« マケイン自爆? | Main | グスタフで共和党大会縮小 »

August 30, 2008

オバマ、指名受諾演説

Barack Obama's Speech at the Democratic National Convention
"The American Promise"

2008年8月28日 コロラド州デンバー

★多分、そのうち訳します(いつになるのだ?)→コメント欄に「どうしても訳したい者」さんの訳あります。

To Chairman Dean and my great friend Dick Durbin; and to all my fellow citizens of this great nation;


With profound gratitude and great humility, I accept your nomination for the presidency of the United States.

.

Let me express my thanks to the historic slate of candidates who accompanied me on this journey, and especially the one who traveled the farthest – a champion for working Americans and an inspiration to my daughters and to yours -- Hillary Rodham Clinton.  To President Clinton, who last night made the case for change as only he can make it; to Ted Kennedy, who embodies the spirit of service; and to the next Vice President of the United States, Joe Biden, I thank you. I am grateful to finish this journey with one of the finest statesmen of our time, a man at ease with everyone from world leaders to the conductors on the Amtrak train he still takes home every night.


To the love of my life, our next First Lady, Michelle Obama, and to Sasha and Malia – I love you so much, and I’m so proud of all of you.


Four years ago, I stood before you and told you my story – of the brief union between a young man from Kenya and a young woman from Kansas who weren’t well-off or well-known, but shared a belief that in America, their son could achieve whatever he put his mind to.


It is that promise that has always set this country apart – that through hard work and sacrifice, each of us can pursue our individual dreams but still come together as one American family, to ensure that the next generation can pursue their dreams as well.


That’s why I stand here tonight.  Because for two hundred and thirty two years, at each moment when that promise was in jeopardy, ordinary men and women – students and soldiers, farmers and teachers, nurses and janitors -- found the courage to keep it alive.


We meet at one of those defining moments – a moment when our nation is at war, our economy is in turmoil, and the American promise has been threatened once more.


Tonight, more Americans are out of work and more are working harder for less.  More of you have lost your homes and even more are watching your home values plummet.  More of you have cars you can’t afford to drive, credit card bills you can’t afford to pay, and tuition that’s beyond your reach.


These challenges are not all of government’s making.  But the failure to respond is a direct result of a broken politics in Washington and the failed policies of George W. Bush.


America, we are better than these last eight years.  We are a better country than this.


This country is more decent than one where a woman in Ohio, on the brink of retirement, finds herself one illness away from disaster after a lifetime of hard work.


This country is more generous than one where a man in Indiana has to pack up the equipment he’s worked on for twenty years and watch it shipped off to China, and then chokes up as he explains how he felt like a failure when he went home to tell his family the news.


We are more compassionate than a government that lets veterans sleep on our streets and families slide into poverty; that sits on its hands while a major American city drowns before our eyes.


Tonight, I say to the American people, to Democrats and Republicans and Independents across this great land – enough!  This moment – this election – is our chance to keep, in the 21st century, the American promise alive.  Because next week, in Minnesota, the same party that brought you two terms of George Bush and Dick Cheney will ask this country for a third.  And we are here because we love this country too much to let the next four years look like the last eight.  On November 4th, we must stand up and say: “Eight is enough.”


Now let there be no doubt.  The Republican nominee, John McCain, has worn the uniform of our country with bravery and distinction, and for that we owe him our gratitude and respect.  And next week, we’ll also hear about those occasions when he’s broken with his party as evidence that he can deliver the change that we need.


But the record’s clear: John McCain has voted with George Bush ninety percent of the time.  Senator McCain likes to talk about judgment, but really, what does it say about your judgment when you think George Bush has been right more than ninety percent of the time?  I don’t know about you, but I’m not ready to take a ten percent chance on change.


The truth is, on issue after issue that would make a difference in your lives – on health care and education and the economy – Senator McCain has been anything but independent.  He said that our economy has made “great progress” under this President.  He said that the fundamentals of the economy are strong.  And when one of his chief advisors – the man who wrote his economic plan – was talking about the anxiety Americans are feeling, he said that we were just suffering from a “mental recession,” and that we’ve become, and I quote, “a nation of whiners.”


A nation of whiners?  Tell that to the proud auto workers at a Michigan plant who, after they found out it was closing, kept showing up every day and working as hard as ever, because they knew there were people who counted on the brakes that they made.  Tell that to the military families who shoulder their burdens silently as they watch their loved ones leave for their third or fourth or fifth tour of duty.  These are not whiners.  They work hard and give back and keep going without complaint.  These are the Americans that I know.




Now, I don’t believe that Senator McCain doesn’t care what’s going on in the lives of Americans.  I just think he doesn’t know.  Why else would he define middle-class as someone making under five million dollars a year?  How else could he propose hundreds of billions in tax breaks for big corporations and oil companies but not one penny of tax relief to more than one hundred million Americans?  How else could he offer a health care plan that would actually tax people’s benefits, or an education plan that would do nothing to help families pay for college, or a plan that would privatize Social Security and gamble your retirement?


It’s not because John McCain doesn’t care.  It’s because John McCain doesn’t get it.


For over two decades, he’s subscribed to that old, discredited Republican philosophy – give more and more to those with the most and hope that prosperity trickles down to everyone else.  In Washington, they call this the Ownership Society, but what it really means is – you’re on your own.  Out of work?  Tough luck.  No health care?  The market will fix it.  Born into poverty?  Pull yourself up by your own bootstraps – even if you don’t have boots.  You’re on your own.


Well it’s time for them to own their failure.  It’s time for us to change America.


You see, we Democrats have a very different measure of what constitutes progress in this country.


We measure progress by how many people can find a job that pays the mortgage; whether you can put a little extra money away at the end of each month so you can someday watch your child receive her college diploma.  We measure progress in the 23 million new jobs that were created when Bill Clinton was President – when the average American family saw its income go up $7,500 instead of down $2,000 like it has under George Bush.


We measure the strength of our economy not by the number of billionaires we have or the profits of the Fortune 500, but by whether someone with a good idea can take a risk and start a new business, or whether the waitress who lives on tips can take a day off to look after a sick kid without losing her job – an economy that honors the dignity of work.


The fundamentals we use to measure economic strength are whether we are living up to that fundamental promise that has made this country great – a promise that is the only reason I am standing here tonight. 


Because in the faces of those young veterans who come back from Iraq and Afghanistan, I see my grandfather, who signed up after Pearl Harbor, marched in Patton’s Army, and was rewarded by a grateful nation with the chance to go to college on the GI Bill.


