« January 2009 | Main | March 2009 »

February 27, 2009

小沢さんねえ…

散策さんからコメント欄でヒラリーと小沢会談についてどう考えるか聞かれたんですが、え〜、内部の人でもないんで報道以外に情報もないしわかりません…。一応振り返ってみました。

毎日 クリントン米国務長官:会談・会見要旨
http://mainichi.jp/select/world/news/20090218ddm007030159000c.html

ただ、同盟は一方が従属する関係であってはならない。互いに主張を交換し、議論し合い、よりよい結論を得る。得た結論を互いに守って、対等なパートナーシップで初めて同盟だ。

このあたりの主張はここ十年くらい一貫しているように思いますが…。次はどう考えても民主党政権なので、これくらい言っておいていいかなと思いますけどねえ。

で、会談直前にこんな発言も。

日経 民主・小沢氏、米のテロ掃討を批判 「考え方変えないと」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090216AT3S1603I16022009.html

「また軍を増派して(アフガニスタンに)派遣する。そういう考え方を変えないとダメだ。いくら兵隊を派遣しても絶対勝てない」と述べ、米軍によるテロ掃討作戦を批判した。

その通りだとは思うけど、前はアフガニスタンのISAF(国際治安支援部隊)へ自衛隊(地上部隊)を派兵するって言ってましたっけね。あの話はどうなったんだか、と思いますが…。え〜国連にはまだ日本の敵国条項があるらしいんで、そんなところに指揮権持たせるのかという批判もありました。

で、米軍は海軍だけでいいという発言。

毎日 小沢・民主代表:対米追随脱却を強調 防衛力強化も言及
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090226ddm005010118000c.html

 「グローバルな戦略を米国と話し合って役割分担し、日本に関係の深い安全保障面は日本が負担すれば、米軍の役割はそれだけ少なくなる」

 小沢氏は25日、大阪市で記者団に語った。そのうえで「米国のプレゼンスは必要だが、おおむね(米海軍横須賀基地に拠点を置く)第7艦隊の存在で十分だ。米軍が引くことによって日本の防衛に関することは日本が責任を果たせばいい」と改めて指摘した。

これには怒っている人も多いですねえ。

大島信三のひとことメモ
小沢一郎代表の配慮に欠けた非常識発言
http://oshimas.iza.ne.jp/blog/entry/931430

しかし、軍事評論家の神浦氏によれば、アメリカと呼応しているらしいです。

神浦氏 J-RCOM 2月25日
http://www.kamiura.com/new.html

この小沢氏の話を聞くと、米軍の再編構想とかけ離れていると感じるかも知れないが、私は米軍の再編戦略と完全に一致していると感じた。米軍が21世紀に描いてくる極東戦略は、日本には第7艦隊だけを前方配備するものと推測している。

 米空軍は長距離・緊急機動展開能力を向上させ、極東有事には日本に緊急移駐させる体制を構築する。そのため日本での空軍基地の使用と、定期的な巡回訓練を行う体制に転換させる。三沢(青森県)、横田(東京都)、嘉手納(沖縄県)の米軍基地は、自衛隊が全面管理し、常駐の米軍部隊(司令部機能を含む)は日本から撤退する。
(中略)
このような事情から、小沢氏の描く日本の将来的な安全保障は、米軍がすすめる再編計画と根本的な部分で一致している。この小沢案の安全保障政策を聞いて、米国は不安感を持つのではなく、逆に期待感を高めるだろう。

もしアメリカと呼応しているのであれば、政権交代準備万端ということでしょうか。政権取ったあとでもその通りできればいいんですが。とはいえ人権擁護法案とかでの民主党の方針に全く賛成できないし・・・。

でも、これには賛成↓。

時事 政権交代後、郵政民営化見直し=民主・小沢、国民新・綿貫氏がアピール
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200901/2009013100228

これで小泉一派と民主が一緒になるってなくなった感じがするんですけども。いよいよ外資族が追いつめられているんでしょうかね。NHKの赤報隊の件は、かんぽの宿でそっち方面からきたんじゃないかとの噂もありますしね。

あんまり期待してないけど、どうせ選挙をやったら民主党が勝つ訳ですから、かんぽの宿だけは忘れないでくれ、と思ってます。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

February 26, 2009

オバマの施政方針演説

オバマが施政方針演説を行った。

毎日 
オバマ米大統領:議会演説(その1) 「福祉重視」鮮明に
http://mainichi.jp/select/world/news/20090226ddm007030054000c.html
オバマ米大統領:議会演説(その2止) チェンジ国内から
http://mainichi.jp/select/world/news/20090226ddm007030046000c.html

CNN 初の施政方針演説、68%が好評価 世論調査
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902250007.html

演説原文はこちら

ホワイトハウスHP
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Remarks-of-President-Barack-Obama-Address-to-Joint-Session-of-Congress/

和訳(京都新聞)
http://kyoto-np.jp/obama/remarks.html

Remarks of President Barack Obama – As Prepared for Delivery
Address to Joint Session of Congress
Tuesday, February 24th, 2009

I’ve come here tonight not only to address the distinguished men and women in this great chamber, but to speak frankly and directly to the men and women who sent us here.

I know that for many Americans watching right now, the state of our economy is a concern that rises above all others.  And rightly so.  If you haven’t been personally affected by this recession, you probably know someone who has – a friend; a neighbor; a member of your family.  You don’t need to hear another list of statistics to know that our economy is in crisis, because you live it every day.  It’s the worry you wake up with and the source of sleepless nights.  It’s the job you thought you’d retire from but now have lost; the business you built your dreams upon that’s now hanging by a thread; the college acceptance letter your child had to put back in the envelope.  The impact of this recession is real, and it is everywhere.   

But while our economy may be weakened and our confidence shaken; though we are living through difficult and uncertain times, tonight I want every American to know this:

We will rebuild, we will recover, and the United States of America will emerge stronger than before.

The weight of this crisis will not determine the destiny of this nation.  The answers to our problems don’t lie beyond our reach.  They exist in our laboratories and universities; in our fields and our factories; in the imaginations of our entrepreneurs and the pride of the hardest-working people on Earth.  Those qualities that have made America the greatest force of progress and prosperity in human history we still possess in ample measure.  What is required now is for this country to pull together, confront boldly the challenges we face, and take responsibility for our future once more.

Now, if we’re honest with ourselves, we’ll admit that for too long, we have not always met these responsibilities – as a government or as a people.  I say this not to lay blame or look backwards, but because it is only by understanding how we arrived at this moment that we’ll be able to lift ourselves out of this predicament.

The fact is, our economy did not fall into decline overnight.  Nor did all of our problems begin when the housing market collapsed or the stock market sank.  We have known for decades that our survival depends on finding new sources of energy.  Yet we import more oil today than ever before.  The cost of health care eats up more and more of our savings each year, yet we keep delaying reform.  Our children will compete for jobs in a global economy that too many of our schools do not prepare them for.  And though all these challenges went unsolved, we still managed to spend more money and pile up more debt, both as individuals and through our government, than ever before.

In other words, we have lived through an era where too often, short-term gains were prized over long-term prosperity; where we failed to look beyond the next payment, the next quarter, or the next election.  A surplus became an excuse to transfer wealth to the wealthy instead of an opportunity to invest in our future.  Regulations were gutted for the sake of a quick profit at the expense of a healthy market.  People bought homes they knew they couldn’t afford from banks and lenders who pushed those bad loans anyway.  And all the while, critical debates and difficult decisions were put off for some other time on some other day.

Well that day of reckoning has arrived, and the time to take charge of our future is here.

Now is the time to act boldly and wisely – to not only revive this economy, but to build a new foundation for lasting prosperity.  Now is the time to jumpstart job creation, re-start lending, and invest in areas like energy, health care, and education that will grow our economy, even as we make hard choices to bring our deficit down.  That is what my economic agenda is designed to do, and that’s what I’d like to talk to you about tonight.

It’s an agenda that begins with jobs.

As soon as I took office, I asked this Congress to send me a recovery plan by President’s Day that would put people back to work and put money in their pockets.  Not because I believe in bigger government – I don’t.  Not because I’m not mindful of the massive debt we’ve inherited – I am.  I called for action because the failure to do so would have cost more jobs and caused more hardships.  In fact, a failure to act would have worsened our long-term deficit by assuring weak economic growth for years.  That’s why I pushed for quick action.  And tonight, I am grateful that this Congress delivered, and pleased to say that the American Recovery and Reinvestment Act is now law.   

Over the next two years, this plan will save or create 3.5 million jobs.  More than 90% of these jobs will be in the private sector – jobs rebuilding our roads and bridges; constructing wind turbines and solar panels; laying broadband and expanding mass transit.

Because of this plan, there are teachers who can now keep their jobs and educate our kids.  Health care professionals can continue caring for our sick.  There are 57 police officers who are still on the streets of Minneapolis tonight because this plan prevented the layoffs their department was about to make.

Because of this plan, 95% of the working households in America will receive a tax cut – a tax cut that you will see in your paychecks beginning on April 1st.

Because of this plan, families who are struggling to pay tuition costs will receive a $2,500 tax credit for all four years of college.  And Americans who have lost their jobs in this recession will be able to receive extended unemployment benefits and continued health care coverage to help them weather this storm.

I know there are some in this chamber and watching at home who are skeptical of whether this plan will work.  I understand that skepticism.  Here in Washington, we’ve all seen how quickly good intentions can turn into broken promises and wasteful spending.  And with a plan of this scale comes enormous responsibility to get it right.

That is why I have asked Vice President Biden to lead a tough, unprecedented oversight effort – because nobody messes with Joe.  I have told each member of my Cabinet as well as mayors and governors across the country that they will be held accountable by me and the American people for every dollar they spend.  I have appointed a proven and aggressive Inspector General to ferret out any and all cases of waste and fraud.  And we have created a new website called recovery.gov so that every American can find out how and where their money is being spent.

