは、自分自身のトリビュートが行われるというだけでなく、これが最後の党大会になるというだろうという予測だけでなく、やはりオバマを応援したいという気持ちからだったに違いない。

NYT Edward M. Kennedy’s Speech at the Democratic National Convention
http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080825_KENNEDY_SPEECH.html

ケネディの演説は5分余りと短いものだったが、それは命がけであり、感動を呼ぶものだった。

彼はこう言った。

And this November the torch will be passed again to new generation of Americans, so with Barack Obama and for you and  for me, our country will be committed to his cause.The work begins anew. The hope rises again. And the dream lives on.
そしてこの11月には、バラク・オバマとともに、このたいまつが再び次の世代に引き継がれるだろう。みなさんのために、そして私のために。私たちの国は彼の大義を約束するだろう。その仕事は改めて始められる。希望は再び輝き、夢は生きるのだ。

たいまつを次世代に渡すというのは、ジョン・ケネディが話した言葉だそうである。

英語のニュアンスなどはあまりよくわからないのだが、このケネディの演説は、NYTの記事を読む限り、かなり感動的だったんじゃないかと思う。ケネディは、オバマが語る希望を思い出させ、JFK時代のアメリカの希望というたいまつをオバマに渡そうと呼びかけたのだ。この渾身の演説で、民主党員の分裂は防げるのだろうか?

ケネディは、予備選でまだヒラリーが優勢だった1月末、ビルがオバマ攻撃を強めているころに、オバマ支持を表明した。この演説に心動かされた人は少なからずいただろう。

Jin and Tonic
ケネディ、オバマ支持を表明
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2008/01/post_9c1c.html

党大会は現地時間の木曜日にオバマが登場してクライマックスを迎えるのだが、今日はヒラリーの出番だ。尊敬するケネディのこの演説を、ヒラリーはどう聞いただろうか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 26, 2008

小池教授の14年

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出ていた小池康博慶応大学教授だが、絶対どこかで見たことがあると思ったので、記憶をたどってみた。

う〜ん、多分、某社研究部門のプラスチックファイバーの発表かなんかのときの教授だな、と思っていたら、やはり番組もそのプラスチックファイバーの話だった。

プラスチックファイバーは5年くらい前にはもうすでに、新しいマンションに導入されたりなんかしていたが、その少し前のプラスチックファイバーが出た当時は、驚きをもって迎えられていた。だって曲がるんだもん。これはすごいね、と、通信事業をしている人たちと話した記憶がある。屋外はともかく、屋内は絶対主流になると。

そうか、でも、それは彼の14年の下積みによって、実現されたものだったのか。

でも、彼はどこか1社とライセンス契約したりしないという。技術は普及すべきだと思っているからだ。

日本の技術者はこういうところが素晴らしい。トロンの坂村教授といい、小池教授といい、これで金儲けして豪遊とかにならない、なんというか奉仕の精神。武士道とでもいうべきか。

これがどこまで世界で理解してもらえるかわからないが、国民がこのような人々を尊敬し、かつ国がその権利を保護することによって、技術大国になっていくべきだと思う。だって、もう、自動車だってそのうち誰でも作れるものになってしまうのだから。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

民主党党大会始まる

コロラド州デンバーで民主党大会が始まった。CNNなんてずっと生中継中なんだけど、まだ演説が始まっていないな。今日は、オバマ妻のミシェルが演説するらしいが、それより脳腫瘍で療養中のエドワード・ケネディが党大会まで出向き、短いサプライズ演説をするらしい。体力があればといっているが。そうでもしないと、オバマに対する支持は得られないということもあるだろうし、何より、これが最後の党大会だと彼自身も思っているらしい。トリビュートビデオも流れるらしいが、なんとなく寂しい話である。

今日は大統領選関連クリップ。

CNN Poll: Race for White House tied
http://edition.cnn.com/2008/POLITICS/08/24/election.2008.poll/index.html

WAPO Democrats Stress Unity as Convention Opens
http://voices.washingtonpost.com/livecoverage

NYT Democrats Try to Heal Bruises as Convention Kicks Off
http://www.nytimes.com/2008/08/26/us/politics/26DEMSDAY.html

REUTERS Backers of Hillary Clinton cloud Obama show
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSN1928744420080825

あ〜ヒラリー支持者がわんさかつめかけているらしいよ。

しかしカリスマ歌姫たちはオバマ支持らしい。

The Huffington Postに投稿されたシンディー・ローパーの記事
Cyndi Lauper: Hope
http://www.huffingtonpost.com/cyndi-lauper/hope_b_120936.html

AFP マドンナ、コンサート中にマケイン候補を独裁者になぞらえる
http://www.afpbb.com/article/politics/2510969/3263368

マケイン陣営はブリちゃんとか、パリスとかをまるでノータリンみたいに扱ったくせに、自分が言われるといちいち反応するんだねえ。

というわけで、今日からは党大会に注目です。分裂しないといいけど。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 24, 2008

グルジアと米大統領選メモ 8月24日

ランニングメイトとなったオバマとバイデンが、オバマが大統領選立候補演説をしたイリノイ州のスプリングフィールドに2人で登場してましたね。あそこはリンカーンも演説したところらしいですが、ま、それはともかく、オバマはいい間違えたらしいっす。まあ2人並ぶと、どうしてもバイデンのほうが大統領候補に見えるという問題も露呈(苦笑)。しょうがないけど。

goo時事 バイデン氏は「大統領候補」?=主従逆転の言い間違い−オバマ氏
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080824X839.html

で、バイデンの評判なんだが、外交はともかく、「失言癖のある人」らしい。

AFP オバマ、バイデン両氏が初の共同集会 猛暑のためか言い間違えも
http://www.afpbb.com/article/politics/2510383/3258886

雄弁とされるオバマ氏に失言が少ないのとは対照的に、バイデン氏が過去に失言を繰り返してきたことは、すでに共和党の格好の攻撃材料となっている。

暗いニュースリンク
本日ブックマークしたニュースとメモ(2008年8月23日版)
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2008/08/20080823_5161.html

バイデン議員といえば失言癖で知られるちょっと軽い人物。

失言というのはこんな感じ。

かんべえの不規則発言
http://tameike.net/comments.htm#new

○「いやあ、とうとう黒人でも、賢くて清潔で見てくれのいい候補者が初めて出てきたよ。よかったね」って、お前、普段からどういう目で黒人を見てたんだよ、というわけで、偏見が強いというか、正直過ぎるというか。

同じ発言でも、gooの加藤さんのコラムの見方はもっと優しい。私もこの程度だと思うけどな。見た目のいいというのは、カッコいいみたいな意味だろうしな。大統領にかっこよさが必要かどうかはわからないけどさ。ま、つまりバイデンは麻生太郎みたいな人か(苦笑)。いつも大統領になれないのも一緒だし。

コラム「大手町から見る米大統領選」
わたしの不足を補ってくれるあなた…はバイデン委員長 
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080823-01.html

「失言癖あり」と言われるのも、逆に言えば思ってることを単刀直入にずばり言ってしまうから叱られるわけで。どうしようもない差別意識とか頑迷な偏見とか、バランス感覚の欠如ゆえの失言、という感じではないと思っていた(オバマ議員をほめるつもりで「語り口滑らかで賢くて清潔で見た目のいい、初のアフリカ系候補」と言ってしまって、物議を醸したのも、黒人に対する深い差別意識があってのこととは、私には思えなかった)。
(中略)
ロシアがグルジア進攻を開始したのは今月8日。その5日後の時点で、英フィナンシャル・タイムズにバイデン議員が「こんなことをしていてはロシアは大事なものを失うばかりだ」と寄稿していた

関係ないんだが、加藤さんがベルリンの演説のころのコラムでジョン・スチュワートのジョークについての記述があって、面白かった。「ブッシュ今だ大統領」のほうが日本語のゴロが良いと思いますけど。マケインの失言のジョーク「イラクとパキスタンの国境はつまりイラン」には笑った。ジョン・スチュワートに座布団1枚!

オバマ氏もマケイン氏も、もうちょっとがんばって!
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080727-01.html

おなじみジョン・スチュワートの「The Daily Show」ではこのところブッシュ大統領を「still-President Bush (ブッシュまだ大統領)」と呼ぶのに対して、オバマ氏を「not-yet president Obama(オバマ未大統領)」と呼んでいる
(中略)
とは言うものの、自分の言葉で語った挙句に「イラクとパキスタンの国境」などと失言してしまっては、「マケイン=経験・知識・見識」というイメージが台なしなのだが(「イラクとパキスタンの国境は、つまりイランのことだ」とはジョン・スチュワート)。

で、話をもとに戻すと、大統領選に出ていたバイデンは、オバマを討論会で「大統領の準備ができていない」と糾弾していて、それをマケイン陣営はCMにして使っている。確かに見たよ、その討論会。言ってたし、オバマがむっとしていたのも見た。まあでもさ、それならますます自分が支えなきゃって思ってもおかしくないし、これまでの論戦では以下のようなこともあったので、見方も変わっているのかもしれない。というか、副大統領になりたいんだろうし。別にいいじゃん。

Jin and Tonic
人種問題とダライ・ラマとリチャードソン
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2008/03/post_202b.html

もう一人、大統領候補者で、オバマの演説に感銘を受けた人がいる。ジョー・バイデンだ。

ワシントンポスト Obama Urges U.S.: 'Move Beyond Our Old Racial Wounds'
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/03/18/AR2008031800200.html

    Sen. Joseph R. Biden Jr. (Del.), who competed against Obama in the Democratic race, praised the speech as a powerful statement about racial relations. "He told the story of America -- both the good and the bad -- and I believe his speech will come to represent an important step forward in race relations in our country," Biden said in a statement.
    ジョゼフ・バイデンはかつて民主党大統領選で戦っていたが、この演説を人種関係についてのパワフルな声明だとして賞賛した。「彼はアメリカの歴史を語った。良い面も悪い面も。そして私は彼の演説がこの国の人種関係に向けた重要なステップとなると信じている」。バイデンは声明の中でこう話した。

