« 民主党、オバマを大統領候補に選出 | Main | グルジアとアフガニスタンと…メモ »

August 28, 2008

ビルはやっぱり大統領だった

民主党大会3日目、今日はビル・クリントンとバイデンの登場である。注目されるのはビルがどんなふうにオバマを推薦するか、というところだった。

NYT Bill Clinton's Speech at the Democratic National Convention http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080827_CLINTON_SPEECH.html

いつもよりピリッとしたビル。最近はジジ臭くなってきたなと思っていたのだが、今日はスッキリしていた。そういえばヒラリーも少しやせてたね。やはり2人とも選挙中は疲れていたのだろうと思う。

ビルは、経済の問題を話したら?と民主党から言われていたらしいんだが(彼が当選したときのスローガンはIt's economy,stupid!だし)、彼はオバマの推薦についてちゃんと話したいと言っていたらしい。それで演説では、「私も経験がないと言われた」と述べた上で、昨日私がヒラリーの演説について取り上げたときに書いたことに近いことを話した。つまりアメリカを取り巻く今のこの状況は、共和党政権が作ったもので、マケインは英雄だが、また共和党に政権を取らせるわけにはいかない、と述べたのだ。

オバマをほめたたえたりはしていたが、外交問題も大丈夫というところは拍手が少なかった(苦笑)。最後にオバマを大統領に!と話したところもちょっと声が小さかったが、ま、これは歓声にかき消されたのかもしれない。

この演説を見て思ったのは、ビルの演説は聞かせるってことだ。オバマほど感情には訴えないが、理路整然と話したいことがわかりやすく伝わる。恐ろしく理性的。ああ、この人、だから大統領になったんだなと思った。

それに登場したときのスタンディングオーベーション。長過ぎて、ビルもいつ話しだそうかと戸惑うくらいだった。ビルはこんなに愛されていたのだよ。だからようやくオバマを応援する気持ちになってくれて、嬉しかったんだろう。

ま、これでビルとヒラリーの予備選時の「悪評」は、とりあえず引っ込むことになるだろう。2人ともやるべきことはやったのだから。オバマ支持者はこれでビルへの悪感情をなくしたらしいんだが、さて、ヒラリー支持者はどうなりますかね?

ジョー・バイデンの演説はこちら

NYT Joseph R. Biden Jr.'s Speech at the Democratic National Convention
http://elections.nytimes.com/2008/president/conventions/videos/20080827_BIDEN_SPEECH.html

|

« 民主党、オバマを大統領候補に選出 | Main | グルジアとアフガニスタンと…メモ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビルはやっぱり大統領だった:

« 民主党、オバマを大統領候補に選出 | Main | グルジアとアフガニスタンと…メモ »