« ビルはやっぱり大統領だった | Main | グルジア発 国際情勢緊迫中? »

August 29, 2008

グルジアとアフガニスタンと…メモ

○グルジア

プーチン登場
CNN Putin accuses U.S. of orchestrating Georgian war
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/europe/08/28/russia.georgia.cold.war/index.html

ならばチェチェン独立を認めるのか
「ロシアは後悔する」 グルジア前大統領シェワルナゼ氏
http://www.asahi.com/international/update/0827/TKY200808270283.html

「多民族国家であるロシア国内の分離運動を刺激することになり、いつか後悔するだろう」などと語った。 (中略)「チェチェン、ダゲスタンなど、ロシア内の共和国の独立を認めるべきだという話になるからだ」と述べた。

グルジアといえばシュワルナゼ。ってことで、この人がなんて言うか聞いてみたかった。ソ連(帝国)もグルジアも知る男だからだ。

コーカサスがどうのこうのとメドベージェフは言っているわけだが、帝国はそれなりに大変なのだ。プーチンは帝国時代を知っているだろうが、すべてを知っているわけじゃないだろうし。チェチェンはどう動くだろうか。


地政学を英国で学ぶ
シーパワーの効用
http://geopoli.exblog.jp/9369076/

NATOやアメリカの行動でよくわかるのは、「シーパワーの効用」というものです。
どういうことかというと、シーパワーというのはエアパワーよりも「プレゼンス」(存在感)があり、しかもその進行スピードは飛行機に比べて遥かに遅いわけです。ところがこの「飛行機に比べて遅い」という部分がミソ。
なぜなら船があまりにも早く現場(今回の場合は黒海の東側)に到着してしまうと、相手側(つまりロシアですね)に考える時間と余裕を与えなくなってしまうからです


園田善明メモ
相次いで来日するロシア要人の正体
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/29/3716101

ロシア要人=ガスプロム要人と置き換えることが可能。よって、現役バリバリのガスプロム要人が続々と日本に押し寄せてくると考えればいい。
怖いですねー。キン肉マン・プーチンは日本で何を釣ろうとしているのでしょうか。プーチンが投げ入れる美味しそうなエサにパクッと食いついちゃうと、日本はガス依存症になって間違いなくドイツのようにロシアに飲み込まれちゃう。

読み比べ記事
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2008/08/29/3716029

“We have information of 1,692 dead and 1,500 injured as a result of the Georgian aggression,” South Ossetian prosecutor general Teimuraz Khugayev was quoted as saying by Interfax news agency.
Georgia has rejected the claim that thousands died. New York-based group Human Rights Watch has estimated that only dozens were killed.


佐々木良昭氏
NO・2019クウエイトのシンクタンクがイラン攻撃の影響予測
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2008/08/no_354.html

その前提として、まず、アメリカがイランを攻撃するのかしないのか、ということが検討されたが、このシンクタンクの予測では「アメリカは疑いなく、イランの核施設を攻撃する」としている。

ベンジャミン氏の言っていることもあながち嘘じゃないんすね(苦笑)



○アフガン
ちょっと遅くなったけど、ペシャワール会の伊藤さんの件。

IBTimes
アフガンで拉致された伊藤さん、遺体で発見-対アフガン復興支援縮小も検討か
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/080828/22362.html

日経 「情勢認識甘かった」 NGOの中村医師、現地へ
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080828STXKD066227082008.html

伊藤さんのお父さんも、これでやめてほしくはないと言っているけれど、アフガニスタンの治安悪化は前から言われていることだし、縮小せざるをえないだろう。支援を継続するにしても、アフガニスタンの人々がどれだけこれから自らの力を発揮できるか、ということが重要だろうな。

【アフガン邦人男性拉致】激化する誘拐事件 背景にタリバンの復活
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080827/mds0808272127002-n1.htm

国連によると、03年のアフガンのケシ栽培生産量は過去最高を記録した。タリバンは農民や密輸業者から10%の“税”を徴収し、昨年1年間で4億ドルがタリバンに流れ込んだ。資金は潤滑になっているとみられ、治安の安定化は遠のくばかりだ。

タリバンにとっては農業支援している日本人なんて「敵」なわけだ。ケシ栽培してもらって、ガメたほうが儲かるわけだから。でも、本当にアフガンのことを考えたら、食糧を作ったほうがいいわけで。だから、もしタリバンが首謀者なら、本当にろくでもない卑怯者だと思う。伊藤さんを知るアフガンの人々も怒っているらしい。

フランスでもつい最近、兵士が殺された。

CNN 仏大統領、アフガン駐留仏軍を訪問 首脳会談も
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808210017.html

日刊スポーツ 仏外務省「伊藤さんに敬意を表する」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20080828-402016.html

そりゃ、兵士とは違うといってもなあ。サルコジはこういうところの行動は早いし、フランスの議会では増派で議論しているし、みんな真剣だ。日本では一部で「自己責任」とか「9条信じる奴はこれだから」とかみたいなことを言っている人もいるが、9条問題はともかくとして、丸腰で人々にとけ込んでアフガンで仕事をしている人をたたえるべきだと思うし、福田首相もNPOだから放っておくのではなく、せめて空港まで迎えにいくとかしてほしい。



○日本

ロイター 農林中金、証券化商品への投資を拡大へ=FT
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK823894920080824

アホですか?

|

« ビルはやっぱり大統領だった | Main | グルジア発 国際情勢緊迫中? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42309048

Listed below are links to weblogs that reference グルジアとアフガニスタンと…メモ :

« ビルはやっぱり大統領だった | Main | グルジア発 国際情勢緊迫中? »