« あけましておめでとうございます | Main | ナイはあるのかないのか? »

January 05, 2009

イスラエルがガザ侵攻

正月早々でなんなのだが、イスラエル軍がガザに侵攻しているらしい。現在のところ死者500人だそうだ。

読売 イスラエル軍がガザ侵攻、ハマス拠点包囲…死者500人超
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090104-OYT1T00419.htm

 ロイター通信によると、パレスチナ側で少なくとも30人が死亡。12月27日からの攻撃による死者は500人を超えた。国際社会からは非難の声が上がっているが、イスラエルのバラク国防相は、「作戦は短期間で簡単に終わるものではない」と言明、攻撃は数週間続く可能性もある。

イスラエルを単純に非難すれば終わるのか、といえばそうでもないのが、パレスチナ問題だ。イスラエルのやり方もひどいと思うのだが、そうはいってもハマスも停戦を破ってミサイル撃ってきていたらしいし。どっちにしろ被害を受けるのは一般市民だというところがさらに問題。

で、今回の地上戦の理由は多分これ。

共同 【ガザ侵攻】ハマスのロケット砲が脅威 イスラエル人口1割が射程内
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/209642/

パレスチナ自治区のガザ地区から約45キロ離れたイスラエル南部のベエルシェバにロケット弾が着弾し、衝撃が広がっている。イスラム原理主義勢力ハマスがイスラエル人約80万人の居住域を攻撃できるロケット弾を所有していることを証明したからだ。

このロケットは中国製なんだそうで。ということで、さっきの読売新聞でも

イスラエル軍報道官は、地上戦について「ロケット弾発射拠点を制圧し、攻撃を阻止する」のが目標だとしている。

と書いているくらいだから、このロケット弾が問題らしい。田中宇氏によれば停戦期限前からイスラエル軍によるガザ侵攻もハマスによるロケット弾攻撃も行われており、今回の戦争は予想されていた。

田中宇 オバマに贈られる中東大戦争
http://tanakanews.com/081228Gaza.htm

イスラエルは来年2月に総選挙を行うが、ガザで正式に戦争が始まると、野党リクード内の少数派である好戦的なリクード右派に人気が集まり、与党の中道的なカディマや、和平をやらざるを得ないと気づいて好戦右派から和平派に転換したリクード主流派のネタニヤフ党首が不利になる。すでにネタニヤフは、リクード内で右派の反乱的な台頭に苦戦し、総選挙の立候補者名簿の中に右派を多くせざるを得なくなっている。ガザが戦争になり、総選挙で右派議員が増えるほど、イスラエル政府は和平方針を採れなくなる。

 イスラエル政府は、選挙で右派を勝たせたくないので、何とかガザで戦争しないですむようにしたい。停戦期限前からイスラエル軍はガザに侵攻しているのだが、イスラエルはガザにマスコミを入れないようにしているので、戦況はほとんど報道されず、ガザでは戦争が起きていないことになっている。イスラエル国内では「ハマスと戦争できない以上、和解交渉するしかない」という意見もあるものの、ハマスのミサイル砲撃を受け、イスラエル国内の世論は好戦性を増しており、リブニら主要候補はみな「ハマスがミサイル攻撃を止めない限り、間もなくガザに侵攻してハマスを退治する」と言わざるを得なくなっている。

しかしイスラエルがガザを攻撃して誰が得をするんだろうか? イスラエルも対ヒスボラ(レバノン)、対ハマス(ガザ)、対イランといくら戦争しても敵がいなくならないわけで、永遠に対立し続けるのだろうか。毎日のようにミサイルが飛んでくるとなると、やはり対処しなくてはならないだろうけれど、イスラエル側の死者数はパレスチナとは比べ物にならないほど少ないので、正当性があるとはいえないだろう。

アメリカは当然だがイスラエル寄り。

毎日 イスラエル:ガザ空爆 米大統領見解「ハマスに責任」
http://mainichi.jp/select/world/news/20090104ddm007030099000c.html

中国とロシアは「憂慮」しているだけ。

産経 【ガザ侵攻】中国とロシアも即時停戦を呼びかけ 地上戦に懸念表明
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090104/mds0901042237010-n1.htm

アラブの反応はバラバラ。

毎日 ガザ地上侵攻:アラブ諸国に無力感…対ハマスで乱れ
http://mainichi.jp/select/world/news/20090105k0000m030075000c.html

まあ、予想できることだがこんなニュースも。

ブルームバーグ NY原油(2日):続伸、ガザ攻撃とロシアのガス問題が買い材料
http://www.bloomberg.com/apps/news

利害関係を考えるといろいろ想像もできるんだけど、詳しいわけじゃないからそれはここではやめておく。どっちにしろ、犠牲者のほとんどがガザ地区の一般の人々。ハマス幹部も死者を出してはいるというが、最高幹部はシリアに亡命中だしな。自分は安全なところで、一般市民の絶望を作り出すなよ。