In the face of that young student who sleeps just three hours before working the night shift, I think about my mom, who raised my sister and me on her own while she worked and earned her degree; who once turned to food stamps but was still able to send us to the best schools in the country with the help of student loans and scholarships.


When I listen to another worker tell me that his factory has shut down, I remember all those men and women on the South Side of Chicago who I stood by and fought for two decades ago after the local steel plant closed.


And when I hear a woman talk about the difficulties of starting her own business, I think about my grandmother, who worked her way up from the secretarial pool to middle-management, despite years of being passed over for promotions because she was a woman.  She’s the one who taught me about hard work.  She’s the one who put off buying a new car or a new dress for herself so that I could have a better life.  She poured everything she had into me.  And although she can no longer travel, I know that she’s watching tonight, and that tonight is her night as well.


I don’t know what kind of lives John McCain thinks that celebrities lead, but this has been mine.  These are my heroes.  Theirs are the stories that shaped me.  And it is on their behalf that I intend to win this election and keep our promise alive as President of the United States.


What is that promise?


It’s a promise that says each of us has the freedom to make of our own lives what we will, but that we also have the obligation to treat each other with dignity and respect.


It’s a promise that says the market should reward drive and innovation and generate growth, but that businesses should live up to their responsibilities to create American jobs, look out for American workers, and play by the rules of the road.


Ours is a promise that says government cannot solve all our problems, but what it should do is that which we cannot do for ourselves – protect us from harm and provide every child a decent education; keep our water clean and our toys safe; invest in new schools and new roads and new science and technology.


Our government should work for us, not against us.  It should help us, not hurt us.  It should ensure opportunity not just for those with the most money and influence, but for every American who’s willing to work.


That’s the promise of America – the idea that we are responsible for ourselves, but that we also rise or fall as one nation; the fundamental belief that I am my brother’s keeper; I am my sister’s keeper.


That’s the promise we need to keep.  That’s the change we need right now.  So let me spell out exactly what that change would mean if I am President.

  .

Change means a tax code that doesn’t reward the lobbyists who wrote it, but the American workers and small businesses who deserve it.


Unlike John McCain, I will stop giving tax breaks to corporations that ship jobs overseas, and I will start giving them to companies that create good jobs right here in America.


I will eliminate capital gains taxes for the small businesses and the start-ups that will create the high-wage, high-tech jobs of tomorrow.


I will cut taxes – cut taxes – for 95% of all working families.  Because in an economy like this, the last thing we should do is raise taxes on the middle-class.


And for the sake of our economy, our security, and the future of our planet, I will set a clear goal as President: in ten years, we will finally end our dependence on oil from the Middle East.   


Washington’s been talking about our oil addiction for the last thirty years, and John McCain has been there for twenty-six of them.  In that time, he’s said no to higher fuel-efficiency standards for cars, no to investments in renewable energy, no to renewable fuels.  And today, we import triple the amount of oil as the day that Senator McCain took office.


Now is the time to end this addiction, and to understand that drilling is a stop-gap measure, not a long-term solution.  Not even close.


As President, I will tap our natural gas reserves, invest in clean coal technology, and find ways to safely harness nuclear power.  I’ll help our auto companies re-tool, so that the fuel-efficient cars of the future are built right here in America.  I’ll make it easier for the American people to afford these new cars.  And I’ll invest 150 billion dollars over the next decade in affordable, renewable sources of energy – wind power and solar power and the next generation of biofuels; an investment that will lead to new industries and five million new jobs that pay well and can’t ever be outsourced.


America, now is not the time for small plans.


Now is the time to finally meet our moral obligation to provide every child a world-class education, because it will take nothing less to compete in the global economy.  Michelle and I are only here tonight because we were given a chance at an education.  And I will not settle for an America where some kids don’t have that chance.  I’ll invest in early childhood education.  I’ll recruit an army of new teachers, and pay them higher salaries and give them more support.  And in exchange, I’ll ask for higher standards and more accountability.  And we will keep our promise to every young American – if you commit to serving your community or your country, we will make sure you can afford a college education.


Now is the time to finally keep the promise of affordable, accessible health care for every single American.  If you have health care, my plan will lower your premiums.  If you don’t, you’ll be able to get the same kind of coverage that members of Congress give themselves.  And as someone who watched my mother argue with insurance companies while she lay in bed dying of cancer, I will make certain those companies stop discriminating against those who are sick and need care the most.


Now is the time to help families with paid sick days and better family leave, because nobody in America should have to choose between keeping their jobs and caring for a sick child or ailing parent.


Now is the time to change our bankruptcy laws, so that your pensions are protected ahead of CEO bonuses; and the time to protect Social Security for future generations.


And now is the time to keep the promise of equal pay for an equal day’s work, because I want my daughters to have exactly the same opportunities as your sons.


Now, many of these plans will cost money, which is why I’ve laid out how I’ll pay for every dime – by closing corporate loopholes and tax havens that don’t help America grow.  But I will also go through the federal budget, line by line, eliminating programs that no longer work and making the ones we do need work better and cost less – because we cannot meet twenty-first century challenges with a twentieth century bureaucracy.   


And Democrats, we must also admit that fulfilling America’s promise will require more than just money.  It will require a renewed sense of responsibility from each of us to recover what John F. Kennedy called our “intellectual and moral strength.”  Yes, government must lead on energy independence, but each of us must do our part to make our homes and businesses more efficient. Yes, we must provide more ladders to success for young men who fall into lives of crime and despair.  But we must also admit that programs alone can’t replace parents; that government can’t turn off the television and make a child do her homework; that fathers must take more responsibility for providing the love and guidance their children need.


Individual responsibility and mutual responsibility – that’s the essence of America’s promise.


And just as we keep our keep our promise to the next generation here at home, so must we keep America’s promise abroad.   If John McCain wants to have a debate about who has the temperament, and judgment, to serve as the next Commander-in-Chief, that’s a debate I’m ready to have.


For while Senator McCain was turning his sights to Iraq just days after 9/11, I stood up and opposed this war, knowing that it would distract us from the real threats we face.  When John McCain said we could just “muddle through” in Afghanistan, I argued for more resources and more troops to finish the fight against the terrorists who actually attacked us on 9/11, and made clear that we must take out Osama bin Laden and his lieutenants if we have them in our sights.  John McCain likes to say that he’ll follow bin Laden to the Gates of Hell – but he won’t even go to the cave where he lives.


And today, as my call for a time frame to remove our troops from Iraq has been echoed by the Iraqi government and even the Bush Administration, even after we learned that Iraq has a $79 billion surplus while we’re wallowing in deficits, John McCain stands alone in his stubborn refusal to end a misguided war.