とはいえ、オバマがバイデンを副大統領に起用したから、これでいよいよ巻き返し、という感じにはなっていないようだ。
時事 バイデン氏起用、75%「影響せず」=オバマ氏6ポイントリード−米世論調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008082400140

さて、バイデンが紛争直後に訪問したグルジアである。ロシアも、しっかり19世紀的破壊工作をしていったらしい。ま、ブッシュの「19世紀的」というのはあたっているといえばあたっているよなあ。それにしても、バイデンはすぐに訪問しているところが偉いね。

goo読売 米艦艇がグルジア沖に到着…露軍、原油輸送列車を爆破か
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20080824-567-OYT1T00441.html

goo時事 ゴリ西方で列車が爆発=「線路に地雷」−グルジア
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080824X871.html

goo時事 ロシア軍、南オセチアへ撤退=緩衝地帯に平和維持部隊−グルジア
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-080823X743.html?C=S

善し悪しは別として、今回のロシアの戦術は見事としかいいようがないような気もするな。

地政学を英国で学ぶ
ポチを捨てないロシアの便秘戦略
http://geopoli.exblog.jp/9355036/

とはいえロシア経済に影響が出てくるかもしれないらしいですよ。

杜父魚文庫ブログ
グルジア介入でロシア経済に影響 古沢襄
http://blog.kajika.net/?eid=864956

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 23, 2008

バイデンを正式発表

そんなわけで、ジョー・バイデンをランニングメイトにすることを、オバマが正式に発表しました。なんとなく、ホッとしているのはなぜだ(苦笑)。

Barack Obama ホームページ
http://www.barackobama.com/index.php
Obamabiden

| | Comments (6) | TrackBack (0)

耳をかっぽじって聞けよ、FOX!

或る浪人の手記さんから知りましたが、オセチア系アメリカ人の女の子とそのおばさんが、夏休みに訪ねていた南オセチアでグルジア紛争に巻き込まれ、グルジア兵に追われているところをロシア兵に助けられ、モスクワまで送ってくれたそうなんだけど。インタビューを取ったFOXの意図とは反対に、この真実を語ってしまったために、いきなりインタビューは終了したらしい。

或る浪人の手記
これは見事な田原総一朗ですねw
http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-1333.html

で、これがそのFOXニュース。浪人さんのところにもありますが。あ、今気づきましたが、トラバをつけていただいた散策の方(名前わかりませんが、どうもありがとう)もクリッピングされてましたね。

散策
疑ってかかるのは疲れるが、踊らされるよりはマシか(グルジア紛争を考えつつ)
http://sansaku.at.webry.info/200808/article_10.html

まったくな〜。本当のこと言っているアメリカ人の発言を切るなよ。何が自由の国、アメリカだよ。

ただし、散策さんは、これはロシアの仕込みかも、と指摘しています。実際、私もその可能性はあると思う。最初聞いたとき、そう思いましたしね、ロシアの情報戦略にFOXが使われたと。でも、そこはアメリカだから、これから彼女はさんざん調査されるでしょう。事実はそのうち明らかになるかもしれない。クエートの女の子の発言も結局嘘だとバレたから。ただ、本当かもしれないわけで、こういう報道を切ってしまうのは、だめでしょう、やっぱり。

今回のグルジア紛争ニュースを追っている中で、なんとか西側の主張を肯定しようと努力してみたけど、現段階ではやっぱり西側のほうに無理があるだよなあ。まあ、複雑な土地柄らしいので、どっちが悪いなんてはっきりと割り切れるものではないとは思うけどね。ってFOXの人じゃないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

副大統領候補はバイデン

ハンドラーズさん経由で知りましたが、NYTが民主党の副大統領候補はバイデンと報じました。

ジャパン・ハンドラーズさん
「戦争経済」なのか?
http://amesei.exblog.jp/d2008-08-23

NYT Obama Chooses Biden as Running Mate
http://www.nytimes.com/2008/08/24/us/politics/24biden.html

かなり真っ当な選択肢ですね。この情勢だと、新顔ばかりでは不安だから、重鎮で、外交に強いバイデンだろうなあと思ってたし、米流時評のysbeeさんもそう予測されていたかと思いますが、その通りの、超真っ当な選択をしたようです。バイデンもインタビューで「言われればやる」と言ってたし。

さて、ここからどうやってオバマは巻き返すのか。ここのところ、グルジア問題を筆頭にマケイン爺さんにやられてて、苦し紛れにマケインの家が何軒もあることについて噛み付いていたけど、マケインの奥さんは大金持ちなんだから、そういうことで攻めるのは得策じゃないし、案の定レズコ問題が出てきているし。そんな感じでぐだぐだになってますが、ここで一つ、引き締めてほしいものです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

グルジア紛争+米大統領選メモ 8月23日版

日経BPも大変である。田中秀征のコラムをクリッピングしたんだが、翌日に田原総一朗であるよ。しかもこれが…。テーマが重なるのはしょうがないんだが、にしても…。

田原総一朗の政財界「ここだけの話」
世紀の祭典の裏で勃発したグルジア紛争の意外な影響先
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/080821_72nd/index.html

しかし、今、そのアメリカ帝国主義が終焉を迎えようとしている。今は、終わりの始まりなのである。

そして、この「帝国主義からの脱却」こそが、オバマ候補の掲げる「チェンジ」なのだ。

僕はこのオバマ氏に大賛成だ。

僕だけではなく、少なからぬ世界の人々が支持していたのだが、この情勢がグルジア問題でひっくり返されようとしている。

自分の番組に、まだ上潮派を重用し、竹中とか中川(女)とかの戯れ言を流し続ける彼である。さすがのハラホレヒレハレな見解だな〜。上潮派(小さい政府)とオバマ(大きな政府)は真逆なんですけど(苦笑)、大きな政府派に転向でつか。

帝国主義からアメリカが脱却したら、日本は軍備強化を迫られるだろうねえ。多分、日本は憲法を改正し、軍隊を持つことになるだろうよ。核は持てないという条件で。マケインになっても結果的に同じことになると思うけど。ま、そこまで考えてないか。

彼の論でいけば、帝国主義から脱却するから、オバマはグルジアでほとんど何も言わなかったのかな(苦笑)。だけど、高学歴の支持者の多いオバマだけに、今回のグルジア紛争の対応は支持者をガッカリさせてしまったと思う。田中秀征のコラムのほうが、その辺、うまく書いてると思うね。

まあテーマが重なったんで、力量が浮き彫りになっちゃったわけだ。どうでもいいけど「ここだけの話」って割に、しかも8ページも使っている割に情報が少ないな。

そんなわけで、ハンドラーズのヒロシさんは、オバマの副大統領候補はヒラリーかもよ、と言ってます。最近の支持率低下ぶりを見ると、そうかもしんないと、私も思う。

ジャパン・ハンドラーズ
クラシック界に波及したロシア・グルジア問題/ゲルギエフのソフトパワー外交
http://amesei.exblog.jp/8488720/

そういえば、オバマの副大統領候補はいつ発表されるんでしょうか。いっそのこと、ヒラリーの可能性があるんじゃないかと思いますよ。そうすればカーラ・ヒルズとロバート・ルービンが共同理事長をしているCFRなんかと同じで、「二頭立ての指導者」をアメリカは持つことになります。それがウォール街としても一番期待している事じゃないでしょうかね。

今日のグルジアメモはまず園田さん。プーチンってロシア国民からみたら、ホント、偉大な大統領(今は首相だけど)だと思う。クレバーなんだよね。欧州の論理をうまく使うから西側が反論できない。かつ強硬だからなあ。

園田義明メモ
ガスプロムの北極圏戦略と世界炎上化問題
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/23/3706560

次は奥山さん。米国の元農家の知識人が、グルジア紛争に対する西側諸国の知識人やメディアの対応の仕方を簡潔に分類したのを紹介している。で、結局、みんなどうしたらいいかわからなそうなんだけど。

地政学を英国で学ぶ
アメリカはグルジア紛争をどう考えているのか
http://geopoli.exblog.jp/9348832/

締めはベンジャミンさんで。MD計画のポーランドのミサイル基地をロシアが攻撃して第3次世界大戦だそうです。この間、調印したみたいだけど、いつ完成するんでしょうか。

ベンジャミン・フルフォード
ネオコンの最終案
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/08/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%A1%88.html

上記ブログにリンクされていた記事

Garbagenews.com
ポーランド・アメリカ間のミサイル防衛構想合意・ロシア大いに反発
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/08/post_3830.html
アメリカのMD計画は、ロシア側からみたらキューバ危機と一緒だそうです。

追記 AFP ロシア、グルジアからの撤退完了を宣言、米仏はさらなる撤退を要求
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2509313/3255083

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 22, 2008

今日のグルジアと大統領選+チベットメモ

なんというか世界情勢が急激に変化しているなと思うんだが、よく考えると、ベルリンの壁崩壊だってあったし、金本位制の撤廃とか、中国との国交成立とか、親の世代は終戦も経験しているし、大したこと無いのかもしれない。だけど、今回は向きが逆だからな。急速に冷戦時代とか第2次世界大戦前まで後戻りしている感があって、そこが嫌なのかも。すべてブッシュが悪いと見た。

やれやれという感じで、以下メモ。

★大統領選
田中秀征の一言啓上
失速しつつあるオバマ氏、反転攻勢には自分が言いたいことを
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/shusei/080821_91st/

ロイター It's show time for Obama and McCain
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSN2139171020080821

CNN Obama: I've decided on my running mate
http://www.cnn.com/2008/POLITICS/08/21/obama.vice.president/index.html

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報
〔ジャパハン情報〕 オバマ対日外交顧問団(朝日)
http://amesei.exblog.jp/8484061/

朝日 オバマ氏の対日政策は モンデール氏の一問一答
http://www.asahi.com/international/update/0819/TKY200808190417.html

中岡望の目からウロコのアメリカ
オバマ議員とマケイン議員の経済政策を比較する
http://www.redcruise.com/nakaoka/?p=255

★グルジアとロシアとアメリカ
Newsweek
The New Great Game
http://www.newsweek.com/id/154523

★チベット
ロイター 中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も=ダライ・ラマ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33386420080821

