« オバマの勝ちかな | Main | 7000億ドル支援が決まった »

September 28, 2008

ポール・ニューマン死す

Thesting2

ポール・ニューマンが亡くなった。83歳ならば仕方がないといえばそうかもしれないけど、老いてからも仕事を続けていた姿はかっこ良かったなあ。日本のニュースの見出しは「明日に向かって撃て」が多いけど、私は「スティング」が一番好きだ。

共和党のニクソン政権がポール・ニューマンを「敵対者リスト」に入れていたのは有名なんだけど、Wikiによると以下の通りである。

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

ベトナム戦争の敗北を目の当たりにしたニューマンは、積極的な公民権運動ならびに反戦運動を展開。活発な運動と過激な発言は、当時のアメリカ大統領であるリチャード・ニクソンを敵に回す結果になり、1973年にホワイトハウスが公表したブラックリストにその氏名が記載された。

高校時代に友達が大ファンだった私のために切り抜いてきてくれた雑誌のインタビュー(たぶん月刊プレイボーイ)の記憶をたどれば、確か、あるときニクソンの車が駐車場に止まっていたので、ワイパーに短いメモを挟んできたらしい。なんて書いたと言っていたかは覚えていないけど、確か短いメッセージだったと思う。それ以来、どうもニクソンはポール・ニューマンを敵と認識したらしいんだけど、ブラックリストも他をさしおいてトップだったんじゃなかったっけ? ついでにいうと、確か、このリストにはジョン・レノンも入っていたと思うけど。

NYTの評伝を読んでいたら、ジェームス・ディーンが反抗する男であれば、ポール・ニューマンは抵抗する男を体現していたみたいなことが書いてあった。映画でのイメージが、反戦活動などと結びついて、さらに増幅されたと思われる。

ポール・ニューマンの瞳があまりに青いので、何か薬を使っているのだろうとか言いがかりをつけられたこともあったらしいし、そのせいで彼が使っている目薬(バイシンだったと思うけど)が売れたりしていたらしい。「ロード・トゥー・パーディション」で、ダニエル・クレイグが息子役を演じたのも、その青い目が似ていたからとの話もある(ま、それだけじゃないだろうけど)。

そんなわけで、ちょっと感傷に浸ってます。

|

« オバマの勝ちかな | Main | 7000億ドル支援が決まった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42622283

Listed below are links to weblogs that reference ポール・ニューマン死す:

« オバマの勝ちかな | Main | 7000億ドル支援が決まった »