« ヒラリーと決選投票? | Main | グルジアと米大統領選 その2 »

August 18, 2008

オリンピックとグルジア紛争

グルジア紛争はしばらくこう着状態になりそうだが、新冷戦の様相を呈してきた国際情勢の中で、次の冬季オリンピック、ソチの開催が危うくなってきそうだ。なにしろソチは、グルジア国境から30キロの土地らしい。

グルジアの人によるとそもそもソチはグルジアの土地なんだそうで、ソチに隣接しているところは分離独立派のアブハジア共和国(グルジア)だから、さらに複雑である。もうすでにアメリカでは次期冬季五輪の開催地を変更すべきなどという声が出てきている。

CNN ソチ五輪の開催地変更促す決議提出へ、グルジア情勢で米議員
http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200808160003.html

こんな話も出てきていて、ロシアの今後の態度いかんによっては、ソチオリンピック、またもや西側はボイコットってことになりかねない情勢だ。

だが、産経のモスクワ特派員だった佐々木さんはこういうエントリをあげている。

【五輪特集】ロシアのグルジア軍事介入は2014年ソチ冬季五輪開催成功への布石
http://sasakima.iza.ne.jp/blog/entry/674379/

グルジアは、ロシアの大国家イベント、ソチ五輪開催に抗議しています。
(中略)
 ロシア側は、グルジアのサーカシビリ政権の意図を知り抜いています。

 グルジアがもし、南オセチア自治州を支配下に置いたのなら、次に狙うのは、この中で、最も人口の多い「本丸」のアブハジア自治共和国です。

 グルジアにしてみれば、国内にある他国の支援を受けた地域を早く消し去り、完全な独立を勝ち取りたい。だからこそ、ソチ冬季五輪の開催も、自国の国益に沿うように「活用」したい。

 それが、ボイコットの呼びかけであり、抗議なのです。

 ロシアは最悪の展開をさけたいのが本音です。

 軍事介入に踏み切ったのは、アブハジア自治共和国まで飛び火しないよう、そして、2014年五輪開催成功に向け、どうしてもさけられない行動だったことは間違いありませんね。

オリンピック成功だけがグルジア侵攻の目的ではないだろうが、グルジア情勢のニュースをピックアップしたときにひっかかってきた、侵攻直前にあったソチでのテロを佐々木さんも取り上げている。ソチ五輪に反対したい勢力はたくさんおり、グルジアもその一つの勢力であると。

ソチのテロは別としても、最初にグルジア側が発砲したのも、何か考えがあったのかもしれない。ロシア側はずっとプレッシャーをかけ続けていただろうし、そろそろ暴発しそうであるのはわかっていただろう。グルジアもどうせ何かしかけなければならないならば、ソチ五輪を阻止する狙いも込めて、象徴たる北京五輪の時期を狙ったのかもしれない。って全部当てずっぽうだけど。

オリンピックじゃないが、これはどうなるのか?

スラッシュドット ロシアのグルジア侵攻、米国の宇宙開発計画に影響?
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/08/16/123228

よく考えてみると、ソユーズとかISSとか、冷戦時代には考えられない形で宇宙開発計画が進んでいたし、宇宙飛行士もロシア語を勉強したりしていたらしいのだが、新冷戦となると宇宙だけ違うなんてことはありえないだろうな。スペースシャトルをやめるのは時期尚早かも。

ロシアに言い分があったとしても、他国に工作するのはアメリカと同じだとしても、ロシアが目指すところが見えない限り、うまくいかない感じがする。ま、落としどころは今後探していくんだろうけど。

ロシアが今利益を得られているのは、自由主義社会の自由貿易体制に参加しているからだと思うんだが、エネルギーは特にパイプラインで運ぶものはインフラになっちゃうわけで、ロシアは自由貿易で利益を得ているという意識は低いんだろうと思う。自由貿易体制だから、原油価格がアホみたいにあがっているのに、そこは保護貿易というか全体主義国家として利益をかすめ取っているわけだ。ロシアのGDPは日本より低いわけだが、使えるお金は多いだろう。だって、エネルギー資源を輸出するのに原料はほぼタダだから。その利益でためたお金で、戦力を増強し、かつてのソ連邦的帝国主義復活を目指しているように見える。

しかし、それがロシアの目指す姿なのだろうか? ロシアに民主主義なんて所詮無理なのか? 自分だけが欧州向けパイプラインを独占し、影響力を増そうなんて、帝国主義的でいただけないわけだが、どんな戦略でどうしたいのか。中国も含め、新・新世界秩序って何かを探る時期なんだろうな。そんなものが成立するかどうかわからないし、日本の立場はあまりよくないと思うけど。

そうそう、連山によると、核戦争も考えられるそうでうす。

連山 【緊急】グルジア戦争の狙いは中東への核ミサイル輸送
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/omnibus/ss26insyria.html
ロシアはミサイルを運んでいたのかもだそうで。

|

« ヒラリーと決選投票? | Main | グルジアと米大統領選 その2 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Your blog is very useful. Say thanks to you greatly for delivering a lot practical advice. For certain i will bookmark your blog and will be undoubtedly returning. Once again, I truly appreciate your work not to mention supplying a great deal unbiased tips for the readers.

Posted by: payday loans toronto | August 25, 2010 at 11:02 AM

Your website is very the most informative. I loved your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans canada | July 02, 2010 at 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42202033

Listed below are links to weblogs that reference オリンピックとグルジア紛争 :

» メディアの謀略。イラクとグルジアの報道比較。 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「グルジアにひそむアイヌや琉球の神話」について  ブッシュがバグダッドを攻撃しはじめたときの報道の質量やそれを批判するメディアの政治的ポジションの偏向は、まだ記憶にあたらしい。毎日のように米兵の戦死者の数を報道していたのが、治安回復作戦の成功に反比例して報道量が激減して、いまでは、サマワがどうなっているかなんて、新聞やテレビでは教えてくれない。しかし、開戦当初のド派手な反戦・反米記事の記憶は、まだ忘れるものではないと思う。  イラク開戦時の反米記事の氾濫を念頭におきながら、今回のグルジア...... [Read More]

Tracked on August 19, 2008 at 06:11 AM

« ヒラリーと決選投票? | Main | グルジアと米大統領選 その2 »