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2008

グルジアと米大統領選 その2

Reuters  Russian military unit leaves Georgian city
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSL768040420080819

産経 露軍、ゴリから撤退開始か
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080819/erp0808192136012-n1.htm

ま、産経は上記ロイター電を引いているわけだが、ちっとも撤退しないといわれていたロシア軍がようやく撤退するそぶりを見せているらしい。

そうはいってもロシア軍もそう簡単に撤退するわけがない。ということでこんなニュースも。

産経 露軍が撤退開始発表 グルジア情勢、焦点は「平和維持部隊」
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080818/erp0808182150006-n1.htm

ゴリに駐留していたロシア軍司令官は17日、フランス通信(AFP)に「ロシア軍が撤退する代わりにロシアの平和維持部隊が進駐する」と述べ、平和維持部隊による警戒活動範囲を一方的に拡大する可能性があると指摘されていた。

CNN ロシア大統領、グルジア指導者を「馬鹿」と非難
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808190003.html

メドベージェフ大統領は、グルジア国境に近い北オセチア共和国の首都ウラジカフカスの軍本部を訪問し、「(グルジアの)馬鹿な政治家らは、利己心を満足させるため無実で無防備な人々を殺す準備をしており、住民駆逐という最悪の方法で複雑な問題の解決を図る無能さを補おうとしている。こうした犯罪が見逃されないよう、われわれは最善を尽くす」などと述べた。

メドベージェフ経由プーチン、強気すね。周囲ではグルジアがCISを脱退したり、NATOへの加入手続きが進みそうだったりという動きがあるんだけど。

産経 グルジア脱退、独立国家共同体(CIS)解体も
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080819/erp0808191952007-n1.htm

CNN NATOが緊急外相理事会、対応策協議 南オセチア武力衝突
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808190026.html

長官はNATO加盟国に対しグルジアへの軍事協力の拡大を要請し、グルジア軍兵士の訓練強化も求める見通し。また、グルジアとの関係を深める「NATO・グルジア委員会」の恒久的設置も促す。

共同 NATO、対ロ関係見直し  グルジア支持を表明
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081901001187.html

日経 スウェーデン首相、ロシアとの軍事協力凍結を発表
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080819AT2M1902019082008.html

しかし、国際問題の専門家たちの間では「ロシア有利」が一般的のようで、だから強気なのかも。確かに、進攻している側が、今後の条件闘争のカギを握っているのは間違いないので、もしアメリカがカギを握りたければ、ロシア軍を攻めるしかないわけだ。それは無理だろうしな。

地政学を英国で学ぶ 奥山さんのブログ
ロシアの大勝利?
http://geopoli.exblog.jp/9322315/

これは特に軍事/戦略系の意見なんですが、今回のロシアのグルジア侵攻は、ロシアにとって素晴らしい成功だったという見方が大半を占めております。
(中略)
今回の紛争はロシアがNATOのコソボ独立推進の時に使われたものと全く同じレトリックを使って正当化したわけですが、なんとこれを国連に持ちかけております。外交的にも先制攻撃をはじめたわけですね。うまいもんです。
(中略)
彼にとって有利なのは「ロシアのナショナリズム」と「豊富な資源のコントロール」の二つだけ。逆にいえば、このどちらかが駄目になると彼の運命も危うくなるわけです。

確かにロシア軍は素早かったし、戦術的には文句をつけようの無い成功だったかも。それにプーチンは毎度のことながら、西側の論理を使うのがうまい。MD計画のときもそうだったし。

そういうわけで今回の件はロシアが勝利しているのかもしれない。というかアメリカとEUの負けなのかも。で、その原因はライスだそうで。

国際戦略コラム
米ライス国務長官の失態
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/200816.htm

弱腰は、ヒットラータイプのリーダには一番いけないことは、
歴史が証明している。プーチンはヒットラータイプである。
(中略)
戦争好きなチェイニーしかこの危機を乗り越えられない。妥協は次
の妥協を生むだけである。テロ戦争はいけないが、ロシアとの通常
戦争は戦う覚悟が必要である。そうしないと、次々と付け込まれる
ことになる。

チェイニーねえ。グルジアを通るBTCパイプラインには増強計画があって、それはチェイニーのハリバートンが担当するらしいっす。だから、チェイニーに落とし前をつけてもらうってのも手かもしれないが、第3次世界大戦が起きちゃうかも。

で、覚書さんがロシア側の見方を。

今日の覚書、集めてみました
たまにはロシアの言い分でも 1
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/391fe2f992875160a75cb22111dce821
注)2まであります。

西側の報道だけみているとグルジア側に傾きがちだけど、確かにロシアが悪いかどうかなんてわからない。死者1500人ってのはロシアの攻撃じゃなくて、グルジアの攻撃だったということなんだけど、最初の報道でもそういわれていたけれど、だんだんぼやかされてきている。

それに、ロシアの侵攻だって、アメリカがイラクでやっているのとそう変わらないし。今のところ、イラクの一般市民の死者はグルジアよりずっと多いわけだ。

そんなわけで、いろいろ考えるに、今回の紛争は「ロシア完全復活」の狼煙ではないかと思えてきた。経済だけじゃなくて、エネルギー面でも、軍事面でも復活したっていう。もうアメリカだけが超大国のままでいることはできなくなったし、多分これからは、中国も入ってもっと複雑な国際関係になるんだろう。大変な時代になりそうで怖い。

大統領選、ちっとも関係ないじゃんって?

いやいや、今回のことって、オバマが最も弱い「外交」をうまく突いているわけで、しかもオバマの休暇中に始まったわけだ。オバマが休暇に足を取られているころ、マケインが強気なことを言った。それでマケインは点数を稼ぎ、支持率ではオバマと並んだり、抜いたりしている。

こりゃちょっと怪しくないですかね? ロシアもアメリカもあまり得がないこの紛争で得をするといったらマケイン。田中宇さんのメルマガでも、その疑いが記されていた。

田中宇の国際ニュース解説
★米に乗せられたグルジアの惨敗
http://tanakanews.com/

 グルジアが侵攻したタイミングについて、アメリカの分析者の間では、別の分析も出ている。8月7日が選ばれたのは、翌日から米大統領選挙戦で優勢な民主党オバマ候補が、夏期休暇で故郷のハワイに戻って選挙活動を1週間休んだためであり、ブッシュ政権が、共和党マケイン候補を挽回させるために、グルジアのサーカシビリを焚きつけて侵攻させたという推測である。
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/08/12/EDCD129NI4.DTL

そして前門の虎に後門のオオカミなわけで、ヒラリーが静かにオバマ沈没を狙っているのではないかとの私の懸念を、原田武夫さんも語っているわけだ。

元・外交官・原田武夫の「国際政治経済塾」
再論・ヒラリーは本当に“撤退”したのか?
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2008/08/post_76.html

ところが、帰国したオバマ候補を待ち受けていたのは、「傲慢」「まだ選ばれていないのになぜ大統領ヅラをするのか」といった激しい非難だった。しかも、共和党のマケイン候補はオバマ不在の国内でしっかりと練り歩き、着実に支持を広げたのである。焦るオバマ候補は少しでも支持層を広げるべく、対イラン政策、原油政策などで次々と「方針転換」を公表。これがまた「CHANGE(改革)といっていたから票を入れようと思っていたのに」という若者層を中心に、激しいオバマ離れを起こしてしまっている。
(中略)
もっと決定的であったのが、党内規定に違反する形で早々と行われたフロリダ・ミシガン両州における予備選の獲得代議員数を、来る8月25日〜28日に行われる民主党大会では完全にカウントして欲しいとオバマ候補が言い出したことである。これではせっかく差をつけたはずのヒラリー・クリントン女史が息を吹き返してしまう。いや、オバマ候補の手によって、ヒラリー・クリントン女史が「大統領候補」になってしまいかねないのである。その先には、先ほど述べた「第3の結果」が見え隠れする。

そうだよねえ。何かおかしいんだよなあ。何だろう。オバマの選対の問題かもしれないけど、ドイツの演説あたりから、とてもちぐはぐな感じがする。歯車が狂いだした感じ。

まあね、日本人だからオバマでもマケインでも、どっちが大統領になってもいいわけですよ。だけど、ヒラリーはねえ・・・。

オバマのほうは副大統領の発表も間近なようだが、頼むから、政治歴の浅い人を選ばないでくれ。負けるぞ。

NYT  Obama Ready to Announce Running Mate This Week
http://www.nytimes.com/2008/08/19/us/politics/19veep.html

ワシントンポスト Who's No. 2? Obama Keeps Everybody Guessing.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/18/AR2008081802691.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2008

オリンピックとグルジア紛争

グルジア紛争はしばらくこう着状態になりそうだが、新冷戦の様相を呈してきた国際情勢の中で、次の冬季オリンピック、ソチの開催が危うくなってきそうだ。なにしろソチは、グルジア国境から30キロの土地らしい。

グルジアの人によるとそもそもソチはグルジアの土地なんだそうで、ソチに隣接しているところは分離独立派のアブハジア共和国(グルジア)だから、さらに複雑である。もうすでにアメリカでは次期冬季五輪の開催地を変更すべきなどという声が出てきている。

CNN ソチ五輪の開催地変更促す決議提出へ、グルジア情勢で米議員
http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200808160003.html

こんな話も出てきていて、ロシアの今後の態度いかんによっては、ソチオリンピック、またもや西側はボイコットってことになりかねない情勢だ。

だが、産経のモスクワ特派員だった佐々木さんはこういうエントリをあげている。

【五輪特集】ロシアのグルジア軍事介入は2014年ソチ冬季五輪開催成功への布石
http://sasakima.iza.ne.jp/blog/entry/674379/

グルジアは、ロシアの大国家イベント、ソチ五輪開催に抗議しています。
(中略)
 ロシア側は、グルジアのサーカシビリ政権の意図を知り抜いています。

 グルジアがもし、南オセチア自治州を支配下に置いたのなら、次に狙うのは、この中で、最も人口の多い「本丸」のアブハジア自治共和国です。

 グルジアにしてみれば、国内にある他国の支援を受けた地域を早く消し去り、完全な独立を勝ち取りたい。だからこそ、ソチ冬季五輪の開催も、自国の国益に沿うように「活用」したい。

 それが、ボイコットの呼びかけであり、抗議なのです。

 ロシアは最悪の展開をさけたいのが本音です。

 軍事介入に踏み切ったのは、アブハジア自治共和国まで飛び火しないよう、そして、2014年五輪開催成功に向け、どうしてもさけられない行動だったことは間違いありませんね。

オリンピック成功だけがグルジア侵攻の目的ではないだろうが、グルジア情勢のニュースをピックアップしたときにひっかかってきた、侵攻直前にあったソチでのテロを佐々木さんも取り上げている。ソチ五輪に反対したい勢力はたくさんおり、グルジアもその一つの勢力であると。

ソチのテロは別としても、最初にグルジア側が発砲したのも、何か考えがあったのかもしれない。ロシア側はずっとプレッシャーをかけ続けていただろうし、そろそろ暴発しそうであるのはわかっていただろう。グルジアもどうせ何かしかけなければならないならば、ソチ五輪を阻止する狙いも込めて、象徴たる北京五輪の時期を狙ったのかもしれない。って全部当てずっぽうだけど。

オリンピックじゃないが、これはどうなるのか?