 

That’s not the judgment we need.  That won’t keep America safe.  We need a President who can face the threats of the future, not keep grasping at the ideas of the past.


You don’t defeat a terrorist network that operates in eighty countries by occupying Iraq.  You don’t protect Israel and deter Iran just by talking tough in Washington.  You can’t truly stand up for Georgia when you’ve strained our oldest alliances.  If John McCain wants to follow George Bush with more tough talk and bad strategy, that is his choice – but it is not the change we need.


We are the party of Roosevelt.  We are the party of Kennedy.  So don’t tell me that Democrats won’t defend this country.  Don’t tell me that Democrats won’t keep us safe.  The Bush-McCain foreign policy has squandered the legacy that generations of Americans -- Democrats and Republicans – have built, and we are here to restore that legacy.


As Commander-in-Chief, I will never hesitate to defend this nation, but I will only send our troops into harm’s way with a clear mission and a sacred commitment to give them the equipment they need in battle and the care and benefits they deserve when they come home.


I will end this war in Iraq responsibly, and finish the fight against al Qaeda and the Taliban in Afghanistan.  I will rebuild our military to meet future conflicts.  But I will also renew the tough, direct diplomacy that can prevent Iran from obtaining nuclear weapons and curb Russian aggression.  I will build new partnerships to defeat the threats of the 21st century: terrorism and nuclear proliferation; poverty and genocide; climate change and disease.  And I will restore our moral standing, so that America is once again that last, best hope for all who are called to the cause of freedom, who long for lives of peace, and who yearn for a better future.


These are the policies I will pursue.  And in the weeks ahead, I look forward to debating them with John McCain.


But what I will not do is suggest that the Senator takes his positions for political purposes.  Because one of the things that we have to change in our politics is the idea that people cannot disagree without challenging each other’s character and patriotism.


The times are too serious, the stakes are too high for this same partisan playbook.  So let us agree that patriotism has no party.  I love this country, and so do you, and so does John McCain.  The men and women who serve in our battlefields may be Democrats and Republicans and Independents, but they have fought together and bled together and some died together under the same proud flag.  They have not served a Red America or a Blue America – they have served the United States of America.


So I’ve got news for you, John McCain.  We all put our country first.


America, our work will not be easy.  The challenges we face require tough choices, and Democrats as well as Republicans will need to cast off the worn-out ideas and politics of the past.  For part of what has been lost these past eight years can’t just be measured by lost wages or bigger trade deficits.  What has also been lost is our sense of common purpose – our sense of higher purpose.  And that’s what we have to restore.

 

We may not agree on abortion, but surely we can agree on reducing the number of unwanted pregnancies in this country.  The reality of gun ownership may be different for hunters in rural Ohio than for those plagued by gang-violence in Cleveland, but don’t tell me we can’t uphold the Second Amendment while keeping AK-47s out of the hands of criminals.  I know there are differences on same-sex marriage, but surely we can agree that our gay and lesbian brothers and sisters deserve to visit the person they love in the hospital and to live lives free of discrimination.  Passions fly on immigration, but I don’t know anyone who benefits when a mother is separated from her infant child or an employer undercuts American wages by hiring illegal workers.  This too is part of America’s promise – the promise of a democracy where we can find the strength and grace to bridge divides and unite in common effort.


I know there are those who dismiss such beliefs as happy talk.  They claim that our insistence on something larger, something firmer and more honest in our public life is just a Trojan Horse for higher taxes and the abandonment of traditional values.  And that’s to be expected. Because if you don’t have any fresh ideas, then you use stale tactics to scare the voters.  If you don’t have a record to run on, then you paint your opponent as someone people should run from.


You make a big election about small things.


And you know what – it’s worked before.  Because it feeds into the cynicism we all have about government.  When Washington doesn’t work, all its promises seem empty.  If your hopes have been dashed again and again, then it’s best to stop hoping, and settle for what you already know.


I get it.  I realize that I am not the likeliest candidate for this office.  I don’t fit the typical pedigree, and I haven’t spent my career in the halls of Washington.


But I stand before you tonight because all across America something is stirring.  What the nay-sayers don’t understand is that this election has never been about me.  It’s been about you.


For eighteen long months, you have stood up, one by one, and said enough to the politics of the past.  You understand that in this election, the greatest risk we can take is to try the same old politics with the same old players and expect a different result.  You have shown what history teaches us – that at defining moments like this one, the change we need doesn’t come from Washington.  Change comes to Washington.  Change happens because the American people demand it – because they rise up and insist on new ideas and new leadership, a new politics for a new time.


America, this is one of those moments.


I believe that as hard as it will be, the change we need is coming.  Because I’ve seen it.  Because I’ve lived it.  I’ve seen it in Illinois, when we provided health care to more children and moved more families from welfare to work.  I’ve seen it in Washington, when we worked across party lines to open up government and hold lobbyists more accountable, to give better care for our veterans and keep nuclear weapons out of terrorist hands.


And I’ve seen it in this campaign.  In the young people who voted for the first time, and in those who got involved again after a very long time.  In the Republicans who never thought they’d pick up a Democratic ballot, but did.  I’ve seen it in the workers who would rather cut their hours back a day than see their friends lose their jobs, in the soldiers who re-enlist after losing a limb, in the good neighbors who take a stranger in when a hurricane strikes and the floodwaters rise.


This country of ours has more wealth than any nation, but that’s not what makes us rich.  We have the most powerful military on Earth, but that’s not what makes us strong.  Our universities and our culture are the envy of the world, but that’s not what keeps the world coming to our shores.


Instead, it is that American spirit – that American promise – that pushes us forward even when the path is uncertain; that binds us together in spite of our differences; that makes us fix our eye not on what is seen, but what is unseen, that better place around the bend.


That promise is our greatest inheritance.  It’s a promise I make to my daughters when I tuck them in at night, and a promise that you make to yours – a promise that has led immigrants to cross oceans and pioneers to travel west; a promise that led workers to picket lines, and women to reach for the ballot.


And it is that promise that forty five years ago today, brought Americans from every corner of this land to stand together on a Mall in Washington, before Lincoln’s Memorial, and hear a young preacher from Georgia speak of his dream.


The men and women who gathered there could’ve heard many things.  They could’ve heard words of anger and discord.  They could’ve been told to succumb to the fear and frustration of so many dreams deferred.


But what the people heard instead – people of every creed and color, from every walk of life – is that in America, our destiny is inextricably linked.  That together, our dreams can be one.


“We cannot walk alone,” the preacher cried.  “And as we walk, we must make the pledge that we shall always march ahead.  We cannot turn back.”