So the recovery plan we passed is the first step in getting our economy back on track.  But it is just the first step.  Because even if we manage this plan flawlessly, there will be no real recovery unless we clean up the credit crisis that has severely weakened our financial system.

I want to speak plainly and candidly about this issue tonight, because every American should know that it directly affects you and your family’s well-being.  You should also know that the money you’ve deposited in banks across the country is safe; your insurance is secure; and you can rely on the continued operation of our financial system.  That is not the source of concern.

The concern is that if we do not re-start lending in this country, our recovery will be choked off before it even begins.

You see, the flow of credit is the lifeblood of our economy.  The ability to get a loan is how you finance the purchase of everything from a home to a car to a college education; how stores stock their shelves, farms buy equipment, and businesses make payroll.

But credit has stopped flowing the way it should.  Too many bad loans from the housing crisis have made their way onto the books of too many banks.  With so much debt and so little confidence, these banks are now fearful of lending out any more money to households, to businesses, or to each other.  When there is no lending, families can’t afford to buy homes or cars.  So businesses are forced to make layoffs.  Our economy suffers even more, and credit dries up even further.

That is why this administration is moving swiftly and aggressively to break this destructive cycle, restore confidence, and re-start lending.

We will do so in several ways.  First, we are creating a new lending fund that represents the largest effort ever to help provide auto loans, college loans, and small business loans to the consumers and entrepreneurs who keep this economy running.   

Second, we have launched a housing plan that will help responsible families facing the threat of foreclosure lower their monthly payments and re-finance their mortgages.  It’s a plan that won’t help speculators or that neighbor down the street who bought a house he could never hope to afford, but it will help millions of Americans who are struggling with declining home values – Americans who will now be able to take advantage of the lower interest rates that this plan has already helped bring about.  In fact, the average family who re-finances today can save nearly $2000 per year on their mortgage.   

Third, we will act with the full force of the federal government to ensure that the major banks that Americans depend on have enough confidence and enough money to lend even in more difficult times.  And when we learn that a major bank has serious problems, we will hold accountable those responsible, force the necessary adjustments, provide the support to clean up their balance sheets, and assure the continuity of a strong, viable institution that can serve our people and our economy.

I understand that on any given day, Wall Street may be more comforted by an approach that gives banks bailouts with no strings attached, and that holds nobody accountable for their reckless decisions.  But such an approach won’t solve the problem.  And our goal is to quicken the day when we re-start lending to the American people and American business and end this crisis once and for all.

I intend to hold these banks fully accountable for the assistance they receive, and this time, they will have to clearly demonstrate how taxpayer dollars result in more lending for the American taxpayer.  This time, CEOs won’t be able to use taxpayer money to pad their paychecks or buy fancy drapes or disappear on a private jet.  Those days are over.

Still, this plan will require significant resources from the federal government – and yes, probably more than we’ve already set aside.  But while the cost of action will be great, I can assure you that the cost of inaction will be far greater, for it could result in an economy that sputters along for not months or years, but perhaps a decade.  That would be worse for our deficit, worse for business, worse for you, and worse for the next generation.  And I refuse to let that happen.    

I understand that when the last administration asked this Congress to provide assistance for struggling banks, Democrats and Republicans alike were infuriated by the mismanagement and results that followed.  So were the American taxpayers.  So was I.

So I know how unpopular it is to be seen as helping banks right now, especially when everyone is suffering in part from their bad decisions.  I promise you – I get it.

But I also know that in a time of crisis, we cannot afford to govern out of anger, or yield to the politics of the moment.  My job – our job – is to solve the problem.  Our job is to govern with a sense of responsibility.  I will not spend a single penny for the purpose of rewarding a single Wall Street executive, but I will do whatever it takes to help the small business that can’t pay its workers or the family that has saved and still can’t get a mortgage.

That’s what this is about.  It’s not about helping banks – it’s about helping people.  Because when credit is available again, that young family can finally buy a new home.  And then some company will hire workers to build it.  And then those workers will have money to spend, and if they can get a loan too, maybe they’ll finally buy that car, or open their own business.  Investors will return to the market, and American families will see their retirement secured once more.  Slowly, but surely, confidence will return, and our economy will recover.    

So I ask this Congress to join me in doing whatever proves necessary.  Because we cannot consign our nation to an open-ended recession.  And to ensure that a crisis of this magnitude never happens again, I ask Congress to move quickly on legislation that will finally reform our outdated regulatory system.  It is time to put in place tough, new common-sense rules of the road so that our financial market rewards drive and innovation, and punishes short-cuts and abuse.

The recovery plan and the financial stability plan are the immediate steps we’re taking to revive our economy in the short-term.  But the only way to fully restore America’s economic strength is to make the long-term investments that will lead to new jobs, new industries, and a renewed ability to compete with the rest of the world. The only way this century will be another American century is if we confront at last the price of our dependence on oil and the high cost of health care; the schools that aren’t preparing our children and the mountain of debt they stand to inherit.  That is our responsibility.

In the next few days, I will submit a budget to Congress.  So often, we have come to view these documents as simply numbers on a page or laundry lists of programs.  I see this document differently.  I see it as a vision for America – as a blueprint for our future.

My budget does not attempt to solve every problem or address every issue.  It reflects the stark reality of what we’ve inherited – a trillion dollar deficit, a financial crisis, and a costly recession.

Given these realities, everyone in this chamber – Democrats and Republicans – will have to sacrifice some worthy priorities for which there are no dollars.  And that includes me. 

But that does not mean we can afford to ignore our long-term challenges.  I reject the view that says our problems will simply take care of themselves; that says government has no role in laying the foundation for our common prosperity.

For history tells a different story.  History reminds us that at every moment of economic upheaval and transformation, this nation has responded with bold action and big ideas.  In the midst of civil war, we laid railroad tracks from one coast to another that spurred commerce and industry.  From the turmoil of the Industrial Revolution came a system of public high schools that prepared our citizens for a new age.  In the wake of war and depression, the GI Bill sent a generation to college and created the largest middle-class in history.  And a twilight struggle for freedom led to a nation of highways, an American on the moon, and an explosion of technology that still shapes our world.

In each case, government didn’t supplant private enterprise; it catalyzed private enterprise.  It created the conditions for thousands of entrepreneurs and new businesses to adapt and to thrive.

We are a nation that has seen promise amid peril, and claimed opportunity from ordeal.  Now we must be that nation again.  That is why, even as it cuts back on the programs we don’t need, the budget I submit will invest in the three areas that are absolutely critical to our economic future:  energy, health care, and education.

It begins with energy.

We know the country that harnesses the power of clean, renewable energy will lead the 21st century.  And yet, it is China that has launched the largest effort in history to make their economy energy efficient.  We invented solar technology, but we’ve fallen behind countries like Germany and Japan in producing it.  New plug-in hybrids roll off our assembly lines, but they will run on batteries made in Korea.

Well I do not accept a future where the jobs and industries of tomorrow take root beyond our borders – and I know you don’t either.  It is time for America to lead again.

Thanks to our recovery plan, we will double this nation’s supply of renewable energy in the next three years.  We have also made the largest investment in basic research funding in American history – an investment that will spur not only new discoveries in energy, but breakthroughs in medicine, science, and technology.

We will soon lay down thousands of miles of power lines that can carry new energy to cities and towns across this country.  And we will put Americans to work making our homes and buildings more efficient so that we can save billions of dollars on our energy bills.

But to truly transform our economy, protect our security, and save our planet from the ravages of climate change, we need to ultimately make clean, renewable energy the profitable kind of energy.  So I ask this Congress to send me legislation that places a market-based cap on carbon pollution and drives the production of more renewable energy in America.  And to support that innovation, we will invest fifteen billion dollars a year to develop technologies like wind power and solar power; advanced biofuels, clean coal, and more fuel-efficient cars and trucks built right here in America.

As for our auto industry, everyone recognizes that years of bad decision-making and a global recession have pushed our automakers to the brink.  We should not, and will not, protect them from their own bad practices.  But we are committed to the goal of a re-tooled, re-imagined auto industry that can compete and win.  Millions of jobs depend on it.  Scores of communities depend on it.  And I believe the nation that invented the automobile cannot walk away from it.

None of this will come without cost, nor will it be easy.  But this is America.  We don’t do what’s easy.  We do what is necessary to move this country forward.

For that same reason, we must also address the crushing cost of health care.   

This is a cost that now causes a bankruptcy in America every thirty seconds.  By the end of the year, it could cause 1.5 million Americans to lose their homes.  In the last eight years, premiums have grown four times faster than wages.  And in each of these years, one million more Americans have lost their health insurance.  It is one of the major reasons why small businesses close their doors and corporations ship jobs overseas.  And it’s one of the largest and fastest-growing parts of our budget.

Given these facts, we can no longer afford to put health care reform on hold.

Already, we have done more to advance the cause of health care reform in the last thirty days than we have in the last decade.  When it was days old, this Congress passed a law to provide and protect health insurance for eleven million American children whose parents work full-time.  Our recovery plan will invest in electronic health records and new technology that will reduce errors, bring down costs, ensure privacy, and save lives.  It will launch a new effort to conquer a disease that has touched the life of nearly every American by seeking a cure for cancer in our time.  And it makes the largest investment ever in preventive care, because that is one of the best ways to keep our people healthy and our costs under control.

This budget builds on these reforms.  It includes an historic commitment to comprehensive health care reform – a down-payment on the principle that we must have quality, affordable health care for every American.  It’s a commitment that’s paid for in part by efficiencies in our system that are long overdue.  And it’s a step we must take if we hope to bring down our deficit in the years to come.

Now, there will be many different opinions and ideas about how to achieve reform, and that is why I’m bringing together businesses and workers, doctors and health care providers, Democrats and Republicans to begin work on this issue next week.