スラッシュドット ロシアのグルジア侵攻、米国の宇宙開発計画に影響?
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/08/16/123228

よく考えてみると、ソユーズとかISSとか、冷戦時代には考えられない形で宇宙開発計画が進んでいたし、宇宙飛行士もロシア語を勉強したりしていたらしいのだが、新冷戦となると宇宙だけ違うなんてことはありえないだろうな。スペースシャトルをやめるのは時期尚早かも。

ロシアに言い分があったとしても、他国に工作するのはアメリカと同じだとしても、ロシアが目指すところが見えない限り、うまくいかない感じがする。ま、落としどころは今後探していくんだろうけど。

ロシアが今利益を得られているのは、自由主義社会の自由貿易体制に参加しているからだと思うんだが、エネルギーは特にパイプラインで運ぶものはインフラになっちゃうわけで、ロシアは自由貿易で利益を得ているという意識は低いんだろうと思う。自由貿易体制だから、原油価格がアホみたいにあがっているのに、そこは保護貿易というか全体主義国家として利益をかすめ取っているわけだ。ロシアのGDPは日本より低いわけだが、使えるお金は多いだろう。だって、エネルギー資源を輸出するのに原料はほぼタダだから。その利益でためたお金で、戦力を増強し、かつてのソ連邦的帝国主義復活を目指しているように見える。

しかし、それがロシアの目指す姿なのだろうか? ロシアに民主主義なんて所詮無理なのか? 自分だけが欧州向けパイプラインを独占し、影響力を増そうなんて、帝国主義的でいただけないわけだが、どんな戦略でどうしたいのか。中国も含め、新・新世界秩序って何かを探る時期なんだろうな。そんなものが成立するかどうかわからないし、日本の立場はあまりよくないと思うけど。

そうそう、連山によると、核戦争も考えられるそうでうす。

連山 【緊急】グルジア戦争の狙いは中東への核ミサイル輸送
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/omnibus/ss26insyria.html
ロシアはミサイルを運んでいたのかもだそうで。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 17, 2008

ヒラリーと決選投票?

あと一週間程度で来る民主党党大会。で、ちと気になるのがこれなんだけど。

共同 ヒラリー氏と「決選投票」  民主党大会、ガス抜き狙い
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081501000318.html

ロイター 米民主党大会、クリントン氏も大統領候補に提示・党内結束をアピール
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33271820080815

ヒラリーの演説は2日目の26日にセットされているので、大逆転勝利はないとは思うのだが、どうなんですかね、これ?

で、こんなロスチャイルドさんもいるわけですし。
Times  Hillary Clinton’s rich friend Lady de Rothschild ambushes Barack Obama
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/us_and_americas/us_elections/article4547425.ece

この記事のサブタイトルはこう。

Diehard Hillary fans plan to protest at the party’s crowning of Obama – and may even vote for John McCain
しぶといヒラリーのファンは党のオバマ指名に抵抗しようと計画している。そしてもしかしたらジョン・マケインに投票するかも。

あ〜まだ言ってましたか。

この記事によると、ロスチャイルドさんは、別にロスチャイルドさんと結婚する前からお金持ちだった、成功した女性らしい。それはともかく記事をよく読んでみると、なんだかほとんど言いがかりなんだよねえ。ビル・クリントンがオバマを人種問題で攻撃したと非難されているとき、オバマが彼を擁護しなかったとか、オバマがヒラリーから得られたものは大きいのに、ヒラリーの借金返済には雀の涙程度しか協力していないとか。

ビルが明確にじゃないが、黒人を馬鹿にしていると取られかねない発言をしたことは確かだし、それで黒人がガッカリしたことも事実。どうしてそれをオバマが救う必要がある? それにヒラリーから得られたものって何? 決戦投票をするってことは、ヒラリー票はしっかり自分のものなんだよね? 何もあげてないじゃん?

まあ、こんな感じで、ヒラリーよりもヒラリー支持者にあきれかえるわけだが、ロスチャイルドさんだからちょっと気になるわけだ。何しろオバマがこんな発言をしているから。

時事 究極的核廃絶を追求=オバマ氏持論を明記、現政権から大転換−米民主党綱領案
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008081600155

朝日 オバマ氏アフガン重視鮮明 民主が政策案「七つの目標」
http://www.asahi.com/international/update/0816/TKY200808160037.html

ふ〜む。核拡散防止を強化するとなると、今の原子力発電ブームがどうなるのかと思えてくるわけで、米中露欧はともかく、その他の国は微妙になりそうな気配。原子力関連ビジネスの仕切りはロスチャイルド家らしいんで、そこがちょっと気になる。気にし過ぎかもしれないが。

あんまり関係ないけど、ちょっと気になる記事をメモ
Times  British Energy: from triumph to disaster in one phone call
http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/utilities/article4446248.ece

核不拡散といえば、こっちのほうが大問題か。

日経 サウジ、ムシャラフ大統領亡命を仲介か 高官がパキスタン訪問
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080817AT2M1601G16082008.html

パキスタンの核兵器はムシャラフが一元管理しているらしくブラックボックスになっているので、アメリカはとにかくその情報を得ないとまずいわけだ。こっちは緊急を要しているのだが、ブッシュ政権はちゃんと対応できるかねえ?

NYTのムシャラフの核は大丈夫か?って記事をもう一度リンクしておく。
NYT  So, What About Those Nukes?
http://www.nytimes.com/2007/11/11/weekinreview/11sanger.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新冷戦で勝つのはどっちだ?

ロイター ロシアが和平原則文書に署名、グルジアからの即時撤退には条件
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33297020080817

ということで、新冷戦になるかどうかの瀬戸際の今、一応、停戦にはなるようだ。そうはいっても、停戦を宣言した後も、ロシアは首都トリビシの近くまで進軍したようなんだが。

露軍、グルジアの首都トビリシへ45キロに迫る
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080816-OYT1T00345.htm

やり方としてはアフガン進攻とかを思い出させる今回のグルジア紛争。アメリカの無力ぶりを露呈しているようにもみえるが、そうともいいがたい。旧ソ連でCISに入っている国々のロシア嫌いは、長い歴史の中にしっかりと染み付いていて、戦う姿勢を見せているからだ。

ウクライナ、ポーランド、バルト三国は、反ロシアを明確にしてきている。

北海道 ロシア深まる孤立 ウクライナ黒海艦隊に許可制導入 グルジア紛争
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/111734.html

CNN MDのミサイル基地で合意文書に調印、米国とポーランド
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808150017.html

日経 ポーランド・ウクライナとバルト3国首脳、対ロ共闘表明へ
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20080812D2M1200V12.html

AFP 「第2次大戦前夜を連想」、グルジア紛争を警戒する旧ソ連諸国
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2507316/3222455

ポーランドは、ロシアを気にして微妙な立場を取っていたMD計画を進めることにしてしまった。これに対し、ロシアは核の照準をあてるとしている。

CNN 「罰与える」とロシア軍将官 米、ポーランドのMD合意
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808150031.html
罰を与えるってなんだよ。偉そうだな。だからみんな親米になるってわかんないかね?

しかもクラスター爆弾を使ったらしい。

CNN ロシア軍、グルジアでクラスター爆弾使用か 人権団体が報告
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808150036.html

だんだん、国外に対しても昔の顔が出てきたロシア。もしかしたら最初はアメリカの傀儡政権グルジア・サーカシビリのほうが悪かったのかもしれないんだが、こういう情報が出てくるようでは、ロシアへの同情は得られないだろうし、新冷戦になるとみられても仕方がない。冷戦を避けるために、ロシアが停戦後、NATO軍や国連平和維持軍の駐留を認めるとしたら、それはロシアの敗北になるんだろうな。多分。

で、中東TODAYの佐々木さんのこの記事を読むと、なるほど、ロシア嫌いのトルコも加わったアメリカ側の長期戦略の一貫ではないかと思えてくる。

中東TODAY
NO・1012グルジア紛争と米露土の関係
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2008/08/post_72.html

そもそものことの起こりは、トルコが提唱して推進した、BTCに原因があろう。このBTCはそれだけロシアと世界にとって、重要なプロジェクトだったということだ。

トルコ恐るべし。しかし日本は「とにかく友好」以外の戦略も全くなく、のほほんとしていて大丈夫なんですかねえ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 16, 2008

グルジアと米大統領選

グルジア紛争で少し注目がそがれた感のある米大統領選だが、紛争自体が外交力という点で大統領選の一つの焦点にもなってきそうだ。グルジア問題が発生するとすぐに、マケインがロシアを非難するなど積極的に発言したのに対し、オバマはハワイ休暇中だったために声明を出した程度。あまり迅速な動きとはいえなかったようで、外交の経験不足が露呈したと言われているようだ。