それにしてもスーパードラマで放映しているドラマ「ホワイトハウス」が現実とシンクロしているのが気になる。偶然だろうけど、年末最後に放送されたシーズン5のエピソードはガザがテーマ。しかもテロが発生し、イスラエルによる攻撃が…。

そういえばドラマ「ホワイトハウス」では、秘書のチャーリーが買ってきたイスラエル建国前のこの地域の地図を大統領が執務室に飾ろうとしたら、絶対ダメだと反対され、結局飾れなかったというエピソードがあった。飾れない理由は「地図にイスラエルがないから」。その時代の地図なんだから当たり前だろうというのだが、それはタブーらしい。そこで思い出したのだが『イスラエル・ロビー』も途中で読むのが止まったままだ。続きにトライしてみようと思う。

|

« あけましておめでとうございます | Main | ナイはあるのかないのか? »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/43643374

Listed below are links to weblogs that reference イスラエルがガザ侵攻:

» NLP [NLP]
目標実現のためのアプローチとしてNLPというのがあるらしいです。ブックマークしました。ありがとっ! [Read More]

Tracked on January 05, 2009 at 02:41 AM

» 現地速報・ガザの死闘で長期戦を覚悟するイスラエル [米流時評]
  ||| イスラエルのガザ地上侵攻・続編 ||| ガザ死守を誓うハマスにイスラエルは長期戦を覚悟、難航する中東和平外交 『米流時評』07年6/19号「ガザの悲劇・4千年の民族抗争」より イスラエルとガザの抗争を理解するために一部抜粋して掲載イスラエル建国とパレスチナ分割 第二次世界大戦におけるナチスのホロコーストに対する代償として、1948年に米国のトルーマン大統領以下の牽引でイスラエルとして建国、翌年国連に加盟し正式に主権国家として承認される。 戦前からユダヤ人の入植地「キブツ... [Read More]

Tracked on January 06, 2009 at 12:17 AM

» ガザ侵攻分析・イスラエルの最終目標は何? [米流時評]
  ||| イスラエルのエンドゲーム・前編 ||| イスラエルのガザ侵攻、その最終目標は何か? 中東大戦争へ発展する可能性は? NBCニュース中東スペシャリストが解析する、イスラエルとガザのエンドゲーム 米国時間2009年1月2日 | マーチン・フレッチャー/中東分析 | 訳『米流時評』ysbee イスラエル・テルアビブ発 | 今回のガザの壁内部への大規模な空爆に際しては、イスラエルの目指すガザとの戦闘の最終目標=ultimate aim は、いったいどこにあるのか?という疑問が噴出... [Read More]

Tracked on January 06, 2009 at 12:24 PM

» 号外!ついにガザ地上侵攻開始!イスラエル恐怖の市街戦へ突入 [米流時評]
 ||| イスラエル、ついにガザ地上侵攻開始! ||| イスラエルついに地上侵攻開始、封鎖状態の人口密集地ガザに戦車隊列から砲撃 2006年夏に、進駐先のゴラン高原でイスラエル防衛軍の若い兵士2人がヒズボラの捕虜になったのをきっかけに、イスラエルは今回と同様に、大規模な空爆で始まるレバノン侵攻に踏み切った。しかし、レバノン南部に勢力を誇るイスラム軍団ヒズボラの抵抗はしぶとく、地上でのゲリラ戦に手を焼いたイスラエルはヒズボラを最期まで降伏させられないまま、国際的和平調停を受け入れて「3週間... [Read More]

Tracked on January 06, 2009 at 12:26 PM

» 「ガザジェノサイド」イスラエルの大罪を告発する! [米流時評]
  ||| イスラエルの大罪 ガザジェノサイド ||| 人口過密の市街地を直撃する砲弾の雨、ジュネーブ協定違反の化学兵器も使用! イスラエル、休戦呼びかけの国際世論を無視し、ガザ一般市民虐殺の地上戦強行 実情はひどい!あまりにもひどすぎる! 防空壕もなく周囲の国境を閉鎖されて、完全に「出口なし」のガザ市民。公共の施設はすべて、政権を握るハマスの建物な訳だから、イスラエルの標的になり使えない。したがって、わずかに残されたかろうじて身を寄せる場所は、モスクや病院や国連の施設しかない。 1... [Read More]

Tracked on January 10, 2009 at 10:40 AM

« あけましておめでとうございます | Main | ナイはあるのかないのか? »