America, we cannot turn back.  Not with so much work to be done.  Not with so many children to educate, and so many veterans to care for.  Not with an economy to fix and cities to rebuild and farms to save.  Not with so many families to protect and so many lives to mend.  America, we cannot turn back.  We cannot walk alone.  At this moment, in this election, we must pledge once more to march into the future.  Let us keep that promise – that American promise – and in the words of Scripture hold firmly, without wavering, to the hope that we confess.


Thank you, God Bless you, and God Bless the United States of America.

★原文はこちら

Barack Obamaホームページ

http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gG5l5C

★訳 gooの加藤さん
バラク・オバマ指名受諾演説・全文(1) コラム「大手町から見る米大統領選」番外
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20080830-02.html

|

« マケイン自爆? | Main | グスタフで共和党大会縮小 »

オバマ演説」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Well, the post is actually the sweetest on this deserving topic. I agree with your conclusions and will eagerly look forward to your incoming updates. Just saying thanks will not just be adequate, for the wonderful clarity in your writing. I will at once grab your rss feed to stay informed of any updates. Good work and much success in your business endeavors!

Posted by: payday loans in canada | September 22, 2010 at 05:20 AM

Thanks for making such a killer blog. I come on here all the time and am floored with the fresh information here.

Posted by: online loans | September 21, 2010 at 05:34 PM

ktxyawptplbhzttvkpyogezzeefwtiadajo

Posted by: bc loans | September 02, 2010 at 09:19 AM

Your blogging site is great. Give thanks you so much for providing a huge amount of useful insight. I am going to bookmark your blog website and will be undoubtedly coming back. Once again, I truly appreciate your entire work and as well , delivering a whole lot helpful facts to the many people.

Posted by: loans canada | August 25, 2010 at 09:40 AM

jinandtonic.air-nifty.com is great! Those people who are already familiar with payday loans can attribute to the fact that they are rewarding Payday loan is one loan that can save you when you are at worst points or emergencies that require real finances way before your payday

Posted by: toronto payday loans | July 12, 2010 at 04:43 AM

Your website is very the most interesting. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans online | July 02, 2010 at 10:27 AM

Your college contribution will equal 11.11% of the commission your participating real estate office receives for your side of the transaction. http://dodomarketing.blogtells.com/2008/09/13/business-management-research-don-let-creed-overshadow-message/

Posted by: Marques Office | September 15, 2008 at 12:25 AM

どうしても訳したかった者さん

ありがとう。自分で訳すときは参考にさせていただきますし、しばらくこれで皆さん理解いただけると思います。

でも正直申し上げて、これを訳したいならば、ご自身のブログを立ち上げていただけないでしょうか。今は無料でできますから。トラックバックなどしていただければ、ちゃんとリンクも貼りますよ。

ここは一応、私のブログですし、やるもやらないもこちらの自由、ってところなので。正直なところプレッシャーになっちゃうんです。すみませんが、ご理解ください。

Posted by: JIN | September 05, 2008 at 01:00 PM

jin and tonicさんへ

 オバマ上院議員の指名受諾演説を、だいたいですが訳して見ました。gooニュースの加藤祐子さんのを参考にさせてもらいました。本当にありがとうございました。より英文に近く訳したつもりです。
 私はブログを持っていないので、ここに投稿します。jin and tonicさんに参考にしていただければ、幸いです。

民主党党大会バラク・オバマ指名受諾演説 「アメリカの約束」
2008年8月28日 コロラド州デンバー、マイル・ハイ 

ディーン委員長、親友のディック・ダービン、そしてこの偉大な国の国民の皆さん。

深い感謝の念と、身の引き締まる思いで、アメリカ合衆国の大統領候補への指名をお受けします。

この旅に私と同行してくれた、歴史的な候補者の皆さんに感謝します。特に、いちばん長く旅を共にしてくれた人、働くアメリカ人のためのチャンピオン、そして私の娘やみなさんの娘たちを鼓舞してくれる人、ヒラリー・ロダム・クリントンに感謝します。クリントン大統領に。彼だけが成遂げられるのですが、変化が必要だと昨晩説明してくれました。奉仕の精神を体現している、テッド・ケネディに。そして次の米副大統領となるジョー・バイデンに感謝します。この時代の最高の政治家の1人と、この旅を歩き終えたことに、とても感謝しています。ジョー・バイデンは、各国の指導者から、今も毎晩帰宅するのに乗るアムトラックの列車の車掌まで、誰とでも楽にやっていけるような人です。

私の最愛の人、次のファーストレディとなるミシェル・オバマと、マリアとサーシャに感謝します。心から愛しているし、誇りに思っています。

4年前、私は皆さんの前に立ち、私の物語を語りました。ケニア出身の青年とカンザス出身の若い女性とのつかの間の結びつきについてです。2人は裕福でも有名でもなかったけれど、1つの信念を共有していました。アメリカでは、自分たちの息子は、もししようと思えば何でも成し遂げられるのだ、と。

それが、この国を特別な所としている約束なのです。一生懸命自分の身を捧げて働けば、誰もがそれぞれの夢を追求できるのです。と同時に、私たちは、ひとつの「アメリカという家族」として団結しています。この国では、次の世代が必ず、同じように彼らの夢を追求できるために。

それが、私が今夜ここに立っている理由です。なぜなら232年もの間、その約束が危険に曝されるたびに、学生や兵士、農家や教師、看護師やビルの管理人といった普通の男女の人々が、約束を守り続けるために勇気をふりしぼってきたのです。

私たちは今そういう明確な節目にさしかかっています。この国は戦争の中にあり、経済は混乱し、アメリカの約束がいま一度脅かされています。
今夜、ますます多くのアメリカ人が職を失い、ますます多くの人がいくら働いても給料が減っています。ますます多くの人が家を失い、ますます多くの住宅の価値が急落していくのを目の当たりにしています。ますます多くの人々が、車を持っていても運転するだけの金がなく、クレジットカードの請求を払えず、授業料が手の届かないものになっています。

こうした試練は、すべてが政府のせいというわけではありません。対応の失敗は、ワシントンでの政治の破綻と、ジョージ・W・ブッシュの失政の直接的な結果です。

アメリカよ、私たちは本当は過去8年間よりもっと優れています。これよりもっと優れた国のはずです。

オハイオ州の女性が退職の間際に、一生まじめに働いてきた後に、悲惨なことに自分自身が1つの病気だと分かる、それよりこの国はもっと親切な国のはずです。

あるいはインディアナ州のある男性は、20年も使いこなしてきた設備品が梱包され、中国に送られていくのを見なければならない。家に帰って、家族にそのことを伝えなくてはならない時に、どうにも言えなくなってしまった。この国はもっと援助を与えてくれるはずです。