I suffer no illusions that this will be an easy process.  It will be hard.  But I also know that nearly a century after Teddy Roosevelt first called for reform, the cost of our health care has weighed down our economy and the conscience of our nation long enough.  So let there be no doubt: health care reform cannot wait, it must not wait, and it will not wait another year.    

The third challenge we must address is the urgent need to expand the promise of education in America.   

In a global economy where the most valuable skill you can sell is your knowledge, a good education is no longer just a pathway to opportunity – it is a pre-requisite.   

Right now, three-quarters of the fastest-growing occupations require more than a high school diploma.  And yet, just over half of our citizens have that level of education.  We have one of the highest high school dropout rates of any industrialized nation.  And half of the students who begin college never finish.

This is a prescription for economic decline, because we know the countries that out-teach us today will out-compete us tomorrow.  That is why it will be the goal of this administration to ensure that every child has access to a complete and competitive education – from the day they are born to the day they begin a career.

Already, we have made an historic investment in education through the economic recovery plan.  We have dramatically expanded early childhood education and will continue to improve its quality, because we know that the most formative learning comes in those first years of life.  We have made college affordable for nearly seven million more students.  And we have provided the resources necessary to prevent painful cuts and teacher layoffs that would set back our children’s progress.

But we know that our schools don’t just need more resources.  They need more reform.  That is why this budget creates new incentives for teacher performance; pathways for advancement, and rewards for success.  We’ll invest in innovative programs that are already helping schools meet high standards and close achievement gaps.  And we will expand our commitment to charter schools. 

It is our responsibility as lawmakers and educators to make this system work.  But it is the responsibility of every citizen to participate in it.  And so tonight, I ask every American to commit to at least one year or more of higher education or career training.  This can be community college or a four-year school; vocational training or an apprenticeship.  But whatever the training may be, every American will need to get more than a high school diploma.  And dropping out of high school is no longer an option.  It’s not just quitting on yourself, it’s quitting on your country – and this country needs and values the talents of every American.  That is why we will provide the support necessary for you to complete college and meet a new goal:  by 2020, America will once again have the highest proportion of college graduates in the world. 

I know that the price of tuition is higher than ever, which is why if you are willing to volunteer in your neighborhood or give back to your community or serve your country, we will make sure that you can afford a higher education.  And to encourage a renewed spirit of national service for this and future generations, I ask this Congress to send me the bipartisan legislation that bears the name of Senator Orrin Hatch as well as an American who has never stopped asking what he can do for his country – Senator Edward Kennedy.

These education policies will open the doors of opportunity for our children.  But it is up to us to ensure they walk through them.  In the end, there is no program or policy that can substitute for a mother or father who will attend those parent/teacher conferences, or help with homework after dinner, or turn off the TV, put away the video games, and read to their child.  I speak to you not just as a President, but as a father when I say that responsibility for our children's education must begin at home.

There is, of course, another responsibility we have to our children.  And that is the responsibility to ensure that we do not pass on to them a debt they cannot pay.  With the deficit we inherited, the cost of the crisis we face, and the long-term challenges we must meet, it has never been more important to ensure that as our economy recovers, we do what it takes to bring this deficit down.

I’m proud that we passed the recovery plan free of earmarks, and I want to pass a budget next year that ensures that each dollar we spend reflects only our most important national priorities.

Yesterday, I held a fiscal summit where I pledged to cut the deficit in half by the end of my first term in office.  My administration has also begun to go line by line through the federal budget in order to eliminate wasteful and ineffective programs.  As you can imagine, this is a process that will take some time.  But we’re starting with the biggest lines.  We have already identified two trillion dollars in savings over the next decade.

In this budget, we will end education programs that don’t work and end direct payments to large agribusinesses that don’t need them.  We’ll eliminate the no-bid contracts that have wasted billions in Iraq, and reform our defense budget so that we’re not paying for Cold War-era weapons systems we don’t use.  We will root out the waste, fraud, and abuse in our Medicare program that doesn’t make our seniors any healthier, and we will restore a sense of fairness and balance to our tax code by finally ending the tax breaks for corporations that ship our jobs overseas.

In order to save our children from a future of debt, we will also end the tax breaks for the wealthiest 2% of Americans.  But let me perfectly clear, because I know you’ll hear the same old claims that rolling back these tax breaks means a massive tax increase on the American people:  if your family earns less than $250,000 a year, you will not see your taxes increased a single dime.  I repeat: not one single dime.  In fact, the recovery plan provides a tax cut – that’s right, a tax cut – for 95% of working families.  And these checks are on the way.   

To preserve our long-term fiscal health, we must also address the growing costs in Medicare and Social Security.  Comprehensive health care reform is the best way to strengthen Medicare for years to come.  And we must also begin a conversation on how to do the same for Social Security, while creating tax-free universal savings accounts for all Americans.

Finally, because we’re also suffering from a deficit of trust, I am committed to restoring a sense of honesty and accountability to our budget.  That is why this budget looks ahead ten years and accounts for spending that was left out under the old rules – and for the first time, that includes the full cost of fighting in Iraq and Afghanistan.  For seven years, we have been a nation at war.  No longer will we hide its price.

We are now carefully reviewing our policies in both wars, and I will soon announce a way forward in Iraq that leaves Iraq to its people and responsibly ends this war.

And with our friends and allies, we will forge a new and comprehensive strategy for Afghanistan and Pakistan to defeat al Qaeda and combat extremism.  Because I will not allow terrorists to plot against the American people from safe havens half a world away.

As we meet here tonight, our men and women in uniform stand watch abroad and more are readying to deploy. To each and every one of them, and to the families who bear the quiet burden of their absence, Americans are united in sending one message: we honor your service, we are inspired by your sacrifice, and you have our unyielding support.  To relieve the strain on our forces, my budget increases the number of our soldiers and Marines. And to keep our sacred trust with those who serve, we will raise their pay, and give our veterans the expanded health care and benefits that they have earned.

To overcome extremism, we must also be vigilant in upholding the values our troops defend – because there is no force in the world more powerful than the example of America. That is why I have ordered the closing of the detention center at Guantanamo Bay, and will seek swift and certain justice for captured terrorists – because living our values doesn’t make us weaker, it makes us safer and it makes us stronger.  And that is why I can stand here tonight and say without exception or equivocation that the United States of America does not torture.

In words and deeds, we are showing the world that a new era of engagement has begun.  For we know that America cannot meet the threats of this century alone, but the world cannot meet them without America.  We cannot shun the negotiating table, nor ignore the foes or forces that could do us harm.  We are instead called to move forward with the sense of confidence and candor that serious times demand.

To seek progress toward a secure and lasting peace between Israel and her neighbors, we have appointed an envoy to sustain our effort.  To meet the challenges of the 21st century – from terrorism to nuclear proliferation; from pandemic disease to cyber threats to crushing poverty – we will strengthen old alliances, forge new ones, and use all elements of our national power.

And to respond to an economic crisis that is global in scope, we are working with the nations of the G-20 to restore confidence in our financial system, avoid the possibility of escalating protectionism, and spur demand for American goods in markets across the globe.  For the world depends on us to have a strong economy, just as our economy depends on the strength of the world’s.

As we stand at this crossroads of history, the eyes of all people in all nations are once again upon us – watching to see what we do with this moment; waiting for us to lead.    

Those of us gathered here tonight have been called to govern in extraordinary times.  It is a tremendous burden, but also a great privilege – one that has been entrusted to few generations of Americans.  For in our hands lies the ability to shape our world for good or for ill.

I know that it is easy to lose sight of this truth – to become cynical and doubtful; consumed with the petty and the trivial.

But in my life, I have also learned that hope is found in unlikely places; that inspiration often comes not from those with the most power or celebrity, but from the dreams and aspirations of Americans who are anything but ordinary.

I think about Leonard Abess, the bank president from Miami who reportedly cashed out of his company, took a $60 million bonus, and gave it out to all 399 people who worked for him, plus another 72 who used to work for him.  He didn’t tell anyone, but when the local newspaper found out, he simply said, ''I knew some of these people since I was 7 years old.  I didn't feel right getting the money myself."

I think about Greensburg, Kansas, a town that was completely destroyed by a tornado, but is being rebuilt by its residents as a global example of how clean energy can power an entire community – how it can bring jobs and businesses to a place where piles of bricks and rubble once lay.  "The tragedy was terrible," said one of the men who helped them rebuild.  "But the folks here know that it also provided an incredible opportunity."    

And I think about Ty’Sheoma Bethea, the young girl from that school I visited in Dillon, South Carolina – a place where the ceilings leak, the paint peels off the walls, and they have to stop teaching six times a day because the train barrels by their classroom.  She has been told that her school is hopeless, but the other day after class she went to the public library and typed up a letter to the people sitting in this room.  She even asked her principal for the money to buy a stamp.  The letter asks us for help, and says, "We are just students trying to become lawyers, doctors, congressmen like yourself and one day president, so we can make a change to not just the state of South Carolina but also the world.  We are not quitters."

We are not quitters.

These words and these stories tell us something about the spirit of the people who sent us here.  They tell us that even in the most trying times, amid the most difficult circumstances, there is a generosity, a resilience, a decency, and a determination that perseveres; a willingness to take responsibility for our future and for posterity.

Their resolve must be our inspiration.  Their concerns must be our cause.  And we must show them and all our people that we are equal to the task before us.

I know that we haven’t agreed on every issue thus far, and there are surely times in the future when we will part ways.  But I also know that every American who is sitting here tonight loves this country and wants it to succeed.  That must be the starting point for every debate we have in the coming months, and where we return after those debates are done.  That is the foundation on which the American people expect us to build common ground.

And if we do – if we come together and lift this nation from the depths of this crisis; if we put our people back to work and restart the engine of our prosperity; if we confront without fear the challenges of our time and summon that enduring spirit of an America that does not quit, then someday years from now our children can tell their children that this was the time when we performed, in the words that are carved into this very chamber, "something worthy to be remembered."  Thank you, God Bless you, and may God Bless the United States of America.

