« オバマ、民主党の大統領候補指名を受託 | Main | オバマ、指名受諾演説 »

August 30, 2008

マケイン自爆?

民主党大会のあとに、マケイン共和党大統領候補が副大統領候補の発表をしたのだが、大方の予想を裏切って、アラスカ州のサラ・ペイリン知事を選んだ。サラってくらいなんで、女性なんだけど。

日経 米共和党、副大統領候補に保守派ペイリン氏 44歳女性起用
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080829AT2M2903P29082008.html

日経 副大統領候補のペイリン氏「選ばれて光栄」 米共和党
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080829AT2M2903S29082008.html

WAPO McCain Introduces Alaska Governor Palin as Running Mate
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/29/AR2008082901112.html

発表直前、有力候補といわれていた2人、ロムニーともう一人なんだけどこっちはよく知らない人だったんだが、その2人は外れた、との情報が出ていた。なお、それを伝えるCNNのレポーターは、かなり残念そうに言っていたんだが。

前から、ヒラリー票を取り込むために、マケインが女性を選ぶかもしれないとは言われていた。しかしその有力候補は、元ヒューレット・パッカードCEOのフィオリーナとか、元イーベイCEOのメグ・ホイットマン氏とかが有力とも言われていたのだが、政治経験がないのが難点だったらしい。

で、ロイターはパリンと書いているが、こんな人だそうである。

ロイター 情報BOX:米大統領選、マケイン共和党候補の副大統領候補者の顔ぶれ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33313220080818

◎サラ・パリン氏(44歳) 現アラスカ州知事。人工妊娠中絶に強く反対し、財政政策も保守的であることから、共和党の保守派層に訴えかけられる人材。元美人コンテスト優勝者で、スポーツ万能。マケイン氏と手を組めば、チームの若返りと活性化に貢献できる可能性。しかし現在はまだ知事として1期目で、全国的に知名度が低いのが難点。

う〜〜〜ん。美人で、スポーツ万能で、頭が良くて、5人の子供の肝っ玉母さんで、息子の一人は軍人でイラクに派遣され、中絶に大反対でダウン症とわかっていても末の子の出産を選んだ、保守派からみたらこれ以上文句のつけようのない女性なんだが…。でも、もしヒラリー票を取り込みたいなら、ここは有名で金髪で背が高くてイカしてる感じの、ドラマ「ホワイトハウス(The West Wing)」でいうところの「共和党っぽい」フィオリーナのほうがよかったんじゃないの? 民主党の元副大統領候補フェラーロはペイリンを支持するらしいけど。女なら誰でもいいらしい。

マケインは彼女をよく知らないらしい。CNNで言っていたんだが、知事大会のときあったくらいだったと。候補になってからは何回か会ってたらしいけど。今度は彼女が経験がないといわれている。マケインは皮膚に悪性腫瘍があったりする72歳で、健康に不安があるのに、何か会ったときにバトンを渡すのが、9000人程度の小さい市の市長を長くつとめ、知事経験は2年(しかもアラスカ)という、「経験」は立派なのか?ってことらしい。マケインが彼女を選んだ理由は、共和党の重鎮がすすめる行き先のない橋(なんだそりゃ?)の建設をやめさせたかららしいんだが、そんなことは当たり前だし、それで副大統領になれるなら、いろんな人がなれそうだ。

しかし私は演説を聞いて、かなり嫌いになったね、ペイリン。ヒラリーについて言及し「彼女はガラスの天井に1800万のヒビを入れたが、これで終わりじゃないわ!」みたいなことを言ってたのが特に気に入らない。ヒラリーと自分を同列にするなよ。ヒラリーは自ら大統領に立候補して、見事に戦ったんだよ。分裂の危機も頑張って止めたんだぞ(止まってないけど)。ペイリンはただ選ばれただけじゃん。ヒラリーがあけたのは副大統領じゃなくて、大統領の天井だよ。調子に乗るな。

ま、とにかく、そんなわけで、共和党支持者からは「もしかして有権者をバカにしてる?」と疑われ、ヒラリー狂信派からは「マケインに入れるわ」といわれていて(いや、私のように怒っている人もいるようだが、ちなみに私はヒラリー派じゃないです)、なんだか不思議な決定なわけだ。

マケインが本気で勝つつもりなら、イヤでもロムニーを選ぶべきだったと思うなあ。だって安心感が違うし。マケイン・ロムニーだったら、オバマ・バイデンもちょっと危ないかもと思ったんだが、マケインは納得できなかったらしいし、最後までリーバーマンの道を探していたらしいんだが、だめだったみたいだ。ヒラリー狂信派はそんなことしなくてもマケインに入れたのに。いずれにしてもペイリンになっちゃったわけだが、なんかちょっと残念だな。

追記:米流時評さんによると、マケインが自分が所有する家を数えられなかったので(苦笑)、お金持ちロムニーとのコンビは「ビリオネア・チケット」とか「7ハウス・クラブ」と嘲笑されることになったため、そのチケットの可能性がなくなってしまった。それもあって庶民的な彼女になったのではないかとのことです。

