« プーチンはABBAファン | Main | 日本の失敗を見習うっていわれても »

February 08, 2009

ロシアより愛をこめて キルギス編

日経 キルギス、米空軍基地の閉鎖を表明 米のアフガン作戦に打撃
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090204AT2M0401704022009.html

CNN 民間人殺害や低額の貸与料も要因と、キルギスの米空軍基地閉鎖
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902070008.html

そんなわけでキルギスの米空軍基地の閉鎖が決まっちゃったようなんだが、アフガンに注力するというオバマ政権には最悪の痛手だ。日本ではほとんど報道されていないし、テレビで見たのは記憶にある限り、海外ニュースでちらりと見ただけだったんだが、改めて考えてみると、これって相当まずいのでは? この辺の事情についてはミスター苺氏がわかりやすい。

苺畑より
プーチン、オバマに一発かます
http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2009/02/putin_bootin_obama_pinata.html

苺氏によればかつてはウズベキスタンにもあった米軍基地を、マケインやバイデンが余計なことをしてなきものにし、今回、キルギスの基地もロシアの莫大な資金援助によって失うことになった模様。で、アメリカはそれに気がついていなかったらしい。

この件については、オバマが経験不足というのもあるだろうが、むしろブッシュ政権の故意の不作為に見えるなあ。

結局、プーチンもブッシュも中央アジアの石油や天然ガスが狙いなようだ。アフガンはそれを欧州へ送るための要所。ブッシュ側人脈もロシアもここを抑えたいわけだ。オバマは…戦争止めたいだけかもしれないんだけど、これじゃ止めるのも大変だ。

杜父魚文庫ブログ
米アフガン新作戦に影響 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=924693

マスコミに載らない海外記事
中央アジアにおけるアメリカの戦争
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2009/02/post-d4a2.html

原田武夫
中央アジアを巡って火花を散らす大国
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2009/02/post_98.html

カザフはアメリカについているようだけど。

杜父魚文庫ブログ
米国はカザフスタンにテコ入れ 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=924772

そんなわけでいきなり大変な外交問題が発生したオバマのアメリカ。そこへロシア メドベージェフ経由、ABBAファンのプーチンが…。

米流時評
メドベージェフとオバマ/ユーラシア防衛とキルギスタン
http://beiryu2.exblog.jp/9302695/

CNN ロシアが非軍事物資輸送の領内通過を容認、米軍のアフガン作戦
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902070006.html

う、う〜〜〜ん。これって手を差し伸べているっていうんじゃないよなあ(苦笑)。プーチンにとってはオバマなんて赤子の手をひねるようなものかもしれないんだが。なんという難局。

日経 キルギス基地閉鎖「残念」 クリントン米国務長官
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090206AT2M0601106022009.html
ウズベクに戻るらしいけど、うまくいくんかいな。

で、大変ついでにアメリカは日本から収奪するらしい。いや、前にも書いたけども…。

nikaido
アメリカは日本から収奪しようとしてますよ
http://www.nikaidou.com/2009/02/post_2305.php

原田武夫:「ヒラリー訪日」報道を巡る不可解な事情
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0204&f=business_0204_043.shtml

 実際、ホワイトハウスでは本日(4日・米国東部時間)、ブッシュ前政権下で行われてきた米中戦略経済対話(SED)についての今後の取り進め方について関係閣僚による議論が行われる予定になっている。先日行われたガイトナー財務長官による議会証言をはじめ、中国に対して「為替操作国だ」といった批判を繰り返すオバマ政権が、対中圧力を強めるべく、今後の米中協議の枠組みを巡っても強硬姿勢をとることは間違いない。それを知ってのことだろう、ここにきて中国マーケット関係者の間では「中国政府は米国債の暴落によって損失を被らないよう、間もなく金(ゴールド)に保有資産を転換し始める」といった分析が語られつつあるという情報がある。中国の国営メディアも、米国債を大量保有しているのは他ならぬ中国であると大々的にアピールしつつあり(2日付人民網・参照)、こうした米国勢からの攻勢に対し、徹底抗戦の構えを崩していない。

ブルームバーグによると、中国とアメリカの関係は、ちょっとこじれているだけで、そのうちG2の時代に入るらしいんだが(それなら2国でやってくれよ)、今、中国がへそを曲げているので、とりあえず確実な日本から財源を確保しようという算段らしい。

田村秀男の経済がわかれば、世界が分かる
オバマ政権と「日米中」三角関係(3)中国の面子が促す米中G2
http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/904778

日本はアメリカの都合のいいお財布だからねえ。だから麻生太郎はあそこで郵政4分社化見直しを言ってたりして。だってどう考えたって、自民はバラバラになり、選挙せざるをえなくなるだろうし。そんでもって紛糾しているから決められないとか言って、ヒラリーを追い返す計画だったりして。…ってそんなわけないか。

うん?
オフィスマツナガさんのところで、有料で見られないんだけど、こんなエントリがあった。

麻生総理 2月10日(火) 「大きな資金の問題」に直面!
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50772751.html

まあ、タロット占いのようなんですがね。アメリカの景気対策法案は10日に上院を通過するらしい。と、いうことは…。ま、時差はあるけど午前中なら間に合うんじゃ…。

|

« プーチンはABBAファン | Main | 日本の失敗を見習うっていわれても »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44000856

Listed below are links to weblogs that reference ロシアより愛をこめて キルギス編:

» アフガンとオバマ/カイバー峠の戦場にかける橋 [米流時評]
    ||| カイバー峠の戦場にかける橋 |||  米軍3万名増兵で中央アジアの平定を図る、オバマ新政権テロ戦争の戦略転換  タリバン掃討戦の焦点はア・パ国境の前線へ、鍵を握るロシア参戦の可能性は? 前号「メドベージェフとオバマ/ユーラシア防衛とキルギスタン」のあとがき: 古代マケドニアのアレキサンダー大王が、ローマ帝国時代には皇帝カエサルのローマの歩兵が、東方大遠征の際にいずれも通った歴史的要衝、カイバー峠。西方からオリエントへとエキゾチックなスパイスや宝石を求めて、インドへの危... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 at 10:10 AM

« プーチンはABBAファン | Main | 日本の失敗を見習うっていわれても »