毎日 南オセチア衝突:米大統領選に余波 対露政策が争点に
http://mainichi.jp/select/world/news/20080816ddm007030057000c.html

CNN グルジア問題で対ロ関係の全面見直しを要求、マケイン氏
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200808140026.html

McCain seeks lift from crisis in Caucasus
http://www.ft.com/cms/s/0/eb9a5fc8-6b2a-11dd-b613-0000779fd18c.html

USAToday For candidates, Georgia crisis provides a revealing audition
http://blogs.usatoday.com/oped/2008/08/for-candidates.html

WAPO McCain's Focus on Georgia Raises Question of Propriety
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/14/AR2008081403332.html

NYT Foreign Policy Watch on Georgia
http://campaignstops.blogs.nytimes.com/2008/08/14/foreign-policy-watch-on-georgia/?hp

マケインと盟友のリバーマンも攻撃中。

Reuters Lieberman: Obama shows “inexperience” over Georgia
http://blogs.reuters.com/trail08/2008/08/12/lieberman-obama-shows-inexperience-over-georgia/

ただ、マケインのアドバイザーが、グルジアの外交アドバイザーも努めていたようで、そこには批判もある。

NPR McCain's, Adviser's Ties To Georgia Questioned
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=93631243

というわけで、オバマ、ちょっとミソつけたよなあと思うのだが、しかし妙にのんびりかまえている、オバマの対応が気になるわけだ。外交力というか軍事的な外交力が疑問視されていて、そこが弱点であるにもかかわらず、なぜ?

何しろ、オバマのバックにはかのブレジンスキーがいるわけだ。ロシア包囲網はブレジンスキーの戦略だといわれているし、ロシアのグルジア進攻の危険性については、ブレジンスキーが指摘していた。

阿修羅 「ロシアはBTCパイプライン支配のため、グルジア不安定化を狙っている」ブレジンスキー
http://www.asyura2.com/08/wara3/msg/130.html
阿修羅 2003年11月のグルジアの「薔薇の革命」を主導した米国のユーラシア戦略と米露冷戦の始まり
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/756.html

だから、オバマがおとなしくしている理由って何だろうと思うのだ。ブレジンスキーにアドバイスを聞かないわけがない。

と、思っていたら冷泉彰彦さんのメルマガでもこの話題が取り上げられていた。

冷泉さんによると、かつてロシアであったチェチェンによる小学校占拠テロは、実は北オセチアで発生したことだった。で、あのテロによって、ロシアはテロの被害者、ということになっているわけだが、オセチアはもともと、スターリンがチェチェン人を迫害して追い出している間に、オセット人が入植してしまったために紛争が絶えない地域になっているそうだ。今回の事件は「テロの被害者という「思い入れ」の対象であったオセット人の安全を守るという口実で、ロシアがグルジアに介入したという構図」だという。

全文は登録(無料)して読んでほしいのだが、長文なのでとりあえず、大統領選がらみで気になったところをピックアップしてみる。
 登録はこちら→ JMM  http://ryumurakami.jmm.co.jp/

さて、今回の危機を受けて勢いづいている政治家がいます。それはジョン・マケインで、8月11日の月曜日にはペンシルベニア州の西北端の町エリーでの演説会で、「グルジア支持」の大演説をぶっています。
(中略)
マケイン陣営に関しては、グルジア国内を通っているBTCパイプラインがらみの利権との関係が言われていますが、このパイプラインに関しても「絶対に守りきる」と言明、更に自分が大統領になったら「グルジアとウクライナのNATO加盟を強力に推進したい」とかなりボルテージが上がっていました。
(中略)
そのマケインは、他でもないグルジアが侵犯を受けたことで、ロシアを仮想敵に「戦う大統領」というイメージを売り込もうとしているようです。
(中略)
仮にマケインが大統領になったら政治的な駆け引きとして「どうやって対ロ強硬姿勢を貫くのか?」という肝心の部分が全く見えません。ヨーロッパはロシアとの全面的な対決は望んでいないし、ロシアを敵に回してはアフガンの反タリバンの戦いを進めるのも困難になります。それ以前の問題として、アフガンではNATO軍としてヨーロッパに犠牲を強いている中、彼等の意向に反してロシアへの強硬姿勢を強めることができるのかは疑問が残ります。原油価格という人質を取られているという現実も見過ごせません。

というわけで、マケインが強硬論を話せばまあ勢いは出るわけだが、じゃあどうするのか?という結論は見えないと指摘している。

で、オバマというかブレジンスキーだ。

 では、オバマはこの問題に関してお手上げなのでしょうか。表面的には、7月の欧州訪問で「米欧関係の修復」をブチ上げていますから、今回の一件でも「ロシアとの本格的な冷戦」は望んでいないフランスやドイツの立場に近いようにも見えます。ですが、けっしてそれだけではないという見方もあります。マケインとは全く違う青写真を持っている可能性もあるのです。例えば、オバマ陣営の外交政策に関するアドバイザーは、ズビグネフ・ブレジンスキーで、はるか昔カーター政権当時の大統領補佐官を務めていた人物です。このブレジンスキーという人は、民主党のブレーンの中でも相当な策士と言って良いでしょう。カーター政権当時は、対ソ連の戦略核削減交渉を進める一方で、そのソ連がアフガニスタンに侵攻すると直ちに対決姿勢を鮮明にするなど、冷戦末期から現代に至るアメリカのこの地域の外交の基調に深く関与している人物でもあります。

やはりブレジンスキーに注目している。で、ブレジンスキーの戦略は、共和党ネオコンの戦略どころではない、長期的で冷たく断固とした戦略なんだそうだ。

そのブレジンスキーは、1999年以来「チェチェンに平和をアメリカ委員会」という組織を立ち上げ、ヘイグ元国務長官や、ワインバーガー元国防長官など民主・共和の大物ブレーンから、いわゆるネオコン的な色彩の濃い人間まで多くのメンバーを引き込んで活動しています。
(中略)
この「委員会」ですが、最近その名称が「コーカサスに平和をアメリカ委員会(ACPC)」と改められています。そして、従来はチェチェンだけであった活動対象が、イングーシや今回の問題に深く関わっている北オセチアも対象に含むとしているのです。名称変更の理由としては、恐らくチェチェンに関しては一連のテロを指揮していた(とされる)地下のリーダーのバサエフや、その時期の地上のリーダー、マスハドフがロシア軍に殺されて全体的な対立エネルギーが下がっていること、その一方で特にオセチアの問題が浮上してきていることからでしょう。
(中略)
どうやらこのブレジンスキーに取っては、この「委員会」の活動は大きなテーマのようで、そこから考えるとオバマの外交もこの「委員会」の方針に近いものになると思われます。
(中略)
この「委員会」の言っているのはコーカサスといっても山脈の北麓にあるチェチェンやイングーシ、北オセチアを「自由化」しようというのです。これは19世紀以来のロシアが「固有の領土」だと信じて疑わないエリアであり、いかに漢方薬的な正攻法だと言っても、そこに楔を打ち込むというのは大変な問題になるのです。冷戦の「冷たさ」という意味では、これは共和党の戦略の比ではありません。例えば、仮に北オセチアが「自由陣営」に変わり、そこに南オセチアが連合をし、その関係をグルジアが承認し、チェチェン=イングーシとの国境紛争も終結する、そんな事態が到来したら、ロシアの政治的軍事的失点は巨大なものになるでしょう。

まあ、とはいえオバマが完全にブレジンスキー戦略にのるかどうか、それは現時点ではわからないわけで。

オバマが今回の危機に関して悠然としているのは、マケイン陣営が非難するように「経験不足」からなのではなく、ブレジンスキーという大物と一緒にある意味では壮大な戦略を持っているからに他なりません。

というわけで、冷泉さんの分析はこちら。

(ブッシュ)ロシアの南オセチア・アブハジアでの権益を承認。西欧とも協調して何とか「手打ち」を模索。
(マケイン)グルジア防衛の大義からロシアとの冷戦も辞さず。場合によってはグルジアのサーカシュビリ政権による南オセチアとアブハジアの「回収」を支持する可能性も。
(オバマ)西欧の穏健論に協調して当面の事態は静観するが、(仮にブレジンスキー委員会の提言を採用するとして)中長期的には北コーカサスにも「手を突っ込んで」高度の「人権外交」へ。緊張が高まればコソボ同様にNATOの枠組みを押し出すことも。

ふ〜む。問題は大統領選はあと2ヶ月ちょっとってことなんじゃないかな。ブレジンスキー戦略はいいけど、それは一般にはわかりにくいだろう。だからオバマもあまり悠然としていると、対応力がないと思われないだろうか。支持率もマケインが迫ってきているわけだし、グルジア情勢いかんでは、どう動くかはわからない。なにかアピールできるようなことがないとだめなんじゃないすかね?

