« オバマ大統領就任式 | Main | ブッシュ最後の日 »

January 21, 2009

新しい時代が始まったのか?

200万人も集まった就任式が終わったわけだけど、あんな遠くから見ても見えねえだろ〜と思いつつ、でも現場にいるっていうのは重要なことなので、うらやましく思った…ということにしておこう。寒いぞ〜ワシントン。

オバマの演説、どうだったんでしょう? ABCのチャールズ・ギブソンは「現実の問題に触れたところに関心した」と言っていたし、記者のステファノプロスは「私たちに気合いを入れた演説だった」って言ってた。同時通訳だといまいちわからないので英語で聞き直してみたが…そうだな、ケネディのような名文というか名フレーズはなかったように思う。チェンジもあまり言わなかったし。心に響くというより、こんなことじゃだめだって、しかられている感じがしたんじゃないかな。

聞きにいっているような人たちは、どっちかっていうと、選挙戦でやってたような「Yes,we can」とかを聞きたかったんじゃないかなあ。まあ、あそこでそれを言うわけにもいかなそうだが、たとえば2004年の「一つのアメリカ合衆国があるだけだ」演説のようなものもなかったしな。それを言ってもよかったような気がするけど、終始一貫、現実の厳しさを訴える内容だった。

案の定、こんな記事が。

毎日 オバマ新大統領:市民「責任」に戸惑いも
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20090121k0000e030081000c.html

 ただ、オバマ大統領は就任演説の中では「希望」という言葉を3度しか使わなかった。沸き立つような観客の盛り上がりも乏しかった。「責任を果たすべき新しい時代だ」。現実を突き付けられた聴衆の中には立ち去る人もいた。「彼も今日からは、大統領として言ったことの責任を持たねばならない」。白人女性のビアタさん(40)は冷めた声で指摘した。

ビアタさん、さすが。って誰だか知らないけど。古館まで「名フレーズなかった」とか言ってるよ。やだなあ。

やはりオバマの名演説は2004年と2008年1月ニューハンプシャーで負けたときの演説になるのだろうか。

リンカーンと同じようなワシントンへの入り方、リンカーン記念堂での歓迎式、リンカーンの聖書を使った宣誓、リンカーンのときと同じメニューの昼食会と、とにかくリンカーンをなぞったオバマの大統領就任だったんだけど、オバマが大統領になっただけで、リンカーンの目的はある意味、果たされた感があるので、次はケネディかなと思っていたが、中身はやはりケネディっぽかったと思う。結局自分でやろうねってことであるよ。あんまりオバマ一人に期待されてもね。新しい時代も国民次第ということか。

でも関心したのは、暗殺が懸念される中で、ちゃんと車を下りてパレードしたこと。この二人は本当に度胸座ってる。宣誓式で失敗したのもご愛嬌。舞踏会のミシェルのドレスがよかったですねということで。

|

« オバマ大統領就任式 | Main | ブッシュ最後の日 »

オバマ演説」カテゴリの記事

Comments

ysbeeさん、すごい。4日間見続けていたんですね! 確かに、類を見ない歴史的瞬間だから、そういう方も多かったでしょうね! 盛り上がってましたよねえ。ホント。

私は風邪をひいてしまったので、やむなく就任式までにしましたが、あとでニュースを見たら、オバマが車から降りているのでビックリしました。オバマは防弾スーツだって話もありますが、本当でしょうか。

それにしても宣誓式やり直したとは。ABCでは「息が合いません」などと言ってましたが、そうじゃなかったんですね。オバマは相手が間違いを直すのを待っていたんですね。でも結局やり直したってことは、あの場の宣誓はなしってことで、これも前代未聞では(苦笑)。最高裁長官ともあろうものが…緊張してたんだろうけど。それにしても、またリンカーンの聖書で誓ったのかしら。もろくなっていると聞いたんですけど、リンカーンも苦笑いですねえ。

Posted by: JIN | January 23, 2009 at 12:04 AM

JINさん、こんばんは。

わつしは何しろ、Obama Expressの列車がフィラデルフィアを出発するときから、ず〜〜〜っと ずず〜〜〜〜〜〜〜〜っとテレビで見ていたので、4日目のパーティーのあたりではもうヘロヘロ。
(もちろん、合間にちょちょっとは寝ましたが)

よく考えてみたら、今まで就任式なんてニュースでちょっと見る位で、一部始終を、それも4日間もライブ中継、なんてのはなかったんじゃないかな?

まあ、見た甲斐ありましたが。

私も、車を降りて歩いた時には、ひやひやしましたよ。
最初の御用列車でも、防弾ガラスもないデッキへバイデンと一緒に出て、「カチューシャロケットでも撃ち込まれたらどうするんじゃ!」とやきもきして見てましたよ。

ところで、宣誓文でとちったのは、実はオバマではなくて、ジョン・ロバート最高裁長官の方なんですよ。
私も、あっ、あのオバマが初めてとちった!
と思っておかしかったんですが、オバマは瞬間でロバートが間違えたのがわかってて、ちょっとニヤっとしてましたね。

そうしたら、早速翌日の今日、ホワイトハウスへ長官が出直してきまして、宣誓のやり直しをしましたよ。

今日は他にもヒラリーの長官承認やら、その後釜のニューヨーク州の上院議員に最優先だったキャロライン・ケネディの辞任騒ぎやら、めぼしいニュースだけで1ダース以上ありましただす。
1日1エントリーでは間に合わないっす。
ではでは!

Posted by: 米流時評 ysbee | January 22, 2009 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/43812975

Listed below are links to weblogs that reference 新しい時代が始まったのか? :

« オバマ大統領就任式 | Main | ブッシュ最後の日 »