« タモリ倶楽部総集編! | Main | トルコ、エルドアン首相の気概 »

January 31, 2009

オバマ大統領の10日間

ロケットスタートともいえるオバマ大統領の政策の数々。いくらもう3ヶ月も準備してきたとはいえ、ここまで矢継ぎ早だと、もう1ヶ月くらい大統領してたんだっけ?という気持ちになるが、今日でまだ10日目なんだよねえ。ブッシュにこんなに仕事させたらプレッツェルをのどに詰まらせると思う。

<オバマ大統領10日間の歩み>
1月20日(火)就任式
1月21日(水)政府高官の倫理規定を盛り込んだ大統領令に署名(初仕事)。経済チームを集め協議。
1月22日(木)グアンタナモ収容所の1年以内の廃止などに署名
http://www.whitehouse.gov/executive-orders-to-date/
1月23日(金)外国の家族計画や人工妊娠中絶事業を支援しないメキシコシティポリシーを撤回
http://www.whitehouse.gov/statement-released-after-the-president-rescinds/
1月24日(土)初のラジオ演説(インターネットビデオ演説)にて景気対策法案を1ヶ月以内の成立に期待
http://www.whitehouse.gov/president-obama-delivers-your-weekly-address/
休日返上で経済会合開催
1月26日(月)排ガス規制強化など環境政策の指針を盛り込んだ大統領令にサイン。地球温暖化対策強化を打ち出す。
http://www.whitehouse.gov/blog_post/Fromperiltoprogress/
中東特使を派遣(28日到着)
1月27日(火)アラブのテレビ局とインタビュー「アメリカはイスラムの敵ではない」
http://www.whitehouse.gov/blog_post/PresidenttoMuslimWorldAmericansarenotyourenemy/
1月28日(水)景気対策法案下院通過
1月29日(木)ウォール街に激怒
http://www.whitehouse.gov/blog_post/Shameful/
1月30日(金)中流階級タスクフォースを設置(バイデン副大統領担当)
http://www.whitehouse.gov/blog_post/vice_president_biden_announces_middle_class_task_force_1/

拾うだけで疲れた…。

ところでウォール街のボーナスに珍しく声を荒げていたオバマだけど、なんでこんな低い椅子なの〜?って思ってた。

ウォール街のボーナス「恥ずべき行為」、オバマ大統領が非難
http://www.afpbb.com/article/economy/2565889/3738285

低い肘掛け椅子で前のめりになりながら、少し上からのカメラを見上げつつ激怒するオバマ。なんとなくかっちょわるいなあと思っていたんだけど、上記リンクのAFPの写真によれば、これはオーバルルーム。つまりホワイトハウスのウエストウイングにある大統領執務室だったようで。だからソファーの高さにあった肘掛け椅子だし、しかもビデオカメラは手持ちで上からであろうと思われ、となるとちょうどいい位置からは撮影できない訳で…。スチルは下に座ってたみたいだけど。どうもNYTが報道したのを受けてわざわざ会見したらしい。

NYT What Red Ink? Wall Street Paid Hefty Bonuses
http://www.nytimes.com/2009/01/29/business/29bonus.html

日本では、日本人の共和党系知識人が、オバマでアメリカはもうだめだとか、日本には最悪とか、いろんな断定が今はやっているみたいだけど、それより日本の政治家がもうだめだし、政治家だけじゃなくて、経済界もシュリンクしちゃって、新しい発想が出てくる余地がないような気がする。バブル崩壊以降、今までで一番閉塞しているような感じなのだ、日本は。その点、アメリカも出口が見えないけど、オバマはスピードも速いし、効果はともかくすべきことをしているし、見ていて清々しいっすけどね。

ただし、もちろん清々しいだけじゃだめで、景気対策は1兆ドルを超えるそうで、日本円でいうと100兆円くらいってことですか。どうやって作り出すんだろう。やっぱり日本と中国が米国債を買うのかね? それともドルを刷りまくるのかな?

オバマ政権の景気対策、総費用1兆1000億ドル超に 米議会予算局
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090128AT2M2800U28012009.html

というわけで、「評価」は70%超えなかった。

オバマ米大統領:68%が「評価」
http://mainichi.jp/select/world/news/20090126ddm002030085000c.html

ところでオバマのホームページは候補時代から次期時代を経てbarackobama.com→change.gov→whitehouse.gov
と変遷した。ホワイトハウスのホームページもブッシュ時代からは大きく変わっている。

ホワイトハウスホームページ
http://www.whitehouse.gov/

まあ、面白いところではyoutubeにホワイトハウスチャンネルができていることかな。あんまり掲載されていないようだけど。
http://jp.youtube.com/whitehouse

さて、大統領選も終わったので、私も新たに「オバマウォッチ」というカテゴリを作ってみました。まあ、どれくらいウォッチできるのかさっぱりわかりませんが、オバマものはここに整理することにします。

大統領選を追っていたgooの加藤さんも「東京から見るオバマのアメリカ」で復活中。
オバマ大統領最初の100時間、まるで平和的革命のような
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20090126-01.html
就任演説でブッシュをクソミソにけなしている部分を抜き出していて、ナイス。

 

|

« タモリ倶楽部総集編! | Main | トルコ、エルドアン首相の気概 »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/43909105

Listed below are links to weblogs that reference オバマ大統領の10日間:

» ブッシュのカウボーイ外交から、オバマのピース外交へ [米流時評]
   ||| 米国外交のエージェントPeace ||| オバマ・マジックの真価を発揮する外交の大転換で、長年の宿敵が友好国に一変 オバマはアメリカと世界の国々を和解させる友好の触媒「エージェント・ピース」 ブッシュのカウボーイ外交からオバマのガンジー外交へ。20日の大統領就任式で正式発足したオバマ新政権は、ブッシュ政権から180度の大転換をあらゆる政策で実行し、わずか1週間で米国と世界各国の外交関係もめざましく急変している。 すでに既刊エントリーで、キューバのカストロ(弟)大統領... [Read More]

Tracked on February 01, 2009 at 05:14 PM

» オバマの戦争と平和・テロ戦争とロシアのUターン [米流時評]
   ||| オバマとロシアのテロ戦争と平和 ||| オバマ政権のテロ戦争対策に援軍の名乗りを上げた、ロシアのアフガン・リターン 昨日の記事では、北の金殿が健在ぶりをアピールするような核の脅しを発声し、相変わらずの狼少年ぶりを発揮したレポートだったが、今日はロシアからのプロポーズである。言わずもがなで、オバマ新政権に対して。 どういうことかという詳細はこの下の記事本文でお読みいただくが、端的に平たく言うと、「アフアガンはロシアにまかせろ」と切り出したのだ。 これはこの地域のこれまでの... [Read More]

Tracked on February 05, 2009 at 04:29 PM

« タモリ倶楽部総集編! | Main | トルコ、エルドアン首相の気概 »