Continue reading "オバマの施政方針演説"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 24, 2009

日米首脳会談ですね

そういえば今日、というか明日、オバマと太郎ちゃんが会うことになっているんだっけ。多分米国債問題が真の焦点なんだろうけど、読売にこんな記事。

日本、グリーン・ニューディール全面協力へ…次世代車など
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090224-OYT1T00016.htm

 24日にワシントンで開かれる日米首脳会談で、環境分野に重点投資するオバマ政権の「グリーン・ニューディール」政策に日本政府が全面協力を提案し、合意することが23日、明らかになった。

 麻生首相が提案するのは、次世代自動車の普及や低炭素技術など4分野の「日米エネルギー・環境技術協力」で、この分野で日米が世界をリードしていくことを確認する。世界経済や環境問題など地球規模の課題に連携して対処するため、新たな「日米対話」の枠組み発足も検討する。

 エネルギー・環境分野の日米協力は、〈1〉電気自動車、家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車など次世代車の普及策〈2〉二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる革新的な低炭素技術〈3〉省エネルギーや新エネルギーの市場拡大〈4〉原子力の平和利用——の四つが柱となる。

原子力入りましたね。ちゃんと話したほうがいいよ。オバマから公にはいえないかもしれないけど、ここは重要だと思う。それに結果的には日本企業が相当関わるんだし。

前も出てたけど、いよいよGMとクライスラーが…「departure」らしいです。

朝日 GM、クライスラーの破綻処理を検討 米紙報道
http://www.asahi.com/business/update/0224/TKY200902230362.html

 【ニューヨーク=山川一基】経営危機に陥っている自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに対し、米政府が破綻(はたん)処理をしたうえで再建を目指す手法の具体的な検討に入った、と23日の米紙が報じた。両社の破綻処理には少なくとも、過去最高となる400億ドル(約3兆8千億円)の費用が必要だという。

しかし協力するんだからバイアメリカンはだめだろ。

日経「日米首脳会談で経済再生協力を」 官房長官
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090223AT3S2300E23022009.html

 河村建夫官房長官は23日午前の記者会見で、麻生太郎首相とオバマ米大統領の首脳会談について「初の直接対面なので、両首脳間の同盟国としての信頼関係をいかに築くかが1番大事になる」と述べた。同時に「お互いの経済再生のために力を合わせないといけない。その米国が『バイアメリカン』に傾くことは好ましくないので、率直な話し合いをしてほしい」と注文を付けた。

しかし、自分のことをさておいてこんな要求するらしい。

日経 米、日本の政府調達に不満表明 WTOで改善要求
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090220AT3S2000O20022009.html

 米国は世界貿易機関(WTO)が18、20日の両日に開いた対日貿易政策審査会で「日本の政府調達に外国企業が参加することは極めて困難」と批判し、日本に入札制度などの改革を要求した。

 米国は公共事業で米国製品の使用を義務付ける「バイアメリカン条項」を景気対策に導入して日本を含む世界各国から批判されているが、自国の政策を棚上げして日本に不満を示した格好だ。

あの、こっちには日本製品購入条項なんてないから。日本企業が多いのは「信用」っていう目に見えないけどものすごく合理的な価値があるからなんだけど、そういうのって明文化されていないんだけどもね。アメリカだって、アメリカ製品がそれなりにリーズナブルでいちいち確認しなくても品質が良かったら、そっち選ぶと思うけどね。

とにかく初めての会合なんで、基本はちゃんと話して来ることが大事なんじゃないかなあと思う。変なこと言われたら反論するように! 以上。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

February 22, 2009

ロシアが中国の船を撃沈したらしい

毎日 ロシア:密輸の疑い、中国貨物船を銃撃 沈没、7人不明--ウラジオストク沖
http://mainichi.jp/select/world/news/20090221ddm007030019000c.html

中露メディアの報道によると、貨物船は密輸を行っていた疑いがあり、寄港先のロシア・ナホトカから今月12日に許可なく出港。またロシア国境を違法に横断したとしてロシア国境警備局の艦艇が追尾した。船は15日に数百発の銃撃を受けて停止、ナホトカへ移送される途中に悪天候のため沈没したという。ロシア当局は「貨物船が停船命令に従わなかったため発砲した」と説明している。

産経 貨物船への銃撃を正当化 ロシア外務省
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090222/erp0902221017001-n1.htm

声明によると、警備艇は13日、出港した貨物船に対して停止を求め、威嚇射撃も行ったが、貨物船の船長は18時間にわたって無視したとしている。

産経 国境管理の厳格誇示 ロシアの貨物船銃撃
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090219/chn0902192038007-n1.htm

ロシアの国境警備隊が中国人らが乗った貨物船「ニュースター」を銃撃した事件は、国境管理に対するロシアの強硬姿勢を改めて印象づけた。プーチン首相の大統領在任中に、国境警備部門は出身母体である連邦保安局(FSB)の管轄下に組み込まれており、1月に日本側の北方四島に対する人道支援事業が中止に追い込まれた問題にFSBの意向が働いているとの観測もある。
(中略)
 しかし、中国は最近、ロシアの主要輸出品である兵器類購入を手控えているとされ、「地下資源の輸出を主体とするロシア側からみれば、中国の加工品などの輸出超過が続いている」(専門家)のが実情だ。

不況もあってカニ漁のようにロシアが国境管理が厳しくしているのか、本当に中国船が密輸していたのか…。真相は闇の中だが、すごい話も。

ベンジャミン・フルフォード
アメリカ人の90%以上が革命に賛成
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/02/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E3%81%AE%EF%BC%99%EF%BC%90%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%8C%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%81%AB%E8%B3%9B%E6%88%90.html

背水の陣であるアメリカの秘密政府はパニック状態だ。それと関係してKGB関連のサイトによると、ロシア海軍がロシアから盗まれた核兵器を積んだ中国の船を沈めた。そのサイトによると、その核兵器はアメリカの闇政府に盗まれたもので、アメリカの港で核爆弾を起こし戒厳令を発動するつもりだったそうだ。

ホントかよ…。ホントだったらすごいけどなあ。「24」みたいっすね。ということはロシアが善ってことかい?

有料なんで読めないけど、アクセスジャーナルも取り上げている。

アクセスジャーナル
中国政府が逆にロシア船を大量拿捕かーー露、中国貨物船銃撃事件の深刻事態
http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/

2月15日、ロシア極東沖で、中国の貨物船がロシア国境警備局の艦艇から銃撃を受け、沈没した事件は、わが国大手マスコミ報道とかなり異なり、実に深刻な事態になっているとの情報が入って来た。
 現地報道などによれば、中国政府は中国国民の「ロシアをやってしまえ!」の強いナショナリズムに後押しされ、すでに中国領内にいた153隻ともいわれる多量のロシア船を拿捕しているというのだ。

…。ロシアをやってしまえ、ですか。頑張ってください。

Youtubeにあったビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=iehdtaKyJR8

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 19, 2009

村上春樹のエルサレム賞スピーチ

村上春樹の小説については、何度かトライして撃沈しているので、どうこう言える立場ではないが、エルサレム賞の受賞スピーチには感動した。村上春樹らしい言い回しの中に、ガザに対する日本人としての見方、考え方がよく出ていて、秀逸だったと思う。

finalvent氏が訳してくれているので、リンクしておく。

極東ブログ
村上春樹、エルサレム賞受賞スピーチ試訳
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2009/02/post-1345.html

動画は今のところニュースしかなさそうで。

上記動画をアップしてくれた方も翻訳している。

帆を張る 
村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ(1)
http://blog.goo.ne.jp/km_kenken/e/5acc83d1d1110496ae9c592a57019631
村上春樹エルサレム賞受賞スピーチ(2)
http://blog.goo.ne.jp/km_kenken/e/5551b3f77ec1d58bc7851f531ce88945

| | Comments (0) | TrackBack (4)

郵政民営化と定額給付金は別の話

読売 定額給付金の採決、小泉元首相「欠席する」…衆院再議決なら
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090218-OYT1T00725.htm

小泉氏は「(麻生)首相や党執行部は、現在の与党の議席がどういう形で得られたか、よく理解していない。2兆円の税金を使うなら、ほかにも違う方法があるか、衆院、参院の意見の違いについて話し合ってもいいのではないか」と語った。自らが首相として2005年の衆院選で獲得した衆院の3分の2を超える議席を、安易に使わないようけん制したものだ。

え?郵政民営化には最終的には反対していないよね。内容の見直しは決められていることで、4分社化を見直したっていいはずだけど。郵政選挙だと小泉が言った(そんなことで国政選挙していいのかどうかはわからないが)あの選挙によってもぎとった3分の2を使って郵政民営化を止めるのはおかしいかもしれない。だけど2次補正における定額給付金は別のもの。確かにあまりいいもんでもないとは思うけど、まあ配ってもいい。国民にはね。いくら自分が3分の2を取ったからって、首相を辞めてから郵政以外のことで「俺が取ったから言う事きけ」なんて通らないし、それを言ったら「おしめえよ」ではないだろうか。しかも引退するし、世襲するのに。


朝日を読んでみよう。

朝日 給付金「衆院再議決なら欠席する」小泉元首相が明言
http://www.asahi.com/politics/update/0218/TKY200902180288.html

  小泉氏はまた、「与党は3分の2の多数の力を借りるのが当然という考え方があるが、そのよって立つ原点をよく考えていただきたい」とも語った。前回の衆院 選で郵政民営化を争点に掲げて与党が3分の2以上の議席を獲得したにもかかわらず、民営化見直しに言及した首相が、「3分の2」の衆院再可決を行使するこ とに不快感を示したものだ。

だから民営化の具体策の見直しはもともと法に書き込まれたもんだと思うけどね。法案 に賛成して自民党に投票した国民も、郵政選挙で当選した3分の2の議員もわかっていたはず(苦笑)。それがおかしいなんて、あんたがおかしい。まあかんぽ の宿問題がかなり効いてきているのかなと思うけど。