REAL CLEAR POLITICS
http://www.realclearpolitics.com/epolls/2008/president/us/general_election_mccain_vs_obama-225.html#polls

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2008

グルジア関係メモ

ジャパン・ハンドラーズさん
マケインの外交アドバイザーはグルジアの石油ロビイスト
http://amesei.exblog.jp/8442706/
サーカシビリはコロンビア大卒(苦笑)

ハンドラーズさん経由で見た園田氏のブログ
「サザランド vs. プーチン」で読み解く世界の構図
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/14/3689777
「英BP vs. ロシア」で読み解くパイプライン戦争
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/12/3687001
結局彼らなんですか。

佐藤優の地球を斬る
グルジア問題の背景(上)
http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200808130003o.nwc
下が読みたいっす

今日の覚書さん
コーカサス紛争で、ドル、復活
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/a10dea95759ccd35ecca9a45c1d69ea2
へ〜

ぐっちーさん
ロシア情勢
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/776614058c86050242e6c84cbb43d501
ロシア側のテレビ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 13, 2008

iPhoneはプチ革命かも

正直ITには強くない。

だいたい、iPhoneをさしてITというのもどうかと思うが、つまりソフトウエアとかHTTPとかには全く詳しくないのだ。

でも、今日、突然わかった。これはインターネット革命と同じくらいの破壊力というか市場創造力を持ったものだと。だけど多分インターネットよりは期間は短い。短いけど、今ならすごい。

その理由はiPhoneのアプリにあると思う。あの単純さと明快さ、簡潔さ。iPhoneのアプリなれば世界に配布されるというのは、なかなかいいビジネスチャンスもあるんじゃないでしょうかね。

ということで、私の予想では、携帯電話はそのうち転換を余儀なくされると思う。PC98がウィンドウズにやられたように。それがiPhoneじゃないかもしれない。もしかしたらgoogleフォンかもしれないけど、いずれにせよ、今のモデルは廃れるだろう。ま、日本はキャリアが強いから崩れないかもしれないけど。でも、そうなったら、日本は携帯後進国になってしまうかも。

ブラックベリーとか、Win対応機は持ったことがないのでなんともいえないが、iPhoneによって、携帯電話市場に、初期携帯電話におけるi-modeのような転換期が来たのだ。そして携帯電話関連事業は限りなく無料に近づくだろう。パケット料金が高すぎるという問題も、これによってなし崩しになるだろう。だってi-modeモデルはこれによって崩れたのだから。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

プーチンの凄み

グルジアの人にとっては、この戦争はとても悲劇だ。以前から紛争の要因があったとはいえ、突然、戦争が始まり、親族が亡くなったり、家が壊されたりして、生活がめちゃめちゃになってしまう。戦争ではよくある話ではあるが、やはり目の当たりにすると辛いし、早くやめてくれ、と思う。それは多分、万人の想いだ。私だって、別にグルジア関係のエントリなんて楽しくて書いてたわけじゃないし。

だが、ここで普通はやめないだろ。最後までやるだろ。でも、ここでやめるプーチン・ロシア。なんかすごくないですかね。

プーチン首相の部下の(いや、違うってわかってるけど、こう書けって相棒がうるさいので)メドベージェフ大統領が停戦を宣言した。

読売 露大統領、南オセチアでの軍事作戦終結を表明
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080812-OYT1T00558.htm

ロイター Russia orders halt to war, Georgia skeptical
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSL768040420080812

いやいや、メドベージェフ大統領すごいですね、って表題と違いますね。いやいや、プーチンすごいっす。もちろん、ロシア軍が撤収するかどうか、オセチアを無理矢理独立させるのかというところが、本当の交渉の場なんだろうけど、とりあえずブッシュとサルコジのメンツを立てたところがすごい。プーチンの戦略は、MD作戦のころからすごいとは思ってましたが、とにかく欧米の論理をうまく使っている。今回も、欧米の反応をうまく利用しての停戦宣言だと思う訳で。ま、単なる感想ですが。

だって、ここで強硬にグルジアをロシア傘下にしたならば、欧米はさすがに黙っていられなくなる。つまり、ロシアのガスを買ってもらえなくなる可能性が大きい。EC時代からの西欧はやせ我慢しても購入拒否をやらざるを得なくなるし、それでもついてくるのはまだ貧しい東欧ばかりになってしまう。ソチのオリンピックもボイコットされるかもしれない。それじゃ、冷戦時代に逆戻りで、発展性はないし、国際世論も見方につけられない。だから、ロシアにとっては目的を果たせそうなちょっと早いくらいの停戦が、国際世論からも、自国の覇権のためにもいい。う〜ん。この判断、うなるな。

ロシアは強面でクレバー。今回の教訓はこれだ。日本もサハリンのガスを買おうとしているのだから、そこをよく考えておいたほうがいいと思う。

ところで北京で遊んでた人がなんか言ってましたね。

CNN 米大統領、グルジア侵攻のロシアに警告
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200808120006.html

大統領は、民主選挙を経て成立したグルジア政権に脅威を与えることは「21世紀には受け入れ難い」と述べた。さらに、ロシアの侵攻が「国際社会におけるロシアの立場を大きく傷つけている」と指摘し、ロシアと欧米各国との関係を危うくしているとコメントした。

21世紀に受け入れがたいーーですか。ああ、民主選挙をしてないからイラクは攻め込んでよかったんだ。へ〜。それとも、北京で「そのうち、頃合いみてやめるからさ、安心してよ」ってプーチンに言われてたんですかね?

引きどころを知る21世紀の政治家プーチン。本当の名前はラスプーチンらしいですが、名前通りすごい人だな。別の言葉でいえば恐ろしい人なわけなんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2008

オリンピック名場面集

とりあえず。

水泳 北島

さすが。


柔道 谷本

とってもかわいい人です。にしても、自分ですごいっていうくらい素晴らしい技。


バドミントン スミマエ

素晴らしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2008

金欠ブッシュとグルジア

相変わらず、プーチン・ロシアは強面である。

朝日 ロシア、攻撃継続 グルジアの無条件撤退要求、調停難航
http://www.asahi.com/international/update/0811/TKY200808110347.html
サーカシビリがやめるまで調停には応じない構えのようだ。

北京五輪の開会式に仲良く出ていたプーチンとブッシュだが、プーチンは当然ではあるがささっと帰って対応にあたっている。なのに、一方の微妙な当事者のブッシュがず〜っと北京で惚けているのに、ものすご〜く違和感があった。しかもパパつき、かつキッシンジャーつきだし。このゆるみっぷりはおかしいじゃん?

そんなわけで、なんでだろ〜と思っていたのだが、産經新聞の田村さんと、ネットゲリラさんち経由ベンジャミン・フルフォードと、今日の覚書さんがヒントになった。

産經新聞 田村秀男の経済がわかれば、世界が分かる
ブッシュ、北京長期滞在のナゾ
http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/676901

当初の予定を切り上げて、なぜワシントンに舞い戻ってグルジアの非常事態に対処しないのか、どうしてまだ北京にいるのか、本コラムでも洞爺湖を舞台に観察した「米中蜜月」http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/640617/の誇示のためか?
筆者は二つの経済権益がからむとみる。ひとつは、ドルで前回の本コラムhttp://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/675071/で書いた通り。もうひとつは、ファミリー・ビジネスだろう。つまり、引退後のチャイナ・コネクションである。パパブッシュは引退後アラブコネクションを築いた。引退する大統領としては、ファミリーの発展(弟ブッシュ=フロリダ州知事=の政治的野心達成もある)のために当然の選択をしているわけだ。

ネットゲリラ
損失補填が数十兆円
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/08/post_781c.html

フルフォードさんちです。ブッシュ親子が借金返済を迫られて、カネ集め旅行でタイ王室や日本まで来るというんだが、まぁ、確かにタイの王室は金持ちではあるんだけどね。サイアム・セメントとかサイアム・スティールとか、タイの重工業の株式は王室がずいぶん持っているし、外資がタイに進出する時には王室関係をビジネスパートナーにする事も多い。

そうそう、ブッシュは日本をパッシングして、韓国とタイに行ったわけよ。わざわざタイでは、チベット問題にからめ中国の人権問題を非難し、そして中国に入った。なんか、言い訳みたいな感じだよね。

ベンジャミン・フルフォード
ネオコンがお金を求めてアジアに来ている
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/08/%EF%BD%8E%EF%BD%93%EF%BD%81%E5%86%85%E9%83%A8%E5%91%8A%E7%99%BA%E8%80%85%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%A8%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AF%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E5%8C%97%E4%BA%AC%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8C.html

NSA内部告発者からの情報によると、パパブッシュとベビーブッシュは現在北京にいるが、今後お金を求めてアジア各国を周り、そして日本にも来る予定らしい。

何故なら、彼らは違法に奪い取ってきたお金(マネーロンダリングやインサイダー取引、軍事契約の横領など)を9月末までにBIS(国際決済銀行)に返済しなくてはならない。そのお金がないために中国や日本、タイなどの王室に頼むつもりのようだ。アジア危機の際も彼らはタイへ行きお願いをしたが断られているので、今回も相手にされないであろう。
しかし問題は中国の政治関係者が海外に違法の裏金を持っていることを彼ら知っていて、それを脅しに中国からお金を奪い取ろうとしている。その後は日本にも来るかもしれないということだが、とにかく相手にしないのが一番でしょう。

ここまでを総合すると、ブッシュが北京に長くいるのは、お金の工面らしい。目的はドルと引退後のビジネスらしいんだけど、そういや日本でとっても評判の悪いサーベラスもブッシュ家系じゃなかったっけ。サーベラスってクライスラーも買ったけど、中国に売っぱらったりして〜。

覚書さんは怒ってます。

今日の覚書、集めてみました
グルジア「南オセチアから撤収」したの? 1
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/2e32d2e2b26799d1117e84d8e483f478

自分じゃ恐くてかみつけないクセに、グルジアみたいな小国にやらせるとはねえ。
ひどいよねえ。

う〜ん、西側ってことでしょうか。覚書さん、このあと怒濤のような翻訳作業に入っておられます。恐ろしくたくさんのエントリがありますので、そちらもどうぞ。

もういっちょ、これがとてもわかりやすい。

株式日記と経済展望
なんでグルジアは、オリンピックの開会式直前に南オセチアを攻撃したのか?
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/e0e95585b97faa5f1d0233361dbb239a

ここでロシア政治経済ジャーナルというメルマガを引用しているんだが、それによると以下の通り。

グルジアの現大統領サアカシビリは、アメリカの傀儡である。よってアメリカ政府の命令・あるいは許可なしで、軍事行動を起こすことはありえない。つまり、グルジアと南オセチアの戦争は、アメリカの命令か許可のもとに行われている。

グルジアの動機は、南オセチアの独立を阻止すること。これはわかります。では、アメリカの動機はなんなのでしょうか? RPE読者の皆さまならおわかりでしょう。ロシアは、現在アメリカで起こっている危機の原因を作り出している。具体的にいうと、ロシアは意図的にドル体制を崩壊させている。