米流時評
セーラ・ペイリンはマケイン最大の賭け
http://beiryu2.exblog.jp/8528816/

追記2

冷泉彰彦氏のJMMメルマガによると、アラスカ州知事を選んだというのは対ロシアという意味もあるそうです。

from 911/USAレポート
「不安定な転換点」より

 ですが、この人選はやはりここのところマケインが急速に傾斜している「ロシアへの囲い込み」という文脈から見るのが妥当でしょう。何と言ってもアラスカというのは、ロシアとの国境州であり、MDやミサイル基地、空軍基地など正に「北の守り」の要だからです。そのそもアラスカというのは、ロシア領であり、クリミア戦争での敗北を受けて財政危機にあったロマノフ朝の帝国が、アメリカに金銭で売却した土地です。ですから、今後ロシアのナショナリスト達が調子に乗って「固有の領土だから回収する」ということを言い出す可能性は十分にあります。

 また、ペイリン知事が深く関わっているアラスカの石油産業、とりわけ永久凍土の上にパイプラインを敷設する技術などに関しては、ロシアはノドから手が出るほど欲しがっているわけで、逆にロシアに対して経済技術協力をする方向に転換したとしても、マケイン=ペイリンのコンビは様々な手札を持っていることになります。直近の課題では、沖合の新規油田開発にブッシュ大統領がゴーサインを出し、これにマケイン候補が賛同するという動きがありましたが、この流れにも沿った人事だとも言えるでしょう。マケイン=ペイリンの両氏ともに、元来は環境派ですが国策としてのエネルギー開発には現実路線を取るという、正に今日の共和党のイデオロギーを代表する人選だと思います。


追記3 ハンドラーズさんの記事
北の国から・・・・
http://amesei.exblog.jp/8527847/
やはり油か〜。

 9月1日から開催される共和党大会はこんな感じで進むそうで。

ロイター 情報BOX:米共和党党大会で演説を行う出席者の顔ぶれ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33484720080828

当然なんだが、ブッシュとかチェイニーとか出てきちゃうんだよねえ。強烈に逆効果なんじゃないだろうか。しかも、ハリケーンカトリーナなみのハリケーングスタフが今、ルイジアナを目指していて、ちょうど共和党大会のころに着きそうなんだよね。そんなときに大会をやってる場合なのか?とも言われていて、共和党大会、嵐が起こったりして。

|

« オバマ、民主党の大統領候補指名を受託 | Main | オバマ、指名受諾演説 »

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

夏神です。
こちらこそ、失礼しました。
実は、オバマの演説が、ゲティスバーグアドレスを下敷きにしているとコメントさせてもらった件とか、政教分離などで何度かコメントさせていただいたことがあるのですが、そのときは、ネームを固定していなかったので(しかも長い)、今回からこのネームにしました。
よろしくお願いします。

Posted by: 夏神 | September 09, 2008 at 03:20 AM

あ、夏風さんじゃなく、夏神さんでしたね。失礼しました!あわてものです。すみません。
改めまして、夏神さん、はじめまして。

5人の子持ちで1人はイラクに、1人はダウン症と、母としては立派過ぎるし、行き先のない橋をつぶしたのも立派ですが(その計画自体、おかしいと思うけど)、なんとなく過大評価じゃないかなあと。いや、もしかしたら逸材なのかも。ま、これからお手並み拝見という感じしょうかね。

Posted by: JIN | September 01, 2008 at 10:35 AM

ysbeeさん。そうですか。さすがにアメリカでも本音ではこの人事には疑問符がついているんですね? 

昨日は以前壊れたPCを久々に立ち上げるのに1日かかっていたので、ニュースを追っていなかったのですが、発表当日はあちこち、ペイリンをヨイショする話でもちきりでしたね。これで選挙の風が変わって、マケイン有利になるという見方が多かったんですが、本当かなあと穿ってみてました。だって夏風さんご指摘の通り、プロフィールが保守派すぎるから。

今回の民主党大会で、ヒラリーがオバマと民主党とそして自分のために行ったすべてのことは、すべて完璧だった。これは彼女の大きさを表しているようにも思えましたし、さすがだと思いました。とはいえクリントン家は日本軽視なので、どんなに立派でも支持できないのが残念です。

Posted by: JIN | September 01, 2008 at 10:30 AM

JINさん、いつもコメントをありがとうございます!

米国のメディアとブログでは、ペイリン評がナイアガラの滝のごとくなだれ落ちてまして、読むだけでせいいっぱい。当然、民主党びいきの評論家はみそくそだし、共和党寄りはどうみても苦しい言い訳だなあ……というのが見え見えのヨイショをしてるし、やはり最近では自分の直感が一番頼りになります。

JINさんも書いてたように、彼女の受諾スピーチ、実にいやらしかったですね。特に「1800万のヒラリー支持票」のところでは小鼻がふくらんでた(笑)。

何か、理想とか信念とかよりも、数字に目の色変えて突っ走る本性が、一瞬で現れてましたね。スピーチの直後には、娘抱えてバーゲン品をつかんでレジに並んでるところでインタビュー受けてたし……一般主婦でもいいけど、いったん指名されたらそんなことやってるヒマないだろ!と誰も一喝しないんでしょうかね?