採決に棄権した場合の対応について、首相周辺は「元総理であっても処分する」と述べた。

息子が公認をもらえない可能性もあるってことか? 美男子らしいので、「かわいそう〜」なんていって当選しそうだけどね。

あ、法案についてはこれかな。当初の大方針でも示されている。

首相官邸
郵政民営化の基本方針
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2004/0910yusei.html

民営化後、郵政民営化推進本部の下に、有識者から成る監視組織を設置する。監視組織は、民営化後3年ごとに、国際的な金融市場の動向等を見極めながら民営化の進捗状況や経営形態のあり方をレビューする。

と書いてある。「国際的な金融市場の動向を見極め」たら、大恐慌の今こそ見直しすべきなんじゃないのかね。そして1行目がこの文。

明治以来の大改革である郵政民営化は、国民に大きな利益をもたらす。

……ノーコメント(苦笑)。

で、郵政民営化法案が通った際、付帯決議でも書かれている。

附帯決議(平成17年10月14日 参議院郵政民営化に関する特別委員会)
http://www.yuseimineika.go.jp/houan/050926_pdf/sankou/sankou_04.html

民営化委員会が行う三年ごとの見直しには、設置基準に基づく郵便局の設置状況、金融保険サービスの提供状況を含めること。また、民営化の進捗状況及び民営化会社の経営状況を総合的に点検・見直しを行うとともに、国際的な金融市場の動向等を見極めながら、必要があれば経営形態のあり方を含めた総合的な見直しを行うこと。


産経 【政論探求】これぞ「小泉アンコール劇場」だ
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090217/stt0902170112000-n2.htm

 それどころか、自民党内には「ガス抜き効果」が生まれ、弛緩(しかん)したムードが一掃されて緊張感すら高まった。造反候補と目されている議員への圧力も一気に強まった。

 衆院再可決が不可能になるだけの「造反新党」でもできれば別だが、総選挙を前にして、個々の議員心理としては「造反−非公認」、さらには小泉郵政解散当時のような「刺客」擁立を招きかねない行動など、取れるわけがない。

そうなんでしょうかね。小泉一派も結構しぶといから、どうころぶかはわからないと思うけど。ただ、ちょっと今回の小泉元首相の発言は苦しかった。


というわけでほかの方のご意見をば。

ジャパンハンドラーズ
定額給付金に反対する政治家・財界人は国民のためを考えている訳ではない
http://amesei.exblog.jp/9358878/

給付金は元は税金(将来の消費税)。国民のカネ。そのカネの使い道を国民代表の国会議員が議論しようとすると、財務官僚とアメリカがぶんどり合戦を始める。そこに宗教勢力の公明党まで加わってきている。こう考えると、まだ公明のほうが善人に見えてくるから不思儀。

城内みのる
小泉元総理の造反発言
http://www.m-kiuchi.com/2009/02/18/koizumimotosourizouhan/

よほど麻生総理の郵政民営化見直し発言が頭にきたのであろう。
「かんぽの宿」問題はじめ、「郵政利権の不正かくし」に必死という感じだ。
ここで麻生太郎総理が降参したら終わりである。しかし、その可能性は高い。
自民党も日本社会、いやこの地球と同じだ。
たった一握りの人たちによって牛耳られている。

小泉発言とはずれるけど、フジ「新報道2001」に出た鳩山邦夫大臣へのインタビュー(動画)を掲載している浪人さんもリンク。

或る浪人の手記
パーフェクト・ハトポッポ
http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-1585.html

 未だに、ケケ中平蔵のアホ極まりない詭弁を鵜呑みにして、「かんぽの宿は年間50億の赤字を出していた不良債権。売れただけマシ」とか言っている脳味噌あぼーんが散見されるが、動画中で鳩山大臣も語っているように、かんぽの宿は稼働率70%で、普通なら当然に黒字のものであるにも関わらず、保険加入者あるいは一般国民への利益還元の意味合いで、政策的に安価な設定にしているから赤字だったのだ。


さて、定額給付金なんていらないという小泉さんのおかげで、地方は疲弊してまっせ。

朝日 「小泉改革前に戻りたい」 自民26地方組織、転換訴え
http://www.asahi.com/politics/update/0218/TKY200902180312.html

地方経済を疲弊させた「小泉改革」の総括なしに総選挙は戦えないという危機感が広がっている。


ところで久々にお?と思ったオルタナティブ通信の記事。

オルタナティブ通信
小泉元首相はCIA工作員
http://alternativereport1.seesaa.net/article/114475849.html

本当かどうかは知らないけど、もしそうなら、CIAもそろそろ日本の空気を読んだほうがよかろうと思うけどね。工作員も方針も少し変えたらどうかしらん?

Continue reading "郵政民営化と定額給付金は別の話"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 18, 2009

不況なんだから、是々非々で国益は守ろうよ

不況らしい。

不況なんすか?っていうエントリも書いたけど、そりゃブランドものの下がり方が大したことないって件なんで、周囲は不況だなとは思っていたんだが、昨夜、某所成城石井に行って驚いた。人がいないんだよね。午後9時すぎだったんだが、それくらいの時間はちょっと前まで人であふれかえっていたものだ。残業してご飯食べ損ねた人が、成城石井に来ていたのだ。それがパッタリといなくなっているんだよね。おとといもそうだったそうで、まあ週前半だからかもしれないが、ちょっと異常だなと思った。残業しなくなったのか?

それに外食産業が打撃を受けていると思う。最近あまり外食してないんでわからないが、のぞいてみるとガラガラだったり。いつもは混んでいる店にすっと入れたり。

GDPも10−12月期で年率換算で12.7%減なんだそうで。というかさ、これって、年率換算なんで、前期比では3.3%減なんだが。いきなり10−12月期が12.7%減なのかと思ったが、なんだ3.3%ですか。この場合の前期比ってのは7−9月期でいいんだよね? 

ロイター  10─12月期実質GDPは前期比‐3.3%、年率‐12.7%=内閣府
http://jp.reuters.com/article/economicIndicatorsAndComments/idJPnTK023435720090215

内閣府の発表
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe084/main1.pdf

でさ、対策すべき、現麻生政権なんだけど、確かにダメダメで目もあてられないし、2次補正は成立しないし、もういい加減にしてほしいのはその通りなんだけどさ。中川(酒)とかも、誰か酒を止めろとか思うけど、そればっかり放送してるテレビってなんかおかしくないか? 記者会見で酒で失敗するのはダメだけど、会議自体で失態したわけじゃないしな。私はかんぽの宿のほうがずっと問題だと思うんだが。あ〜いらいらする。

というわけで、ゲリラ氏と二階堂氏が飛ばしまくっているので、まあお読みになっている人が多いとは思うけど、忘れないようにリンクしておく。

二階堂ドットコム
■ オリックスはかんぽの宿をアテにしていた!!!
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2341.php
■ アメリカにボラれるF-22を買うな!ユーロファイターが国益にかなう!
http://www.nikaidou.com/2009/02/f22.php
■ マスコミにハメられた・・・ということにしよう。
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2350.php
■ 麻生はアメリカに呼ばれて郵政民営化を念押しされるんだぞ!
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2353.php
■ なぜ、F-22がダメなのかについての続き
http://www.nikaidou.com/2009/02/f22_1.php
■ さぁ!ここで鳩山内閣誕生です!
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2355.php

鳩山総務大臣が相当頑張っていると思う。そもそも国債を買うだけじゃなくてかんぽの宿までアメリカに差し出すなんて、国民をバカにしてないか? 竹中が新聞に出まくっているらしいけど、大手マスコミさんもグルってことですか? それとも本当にいいと思っているとか…。ちょっとさ、いい加減にしようよ。

ネットゲリラ
鼠獲りにかかった鼠が騒いでる件
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_1f86.html
うっかりしなきゃと思ったら
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_c296.html
国民が飢えようが死のうが改革第一
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_94dc.html
高値は難癖つけて外す「入札」
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_a145.html
ヤクザと外資と大学教授
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_c6fc.html
マスゴミは犯罪幇助で電波停止
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_5b6c.html
日本海をめぐる暗闘
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_3937.html

「日本海をめぐる暗闘」のエントリが素晴らしい。ま、2チャンネルのコピペだけど、これってある程度本当のことだと思う。中国が掘削するずっと前から某社が春暁あたりの石油探査をしたいと言っていたのに、国から中国を刺激するからと止められていたと聞いたことありまっせ。

そんなわけで、いつまでアメリカ様の言う通りで行くのか? 結局、軍隊持ってないからなんじゃねえの?って気になってくる。戦争は絶対反対だけど、守れないんじゃどうしようもないし、アメリカに首根っこ抑えられていたら、いつまでも同じだよね。残念だし、不本意だけど、平和憲法さえ守っていればいい時代は終わってしまった。だって周囲は反日か侮日ばかりなんだから。

日高義樹のワシントンレポートでキッシンジャーが、今年は日本がアメリカから離れていくと言っていたが、今日のロシアとのサハリンLNGの工場稼働式も含め、アメリカの国益と日本の国益が相反しているので、離れていくというのは本当かもしれない。でもそろそろできることはできる、できないことはできないと言うことは重要じゃないかねえ。今の日本にできることは米国債を買うことくらいです。かんぽの宿まであげられませんし、F22を買うのも無理っぽいな。

というわけで、鳩山総理大臣でいいです。ぜひ、やりましょう。って言う人って少ないんだろうな(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2009

景気対策法とゴタゴタ日本

アメリカの景気対策法案がまとまったようである。上院の案でも下院の案でもない新しい法案になったらしいが、規模はどちらよりも縮小され、バイアメリカン条項も維持された。共和党からの賛成はたった3票で超党派は夢のまた夢。しかも60票目の最後の1票に5時間も待って政府専用機まで飛ばしてようやく法案が通過したようだ。あとはその他手続き後、オバマがサインして成立するらしい。公言していた16日よりも1日遅い17日にサインすることになるようだが。というわけでニュースクリップ。

