« ロシアが中国の船を撃沈したらしい | Main | オバマの施政方針演説 »

February 24, 2009

日米首脳会談ですね

そういえば今日、というか明日、オバマと太郎ちゃんが会うことになっているんだっけ。多分米国債問題が真の焦点なんだろうけど、読売にこんな記事。

日本、グリーン・ニューディール全面協力へ…次世代車など
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090224-OYT1T00016.htm

 24日にワシントンで開かれる日米首脳会談で、環境分野に重点投資するオバマ政権の「グリーン・ニューディール」政策に日本政府が全面協力を提案し、合意することが23日、明らかになった。

 麻生首相が提案するのは、次世代自動車の普及や低炭素技術など4分野の「日米エネルギー・環境技術協力」で、この分野で日米が世界をリードしていくことを確認する。世界経済や環境問題など地球規模の課題に連携して対処するため、新たな「日米対話」の枠組み発足も検討する。

 エネルギー・環境分野の日米協力は、〈1〉電気自動車、家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車など次世代車の普及策〈2〉二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる革新的な低炭素技術〈3〉省エネルギーや新エネルギーの市場拡大〈4〉原子力の平和利用——の四つが柱となる。

原子力入りましたね。ちゃんと話したほうがいいよ。オバマから公にはいえないかもしれないけど、ここは重要だと思う。それに結果的には日本企業が相当関わるんだし。

前も出てたけど、いよいよGMとクライスラーが…「departure」らしいです。

朝日 GM、クライスラーの破綻処理を検討 米紙報道
http://www.asahi.com/business/update/0224/TKY200902230362.html

 【ニューヨーク=山川一基】経営危機に陥っている自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに対し、米政府が破綻(はたん)処理をしたうえで再建を目指す手法の具体的な検討に入った、と23日の米紙が報じた。両社の破綻処理には少なくとも、過去最高となる400億ドル(約3兆8千億円)の費用が必要だという。

しかし協力するんだからバイアメリカンはだめだろ。

日経「日米首脳会談で経済再生協力を」 官房長官
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090223AT3S2300E23022009.html

 河村建夫官房長官は23日午前の記者会見で、麻生太郎首相とオバマ米大統領の首脳会談について「初の直接対面なので、両首脳間の同盟国としての信頼関係をいかに築くかが1番大事になる」と述べた。同時に「お互いの経済再生のために力を合わせないといけない。その米国が『バイアメリカン』に傾くことは好ましくないので、率直な話し合いをしてほしい」と注文を付けた。

しかし、自分のことをさておいてこんな要求するらしい。

日経 米、日本の政府調達に不満表明 WTOで改善要求
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090220AT3S2000O20022009.html

 米国は世界貿易機関(WTO)が18、20日の両日に開いた対日貿易政策審査会で「日本の政府調達に外国企業が参加することは極めて困難」と批判し、日本に入札制度などの改革を要求した。

 米国は公共事業で米国製品の使用を義務付ける「バイアメリカン条項」を景気対策に導入して日本を含む世界各国から批判されているが、自国の政策を棚上げして日本に不満を示した格好だ。

あの、こっちには日本製品購入条項なんてないから。日本企業が多いのは「信用」っていう目に見えないけどものすごく合理的な価値があるからなんだけど、そういうのって明文化されていないんだけどもね。アメリカだって、アメリカ製品がそれなりにリーズナブルでいちいち確認しなくても品質が良かったら、そっち選ぶと思うけどね。

とにかく初めての会合なんで、基本はちゃんと話して来ることが大事なんじゃないかなあと思う。変なこと言われたら反論するように! 以上。

|

« ロシアが中国の船を撃沈したらしい | Main | オバマの施政方針演説 »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

JIN様
こんにちは。ちょっとトラックバックさせていただいたのとは、別件なんですが、小沢さんとヒラリーさんの会談、どう思われました?
小沢さんはヒラリーさんに「同盟は一方が従属する関係であってはならない」と持論である「日米同盟発展のための対等のパートナーシップ確立」を訴えたと。
http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2009/02/18/20090218ddm005010026000c.html
ズムワルト駐日米臨時代理大使は19日、17日にクリントン米国務長官と会談した同党の小沢さんが、自らの主張をはっきり述べた点などを好意的に評価と。
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2009/02/19/20090220k0000m010111000c.html
たまたま、以前、ナイさんのエントリにコメントさせていただいたときのJIN様のレスを見て、本当にこんなこと言えたのかなあと思ってしまいました。
妄想癖から、小沢さんとヒラリーさんの芝居では?などと思たりもしたのですが、報道陣の「感想は?」との言葉に、足早に去る小沢さんの映像を見ていたら、小沢さんもヒラリーさんに何か言われた?とか思ってしまいました。デニス・ロスさんの国務長官特別顧問の感想を ysbee様のところで聞いてみようかと思います。

Posted by: 散策 | February 26, 2009 at 01:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44159397

Listed below are links to weblogs that reference 日米首脳会談ですね:

» 【アメリカ人事】国防次官 アシュトン・カーター氏、国務長官特別顧問 デニス・ロス氏 [散策]
今朝の日経新聞朝刊8面に2月23日発表の指名と就任人事が書いてあった切り貼り。 [Read More]

Tracked on February 26, 2009 at 12:58 AM

» 自由への厚い扉/エジプト側のガザ国境再開! [米流時評]
   ||| ガザ・エジプト間の国境再開 |||   ガザのラファ国境、待望の再開!初日にビザ所持者1千名がエジプトへ入国   アラブ連盟もガザ入り、イスラエルの戦争犯罪立証のため、現地で調査開始 ガザの国境の壁で対立するユダヤ人とパレスチナ人。ふたつの民族の帰属をめぐって数千年にわたって抗争が繰り返されてきた、聖書の時代からの永劫の戦地。昨年暮れから3週間続いたイスラエルのガザ侵攻は、周辺の中東アラブ世界は元より、和平を願う世界各国の耳目を集めてきた。 特に、常に中東和平を使命のよ... [Read More]

Tracked on February 26, 2009 at 10:39 PM

« ロシアが中国の船を撃沈したらしい | Main | オバマの施政方針演説 »