マケイン最大の失策ですよ。元々オバマには「判断力ゼロ」と攻撃されてますから、またまた攻撃材料を提供したようなもんです。バイデンひとりでもこのコンビ十分やっつけられますよ。

それにしても、こんな人物の前にいくらでも適格者がいたでしょうに。今回はブッシュの後だけに、共和党自体が「投げてる」感じがしてましたが、これは致命傷ですね。「エバンジェリカンは歓迎してる」とかいうコメントがテレビに出るたびに、私の知ってる連中はみな「ぷぷっ」と吹いてます。

日本人、御用メディアにだまされちゃダメよ。彼女のスピーチのビデオを見れば、英語がわからなくても「格調の低さ」が伝わると思うんですけどね。
私も彼女と比較して、急にヒラリーの大きさを見直したりして……(苦笑)

Posted by: 米流時評 ysbee | August 31, 2008 at 10:38 PM

むしろ、正副大統領候補が逆の方が安心感はあるかも。病歴のある老人に経験に疑問符のつくバックアップの組み合わせは心もとない。逆に、安定性という意味では民主党大統領候補の組み合わせの方が、相対的に評価をあげたような気がします。マケインの副大統領候補というポストでなければ、悪い人材ではないと思うんですが…。しかし、マケインとあらゆる意味で正反対なプロフィールなんで、この組み合わせ自体水と油のように親和性が全く感じられませんね…。

Posted by: 夏神 | August 31, 2008 at 03:28 AM

 あと、グスタフ? 史上最低人気の正副
大統領コンビの党大会欠席を強いるのには
最好の口実じゃないですか。なんだったら
党大会そのものをずらしたうえで欠席させる
って手もありですし。
 あとは、二人目の女性副大統領候補に関するスキャンダルと攻撃からの切り替え術次第ですかね。
 ロムニーだったら安心感が違ったけれど、資産家であることが、ガソリン高や景気低迷に苦しむ有権者に敬遠される危険がありましたし。

Posted by: bystander | August 30, 2008 at 08:28 PM

BYSTANDERさん こんにちは
そうですね。オバマ陣営はそういっていたけれど、オバマ自身は自分に返ってくるのはわかってますから、そうはいってませんしね。民主党はあなたがおっしゃるような理由で、あまり攻撃したりしないでしょう。

しかしグルジアで共和党が勝つんだったら、起こした人の謀略はまんまと成功するわけだ。…とちょっと、プーチンに釣られてみたりして。

Posted by: JIN | August 30, 2008 at 12:41 PM

>今度は彼女が経験がないといわれている。マケインは皮膚に悪性腫瘍があったりする72歳で、健康に不安があるのに、何か会ったときにバトンを渡すのが、9000人程度の小さい市の市長を長くつとめ、知事経験は2年(しかもアラスカ)という、「経験」は立派なのか?

そっくりそのまま、民主党大統領候補に直撃しますよ。グルジア情勢で「上げ潮ムード」のマケイン陣営はもはや「言葉」で相手陣営の「経験不足」を攻撃する必要性が依然と比べて薄れたということでしょう。

Posted by: bystander | August 30, 2008 at 11:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42324256

Listed below are links to weblogs that reference マケイン自爆?:

» アメリカ大統領選挙 両陣営とも副大統領候補を発表 [本質]
アメリカ大統領選挙 両陣営とも副大統領候補を発表。 共和党大統領候補   ジョン [Read More]

Tracked on August 31, 2008 at 09:10 AM

» 【米大統領選】共和党副大統領候補はペイリンアラスカ州知事! [【本音トーク】 EVOLUTION]
サラ.ペイリン・アラスカ州知事と言ってこの人は誰と思う人が大多数だと思います。共和党の大統領候補のマケイン上院議員が選んだ副大統領候補は44歳、5児の母でもある若手の有望政治家でした。 ペイリンさんは、アラスカ州の小都市ワシラ市議を振り出しに政治家としてのキャリアをスタート、2006年12月にアラスカ州史上最年少にして初の女性として知事に就任したそうです。運輸から教育、犯罪などの問題を争点に選挙戦を戦い、アラスカの共和党員の汚職に警鐘を鳴らす救世主として人気を集めました。 マケイン氏のエネルギー... [Read More]

Tracked on August 31, 2008 at 09:39 AM

» 共和党、副大統領候補はあっと驚く44歳 [三面記事の裏側]
副大統領候補としてサラ・ペイリン・アラスカ州知事を選んだマケインさんの思惑は?  [Read More]

Tracked on August 31, 2008 at 09:45 AM

« オバマ、民主党の大統領候補指名を受託 | Main | オバマ、指名受諾演説 »