WAPO
Congress Passes Stimulus Package
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2009/02/13/ST2009021302017.html

Obama Will Sign Stimulus Bill on Tuesday
http://voices.washingtonpost.com/44/2009/02/14/signing_of_stimulus_bill_expec.html

Congress Trumps Obama by Cuffing Bonuses for CEOs
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/13/AR2009021303288.html

USA today
Obama celebrates 'major milestone' with stimulus win
http://www.usatoday.com/news/washington/2009-02-14-obama-stimulus_N.htm

産経 米景気対策法案、上下両院で可決
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090214/amr0902141259014-n1.htm

日経 米景気法案の上院可決、「最後の1票」に5時間待ち
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090214AT2M1401214022009.html

日経 米の72兆円景気対策、法案成立へ 需要創出へ異例の早期決着
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090215NT5MM2J01114022009.html

AFP 景気対策法案可決は「大きな節目」、オバマ米大統領
http://www.afpbb.com/article/politics/2571871/3795771

ガイトナーのデビュー会議、G7では、財政出動と保護主義への懸念が表明されたわけだけど。

毎日 G7:一斉に財政出動 需要・雇用拡大へ声明、保護主義を回避
http://mainichi.jp/select/world/news/20090215ddm001020072000c.html

景気刺激法案が成立して、次はいよいよビッグ3問題なのか?

日経 GM、破産法も選択肢 再建計画、米紙報道
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090215AT1D1400N14022009.html

日経 今週の見通し・NY株 自動車の再建策に注目
http://www.nikkei.co.jp/news/market/20090215c8MS3M14009140209.html

景気対策法が成立する見込みとなり、すぐヒラリーが来日するんだけど、もちろん焦点は財源となる米国債なんだろうね。さて、日本はどうやって引き受けるんだろ。

かんぽの宿を含む郵政民営化がらみでガタガタの日本だから、多分、政府内でなんの条件闘争の合意もなくヒラリー迎えちゃうんだろうな。そりゃさあ、拉致被害者問題は重要かもしれないんだけど、それだけが交換条件じゃね〜だろ。

で、次の選挙で政権を取りそうな日本の民主党にもヒラリーは会いたいと言ってきてたのだが、小沢党首を中曽根外務大臣より前にヒラリーに合わせろなどといって、一度断ったりしていたらしい。…一応、あんたら野党なんだから、少し立場をわきまえろよ。例えば共和党重鎮がオバマより先に首相に会うなんてことありえねえだろ。この提案だけで民主党を支持できない私がいるんだけど…。

日経 小沢氏とクリントン米国務長官、17日夜会談で決着
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090215AT3S1401814022009.html

NEVADA
経済速報(ドタバタ劇を演じる民主党:クリントン国務長官会談)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/717020.html
まったくもって同意。

マスコミは小泉の発言を大きく取り上げて「小泉劇場の始まりか」なんて騒いでいるというか、騒ぎにしようとしているけど、国民はもっと醒めていると思うよ。今、追いつめられているのは小泉一派なんだし。そりゃね、官の事業はダメなところでいっぱいなんだが、だからって国民の財産でもある郵政事業を、一派に覚えめでたい人たちで分け合っていいという話ではないんでね。さすがに不肖の息子に後を次がせる世襲の小泉では、マジックはあんまり効かないと思う。全く効かないわけじゃないけど。

こうなったら、いっそのこと選挙もしないで、政界再編をしていただいて、民主党と小泉一派がくっつけばいいじゃん。まあ民主党でも大きな政府派はいるだろうから、民主党もちくっと分裂していただいて、ガラガラポンで大きな政府派と小さな政府派に分けようじゃん。そしたら国民にとってはわかりやすくてよろしい。民意はそこにあると思うけど、いかが?

| | Comments (4) | TrackBack (1)

不況なんすかねえ?

ブランド好きの日本人がブランドを買わなくなったとの日経の記事。

日経 海外ブランド、国内販売急減 LVMH、08年10%減
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090215AT2F1400B14022009.html

LVMHの08年の日本での売上高は未公表だが、世界全体の171億9300万ユーロ(約2兆280億円)のうち10%の2000億円程度。同社の発表によると円ベースで前の年に比べて10%減少。08年10—12月の減収幅は1—9月期の前年同期比7%減から拡大した。

新聞記事だともうちょっと長くてカルティエも18%減ということだけど、ヴィトンはたった10%減。こんなに不況って騒がれて、そんなもんかと思ったのは私だけ? でも確かに現在でもブランド店には人がいっぱいだし、買う比率が10%減ったのか、少し安めのものに移行したのか知らないけど、欲しいものは買うってことだね。

日本のメーカーが赤字になるのは円高によるところが大きいわけだ。だから海外ブランドの売り上げが日本円ベースで10%減収になったとしても、ユーロは一時の169円から116円に下がっているので、46%くらいの円高になっていることになる。カルティエが20%近く下がったとしても、ユーロで見たら下がってないわけだ。しかも46%の円高なら、ブランドものを買う人は現地行って買うかもしれない。それに今後、円高差益還元でもすれば、また売れるかもしれない。だから、日本で売れなかったからって、必ずしも消費が冷えているともいえないんじゃね? 韓国とか中国とかから来て買う人がいなくなっただけかもしれないし。

私のほうは不況なんだけど(苦笑)、世の中はあまり不況に見えないんだよなあ。まあバレンタインデーが土曜日だったチョコメーカーは今年は不況だと思うけど、デパートには人がいるし、高いものは買えなくてもちょっと安くなれば買っているらしいし。外食産業は確かに大変そうだけど、その分、スーパーとか食品系は良くなったりしているわけで。

で、陳さん経由でみたあかさたなの執行実験場の中の人もそういってる。

あかさたなの執行実験場
不況だろうがなんだろうが、伸びるところは伸びる。
http://sikkojikken.at.webry.info/200902/article_23.html

建築関係の人にちらりと聞いたのだが、2次補正で予算化された省エネ改修補助事業への募集があふれかえっているそうで。ニーズにぴたりとあっていたらしいんだが、2分の1以内の補助なんで、少なくとも予算の2〜3倍は金が回るらしい。こういう政策をコツコツ積み重ねることができればいいと思うけどね。

派遣は切られているし、正社員も削減されるようなんだけど、全員が切られるわけじゃない。ブランドショップの人だかりを遠目に見て「不況っていっても富裕層ってたくさんいるんだ」と思うわけなんだけど。バッグに10万円以上払う余裕なんてないぞ。カメラとかパソコンとかなら買うけど。というか、日本人ならそうあるべきじゃない? バイ・ジャパニーズってことで。あ、とはいえ今はヴィスタがイヤでマックですけどねえ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 11, 2009

スコセッシの「沈黙」

朝日 遠藤周作「沈黙」映画化へ スコセッシ監督メガホン
http://www.asahi.com/culture/update/0210/SEB200902100011.html

主人公の司祭ロドリゴ役として「チェ」2部作で主演のベニチオ・デル・トロのほか、08年にアカデミー賞主演男優賞を受けたダニエル・デイ・ルイスやガエル・ガルシア・ベルナルと交渉中。

へええええ。と思ったのでクリップ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の失敗を見習うっていわれても

今さらなんだが太郎ちゃんには失望した。郵政民営化には反対だったって言い続けるべきだよ。そりゃ、今の自民党の立つ瀬がないといえばそうだけど、だって私は反対だったんだから(苦笑)、「よく言った」とせっかく膝を打っていたのに。まあ、どっちでもいいけど。

そんなわけで、太郎ちゃんがダボス会議で威張って言ってきたらしい失われた10年どころか20年の「日本の経験」について、オバマが初の記者会見で触れ、景気刺激策の重要性を説明した。

日経 米景気対策、日本の失敗教訓に オバマ大統領
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090210AT2M1001810022009.html

日経 オバマ米大統領の会見要旨
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/us2008/news/20090210d2m1001g110.html

日本の失われた10年が、迅速な対応をしなかったせいだ〜と言っているようで。余計なお世話だが、まあ世界中に言い回っている日本だったりもするので、言われても仕方ない。ゴードン・ブラウンも「日本のようにならない」と言ってたし。しかし日本が迅速な対応をできなかった要因と、今アメリカ国内で景気刺激策に反対している人たちの言い分って似ているような気がする。というか日本が20年近く失うことになった原因って、アメリカの介入もあったように記憶しているんだけど、違うっけ?

話をアメリカに戻すと、翌日の10日、アメリカではバイアメリカン条項を含んだままの景気対策法案が上院でなんとか可決し、加えてガイトナー財務長官が、2兆円にのぼる追加の金融安定化策を発表したんだが…。

CNN 景気対策法案、上院で可決 下院との一本化作業へ
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200902110003.html

ロイター 米政府が金融安定化策、不良資産買い取りへ官民ファンド設立へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36417220090211

中身がハッキリしていないので株価は大幅に下げたようだ。

日経 NY株大幅続落、終値381ドル安の7888ドル 金融安定化策に失望
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090211AT3L1100111022009.html

原油まで下がっている。

産経 NY原油、37ドル台 1月中旬以来の安値
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090211/fnc0902110949002-n1.htm

そんなわけで、まだまだ上手くいっているとは言えない経済対策だが、法案がまとまりそうな景気刺激策についての分析はこちら。

原田武夫
誰も語らぬオバマ景気対策法案から見える次なる「潮目」
http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/a384d0693132e7708a08e6d8c12be142

中岡望の目からウロコのアメリカ
オバマ政権の通商・為替政策:中国人民元問題とバイアメリカン条項
http://www.redcruise.com/nakaoka/?p=274

ダイヤモンドオンライン
真壁昭夫
事態の深刻さを理解できない米国民がオバマ改革の成功を阻む
http://diamond.jp/series/keywords/10064/?page=3

当然ながらバイアメリカン条項についてはG7で議論になるようだ。

ロイター 米「バイアメリカン」条項、G7で議題に上る見通し=カナダ財務省高官
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36413220090211

いずれにせよ、今後の経済面におけるアメリカ最大の焦点は30年債が売れるかなんだろうな。ヒラリー来日も国債が目的だと思うし。ヒラリーが16日に来日するのに合わせて、前日の15日に北朝鮮がテポドン打ち上げるらしいけど。それに対抗してかどうかは知らないが、日本政府は会談で拉致被害者問題を取り上げるらしい。そのほかにも当然F22とか、バイアメリカン条項とか、その他もろもろについてもちゃんと話すんだろうな。いずれにせよ買わなきゃいけないなら、なるべく有利な条件を導きだしてほしいものだ。国債を買ったもしくは持っている量の順番にバイアメリカンを緩和するとか(苦笑)。そうすると中国が一番になっちゃうから意味がないか。早い者勝ちってのはどう? 