さて、そんなわけで、以上の情報からグルジア情勢をまとめてみる。

欧州がロシアのガスに頼っているもんだから、ロシアの影響力が欧州で増している。このところのアメリカ経済メタメタでドル安になり、原油が高騰しているんで、さらにロシアがウハウハでさらに影響力を増している。

でも、冷戦が終わったとはいえ、ロシア封じ込めはアメリカの国是なので、アメリカは旧ソ連の国々を取り込んで、ロシアを囲い込もうとしているわけだ。

で、グルジアはアメリカの支援を受けてその役目をずっと果たして来た。ここにはロシアを唯一迂回するガスパイプラインがあるんで、ここがうまくいっちゃうとロシアの影響力が減じてしまう。

追記:グルジアのガスパイプラインについては米流時評さんのところがわかりやすい。本当にロシアを迂回しているんだよね。昔は同じ国だったからだろうけど。同じ国だったけど、パイプラインができたのは2006年でしたね。ま、計画はその前からあったと思うけど。

ユーラシアの回廊・帝政ロシアの首飾り
http://beiryu2.exblog.jp/5601712/

だからロシアはいつもグルジアをなんだかんだ妨害してきた。でもアメリカが支援してるんで、グルジアも強気。グルジアとしてはロシアは嫌いだし、NATOに入っちゃえば念願の西側として守ってもらえるんで、親米サーカシビリ政権になってからは、NATO加入、EU加盟を目指してきたが、ロシアのガスに頼るEUがドン引きしてた。

ってところで、アメリカの許可を得て、グルジアは、にらみ合いが続いていた南オセチアに進攻。オリンピックだから大丈夫と思っていたら、ロシアは準備万端だった。アメリカとグルジアの作戦は見事に失敗してしまったわけだ。五輪会場でかどうかはわからないが、北京でプーチンに「とても強く」言ったブッシュだが、引退後の金集めのほうが大事なので北京にずっと滞在して放置。グルジアはどうせアメリカ側にならざるをえないし、あと任期も何ヶ月だし関係ないから、もういいかみたいな??

つうことで、どうもアメリカが悪いようなんだが、今、ブッシュのアメリカは日本もイスラエルも投げ捨て中なので、グルジアなんてもっとどうでもいいんでしょうね。

もう、ブッシュ、今すぐ辞めていいから。オリンピックのテレビに出て、ロシアを非難しているってなによ。おざなりだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア>>>>>グルジアって感じなんだが

グルジア情勢が刻一刻と変化しているので目が離せない。戦力としてはグルジアがロシアに勝てるわけないんで、今回の軍事行動も、そういう意味ではロシアが大国らしからぬ…というところなんだろうが。いずれにしろ、一般市民の犠牲者をなるべく出さないように願うばかりだ。

朝日 ロシア、グルジアの軍用飛行場爆撃か
http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY200808100091.html

毎日 グルジア:ロシア軍が南オセチアの州都制圧…反撃準備
http://mainichi.jp/select/world/news/20080811k0000m030112000c.html

朝日 グルジア軍が州都を撤退、ロシア攻勢緩めず 南オセチア
http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY200808100270.html

産経 露軍がグルジア海上封鎖 追撃緩めず
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080810/erp0808102023010-n1.htm
メドベージェフとプーチンの写真だが、どうみてもプーチンの方が偉い。つうか、こういう写真よく出てくるけど、例えばこういう場合のブッシュとチェイニーの対談写真とかないわけで、必要なんかな?と思ってしまう。

産経 グルジア「即時停戦と対話の用意」
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080811/erp0808110031001-n1.htm

日経 グルジア経由の石油輸送停止 アゼルバイジャン
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080810AT2M1000T10082008.html

日経 グルジア問題、米が「近くロシア非難決議案」 安保理4度目協議
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080810AT2M1001J10082008.html

グルジアは首都トリビシ近郊まで爆撃されているわけで、海上封鎖もしたし、ロシアはやる気になったらあっという間に制圧できるんじゃないだろうか。まあ、そんなに簡単じゃあないのかもしれないが。

しかし、こうなるとグルジアってどんな勝算があって、これを仕掛けたんだろうか。アメリカがバックだから大丈夫とか? でもそのアメリカのブッシュ大統領は北京で楽しそうにしているしな…。

宮崎正弘のメールマガジンに、『コーカサス 国際関係の十字路』(廣瀬陽子著、集英社新書)という本が引用されていたので、それを孫引き。

 廣瀬陽子(静岡県立大学準教授)は言う。
 「(直接西側とをむすぶパイプラインは)予算70億ドルの壮大なものである。エルズルムからはすでにトルコの国内供給用のパイプラインが延びているが、さらに国際輸送向けのパイプラインを新設しようというわけである。ルートは、トルコ、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、オーストリアを結ぶもので、その距離は3300キロ」。
 ところが「ロシアが様々な手段で計画を妨害している上に、ガスの供給量の問題が生じるなど、プロジェクトが停滞し、2008年4月に、建設開始が2010年、輸送開始は早くても2013年にとなることがあきらかになった」(本書23p)

 ▼ロシアは陰に陽に妨害

 その本格的妨害が、オセチアを巡るグルジアとロシアとの軍事衝突である。
 本書では、じつに意外な事実が記されていて参考になった。
 親米自由派のサアカシビリはグルジア国民の待望のもとに産まれて、EU入りを目指し、またNATOに加盟しようとアフガニスタン、イラクへ派兵し、米国から大いなる得点を稼いできた。
米国マスコミを見る限りは「評判の良い政治家」だった。
 ところが著者が現地で突撃取材の結果、サアカシビリの人気は最低、独裁化して政敵を次々と更迭し、失脚させ、ロシアとは余計な摩擦を引き起こす。
以前より暮らし向きは悪くなったとあからさまにサアカシビリを批判しているというではないか。
 ガムサフルディア初代大統領は詩人にして民族派だった。暗殺されて後をついだシェワルナゼは元ソ連外相にしてペレストロイカの実践者だった。が、シェワルナゼの施政もうまくいかず親米派のサアカシビリにとってかわられた。
宮崎正弘の国際ニュース・早読み より
http://www.melma.com/backnumber_45206/

 

つまり親米派だが、独裁政治で、ロシアと衝突してきた模様。まあね、90年代にロシアは経済的にダメになったし、そこはやはりアメリカ頼りだったんだろうし、ロシアへの反発もあっただろうし。ガスパイプラインもあって、戦略的にはアメリカ・グルジアどちらにとってもメリットがあったんだろうけどね。

軍事評論家 神浦さんはこう分析する。
J-rcom
http://www.kamiura.com/new.html

グルジアのサーカシビリ大統領は、最近になって小競り合いが続いていた南オセチアに軍事進攻しても、北京オリンピック開会式当日なら大火事(ロシアの軍事介入)にならないと判断していたのではないか。アメリカのブッシュ大統領、ロシアのプーチン大統領、フランスのサルコジ大統領などが北京に集結し、平和の祭典であるはずのオリンピックの開会式に出席している。多少の軍事危機を招く恐れがあっても、大火事になる前に大国によって火消し(和平調停)が入ると考えていた。それよりは素早く南オセチアに奇襲をかけて、人口7万人の南オセチアで軍事支配を確立させ、そのまま進攻部隊の一部が居座ることで独立派の反攻を抑えると考えたと思う。その計画(シナリオ)でグルジア軍が動いた。

 しかし楽観的な期待は誤りだった。ロシアのメドべージェフ大統領は直ちに南オセチアに増援部隊を派遣を決定し、グルジア軍の後方支援拠点を空爆する強行手段に出た。おそらくグルジアが南オセチアに軍事進攻する情報を事前に得ていたのではないか。それほど、素早いロシア軍の対応であった。

 サーカシビリ大統領が期待したNATO首脳や米国務省からロシア軍への自制要請は間に合わなかった。それよりもロシア軍の動きの方が速かったのである。このようにロシアが本格的に軍事介入すれば、今後、グルジア側が有利に展開する可能性はまったくない。今回はサーカシビリ大統領の完敗である。

サーカシビリの読み違えというやつなんだろうけど、 アメリカにとっては利害関係のある場所でもあるわけなのに、安保理の対ロシア非難決議提案程度どまり。安保理非難決議ってったって拒否権持ってるロシアがいてまとまるわけないし。

北京でブッシュはプーチンと何を話したんだろう。妙にブッシュが呑気なのが気になる。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 10, 2008

祝・内柴金メダル

日本勢メタメタの北京五輪の中で内柴がやってくれました。

北京五輪の是非はともかく、内柴はカッコいい。まあ、この前の準決勝の試合のほうが良かったんだけど。

とにかく日本男児はこうでなくっちゃ。ほれぼれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グルジアVSロシア

今週は久々に飲んだくれた1週間だったのだが、そんなわけでチベットイベントにも参加せず、北京オリンピックの開会式にも間に合わず、べろべろな中、グルジアで戦争が始まったことを知ったのだった。不真面目ですみません。

つうことでグルジア情勢がよくわからないんで、ニュースを時系列で並べてみる。

<7月11日>

毎日 ロシア:南オセチアに空軍機 グルジア側「侵犯」非難
http://mainichi.jp/select/world/news/20080712ddm007030073000c.html

<7月16日>

中国国際放送 グルジア、米など5カ国が合同軍事演習
http://japanese.cri.cn/151/2008/07/16/1s122111.htm

<8月2日>

読売 グルジアと南オセチヤ境界で銃撃、自治州側兵士6人が死亡
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080802-OYT1T00582.htm?from=main3

<8月7日>

産経 冬季五輪予定地のソチで爆弾テロで15人死傷
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080807/erp0808072243006-n1.htm

<8月8日>

グルジア軍、南オセチア自治州州都を包囲
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK822636520080808

時事 ロシアと戦争状態=「多数の人的被害」−グルジア大統領
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2008080801042&=j1

<8月9日>

共同 南オセチアの戦闘激化  ロ、グルジア港湾も空爆
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080901000015.html

共同 米大統領が即時停戦を要請  南オセチア、全当事者に
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080901000055.html

共同 停戦要求の声明合意できず  南オセチアで安保理会合
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080901000223.html

産経 NY市場、原油一時115ドル割る 3カ月ぶり安値
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080809/fnc0808090925004-n1.htm

ロイター 中国、グルジアとロシアに「五輪停戦」を呼び掛け
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnJS822792520080809
ぷ。国内も停戦したら?