帰還兵が路上で眠るしかなく、あちこちで家族が貧困に陥るのに、政府は何もしない。あるいは大都市が皆の目の前で水没していくのに、手をこまねいている。私たちははるかに思いやり深い国民のはずです。

今夜わたしはアメリカの国民に言おう。民主党員に、共和党員に、無党派層に、この偉大な国のすべての人に、もうたくさんだ!と。 今この瞬間、この選挙は、アメリカの約束を21世紀にも残すための、大きなチャンスなのです。なぜなら来週、ミネソタで、ジョージ・ブッシュとディック・チェイニーの政権を2期送り出した同じ政党が、3期目を要求するからです。(ブーイング)私たちはとてもこの国を愛しているので、次の4年間が過去8年と同じにされるわけにはいかないので、ここにいるのです。11月4日には立ち上がって、「8年でたくさんだ」と言わなくてはなりません。

とはいえ誤解のないように。共和党の候補者、ジョン・マケインは、この国の軍服を身にまとい、勇敢で優れた業績を残しました。その点では彼に感謝と尊敬の念を感じています。そして来週になれば、私たちが必要とする変化を実現させようという証拠として、ジョン・マケインがこれまでいかに党の方針に逆らってきたかを聞くことでしょう。

しかし経歴ははっきりしています。議員としてジョン・マケインはジョージ・ブッシュの政策の9割に、支持する投票をしてきました。マケイン上院議員は「判断力」についてよく話したがりますが、ジョージ・ブッシュ政策の9割は正しいと思ってきた人の判断力は、何のか。皆さんがどうか分かりませんが、「変化のチャンスは10%」というのは、私には到底受け入れられません。

実際のところ、皆さんの生活を変えてくれるあらゆる政策課題、医療保険や教育、経済について、マケイン議員はまったく「無所属」などではなかったのです。マケイン議員は現政権の下でアメリカ経済は「大いに進歩した」などと話しています。経済の基盤はしっかりしていると言います。マケイン議員の主要顧問で、経済政策をまとめた担当者にいたっては、アメリカ国民が抱えている不安感について、「心理的な景気後退」に過ぎないと一蹴したのです。引用すると、私たちは「愚痴っぽい国民」になってしまったのだそうです。
(ブーイング)
「愚痴っぽい国民」? あなたたちは愚痴を言っているだけだと、その同じことをミシガンの自動車工場で工員たちに言ってみたらどうでしょう。自分の仕事に誇りをもつ彼らは、工場が閉鎖されると知ってもなお、自分たちが作るブレーキを必要としている人たちがいると分かっているから、毎日出勤して、前と同じように真面目に働き続けたのです。「愚痴を言っているだけだ」と、その同じことを、愛する家族がイラクに3度目、4度目、5度目と出兵していくのを見つめながら、黙って重荷を背負っている軍人の家族に言ってみたらどうでしょう。この人たちは愚痴っぽい国民などではない。みんな一生懸命働き、国や社会に貢献し、文句も言わず歩き続ける人達です。私が知っているアメリカ人とは、そういう人達です。

アメリカ人の日々の暮らしで何が起きているのか、マケイン上院議員が気にかけていないということでなく、ただ知らないだけなのだと思う。(笑い)でなければいったいどうしたら、中流とは年収500万ドル未満の人などと定義するのでしょう。でなければいったいどうやって、大企業や石油会社にばかり何千億ドル分もの減税措置を提案するのに、1億人以上ものアメリカ人の税金は1セントたりとも減らそうとしないのでしょう。でなければどうやって、国民給付に課税するような医療保険計画や、家族の大学学費の支払いを全く助けてくれない教育改革、社会保障を民営化して皆さんの年金生活を危険にさらすような計画を提案できるのでしょう。
(ブーイング)
ジョン・マケインは国民のことを気にかけていないわけではない。ジョン・マケインは国民のことが分かっていないのです。

20年以上にわたりマケイン議員は、古く、信用されなくなった共和党哲学にこだわってきました。それはつまり、富めるものにもっともっと与えることで少しでも他の皆に豊かさが染みわたるよう期待するというものです。ワシントンではこれを「持てる者の社会」と呼びます。しかしその本当の意味は、自分の身は自分で守りなさいということです。失業した? 不運でした。医療保険がない? 市場が取り決めてくれるでしょう。貧困に生まれた? 自力で向上しなさい、その手段がなくとも。自分のことは自分で何とかしなさいと。

共和党は自分たちの過ちを認める時です。そして私たちは、今こそアメリカを変化させる時です。

要するに私たち民主党は、この国で進歩を形作るものは何かについて、共和党とはかなり違う物差しを持っているのです。

私たちが進歩というのは、どれだけの人が住宅ローンを払えるだけの仕事を見つけられるかどうか。毎月少しずつでも貯金すればいずれ、自分の娘が大学の卒業証書を手に出来るかどうかで判断するのです。私たちが進歩と呼ぶのは、ビル・クリントンが大統領だった時、創出した2300万もの雇用機会のことです。クリントン時代のようにアメリカの平均世帯年収が7500ドルも増えました。ブッシュ時代のように2000ドルも減ることを、私たちは進歩とは呼びません。

経済が強いかどうかの指標となるのは、フォーチュン500に名を連ねる企業や億万長者が、何人いるかではありません。経済の力を計る指標は、誰かがいいアイディアを思いついたら、駆けに出て新しいビジネスを始められるかどうかです。あるいは、チップを頼りに生計を立てているウェイトレスが、病気の子供の面倒を見るために1日休んでも首にならないかどうか。勤労の尊厳を尊重する経済かどうかなのです。

経済力を計る指標となる基本的なことは、この国を偉大なものにした基本的な約束を私たちがかなえているかどうかです。ただその約束のためにだけ、私は今夜ここに立っているのです。

なぜなら、イラクやアフガニスタンから帰ってくる若い帰還兵の顔に、私は自分の祖父を見るからです。祖父は真珠湾の後に志願し、パットン将軍の部隊で行軍しました。そして祖父の行為に感謝した政府による帰還兵奨学金(GI Bill)のおかげで、祖父は大学に行く機会を得ました。

夜勤帯に働く前に3時間しか眠れない若い学生の顔を見て、私は自分の母を思います。母は働きながら大学で学位を取り、ひとりで私と妹を育ててくれました。食事の配給券に頼ったこともありますが、学生ローンや奨学金に助けてもらいながら私や妹を、国内でも最高の学校に行かせてくれました。