関係ないけど、以下覚書リンク。

オフィスマツナガ
月面探査ロケットと空母と潜水艦
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50766543.html

原田武夫
温暖化対策の“真打ち”原子力セクターの「潮目」とは?
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/02/post_99.html

日経WAGAMAGA
オバマ気分味わう官邸内幕ドラマ
http://waga.nikkei.co.jp/enjoy/tv.aspx?i=MMWAe6000009022009
ドラマ『ホワイトハウス』について、熱心に解説してます。

株式日記と経済展望
ロシアは相当お金に困って北方四島も返還される可能性が高くなってきているように思います。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c026043b08fa91b4345af970c0c0cd1b

ぐっちーさん
漁船拿捕は国家プロジェクトか?
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/eba7f245fb164d268c59299594515efb

読売 世界の原油需要、27年ぶり大幅減…IEAが09年見通し
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090211-OYT1T00827.htm?from=main2
ロシアがやばいというのもうなずける。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 08, 2009

ロシアより愛をこめて キルギス編

日経 キルギス、米空軍基地の閉鎖を表明 米のアフガン作戦に打撃
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090204AT2M0401704022009.html

CNN 民間人殺害や低額の貸与料も要因と、キルギスの米空軍基地閉鎖
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902070008.html

そんなわけでキルギスの米空軍基地の閉鎖が決まっちゃったようなんだが、アフガンに注力するというオバマ政権には最悪の痛手だ。日本ではほとんど報道されていないし、テレビで見たのは記憶にある限り、海外ニュースでちらりと見ただけだったんだが、改めて考えてみると、これって相当まずいのでは? この辺の事情についてはミスター苺氏がわかりやすい。

苺畑より
プーチン、オバマに一発かます
http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2009/02/putin_bootin_obama_pinata.html

苺氏によればかつてはウズベキスタンにもあった米軍基地を、マケインやバイデンが余計なことをしてなきものにし、今回、キルギスの基地もロシアの莫大な資金援助によって失うことになった模様。で、アメリカはそれに気がついていなかったらしい。

この件については、オバマが経験不足というのもあるだろうが、むしろブッシュ政権の故意の不作為に見えるなあ。

結局、プーチンもブッシュも中央アジアの石油や天然ガスが狙いなようだ。アフガンはそれを欧州へ送るための要所。ブッシュ側人脈もロシアもここを抑えたいわけだ。オバマは…戦争止めたいだけかもしれないんだけど、これじゃ止めるのも大変だ。

杜父魚文庫ブログ
米アフガン新作戦に影響 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=924693

マスコミに載らない海外記事
中央アジアにおけるアメリカの戦争
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2009/02/post-d4a2.html

原田武夫
中央アジアを巡って火花を散らす大国
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/02/post_98.html

カザフはアメリカについているようだけど。

杜父魚文庫ブログ
米国はカザフスタンにテコ入れ 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=924772

そんなわけでいきなり大変な外交問題が発生したオバマのアメリカ。そこへロシア メドベージェフ経由、ABBAファンのプーチンが…。

米流時評
メドベージェフとオバマ/ユーラシア防衛とキルギスタン
http://beiryu2.exblog.jp/9302695/

CNN ロシアが非軍事物資輸送の領内通過を容認、米軍のアフガン作戦
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902070006.html

う、う〜〜〜ん。これって手を差し伸べているっていうんじゃないよなあ(苦笑)。プーチンにとってはオバマなんて赤子の手をひねるようなものかもしれないんだが。なんという難局。

日経 キルギス基地閉鎖「残念」 クリントン米国務長官
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090206AT2M0601106022009.html
ウズベクに戻るらしいけど、うまくいくんかいな。

で、大変ついでにアメリカは日本から収奪するらしい。いや、前にも書いたけども…。

nikaido
アメリカは日本から収奪しようとしてますよ
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2305.php

原田武夫:「ヒラリー訪日」報道を巡る不可解な事情
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0204&f=business_0204_043.shtml

 実際、ホワイトハウスでは本日(4日・米国東部時間)、ブッシュ前政権下で行われてきた米中戦略経済対話(SED)についての今後の取り進め方について関係閣僚による議論が行われる予定になっている。先日行われたガイトナー財務長官による議会証言をはじめ、中国に対して「為替操作国だ」といった批判を繰り返すオバマ政権が、対中圧力を強めるべく、今後の米中協議の枠組みを巡っても強硬姿勢をとることは間違いない。それを知ってのことだろう、ここにきて中国マーケット関係者の間では「中国政府は米国債の暴落によって損失を被らないよう、間もなく金(ゴールド)に保有資産を転換し始める」といった分析が語られつつあるという情報がある。中国の国営メディアも、米国債を大量保有しているのは他ならぬ中国であると大々的にアピールしつつあり(2日付人民網・参照)、こうした米国勢からの攻勢に対し、徹底抗戦の構えを崩していない。

ブルームバーグによると、中国とアメリカの関係は、ちょっとこじれているだけで、そのうちG2の時代に入るらしいんだが(それなら2国でやってくれよ)、今、中国がへそを曲げているので、とりあえず確実な日本から財源を確保しようという算段らしい。

田村秀男の経済がわかれば、世界が分かる
オバマ政権と「日米中」三角関係(3)中国の面子が促す米中G2
http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/904778

日本はアメリカの都合のいいお財布だからねえ。だから麻生太郎はあそこで郵政4分社化見直しを言ってたりして。だってどう考えたって、自民はバラバラになり、選挙せざるをえなくなるだろうし。そんでもって紛糾しているから決められないとか言って、ヒラリーを追い返す計画だったりして。…ってそんなわけないか。

うん?
オフィスマツナガさんのところで、有料で見られないんだけど、こんなエントリがあった。

麻生総理 2月10日(火) 「大きな資金の問題」に直面!
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50772751.html

まあ、タロット占いのようなんですがね。アメリカの景気対策法案は10日に上院を通過するらしい。と、いうことは…。ま、時差はあるけど午前中なら間に合うんじゃ…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2009

プーチンはABBAファン

AFP=時事 ロシア首相は隠れ「ABBA」ファン=カバーバンドのコンサートで踊る
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-AFP021060.html

ちょっと前だけどこんなニュースも。

プーチン露首相がスケッチした絵画、約1億円で落札
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-35937220090119

プーチンはビートルズファンでABBAファンで画伯らしいんだが。画伯って、20分、適当に描いたのを、プロが仕上げただけなのにねえ…。まあ人気ということで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

閉じていくアメリカ

オバマがワシントンポストに投稿までしてなんとか通そうとしていたアメリカの景気対策法案が、ようやく1000億ドル減額でまとまったらしい。

Washington Post  Feb 5
The Action Americans Need
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/04/AR2009020403174.html

日経 米上院、景気対策法案に修正案で暫定合意
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090207/biz0902071106004-n1.htm

ロイター Senators reach deal on stimulus bill
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSN0142074920090207

問題になったのはバイ・アメリカン条項のほかに、なんとかの一つ覚えみたいに減税がいいって叫ぶ共和党議員。

産経 バイ・アメリカン条項修正可決 米上院、削除案は否決
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090206/amr0902060118001-n1.htm

産経 「バイ・アメリカン条項」大論争 オバマ大統領に“踏み絵
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090203/amr0902031807022-n1.htm

バイ・アメリカン条項…。お得意のアメリカご都合主義の保護主義ですな。クリントン時代のスーパー301条なんかも相当な保護主義っぽかったけど、民主党になると保護主義がわかりやすく出てくるんだよねえ。まあ、そういう時しか政権担当してないというのもあるが。

とはいえコストだけで判断すると、中国製の鉄が安いから使おうなんていうと全部中国製になりかねないからなあ。それがアメリカのいいところでもあったんだけど。この条項の問題点は、上院に行ったら鉄だけじゃなくて工業製品全体に広がっているところだ。しかも必ず使わなきゃいけないってところ。オバマが修正を求めたらしいけど、あまり修正されてないみたいだ。WTO加盟だとちょっと緩くなる程度らしい。 

これまでグローバル化を進めてきた張本人がこんな条項作るなんて、本当にご都合主義だ。オバマも明確に反対していない点が気になる。

もしアメリカがこれを続けるつもりなら、今後は日本に米国産米とか米国産牛肉を買えとか要求しないように。きっと要求するだろうけど。しかもヒラリーは米国債を買えって言いに来るんだろうなあ。金は日本でアメリカ国内で還流させるなんて、間違ってないか?