<8月10日>

AFP プーチン首相、北オセチア入り
http://www.afpbb.com/article/politics/2503409/3201745

時事 停戦使節団、グルジアへ  EUなどが仲介
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081001000162.html

時事 ロシアを帝国主義と非難=ポーランドとバルト3国
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008081000039

ロイター グルジアへの軍事介入でロシアが正当性主張、欧米は即時停戦を要請
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnJS822823520080810

CNN 南オセチアの武力衝突拡大 死者2000人説も
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808100002.html

中日 グルジアが戒厳令 ロシア空爆、戦闘全土に
http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2008081002000078.html

ロイター ロシアがグルジアの空港を空爆、アブハジア自治共和国にも戦線拡大の恐れ
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnJS822828320080810

(ニュース追加しました)

どうも南オセチア自治州でずっと緊張状態が続いていたときに、グルジア側がオリンピック開会を狙って攻撃をしかけたら、ロシアが待ってましたとばかりに空爆をしたらしいんだけど。

アメリカと合同軍事演習もしていて、NATOに入る入らないといっていたグルジア。アメリカが肩入れするのも、ここにはロシアからのガスパイプラインが走っているからなんだけど、でも関係なく原油は下がってます? あれれ??

まあ、ここは今日の覚書さんがおもしろいっす。貼り付けてあるプーチンの写真がマジかっこいいんですけど。BGMは「ゴッドファーザー」で(苦笑)。

今日の覚書、集めてみました
バックファイアしたのはどっちだ?
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/270275ab63c1ef50eb7840cce1adb406

死ね死ね詐欺:これはアメリカの仕業だよ
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/42134443e18cf49a163f6cb2cebf4b4c

その前のエントリはロシアVSグルジアのニュースなんで、そちらもお読みくださいませ。

米流時評さんではアメリカ側(MSNBC)の報道ぶりが読めます。
ロシア侵攻でグルジア戦争勃発 
http://beiryu2.exblog.jp/d2008-08-08

ソ連時代のような帝国主義復活を目指すプーチン・ロシアのほうが悪いんだろうけど、グルジアのサーカシビリも圧政らしいんで、どっちが悪いともいいがたい。でもまあ、太平洋戦争を見たって戦争なんてどっちが悪いともいえないわけだ。米露代理戦争的色合いもあるわけだし。

で、北京オリンピック開会式でこの問題を話し合ったプーチンとブッシュだが、プーチンは北オセチアに飛んだのに、ブッシュは北京で水泳見てた。アメリカの選手が金メダル取ったのをね。

追記:ジョージのブログさんがブッシュのはしゃぎぶりを取り上げ中。
ジョージステキ写真集in北京
http://georgebush.exblog.jp/9263587/
も〜〜〜。

てなわけで、ブッシュはとても呑気な感じなんだけど、ハンドラーズさんの分析からすると、米露関係は正念場っぽいです。

ジャパン・ハンドラーズさん
「八月の砲声」か、ただの地域紛争か
http://amesei.exblog.jp/8423484/

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 07, 2008

パリス参戦!

すっかりiPhoneにかまけているあいだに、大統領選に大きな動きが!!(苦笑) なんとパリス・ヒルトンが大統領選に参戦だそうで。

AFP「パリスに清き一票を」、ヒルトン家令嬢が米大統領選に宣戦布告
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2501093/3189026

パリスがマケイン陣営のオバマ攻撃CMに無断で映像を使われたとかいって怒っているわけで、その映像というのがこれだ。

パリスの映像、使われたっていっても一瞬じゃん。ブリちゃんも出てるし。

まあ、このCMは、オバマはセレブで海外で人気だけど、海底油田開発にはノーと言っているし、新しい税金を課すといっている。オバマを選べば、海外からもっと原油を買ってこなくちゃいけないし、税金も高くなるよ〜というものである。

で、パリスはさすがにアメリカ人である。立候補するからには政策も打ち上げている。

「環境面で厳しく監督しながら、限られた範囲で海底油田を掘るわ。そして税金の優遇措置を設けて、デトロイト(自動車産業)にハイブリッド車や電気自動車を作らせるの。これでエネルギー危機も解決よ。公開討論会で会いましょう、ビッチ(あなたたち)」

海底油田を掘ってガソリンを作ったら、電気自動車はいらないし、電気自動車ができるんだったら海底油田はいらないんじゃ…。まあ全部電気自動車になるわけじゃないからそこは大目に見るとして、問題の立候補表明ビデオはこちら。

See more Paris Hilton videos at Funny or Die

うーん、意外にうまいな。これを見て思い出したのは映画「キューティー・ブロンド」(Legally Blonde)で、リーズ・ウィザースプーン演じる主人公のエルがハーバードロースクールに進学するためのエッセーを、プロにビデオで撮影させたシーンだ。水着着てプールに浮かんでたよなあ。

それに、ホワイトハウスをピンクに塗るわ!なんてエルそのものじゃん。そういえば、キューティーブロンド2の最後に、ホワイトハウスを目指すわなんて言っていたかも。ところで、パリスのパパはマケイン派である。

というわけでなかなかファンキーな展開になってきた大統領選も、いよいよ副大統領選びが迫ってきて、先日はオバマ側でケーンという人物が浮上したんだけど、マケイン側でも名前があがってきた。

CNN マケイン氏、下院議員を副大統領候補に検討か
http://www.cnn.co.jp/campaign2008/CNN200808030016.html

バージニア州の下院議員、エリック・キャンター氏だそうで。Who is he?

ユダヤ系のキャンター氏は、頭脳明晰でクリーン、保守的で、怒りを表に出さず、バージニア州で多額の献金を集めている点で評価されている。消息筋は、キャンター氏指名の可能性を疑問視する一方、同氏が「党内で将来を有望視されている人物」だと述べた。

確かに、写真からも切れ者そうな印象を受けるんだが、でも微妙に冴えないし本当に指名を?って感じなんだが、気がつくのはバージニア州ってところだ。ケーンもバージニア州知事。何も副大統領で同じ地域の人でなくてもいいじゃんと思うけど、バージニア州ってアメリカ創立の地なんで、由緒正しいといえば正しいし、ミリタリーな州らしいし、スイング州でもあるので、大事なんだろう。

wiki Swingstate
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Swingstate.png

ところで、今、大統領選の焦点はエネルギー政策にあたっている。パリスがエネルギー危機は解決よ!なんて言ってた理由はそこにあるし。でもちょっとまだ調べ中なので、またにするんだが、とりあえず、オバマは変節しているといわれていて、攻められています。その前に、マケインも変節したんだけどね。海底油田の掘削はさ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 02, 2008

ついに!

Img_0001 ハハハハハハハハ

ついにiPhoneを手に入れました。木曜日ですがね。白が良かったんだけど、なんか会社の某が白を先に買っていやがったんで、黒に。白のほうがカワイイと思うんだけど、なんで黒が人気なのか?? 女性は白を選んでいる人多そうですけどね。

で、えっちらおっちらマックのほうと同期して、ようやく使いこなせるようになってきましたが、まだまだっす。基本機能すらまだわからないことが多いんで、これからです。

でもこれ1台で大抵のことはできますね。コピペができないんで、私のような長文ブログ書きにはブログ更新はきつそうですが、ちょっとしたメールとかなら書けます。マックと同期してくれるのもいい。グーグルリーダーでたまっている未読RSSも進むというものです。

しかしとにかくアプリが面白い。鼻歌を歌うと曲をあててくれるという無料アプリがあったんで、試しにやってみたら、本当にあてたんで、びっくり。これからは、この曲なんだっけ?というストレスがなくなりそうで、うれしいです。

ほかにも録音機代わりに使えるソフトとか、振ると楽器になるソフトとか、無限プチプチとか、黒電話風ダイヤルソフトとか、ゴルゴ13とかいろいろあって楽しい。黒電話は有料になっちゃったけど、あとは無料ソフトで十分楽しめます。

それに今までのiPodは初期nanoだったので、初めて動画ポッドキャストを入れてみたんだけど、これがまたいい。チャールス・ギブスンのABCニュースは映像があったほうが格段に理解できます。やっぱ、音だけだとキツかった。

本当はドコモがサービスしてくれりゃいいのに〜とは思っているわけだけど、ここはやはり、通信業界の破壊王、孫正義の出番だったんだなあと思うわけです。だって、この面白さが、NTTから派遣されるドコモトップにわかるわけがない。孫正義はハッタリが多くて嫌いなんだけど、日本でブロードバンドが進んだのはやはり彼(と彼に振り回された人々)の功績だし、一般の感覚というかパソコン野郎の感覚でiPhoneを評価できた通信業界トップは彼だけだったので、渋々ながら評価しております。

何しろ、これは携帯電話じゃなくて小さいコンピューターなんですよ〜。別に携帯のデコメールも使わないし、有料ケータイ情報サービスも使っていなくて、大して電話もしないけど、旅行に行くにも、へたをしたらちょっとした打ち合わせにもパソコンが手放せないという手合いには、ぴったりのブツ。どっちかっていうとネット接続がバリバリできるDSとかPSって感じ。まあ、iPhoneは意外に電話も使えますけど。

そんなわけで、かっこよさ優先で選んだBELKINのシリコンカバーに身を包んだウチの黒16G。手触りはいいんだけど、ストラップがないんで、持ち歩くときに落下の危険をどう防ぐか思案中。やっぱ通勤途中のポッドキャストは黒nanoを使うか〜。2つも持つの大変だけど…。

気になるケース Vaja
http://www.vajacases.com/home/home_sp.html

着メロも作ってみた。マックユーザーなら簡単です。

iPhone 用カスタム着信音(着メロ)を作ろう!
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-308.html

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« July 2008 | Main | September 2008 »