« オバマすげえ | Main | オバマ演説 口論は終わり »

November 03, 2008

選挙戦が物語るプレジデンシー

アメリカから戻ってきました。あちらからはなぜかコメント欄には書き込めませんで、せっかく情報をいただいたニューヨーカーさんには、失礼しました。NYの様子はどうですか? 私がいたのはNYではなかったので、ユダヤ人の多いNYの印象とはちょっと違うような気がします。

にしても、アメリカのニュースは今、ほとんど選挙戦しかやってなくて、世界の動きなんて関係なさそうな勢い。選挙以外は経済ニュースと殺人事件とくらい。日本が利下げしようが、経済対策しようが関係なくて、たまにJapanというときは、経済状態が日本と似てきたみたいな言い回しのときのみ。ああ、アメリカって世界はアメリカだと思ってるんだなあと改めて思ったわけだけど、寺島実郎氏によればアメリカ人の8割はパスポートを持っていないペイリンみたいなひとばかりらしく、世界な人たちがそんなことでは困ったもんでもある。

アメリカにいると、当然だけどマケイン派という感じの人も多いわけで、手放しでオバマ優勢ってわけじゃないのかなとも思うわけだけど、そうはいってもさすがに今回はオバマと決めたらしい。マケインも悪くはないけど、かんべえさんが書いている通りオバマにはミスがなかった。タイガーウッズや新人類棋士のように、ミスのない慎重なオバマ。それに対しベテランのマケインがミスを連発したことがやはり敗因だと思う。まだ負けたわけじゃないけど。

溜池通信
http://tameike.net/index.htm

さっきふと見つけたジョゼフ・ナイ・ハーバード大学教授の記事なんだけど、同じことを言っているようなので、リンクしてみる。

The Huffington Post
Why Vote for Obama?
Joseph Nye
http://www.huffingtonpost.com/joseph-nye/why-vote-for-obama_b_140112.html

短い原稿なので読んでいただくといいと思うが、かいつまんで書くと、ナイ教授はこう言っている。

オバマには経験もないし、私は知人でもあるヒラリーを応援していたが、予備選の終了を前に意見が変わった。自著の「統率力(?)」にも書いたのだが、組織を率いるには、感情あふれる知性、ビジョン、コミュニケーションの能力が、組織的かつ戦略的な政治能力と同じように重要で、さらにどうこれらのスキルをミックスするかという状況判断能力も重要だ。この意味で、オバマの選挙戦は完ぺきにこなした。マケインはこの能力のいくつかを持っているが、オバマのほうが能力は上回っていた。マケインの選挙戦の無秩序ぶりや、副大統領候補、金融危機に対するむら気のある選択は、オバマの対応に比べるととても好意的には受け止められない。エコノミスト誌は「オバマの選挙戦はスタイルがあり、知性があり、規律的であった。彼は大統領にふさわしい」といっているが、私も賛成する。

細部は違うかもしれないので英語のわかる人はきちんと読んでほしいんだけど、つまり、オバマの選挙戦が素晴らしく統率されていて、これならば大統領の資格あり、ということを言っている模様。選挙戦でのスローガンと実際の政治は異なることが多いにしても、今回のその統率力は素晴らしいとべた褒めなんだが、ナイ教授ったら本の宣伝も入っているし、タイミングもナイスですね(笑)。

選挙戦当初に、オバマの選挙戦はアップル的で、ヒラリーがマイクロソフト的、っていう分析もあったけど、最後までオバマの選挙戦はアップル的だったと思う。ちょっと粋なんだよね。こうしてくれたらいいなって感じの。ペイリンが出てきたとき、オバマが「彼女には経験がない」という者が陣営内にいたらクビにするとハッキリ言い切ったのもよかった。オバマの意思がきちんと細部まで伝わっていて、何万人が携わっているかわからないアメーバー的選挙活動の中で、よくもこう統率されていると思ったものだ。

そんなわけで、マケインは最後の最後にチェイニーの支持を取り付けたらしい。おいおいおい…。ブッシュと一緒じゃないって言ってたじゃん。ブッシュ政権はチェイニーが仕切っているというのがもっぱらの評判で、そのチェイニーに支持されてもなあ。しかし、なぜこの時期に???

UPI Cheney endorses McCain
http://www.upi.com/Top_News/2008/11/01/Cheney_endorses_McCain/UPI-58701225577583/

当然オバマはこれを取り上げているんだが。
WAPO Cheney stars in new Obama campaign ad
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/11/02/AR2008110200577.html

なりふりかまわんといってもこれはないだろ〜。もしかしてお笑い???

なにせお笑い能力はマケインのほうが上なのだ。追いつめられた今、シンディまで出て通販番組(注:コメディ番組のサタデーナイトライブです)ですか! 2012年、ペイリンですか!!!

|

« オバマすげえ | Main | オバマ演説 口論は終わり »

ニュース」カテゴリの記事

米大統領選」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Your weblogblog site is great. Give thanks you so much for sharing a lot very helpful information. For certain i will bookmark your website and will be most definitely returning. All over again, I value your work additionally providing much useable answers to the people.

Posted by: canadian payday loans | August 25, 2010 at 10:02 AM

Your website is very the most interesting. I loved your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans calgary | July 02, 2010 at 11:36 AM

ysbeeさん、こんばんは!
いや、この記事も疲労と時差ぼけで寝てばっかりいて、真夜中に起きてしまったために書いていたという背景がございます。思いっきり時差ぼけ中です。

TB困りましたね。アメリカからコメント欄が書けなかったので、ココログの問題かと思います。とはいえ米流時評さんのページはRSSで常にチェックしてますので、原稿心待ちにしています。

Posted by: JIN | November 03, 2008 at 08:59 PM

>JINさん、こんばんは。
コメントをどうもです! 時差ボケとかなかったですか?
もう快調に飛ばしてますね。

今回の記事のDr.NyeのコラムもHufさんで読みました。最近は新聞よりも、Huff-PostやPOLITICOの方が、情報が早くておいしい記事が多くなりましたね。

私も今日から大統領選モードに切り替えです。
今までストックして、その中からエントリー用にフォーマットを起こした関連記事だけでも40以上あって、どれも捨てられないくらい良い記事ばかり。

それもそうですよね。政治評論家から新聞記者からコラムニストから、ありとあらゆる人物が、渾身の気合いで書き上げた記事ばかりですから、ほんとに捨てられない。

しょうがないので、ダイジェスト的な記事を載せることにしたんですが、それでも4編に分けなければならない長編です。初めの章が上がったら、TBを送ります。
そう言えば、TBが通らないようなんですが、どうしたんでしょ?
ではまた、JINさんの記事も楽しみにしてますよ!

Posted by: 米流時評 ysbee | November 03, 2008 at 05:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/42991016

Listed below are links to weblogs that reference 選挙戦が物語るプレジデンシー :

« オバマすげえ | Main | オバマ演説 口論は終わり »