働いていた工場が閉鎖してしまったと、別の労働者から聞くと、私はシカゴの貧しいサウスサイドの男女の人々を思い出します。地元の製鉄所が閉鎖してしまってから20年間、私と一緒に戦い続けた人たちを思い出します。

そして起業したり、世界で自分の道を作りたくても、女性にとってそれがいかに難しいか語るのを聴くたびに、祖母のことを思い出します。祖母は秘書として仕事をはじめましたが、何年も女性だからというだけで昇進させてもらえなかったにも関わらず、がんばって中間管理職になりました。一生懸命に働くことの大切さを教えてくれたのは、祖母でした。車の買い替えも自分の洋服も後回しにして、私を優先してくれたのは祖母でした。祖母は自分の全てを私に注ぎ込んでくれました。祖母はもはや旅行はできませんが、今夜これを見てくれているはずです。今夜は、祖母の夜でもあるのです。

「セレブの生活」というものを、ジョン・マケインはどう考えているか知りませんが、これがこれまでをとうしての私自身の生活です。私のヒーローというのは、この人達です。この人達の物語が私の人生を形作ってくれたのです。そしてこの人達のために私はこの選挙に勝って、アメリカ大統領としてこの国の約束を守り続けようと思います。

アメリカの約束とは何なのでしょう。

私たちのひとりひとりは、自分の人生を思うように作り上げるという自由があります。その一方で、尊厳と尊敬を持ってお互い接する義務があります。それがアメリカの約束です。

市場はやる気と変革、成長を作り出すべきですが、企業はアメリカに雇用を生み出し、アメリカの労働者の面倒をみて、ルールに従うという責任に従った行動をしなくてはなりません。それがアメリカの約束です。

政府は全ての問題を解決できるわけではないが、私たち個人ではできないことを政府はやるべきです。危害から国民を守り、全ての子供に、ちゃんとした教育を与えるべきです。水は清潔に、子供のおもちゃは安全に保ち、新しい学校や新しい道路、科学と技術に投資すべきです。そういうことが私たちのアメリカの約束です。

政府は私たちのために働くべきです。私たちを困らせるのでなく、助けるべきだということです。政府は、富と影響力に恵まれている者にではなく、働く意欲のある全てのアメリカ人に機会を保障すべきです。

それがアメリカの約束です。自分の責任は自分でとるという一方で、私たちはみんな一緒にひとつの国民として栄え、衰退したりするのです。兄弟を守る、姉妹を守るという、その基本的な信念のことです。

その約束を守らなくてはならない。そういう変化が今まさに必要です。よって私が大統領になった場合の変化とはどういうものになるのか、具体的に詳細に説明していきましょう。

変化とは、案をまとめたロビイストではなく、アメリカの労働者や中小企業を助ける税規定のことです。

ジョン・マケインと違って私は、仕事を国外に移転する企業への法人税免税を止め、アメリカのまさにここに、いい雇用機会を作り出す企業の法人税減免を開始しましょう。

将来の高収入・ハイテク雇用を作り出す中小企業や新規企業に対するキャピタルゲイン税を撤廃しましょう。

そして私は、減税を、勤労世帯の95%に対して減税をしましょう。今のような景気の状態では、中流階級に増税するのは、最後の手段ですから。

そしてこの国の経済や安全保障、この惑星の未来のために、私は大統領としてはっきりとした目標を立てます。10年以内に、中東産石油への依存をついになくします。

ワシントンは過去30年間も、私たちが石油中毒だと言い続けて来ました。ところでその26年の間、ジョン・マケインはずっとワシントンにいました。(笑い)その間ジョン・マケインは、自動車の低燃費化に反対し、再生可能エネルギーへの投資に反対し、再生可能燃料に反対してきました。そしてこんにちマケイン上院議員が就任した時と比べて3倍もの石油を輸入しているのです。

今こそこの中毒を断ち切り、石油採掘はその場しのぎにすぎず、長期的な解決にならないと理解する時です。

大統領として私は、国内の天然ガス資源を開発し、石炭のクリーンな利用技術に投資し、原子力発電を安全に利用する方法を開発します。低燃費車をアメリカのまさにここで製造できるよう自動車メーカーを支援し、米国民がこうした低燃費車を購入しやすくします。再生可能で低価格の新エネルギー(風力・太陽光・次世代バイオ燃料など)のため、次の10年間に1500億ドルを投資します。この投資で、新規の産業や、賃金が払えて海外には調達できない500万もの新規雇用が、創出されるでしょう。

アメリカよ、今は小さな計画の時ではありません。

今こそ国としての道義的な義務を果たし、すべての子どもに世界一流の教育を与える時です。世界経済で競争できないからです。皆さん、ミシェルや私は教育の機会を与えられたからこそ、今ここにいるのです。その機会が子供たちに与えられないようなアメリカに、満足するつもりはありません。私は幼児教育に投資して、新しい教師を大勢採用し、給料を増やしてもっと支援します。その代わりに、教師としてもっと高い水準、高い責任感を持つよう求めます。そして全ての若いアメリカ人に対して、地域や国に奉仕したならば、大学教育を受けられるよう、約束を守ります。

今こそ、全ての国民ひとりひとりに、安くて使いやすい医療保険をついに提供する時です。私の計画では、すでに医療保険に入っている人は保険料が下がり、入っていない人は連邦議会の議員と同様の医療保険が提供されます。がんで死んでいく私の母が病床で、治療内容について保険会社と言い合うのを見ていました。私は必ず、病気で誰よりも治療を必要としている人を、保険会社が差別できないようにします。

今こそ、家庭に有休の病気休暇や、よりいい育児介護休暇制度を与えるべき時です。病気の子供や病気の親の面倒を見るか、それとも仕事を続けるか、そんな選択をどのアメリカ人もすべきだとはならないために。

今こそ倒産法を修正し、CEOのボーナスよりもまず、みなさんの退職金・年金資金が守られるようにします。そして次世代のための社会保障制度を守る時です。

そして今こそ同一賃金法の約束を守る時です。私は娘たちが、皆さんの息子さんたちのように、全く同じ機会を与えられるようにしたいから。

さて、これらのいろいろな計画は、お金がかかります。そこで10セント単位に至るまできっちり計画したのです。企業への抜け穴や減免措置をやめ、米国の成長を助けない租税回避地も廃止します。と同時に、連邦政府予算を一行ずつチェックして、もはや無用な政府事業を排除し、必要な政府事業をもっと改革して、より安くなるようにします。なぜなら20世紀の官僚制度で、21世紀の挑戦に応えることはできないからです。

そして民主党の皆さん、アメリカの約束を実現するには、お金だけ確保すればいいというものではないことも認めなければなりません。約束を実現するには、ジョン・F・ケネディが「私たちの知性と倫理の力」と呼んだものを、私たちひとりひとりが改めて呼び覚ます必要があります。確かに、エネルギー自給自足の実現は政府が主導しなくてはなりません。しかし家庭や会社を効率良くするためには、私たちひとりひとりが努力しなくてはなりません。確かに、犯罪や絶望に落ち込む若者たちに成功へのはしごをもっと提供しなければなりません。政府事業が親に代われるものではないことを、認めなければいけません。政府はテレビを消し回って、子どもに宿題をやらせることはできない。父親が、もっと責任を持って、子どもたちを愛情と指導を示さなくてはなりません。

個人の責任と、お互いへの責任。それが、アメリカという約束の本質なのです。

ここ家庭で、次世代への約束を守らなくてならないのと同様に、アメリカの約束を外国でも守らなくてはなりません。次の最高司令官として、最もふさわしい気質と判断力の持ち主は誰か、ジョン・マケインが討論したいというのなら、いつでもする準備はできています。

マケイン議員は9・11の直後からイラクに目を転じていましたが、直面する真の脅威から、注意を削がすだけだと分かっていたから、私は立ち上がってこの戦争に反対しました。ジョン・マケインは、アフガニスタンは「何とかなる」と言いました。しかし私は、9・11に実際に私たちを攻撃したテロリストとの戦いを終わらせるため、より多くの物資と軍勢を主張しました。そしてオサマ・ビンラディンとその取り巻きを見つけたら、その場でやっつけなくてはならないと言明しました。皆さん、ジョン・マケインはさかんに、ビンラディンを地獄の門まで追いかけて行くと好んで言っているが、実際にはビンラディンが住む洞窟にも行く気がないのです。

私が示して来たイラクからの撤兵計画は今や、イラク政府から支持され、ブッシュ政権にさえ支持されるようになっています。しかもわれわれが財政赤字にのた打ち回っているのに、イラクは今や790億ドルもの財政黒字を受けています。それにも関わらずジョン・マケインはただひとり、誤った戦争を終わらせないと固執しています。

必要なのは、そういう判断力ではありません。それでは、アメリカを守れません。過去の考えにしがみつかず、未来の脅威にも立ち向かえる、そういう大統領を必要としているのです。

イラク駐留では、80カ国で活動するテロ・ネットワークとは戦えません。ワシントンでの強硬な発言だけでは、イスラエルを守りイランを抑止はしません。古くからの同盟関係を損ねたままでは、真にグルジアを支えることはできません。ジョン・マケインがジョージ・ブッシュに従い、強そうな演説とひどい戦略を重ねていきたいなら、それは彼の選択です。しかしそれはアメリカが必要な変化とは違います。

私たちはルーズベルトの政党、ケネディの政党なのです。だから民主党にはアメリカを守れないなどと、言わないで下さい。民主党は国民を守るつもりがないなどと、言わないで下さい。ブッシュ・マケインの外交政策は、共和党でも民主党でもアメリカ人が何世代にもわたって築き上げてきた伝統を損ねてきました。いま私たちはここで、伝統を復活させようとしています。

最高司令官として、私はこの国を守るために決して躊躇などしません。しかし私が軍を危険な敵地に派遣するのは、目的が明確で、戦闘で必要な機材を必ず提供し、帰国した兵には必ずふさわしいケアと手当を提供するという揺るぎない誓いがある時だけです。

私はイラクでの戦争を責任ある形で終らせ、アフガニスタンでのアルカイダやタリバンとの戦いを終わらせます。将来の紛争に対応できるよう軍を再建します。しかし同時に私は、イランの核兵器保有や、ロシアの侵略を食い止めるために、昔ながらのタフで直接的な外交を復活させます。テロや核拡散、飢餓や民族虐殺、気候変動、そして伝染病といった、21世紀の脅威を打ち砕くため、新たな協力関係を築いていきます。そして私はこの国の倫理性、道義的な拠り所を復活させ、自由という理想のために立ち上った人々や、平和な生活を望む人々、よりよい未来を希求するあらゆる人々にとって、アメリカが最後で最高の希望であるという存在に復活させるのです。

私はこうした政策を追及します。そしてこれからの数週間、これらの政策についてジョン・マケインと討論するのを楽しみにしています。

ただし議員には、党略のために特定の立場をとったりしてほしくないと提案します。私たちの政治において変えなくてはならないひとつに、相手の人格や愛国心に異議を唱えることなしには人々は反対することができないという考えがあります。

この時代、事態はあまりにも深刻で、党派対立のルールブックに沿ってこの選挙戦を戦っている余裕はありません。愛国心に政党は関係ないことに、同意しましょう。私はこの国を愛している。皆さんもそうです。そしてジョン・マケインもこの国を愛しているのです。戦場でこの国のために戦う兵士たちは、男でも女でも、民主党支持者でも共和党支持者でも無党派でもあるでしょう。それでも彼らは共に戦い、共に血を流し、誇りある旗の下で共に死んでいった者たちもいます。兵士たちが我が身を捧げたのは、赤いアメリカ(共和党)でもなければ青いアメリカ(民主党)でもありません。彼らはアメリカ合衆国に捧げたのです。

ジョン・マケイン、お知らせがあります。私たちはみんな、この国を第一に考えているのです。

アメリカよ、私たちの仕事は決して楽ではない。直面する挑戦に立ち向かうには、困難な選択が求められます。共和党だけでなく民主党も、古くすりきれた発想や過去の政治を捨て去らなくてはなりません。過去8年間で失われたものの中には、給料削減や貿易赤字の拡大などでは測ることのできないものがあります。失われてしまったのは、私たちの共通の目的意識、より高い目的意識です。それを復活させなくてはなりません。

中絶については賛成できなくても、望まない妊娠の数を減らすことについては合意できるはずです。銃を持つという現実は、オハイオ農村部の猟師と、クリーブランドの都会でギャング暴力に苦しむ市民では、立場がまるで違うでしょう。だからといって、憲法修正第2条の権利を守りながら、AK47が犯罪者の手に渡らないようにはできないと言わないで。同性結婚についても様々な意見があるのは知っています。しかしゲイやレズビアンの私たちの友人たちでさえも、愛する人の病室に入れてもらうべきだし、差別されずに生活する権利には、みんな賛成できるはずです。皆さん、移民の扱いについては感情的になりがちですが、母親を幼い子供から引き離したり、不法移民を雇って雇用者がアメリカ人の給料を下げたところで、誰が得するでしょう。これもまた、アメリカの約束の一部なのです。ともに努力し、分裂を乗り越え一致団結して、互いに強さと思いやりを見出すことも、民主主義の約束なのです。

こうした信念を、楽観主義だと捨て去る人たちがいるのは分かっています。私たちの公の生活にはもっと大きくて、もっと確かで、もっと正直なものがあるという私たちの主張は、ただ単に増税と伝統的価値観の放棄のためのトロイの木馬に過ぎないと言うのです。そんなことは、想像されたことです。もし自分に新鮮なアイディアがないなら、有権者を怖がらせるために古くさい手法を駆使するから。もし自分に実績がないなら、自分の議論の相手を悪く言うというのが、古くさい戦い方だからです。

大きな大事な選挙を、小さなつまらない争いにしてしまうのです。

そしてどうでしょう。以前はそれで勝てたわけです。政府に対して私たちが抱えている冷笑主義にうまく合致するからです。ワシントンがうまく機能しない時、どんな約束も空っぽに見えます。何度も何度も希望が打ち砕かれてきたのだから、もう望むのをやめて既に分かっていることだけで良い、とした方がいいと。

わかります。自分が大統領という役職にピッタリふさわしい人間でないことは、実感しています。典型的な経歴に合わないし、ずっとワシントンで働いて来たわけでもないですから。

しかし私は今夜、みなさんの前に立っています。なぜならアメリカのあちこちで今、なにかが動き出しているからです。何もかもノーという連中には理解できないでしょうが、この選挙の主役が私だったことは一度もありませんでした。この選挙の主役はみなさんです。

18カ月の長きにわたり、皆さんはひとりひとり立ち上がって、古い政治に「もうたくさんだ」と言いました。皆さんが解っているように、この選挙において何より危険なのは、同じ古いプレーヤーによる同じ古い政治を選んで、そして何かが変わるかもしれないと期待することです。歴史の教訓を、みなさんは体現してくれました。今回のような大事な時には、変化はワシントンからはやってきません。変化が、ワシントンへ向かうのです。アメリカの国民が強く求めるから、変化は実現するのです。アメリカの国民が立ち上がり、新しい考えや新しい指導者、新しい時代のための新しい政治を求めるからです。

アメリカよ、今はそういう時なのです。

大変でしょうが、私たちが求める変化はきていると、私は信じています。その状況を目にしたから、私自身が実行してきたからです。イリノイ州で、変化を見てきたからです。より多くの子供が医療保険を受けられ、より多くの家庭が生活保護から離れて働けるようになりました。ワシントンで、変化を見てきました。私たちは政党の壁を越えて、政府の情報公開を促進し、ロビイストの説明責任をより明確にし、私たちの退役軍人により良い待遇とし、テロリストに核兵器が渡らないよう対策を強化しました。

この選挙戦中に、変化を見てきています。生まれて初めて投票する若者たちの姿の中に、そして長い期間を経て再び政治に参加しようと思い立った人々の中に。自分が民主党候補を支持するなど思っても見なかった共和党員がそうする姿の中に。仲間が失業するよりも、自分の働く1日の時間数を犠牲にするほうがいい労働者の中に、肢を失ってもなお、再志願する兵士の中に、ハリケーンに襲われ洪水が上がってきた時、見知らぬ人を自分の家に迎え入れる善き隣人の中にも、変化を見てきました。

皆さん、私たちのこの国は、ほかのどの国よりも裕福です。しかしそれは、私たちを金持ちにするということではありません。この国は地上最強の軍隊を持っているが、アメリカの強さとはそういうことではないのです。私たちの大学や文化は、世界中の羨望です。けれども世界中が私たちのもとに来続けるのは、そのためではないのです。

そうではなく、アメリカ精神、アメリカの約束のためです。それがあるから私たちは、進路が明確でなくともひたすら前進し続け、違いがあるにも関わらず団結でき、見えるものに固執するのではなく見えないものを追い求め、まだ見えないながら曲がり角の向こうの良い世界を追い求めるのです。

その約束が、私たちの最大の財産なのです。私が毎晩、娘たちにお休みを言う時、そして皆さんがあなたの子供たちにする約束です。移民は海を渡り、開拓者は西を目指した約束です。労働者はストを決行し、女性は投票権を求めた約束です。

そして45年前の今日、この地のあらゆる所からアメリカ人が集まり、リンカーン記念碑の前、ワシントンのモールに共に立ったという約束です。ジョージア出身の若い牧師が自分の夢について語るのを聞きました。集まった男女の人々には、演説のテーマはいろんな事があり得たでしょう。怒りと分裂の言葉が聞こえてもおかしくありませんでした。多くの夢が引き延ばされたという挫折感や恐怖に屈してしまうように、呼びかけることもあり得たでしょう。

しかしながらあの場で、あらゆる信念や肌の色、人生の歩み方を持つ人々が聞いたのは、アメリカでは私たちの運命は解きようがないほど深く結びついているのだということでした。一緒になれば、私たちの夢を1つにできるのだと。

「われわれはひとりでは歩んでいけない」と牧師は叫びました。「みんなで歩きながら、常に前に向かって行進しようと誓わなければならない。後戻りはできない」と。

アメリカよ、私たちは後戻りできません。やるべきことがこんなにたくさんあります。多くの子供たちに教育を与え、多くの帰還兵を助けなければならないです。経済を直し、都市を修復し、農村を救わなくてはならないのです。たくさんの家庭を守り、大勢の生活を立て直さなくてはならないのです。アメリカよ、後戻りできません。私たちはひとりで歩めません。今この時この選挙で、私たちはもう一度、未来に向かって進むと誓約しなくてはなりません。その約束、聖書の言葉の中にしっかりと書かれている、アメリカの約束を守り続けていきましょう。ためらうことなく、告白した希望に向かって。
ありがとう。皆さんに、そしてアメリカ合衆国に、神の祝福を。

Posted by: どうしても訳したかった者 | September 05, 2008 at 07:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42324751

Listed below are links to weblogs that reference オバマ、指名受諾演説 :

» 【日記】ちょっと休憩 [散策]
ちょっと疲れぎみ。ロシア、プーチン首相のCNNインタビューは、ちょこちょこ記事になってましたけど、プーチンさんとブッシュさんは、毎年1回はサミットで話をしてきたわけで、ブッシュさんとも、プーチンさんとも面識の無い(当たり前だが)私は、少し虚無感があります。 http://cnn.co.jp/world/CNN200808290001.html http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20080829D2M2900629.html http://mainic...... [Read More]

Tracked on August 30, 2008 at 03:35 PM

« マケイン自爆? | Main | グスタフで共和党大会縮小 »