ま、あと、例によって小さな政府信奉者によって、景気対策用予算も減額されているし。

で、クルーグマンが怒ってます。

Translation Note
がけっぷち By PAUL KRUGMAN 2009.2.5
http://blog.goo.ne.jp/kkt_2008/e/f38b103a293a7ab8c11dfd1e51b33082

オバマの経済プランが成立すれば、アメリカが失われた10年を経験することはないだろう。それもかならずそうとはいえない。僕をふくむ多くの経済学者が、その計画では不足があり、実質的にもっと大きなものでなければと考えている。ただオバマのプランは、われわれの状況をかならずや改善してくれるだろう。だから共和党がこのプランを小さくして、効果をなくそうとするのは、そしてブッシュがやったような減税をもう一回まるまる繰り返すようなものにしてしまうのは、まったく致命的といっていい。

…微妙にそうなってるよな。

とはいえクルーグマンも、オバマの経済プランで、失われた10年を経験しないってのはちょっと甘いんじゃないすかねえ?

経済には詳しくないんだが、設備入れ替えや橋などの公共工事は下支えになるとしても、人の手があまり要らない新エネルギー関連製品で経済勃興は無理だし、自動車もハイブリッドならともかく電気自動車になると部品点数が少なくなるので新興国が先進国と同等の車を作ることができるようになる可能性が高いと思う。

そんでもって肝心なところが抜けている。それはほかの人も指摘しているが原子力関連なのだ。公共工事的に一時的な雇用も作りそうで、エネルギー安全保障にも役立ち、かつ今後20年くらいの電力需要にも、軍事的にも、海外ビジネス展開にもニーズがありそうな原子力関連にオバマの発言はない。

イメージが悪いのはわかるけど、カーン博士も解放されたようだし、アメリカにとって核不拡散を含む世界戦略において原子力研究は必要だろうに。しかも一方で電力用の原子力発電所は何十年も建てられていなくて、現存の発電所は老朽化している。まあ選挙戦では、マケインに問われて原子力は重視していると言ってたけど。

日経 米経済再生諮問会議、GE会長ら起用 オバマ大統領が布陣発表
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090207AT2M0603O06022009.html
GEが入っているあたりで、原子力を考えるんでしょうかね。う〜む。

CNN 「核の闇市場」のカーン博士の自宅軟禁を解除、パキスタン高裁
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902060026.html

今のアメリカってグローバル化で開きっぱなしになっていた扉を、突然、閉めつつあるって感じにみえますね。というか要塞を作ろうとしている感じ。それも日本の金、というか郵貯の金で(苦笑)。

バイ・アメリカン条項なんてニューディールと同じらしいけど、グリーン・ニューディールも、共和党のおかげで刺激策も減額され期間が短くなり、民主党(?)議員たちの利益誘導でバイ・アメリカンなんてやると、ルーズベルトと同じになって、世界がブロック化されて、戦争しなきゃいけないらしいっすよ。今度は日本も巻き込まれないようにしないとねえ…。でもどうしたら…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かんぽの宿と郵政民営化

かんぽの宿の件、すごいことになってますねえ。尾辻さんの狼煙で総攻撃が始まった感もあるけど、なぜか自民党(外資族以外)と野党が共闘しているし(苦笑)。

朝日 野党3党、かんぽの宿追及へ結束 疑惑「政権の命取り」
http://www.asahi.com/politics/update/0206/TKY200902060221.html

朝日 かんぽの宿問題追及、総務相と社民・保坂氏が意気投合
http://www.asahi.com/politics/update/0206/TKY200902060352.html

なかなか鋭い指摘をしているのが社民党の保坂氏。入札は一般競争入札じゃなくて企画提案コンペ(笑)だったそうで。

保坂展人のどこどこ日記
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/

その証拠に400億円で入札した不動産業者が落とされているってんだからなあ。

週刊新潮
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

だんだん、株式日記さんが言う通り大疑獄事件になりそうな、かといってならなそうな雰囲気になってきましたねえ。一連の株式日記さんのエントリはこちら。古い順に並べてみる。

株式日記と経済展望
郵政民営化で「かんぽの宿」が1万円で売却され、半年後に6000万円で転売された
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/01cbccaf57aa49ff54b8e7f27b741627
「かんぽの宿」の疑惑が民営化見直しの大問題なのに、全く報道しないのは小泉疑惑に発展するからだ
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/a3efa5cfecefe0858ced87efabcb773d
小泉以降の諮問委員会の業績と利権の関係が戦後最大の疑獄事件になる可能性がある。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/6064393b9efc9ff9b6692bdf568bfb0d
「かんぽの宿」の所管が日本郵政会社になったときから譲渡は筋書きだったのか?
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/4986715d69be48ddc5437a6746d5302b
東急リバブルが千円と評価した沖縄県内の運動場を、4900万円で転売していた
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c4ac28fb63a249a5b0f18e6042b87b68
「かんぽの宿」オリックスへのバルクセールは、オリックスのインサイダー取引であった?
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f10237956adee6e42c129fad731e7320

いまだに入札は正規に行われているのにオリックスかわいそ〜みたいな報道も散見されるけど、オリックスが落札したかんぽの宿バルクセールについて、日本郵政側として資産評価したのはオリックスが出資しているメリルリンチ日本証券らしいので、出来レースと言われてもしかたないんじゃない?

オフィス・マツナガ
鳩山邦夫総務大臣質問書全文
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50771955.html

でもって、トップの太郎ちゃんが「郵政民営化反対だったもんね。4社化見直そうぜ」発言。

朝日 郵政4社体制、首相が「見直すべき時に来ている」
http://www.asahi.com/politics/update/0205/TKY200902050333.html

当然だが、発言ブレブレと非難されている。

時事 「ぶれる首相」またも=自民内からはため息
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009020501003

私の記憶が正しければ、麻生太郎が総務大臣をやらされたのは郵政民営化に反対だったからだ。わざと小泉がそこに置いたのだという分析が当時報道されていた。だけど、結局コイツはやらないだろうということで総務大臣なのに郵政民営化からは外され、竹中が担当になったというのも、報道されていたことだったと思うんだが、マスコミさんたちは記憶力がないらしい。

あは、こんなの見つけた。

小泉内閣メルマガ161号
シリーズ郵政民営化
http://www.mmz.kantei.go.jp/k/mm/161ir/yusei.html

麻生太郎HP
2005年8月号     『郵政民営化』
http://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2005_8.html

NETアイ 
「小泉裁断」予告した竹中平蔵の沈黙(2005/4/20)
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/shimizu2/20050419ne84j000_19.html

まあ……ブレているけど(苦笑)。でも当時から民営化ならもうからないといけないとは言ってますよねえ。その意味で4分社化が正しいかどうかはわからないというのは本当では?

それに当時、総務大臣として郵政民営化に断固反対していたら、太郎ちゃんは首相にはなれなかった。だから閣僚として仕方なく賛成に回ったというのは、政治家の信条としてはどうなんだというのはあるが、キャリア形成にはよくある話だね。小泉は総理大臣にならなきゃやりたいようにできないというのを見せつけていたわけだし。だから正直なところ、あまり非難する気になれない。ようやく好きにできるようになったんだなと思うだけだ。

というわけでネットゲリラさんの言う通り、クーデターが起きつつあるようです。うまくいくかわからないけど、現在の主役はおぼっちゃま2人だから、ある意味恐いものなしなんで、なんとかなるかもね。ただアメリカには麻生セメントの株主の弁護士をしていたヒラリーがいるからなあ。外資族はその辺を使うかもしれないっすね。

ネットゲリラ
こっそりクーデター
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/02/post_6be4.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 01, 2009

尾辻秀久議員の代表質問

いや〜素晴らしい演説でしたね。規制改革会議や経済財政諮問会議を切り捨てるなんざ、自民党議員にはなかなかできない技。こんな素晴らしい質問なのに、ニコニコでしかビデオがみつからないので、とりあえず貼付け。

尾辻議員のHP
http://www.otsuji.gr.jp/

1月23日に行った民主党・山本孝史議員の追悼演説も胸を打つものだった。動画もあるけど、とりあえず議事録をリンク。
http://www.otsuji.gr.jp/aitou.htm

尾辻さんのプロフィールをホームページでみると、防衛大学在学中に母をなくして故郷の鹿児島に帰り、妹を大学に進学させたあと東大に進学。でも学園紛争で何も授業がなかったため5年をかけて世界一周したという人。自民党議員としては多分異端児だろう。でもこういう人だからこそ、一般国民の感情に訴える演説ができるんだろうな。

まだ日本にはいい政治家がいますね。ぜひ、がんばってほしいものです。

ところで竹中とか何の責任も取らないんですかね。

追記:2ch政治板の「闇の声」さんによると、尾辻さんの質問のあと、安倍ちゃん→一太が大騒ぎしたそうで。この大不況時に、まだあの「改革」を叫んでるわけ?

332 闇の声 [] Date:2009/02/01(日) 09:41:42 
    尾辻の演説の後、大騒動だった
    一番の発信源は安倍でありその側近中の側近を自称している山本一太が大騒ぎをして、懲罰に掛けろとかほざいたらしいな
    そんな気違いは放っておくとして、中川は内心かなり穏やかじゃないし 支部組織から続々と激励のメッセージが来る事で党が分裂するだろうとの感じを明確にした・・・ここで誰を担ぐのか、あの演説は明らかに次のステージに政変劇を持って行く形にした
    と言うのも、参院自民党は四分五裂状態であり、特に義家や弁護士崩れなど安倍の側近を自認している連中は尾辻の言う事を"毒議員”とか言って完全無視状態だ
    そうさせたのは中川であり、安倍の言う事しか聞かない事を条件に公認しただけの事なのだがこの状態がさらに参院の混迷を招いている
    つまり、尾辻としては参院自民党の総意をあの演説に込めたのだが、それを若手は改革に逆行するとして、尾辻追い落としを始める気らしい
    そうすれば地方は今度こそ執行部を見限るし、選挙で動くのは信濃町と言う最悪の状態になりかねない
    信濃町は恐らく中川と組む事で自民党を割って第三極を創り、それを政界再編の核にするつもりだろうね・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »