« 愛国心は貧乏人だけに求められるわけだ | Main | 選挙してる場合じゃないだろ byベルルスコー二 »

October 05, 2008

いいも悪いも気分次第

アメリカの経済ストップで、全世界がストップしそうな勢いなので、当然日本もその影響を受けること間違いなし。バブル崩壊後のひどい不況を味わった日本が、もう一度不況を味わうのかと、日本人としては必要以上に身構えてしまうところがあるんじゃないかと思う。

そんな中で、オフィスマツナガさんのところのこのエントリが、しみじみと、いいなあと思ったのでご紹介。まあ、別に私が紹介しなくても十分みなさんご存知だとは思いますけど、メモということで。

我々は、まだまだ頑張れる!日本人だから・・・・
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50721691.html

「我々は、まだまだ頑張れる!とおもう。
 これから、本格的な不況がくるだろう。
 だが、まだまだ、我々は頑張れる。
 まだまだ、能力はある」(ボス談)

もともとは日教組の話の中のエピソード。ボスのお父上とまちの仲間たちが戦後、二宮尊徳の銅像を復活させようと手弁当で直したのに、除幕式の前日、何者かに破壊された。犯人はわからなかったが、学校関係者は無視したそうだ。そのとき呟いたのが、表題の言葉。そして今、ボスはこの経済危機を前に、同じ言葉を発している。

アメリカ人というのは、こういう危機でも意外に明るいな〜と思うわけだが、まあそれは、バブル崩壊後の底なし沼な経済後退をまだ知らないからかもしれない。でも日本はこの10年余り、ずっと挫折を味わってきたので、どうしても悲観的になりがちだ。

だけど、こういう時こそ、心意気ってのはとても大事なことだ。『思考は現実化する』とか『ザ・シークレット』とかの本を出さなくても、想像力、構想力を大きくし、ポジティブに生きないとすぐにつまづいてしまうものだ。目標が大きくないと、小さいことを気に病んでしまったり、すぐ満足してしまったりするからねえ。

そんなエントリをほかにも読んだのでメモ。

地政学を英国で学ぶ
パール・ハーバーと「横綱」が困らない理由
http://geopoli.exblog.jp/9571332/

「横綱」レベルの人間たちも生身の人間ですから、何か困難な事件などが起こると、とりあえずは「困ったなぁ」と感じることはあるみたいです。
ところが彼らが我々とちょっと違うのは、この「困った」というプロセスの捉え方なんです。
では彼らは「困ったこと」をどういう風に捉えているのかというと、その答えは、
「困っているのではなくて、学んでいる」
という風に考えるのです。

ふーむ。ということは私も今、学んでいるわけだ(苦笑)。この1年振り返ってみても、学んでなかったときは2ヶ月くらいしかなかったんだけどなあ。はい、もう一度、頑張ります。

|

« 愛国心は貧乏人だけに求められるわけだ | Main | 選挙してる場合じゃないだろ byベルルスコー二 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Your blog is excellent. Give thanks you so much for giving a good amount of very helpful ideas. I most certainly will bookmark your blog site and will be most definitely coming back. Again, I respect your work together with providing such a lot of vital information and facts for the audience.

Posted by: loan | August 25, 2010 at 10:31 AM

Your website is very interesting. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: bad credit loans | July 02, 2010 at 01:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42696910

Listed below are links to weblogs that reference いいも悪いも気分次第:

» アイスランド国家破産の危機!グローバル恐慌レポート[4] [米流時評]
  ||| アイスランド国家破産の危機 ||| アイスランド国家破産の危機 グローバル恐慌がもたらした最初の犠牲者 金融財政逼迫にあえぐ小国、ロシアから54億ドルの借款、銀行を国営化 国が滅びる場合、米流風にばっさりと言うと3つの形がある。 ひとつは、大国から侵略されて隷属する場合。これは古くはローマ帝国や近代ではナチスの第三帝国による国家の属州化が挙げられる。もうひとつは、天変地異の大災害による滅亡。古代の都市国家であったポンペイがベスヴィアス火山の噴火で埋もれたのが顕著な例だ。 ... [Read More]

Tracked on October 10, 2008 at 08:16 AM

« 愛国心は貧乏人だけに求められるわけだ | Main | 選挙してる場合じゃないだろ byベルルスコー二 »